« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

ファイトの田村高廣さんと無法松

「ファイト」は脇を固める俳優さんたちを見る楽しみもあるんですが、田村高廣さん、いいですねぇ。おいくつになられたのか。ますますお父さんのいいところが滲み出てきているというか・・・。ヒロインと弟を元気づけようと旅館の片隅にある太鼓のバチを手に取りゆっくり歩む馬の足音を太鼓で表現し、もっと速く疾る馬の姿を激しい太鼓で表現し・・・このあたりの表現は、「無法松の一生」で田村さんの父親のバンツマこと坂東妻三郎さんが演じた無法松のモチーフも意識されてるんだろうなぁ。「無法松の一生」って映画・・・若い人は知らないだろうなぁ(;^_^A。気のいい「車ひき(←人力車を引く人ね)」の男の愚直でピュアな生きざまを描いた名作っす(またNHK総合かBSで放送してくれませんかねぇ)。うん、わかるよ・・・そうだよなぁ・・・って、人情モンに弱いろじゃあなんぞは涙腺ウルウルもんなのであります。相当古い映画ですが、「カサブランカ」での愛する女性(ひと)を愛するが故に痩せ我慢してしまうハン
フリー・ボガードと見比べてみるとよろしいかと。この二作品が、「ホントに優しい男の見苦しくない痩せ我慢」という概念を以てろじゃあのDNAを書き換えたのでありますが、なかなか実践は難しいもんではありやす(;^_^A。田村兄弟の中ではダントツで高廣さんが坂妻に似てるということについては昔からあまり争いがないところと思いますが、ファイトの中で時代を超えて「老境の無法松」的な新境地を見せてもらえると嬉しいんですけどねぇ。その意味では今後のホン(脚本)に大いに期待です。ではでは(^_^)/~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 26, 2005

あれ?お詫び文が消えてる?・・・「薄毛は子孫も迷惑?」(2)

 以前、「「薄毛は子孫も迷惑」・・・そりゃ怒りまんがな(^^;) これはコンプライアンスとも関係ある?」という記事を書いたのですが、その後、どうなったかなあとなんとなく気になっていたので、資生堂さんのHPにまた寄らせてもらいました。もしかしたら、どのような消費者からの問いかけがあったかなどをまとめてニュースリリースしてあったり、もうすぐ株式総会の時期でありますので一般の株主へのこの問題の経緯の周知などを想定してIR関係のところに追加のコメントが出てるのではないかと思ったからです。ですが、「HPの表紙」には以前と同じくやはり何ら言及はなされてませんでした(^^;)(以下、参照HPについては26日夕刻の状態を前提)。
 ちょっと残念だなあと思いながらも、もしかしたら、お詫び文のところに追加のコメントでもあるかもと思い、以前「お客様相談室」のページのところに「お詫び文」が出ていたのでそちらを見に行きました。すると・・・
 あれ?あのお詫び文はどこにいったんだろう?お客様相談室のページをいくら見ても以前あった「アデノシン「薄毛レポート」についてのおわび」という文字が見当たらないのです。
 そうか、あの広告が気になった方々のためにもっと見やすいところに移ったのかな?と思いいろいろとページを見てみたのですが・・・少なくともろじゃあには見つけることができませんでした。見つけられた方どなたか教えてくださるとうれしいです。
 ニュースでこのことが報じられたのが5月12日です。ろじゃあがこの件をエントリーさせてもらったのが5月16日です。
 ああいう「いきさつ」についてのお詫び文というのは普通一ヶ月もしないうちに(記事が出てから15日程度で)一般の目に触れなくなるものなのでしょうか(??)?普通ないですよね。やっぱり見間違いか・・・。もっと一生懸命探さないと・・・。
 もし、ホントになくなってしまっているのだとすると、どうもこの辺は謎です。ニュースの記事を書いた記者の方がまた見たら、私なんかよりよっぽど強く「もうお詫びは引っ込めてしまったのですか?」とかツッコままれるだろうことは広報やお客様相談室のプロの方なら容易に想像がつくと思うのですが。普通に考えたらCSRについても熱心な資生堂さんではありえないのではと、???が飛び交うろじゃあであります。
 それとも引っ込める必要のあるその他の偶発事象でも生じたのでしょうか?
 「いや、ここを見るとちゃんと出てるよ」というご親切な方がおられたらどうぞ教えてくださいまし。もしそれが教えてもらえれば、ろじゃあの心配は杞憂に終わるということでありますので。とは言え、自らが間違っていたということをあれだけ短期間に認めお詫び文を掲げた姿勢についてはある意味感心し敬意を表していた(上記の記事参照)ろじゃあとしては行きがかり上、気になるのでありました・・・(つづく)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

サイバラ・かーはら・順さま

 ファイトの記事でサイバラこと西原恵理子さんについて触れたところ、検索ワードの中に何度もサイバラさんが入ってくるので、そんな方向け(結構対象数が少ないかなあ)にサイバラさんについて少し。
 「少女マンガ」という分野があった・・・というと怒られるかもしれませんが、この概念、ある方には「竹宮恵子・萩尾望都・山岸涼子」の三人のまんがを指すこともあり、「ガラスの仮面」の美内すずえさんなどのそれを指すこともあり・・・極端な話、それぞれの世代の「少女マンガ」というのが結構狭い範囲で並存しているような感じをろじゃあは持っています。ですから、もはや「少女マンガ」という言葉ひとつでなんでもくくれる状況ではないんでしょうねえ。
 タイトルに挙げた3人は、ろじゃあがいまだに読んでいる「少女マンガ」に属する作品の作者です。
 西原恵理子さんを「少女マンガ」に入れると本人も噴出すかもしれませんが、彼女は相当繊細な方だとお見受けしております。そうでなければ、あんなにあけすけにあんなに激しく人生の喜怒哀楽(というより怒と哀の字だけそれぞれ字のポイントを4つか五つ上げたいところですが)を時折読者に気づかせる優しい視線で描くことはできないのではないかと思うからです。
 実は、残りの二人も相当繊細な方々です。

Continue reading "サイバラ・かーはら・順さま"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

渡辺俊介のフォームはすごい&田尾監督のこと

いまやロッテ快進撃の投の中心人物になろうとしている渡辺(俊)。
 早くも7勝目でハーラーダービートップのようですが、珍しくタイミングが合ってテレビで投球フォームがよく見れたのですが・・・この人、アンダースローとしては久々の「本格派」ですな。
 全盛時の阪神の小林繁さん(敢えて元巨人と言わない(^^;))のフォームもダイナミックでよかったんだけど、この人のフォームは流れるようなんだねえ。ホント、優雅な感じの投球フォーム。そのくせ、躍動感もあって、ボール自体はサブマリンということばばぴったりのように低めにビシッと決まるあの感じ・・・ええと、どこかで見たイメージが・・・そうか火の鳥なんだ、手塚治虫さんの(^^;)。
 いい人が育ってんですねえ、千葉県のプロチームで。阪神を除けば・・・

Continue reading "渡辺俊介のフォームはすごい&田尾監督のこと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「カメちゃんやっぱり社長退任」・・・請再考現役復帰(^^;)

ぐずっている間に触れ損ねた件をひとつ。
YahooJapanNewsによればニッポン放送の亀渕社長が任期満了で今期限りで退任、相談役になるとのこと。騒動がひと段落した後で続投も示唆してたのにねえ。ビジネスですねえ。
磯崎さんが触れてるように「フジテレビ、ライブドアに払い込み完了」とのことですので、手続き的にはフジテレビがデューデリでこれといった問題も存在しないと正式に認めたことに「事実上」なるのでしょうから、節目としては当然なんでしょうかねえ。
 ところで、ろじゃあは強くお勧めしたいんですけど、これを機に、亀渕社長はニッポン放送で何か番組を持たせてもらったらどうなんでしょうか?ろじゃあも4月10日記事「亀渕社長とロック評論?」で触れてますけど

Continue reading "「カメちゃんやっぱり社長退任」・・・請再考現役復帰(^^;)"

| | Comments (2) | TrackBack (3)

生存報告&言い訳(^^;)

皆様、生存はしております。
今週はなんだかんだと身の回りでややこしい話が多く、
あまりエントリーできないのではないかと。
それでも小ネタは載せたのですが、その後また別件の大口案件が・・・(TT)。
なんとなく体調が元に戻らないというのは
う~う~うなって寝てなきゃいけない時より辛いものでして。
誰か元気と時間をくれないかなあ・・・とウーロン茶を飲んでる午前2時だったりするのでした。
なんとなくつぶやくは、介護保険改革とリースのリスク管理、地域再投資法、事業再生ファイナンスのガバナンスとコンプライアンス、排出権取引と証券化・・・ろじゃあの頭の中では一本の糸でつながってるんだけれども他人にそれを示すのには相当の労力がいるという・・・
こんな謎解きっちゅうかつぶやきが頻出するときは熟成時期なんですけどね。
まもなく蔵出しなのは間違いないのですが。
またきます。ではでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

体調があまりよくないので小ネタのみ(2)(TT)

(小ネタ その2) STAR WARS エピソードⅢ  早く見てえ!!
学者仲間・金融仲間・法務仲間でメールのやり取りすると公開前には急に皆がヨーダになったり、それぞれお気に入りのキャラでメールやり取りしたりするんですが、まあお気楽といえばお気楽な話ですが。
 んで、公開前夜の話ですが、「「スター・ウォーズ3」めぐり… 配給会社Vsファン“戦争”」という記事がYahooJapanNEWSに出てました。向こうのファンがコアだなあと思うのは「聖地」チャイニーズシアターでの公開を前提に初日までずっと並んでる人がいたということ。いままでの作品がチャイニーズシアターで公開されている「聖地」なので「ここで公開されるべきだ」と仕事もいとわず並び続けることが出来るというこの姿勢。ろじゃあ、脱帽です。こういうのもアメリカの民主主義の根底の一部をなしている何かにつながっているんでしょうねえ。公開会社も、こういうファンは大事にすべきだとおもうんですけどねえ。19日が公開ですからこの方々どうしてるんでしょうかねえ。気になるなあ。
 まだ、日本版のHP(http://www.starwarsjapan.com/copyright/index.html)でしか情報取れていないろじゃあですが、観る機会がきたら、フォースのダークサイドにアナキン・スカイウォーカーは陥っていって・・・そしてダースベーダーにという「プロセス」を是非味わいたいと思います。これはどんな職業を選択している人についても示唆がある部分だと思いますし(どんな意味じゃ?とおっしゃらないように。コンプライアンスとか内部統制とかを考える場合には実に示唆的なテーマなのですよ、実は)、「葛藤」と「思い」はどんな設定でも時代でも共通のテーマではあるのだなあといろいろ自分に引き寄せて考えてしまう部分が多くて。特にこのシリーズは父と子の関係、そして乗り越えられた父が子供から成年にかけてダークサイドについて規範に直面して「葛藤」し何を「正義」として選択したかという部分で、年をとった自分もルークの視点ではなく成人となったアナキンの視点で考える可能性がある存在として作品を味わうことが出来るという点で、非常に興味深いシリーズでもあるのであります。
固っ苦しい話は抜きにして早く観てえ(^^;)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

体調があまりよくないので小ネタのみ(1)(TT)

企業価値ネタは今日明日で何とかします。
(小ネタ その1)久々にすごいバンド見つけました(というかようやく気がついた?)
奥田民生さんのライブでかけて外で並んでるときにビルのスクリーンで宣伝用のが。
がつ~んときて「なんじゃ?このグループは?スカか?パンクか?ジャズか?」と思い最後に映った「つくしんぼ」という言葉を頼りに検索かけたら何のことはない、結構すぐ発見。「PE'Z(ぺず)」っす。ろじゃあは、この手のバンド出てくると即買が原則。いいなあ、実にいい。ろじゃあが見たのは「NA NA NA(ヌルピョン太の冒険)」という人をくったタイトルですがまずは見よ。太っ腹の5分に及ぶビデオクリップが無料で見れます。それよりも感動だったのは「春疾風(ハルハヤテ)」という3月に出てた分。曲と春の芽吹きと希望に満ちた生への慈しみが感じられてすごいハッピーな気分になります。そこで落ち込んでるアナタ・・・気持ちよくなりますよ。でもこれがストリートから出てきてメジャー二なって5年目ねえ・・・いやすごい才能を持ってる人たちはいるもんですねえ。
なお、法務畑の方々、「くらっしくはジャズにできないのか」というテーマで著作権上の問題でいい題材を彼らは提供しています。ちなみに2004年3月24日のNIFTY@NEWS「「PE’Z」のCDを出荷停止=編曲めぐるトラブルで東芝EMI(時事通信) 」という記事がありました。キャッシュしかないようですがググッてみてください。ろじゃあ的にはあまりリジッドに考えすぎると一般化が難しい問題かもとは思ってますが法的観点から検討してみてください。ではでは、コホン、コホン(-T□T-)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2005

実質的な1リーグ制かえ?・・・交流戦の偶発債務性と特別利益性?(^^;)

 プロ野球の交流戦が始まって、視聴率はどうでもいいが、野球は面白くなったんだろうか?ろじゃあ的にはこの間のロッテ-阪神戦とかソフトバンク-中日戦は十分交流戦の良さを生かしていたんじゃないかと思う。ロッテのポスターのことを書いたからもうそれは置いておくが、後者は落合中日に対して王監督がジャッジの問題についても真剣に接しているのが判ったし。
 ただ、ろじゃあは知らなかったのだ。
 交流戦の成績はチーム、選手とも自己のリーグでの公式試合と同様に公式記録の対象になる・・・そうだったんだ。そんでなきゃ、みんな真剣には戦わないわなあ。だからこそ面白くなる・・・・っと。
 でもね、これって実質的な1リーグ制に雪崩れ込んでるってころではないのかい?
 この辺の位置づけ明確にしておかないと、

Continue reading "実質的な1リーグ制かえ?・・・交流戦の偶発債務性と特別利益性?(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ファイト」が気になる  サイバラとのコラボ?うむ~、やられた(^^;)

「わすれていいよ わたしはわすれないから」
これサイバラさんの画(え)だよなあ。

NHK朝の連続テレビ小説「ファイト」は気になる。
理不尽の中でのけなげな女子高校生ヒロインの成長物語・・・なのだろう。
仕事の関係で見れないことのほうが圧倒的に多いのだがあのヒロインの子はすごくうまい。
自分の部屋に倒れこみ、我慢していた思いとともに泣き出してしまった顔。
あれは「さつき」の顔だ・・・「となりのトトロ」でおねえちゃんとして我慢に我慢を重ねていて、でもどうしても我慢できなくて大声を上げて泣いてしまった「さつき」の顔である。
あの表情に・・・世の男は弱い。間違いない(^^;)。
ナウシカ、『ルパン三世・・・カリオストロの城』のクラリス、そして『アルプスの少女ハイジ』のハイジの泣き顔、みな一緒ね(^^;)。その意味ではNHKさん、視聴者層間違えてないかい?普通の勤め人は見たくても見れないじゃねえか。BSかビデオチェックだよなあ。
女性の涙に男はだまされるという傾向があるのかどうかは知らないが、泣き顔は必ず天性のものがどこかに湧き出てきてしまう。その意味では泣き顔はごまかしが結構きかないもんである。なぜかその辺の触覚だけはろじゃあは敏感らしい(^^;)。
あの画作り(えづくり)は意識して作られてるんだろうか。
生(き)のままであれが出てくるんだとすると相当の才能だと思う。
ここで困ったときのHP・・・本仮屋ユイカさんというのか。15歳ねえ。
なんか、「SPEED」が出始めのころの島袋寛子さんににてるなあ。
同じNHKの朝連ドラのヒロインでも鈴木京香さんぐらいまで行くんじゃないかなあ。
ただ鈴木京香さんがどちらかというと名女優原節子さんとイメージを重ねた戦略をとられたことでちょっとその後の役作りに苦労されたのではないかというのと同様、彼女は別の役柄でさらにブレークするのではないかなどと夢想してしまう。少女の時代を過ぎた後の彼女にも大いに期待したいと思いまする。ちなみに・・・

Continue reading "「ファイト」が気になる  サイバラとのコラボ?うむ~、やられた(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

ご希望に沿えずにすいませんm(_ _)m

ここ数日、検索ワードランキングを見ると、企業価値研究会を読む(3)とロッテ快進撃と阪神の動向を含めたプロ野球ネタ(そしてプロ野球学会構想の記事)を探して検索かけてくださってるのだろうなとお見受けする今日このごろなのですが、日常のお仕事以外の時間で夜中とかに時間見つけて書き溜めてるもんっすから、自分の書きたいネタがあるとそちらの方に時間が割かれがちです(ろじゃあの場合、基本的に書いてる時間帯と公開時間は一致しませんね。書いてるのはほぼ夜と休日です。タイムラグがあるのはそのせいでして・・・)。
ども、すんません。なるべく読みたいものを読みたいときにご提供できるよう、がんばりますのでp(^^)q。
最近うれしいのは、ブックマークから見に来てくださってる方が当初から比べると相当程度増えてることです。
相当励みになりますです。
JR西日本がらみの法律問題は、関係者ができるだけ早く生活を取り戻すにはどうすべきかという点で私がなんか発言できるだろうかという自問から出てきた問題意識です。被害にあわれた方々とその遺族の方々の「気持ち」と「時間」・・・これについて当事者以外の誰かが継続的にモニタリングしてあげないとみんなが大変なんじゃないかなあと最近つくずく思います。こういう意識はせっかく私の駄文を読んでくださった皆様も共有していただければなあ・・・と思いながら書いております。
たまには真面目なことだけで書くこともあるろじゃあでした。ではでは

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「薄毛は子孫も迷惑」・・・そりゃ怒りまんがな(^^;)これはコンプライアンスとも関係ある?

Yahoo版毎日新聞5月12日の記事によれば、資生堂さんが先月HPに掲載した意識調査で「薄毛は子孫も迷惑」との記述をしたことに対して抗議が殺到したとのこと。必ずしも豊かとは言えない(TT)ろじゃあとしては、ひとごとと思えず読み進むと、

問題となったのはホームページの「薄毛レポート」というコーナー。同社によると、新しい発毛促進剤「薬用アデノゲン」の発売に向け、昨年12月に30~59歳の男性1550人にネット上で意識調査をした。制作会社がまとめ、4月21日にホームページに掲載した。
 「あなたの親族の中に薄毛はいますか?」の質問については、父親(55%)、母方の祖父(28%)、父方の祖父(23%)のグラフとともに、「薄毛はあなた一人の問題ではありません。子孫も迷惑です」とのタイトルを掲載した。
う~ん、ろじゃあも子供達どころかその子供に対して迷惑をかけているということなんだろうかなあ。でもろじゃあが仮に薄毛だとして・・・それは発毛剤や育毛剤を利用して回復できたとしてもその時点以降「子供達や子孫達に迷惑をかけないこと」に結びつくのだろうか?仮に

Continue reading "「薄毛は子孫も迷惑」・・・そりゃ怒りまんがな(^^;)これはコンプライアンスとも関係ある?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR西日本列車事故とマンション関係の法律問題

JR西日本の福知山線の列車脱線事故による被害者の皆様とご家族の皆様は本当に大変だと思います。特に亡くなられた方々については本当にご冥福をお祈りしたい。報道機関等でも連日報道されていたとおり、事故に関する原因や責任関係については今後も各方面から注視されることになると思われるますが、列車が飛び込んだマンションの住人とJR西日本との補償関係についても報道されるようになってきているようです。
 事故当初の報道ではJRによる丸ごとの買取の可能性について触れているものがありましたが、この件については、結構厄介なことになる余地があるのではないかとろじゃあは心配しております。こんな記事がありました。
脱線事故、JR「マンションは安全」宣言
マンション住民の苦悩と怒り…ローンも借金も残り
唐突かもしれませんが、関係者は、阪神大震災の時の教訓と英知に学ぶ必要があるかもしれません。問題の解決を困難にする前に阪神大震災の時のマンションの一部「滅失」からの復旧か「建替え」かで権利調整に尽力されたであろう兵庫県弁護士会や大阪弁護士会のこのような問題に英知を結集させたであろう弁護士の先生方や関西圏でのマンション法や民法の研究者の先生方に、早めにこういう問題への住民そして今回は「被害者」としての合意形成のために話を聞く機会を持ったほうがよいと思います。まあ、両方の弁護士会とも、このような形で社会的に困っておられる方々に対してはもう既に親身になって相談に乗って差し上げているのではないかと思いますので、ろじゃあの余計なおせっかいかもしれませんが(^^;)。
ちなみに、ろじゃあがこの問題が気になるのは、「被害者」であり「住民」であるマンション所有者の方々の「所有」しているものが、戸建の物件ではなく、マンションという不動産であるからです。素人なりにちょっと書かせていただきますね。

Continue reading "JR西日本列車事故とマンション関係の法律問題"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 13, 2005

弁当呪縛回避?阪神快勝!(^^)v

最近プロ野球ネタが増えちまってるろじゃあですがロッテ弁当の呪いの分配解けてよかった(◎-◎;)。井川で完封なら文句なしっす。オチもないっス(;^_^A。業務連絡です。ロッテの関係者のみなさん。ロッテは阪神とホークス以外からかっぱぐようにm(__)m。
何の脈絡もないっすけど、金融・法務畑の読者のみなさんへ。明日の授業では金融庁でパブコメを募集しております「金融コングロマリット監督指針(案)」http://www.fsa.go.jp/news/newsj/16/f-20050428-3a.pdfをとりあげる予定。予習しておきましょう(;^_^A。これは深くて今後エライ影響が出てくるネタですからね。5月10日の日経一面ネタと同様に(^^)v。ではでは

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

ひえ~っ(@@)・・・現物が見たいロッテの挑発ポスター第二弾!!

あなた達があれこれ話題を作っていた頃、ボク達は黙々とカラダをつくっていました
千葉のマリンスタジアム最寄り駅の京葉線海浜幕張駅に実に挑発的なセリフを含んだポスターが掲示されたのが4月の開幕時。あなた達と名指しされ点のが楽天。こりゃ、選手だけでなくファン(千葉にどのぐらい楽天ファンが足を運んだのかはろじゃあはよう知りませんが)も経営陣もカチンときますわな。いや、カチンとこないような選手や経営陣は自分の立場を考え直したほうがいいとおもいますぜ(^^;)。 んで、現物はどんなもんだったんだ?と思ってネットを探し回ったろじゃあでしたが・・・探したらありましたぜ。これはすごい。確かに、これは煽りですねえ。よく見るとチケットの販売がJR東日本の窓口でも・・・ということでJR東日本のロゴもそれぞれのポスターにはいっているではありませんか。JR東日本さんは東北エリアでは楽天さんを支援する立場にあるんですよねえ?まあ仮にそうだとしても、企業としてのこういう二律背反性は十分許容範囲でしょう。それだけそれぞれのエリアでプロ野球を盛り上げていただいてるわけでしょうからね(^^)。5月10日のYahoo版サンケイスポーツの記事は、このロッテの試みを紹介してくれているわけですが、同記事のメインは実はその第2弾目。なんと阪神との交流戦にやはり挑発ポスターをぶつけてきたそうで・・・虎ファンもなめられたというかなんというか・・・看過できまへんな(^^;)。今日からの3連戦、目にもの見せたらんかい!・・・って、すいません、失礼しました(^^;)。本線に戻します。実際にはどんな内容かというと・・・

Continue reading "ひえ~っ(@@)・・・現物が見たいロッテの挑発ポスター第二弾!!"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 10, 2005

誰がどのタイミングで何を判断するのか?・・・企業価値研究会「論点公開」を読む(2)

(前回のラスト・・・そんなことを考えながらろじゃあは秘密の検討会本番に臨むのでありました(つづく))
そんなこんなで某日、都内某所で、公開論点についての検討会が開かれたと思いなせえ。大学の先生、会計士・弁護士の先生、、正体不明の大学教員。言いたいことを言うという形で結論が出るとは限らん放談会。はてさてどんな意見が出たかというと・・・

「企業価値をどのように考えるのか」 ろじゃあが、一番気になったのは「企業価値を高める買収かどうか」の判断の前提となっている「企業価値」をどのように考えるのかということ。企業価値って言ったって、いろいろ考え方はあるわけで。金銭的に判断するのかどうかという問題もあるし、そもそも買収前の企業価値をどういう基準で判断するのかをある程度明確にしておかないでこの「高めるか高めないか」の判断ができるんだろうか・・・という問題なんだよね。貸借対照表とかを前提に会計上の企業価値を考える場合だって一義的とはいかない場合もあるわけです。資産に計上されていない「価値のあるもの」ってもの存在するわけで。例えば、特許等の知的財産権ってそもそも資産の部に不動産なり債権なりと同じような枠組みでは計上されてないほうが実際のような要素もあるわけです。まあ、原則知的財産権についても潜在的収益可能性を前提に時価評価すべきなんてこという奇特な方もおられるかもしれません。そのほうが税務署は絶対喜ぶと思いますし(^^;)、僕らの下の若い世代の負債負担能力考えたらホントはウエルカムなのかもしれませんけど・・・。
 それはともかくとして、現に、

Continue reading "誰がどのタイミングで何を判断するのか?・・・企業価値研究会「論点公開」を読む(2)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 09, 2005

BSE、都道府県では全頭検査

 NHKニュースによると全頭検査 全自治体継続の意向とのこと。国の食品安全委員会が、生後20か月以下の牛を検査の対象から外すこととし、厚生労働省と農林水産省への今月の答申を受けて、国民の意見を求めた上で、厚生労働省が7月に制度を見直し後、8月から実施方針とのことなんだけど、その一方で

見直しの後も3年間は全頭検査を続ける自治体に費用を全額補助することにしており
との報道。全都道府県に調査したら全都道府県が継続の意向ということなんですね。
 なるほど、その手があったか・・・って感じ。だって、

Continue reading "BSE、都道府県では全頭検査"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

速報?金融の消費者保護立法

携帯でNHKの読み上げ版を見てたら、金融庁が金融分野の消費者保護立法案を来年の通常国会をめざして検討するとのこと。例としては、元本が保証されない金融商品があげられていたのでどの程度、業際分野まで影響があるかは明らかではないんだけど、貸金業規制法改正問題との相関関係が注目されるところ。ついに金利問題や業法としての書面の交付や記載事項の規制まで踏み込むのか?
そこまでいかなくとも消費者保護法や金融商品販売法との関係があるので相当約款・契約書実務への影響は相当あるので法務担当者は自己の業態への影響も含めて注視する必要あるぞ( ̄□ ̄;)!!。えっ?どんな場合?消費者との取引代金の決済に口座振替とか総合口座が関連してくる場合とかね、とりあえず。あとは金融グループ内での複合商品や業務提携・業務委託関係をどう取り扱うかですな。
ツッコもうと思えばいくらでも論点あるところですがとりあえずは預金関係からなんですかね。ペイオフの問題は絡まざるを得ないでしょうかね。ペイオフ時に預金保険法で元本が保証されない部分の預金は元本が保証されない金融商品ですから。以上、速報版の雑感でした。
続報か更新をご参考ください。ではでは(^.^)b。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実況中継!日テレ「うるぐす」・・・野球でも客は呼べるじゃん!

 例によって仕事しながらテレビ見てたら「うるぐす」で江川特集をやってる。画面には、市原臨海球状での欽ちゃん球団とサウザンリーフ市原のチームとの試合の様子と臨時コーチを務めた江川氏が。やっぱりユニホームが絵になるよなあ・・・。18年ぶりですと。あの市原の臨海球場に8200人ですって。8200人。なんだかんだ言って、千葉県に住んでる人間だって市原行くのは結構大変なんですよ。そこに、8200人。画面見る限りでは超満員ですぜ。多くは地元の野球ファンなんだろうなあ。驚いたのは市原のGMをあの「サラリーマン金太郎」の本宮ひろしさんがやっているということ。知りませんでした。そんで彼の誘いで江川氏がコーチを引き受けたとのことで。んで、ろじゃあとしては例によって、いろいろ考えてしまったのでした。
 やはり、

Continue reading "実況中継!日テレ「うるぐす」・・・野球でも客は呼べるじゃん!"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2005

プロ野球学会を作る時期では?

とりあえずいっとけ!?さん47thさん、や駆け出し作家の独り言さん、からトラックバックいただきました。ありがとうございます。やはりネットでは各方面で野球ファンは多いんだなあ・・・とうれしい思いです。特に、47thさんが、

スポーツの経営の問題は、世界中で起きている話で、何かこうシステムや問題点の現れ方を比較すると、いろいろと分かることが多い分野という気がします。
といわれているのはそのとおりだと思います。そんで、
野球とかサッカーとか球団の経営問題は、結構世界中で起きている問題なので、そうした比較法的な分析をすると、結構、面白いことが分かりそうな気がします。誰かそういうテーマで論文とか書いてくれませんかね?(・・・自分でやれという話もある(汗))
とも言われております。同攻の士がいるなあという感じで暖めてたネタを書かせていただきます。
 これだけ、今までの常識ではどうにもやりにくくなってきた現状を、プロ野球ファンであり各分野の専門的職業知をたまたま(?)持ってる人々が集まってその英知をあつめてさまざまな複合的な問題を検討することでプロ野球ファンおよびプロ野球界に資することを目的とした学際的な学会を作りませんか?
 名称はプロ野球学会として広い分野の方々の参加を企図して、医師や弁護士や会計士などの専門家、各分野の学者や研究者がそれぞれの分野の分科会作って運営するとかする方法もありますし、47thさんやろじゃあの様にとりあえず法律関係で仕事してますってプロ野球ファンが「プロ野球法学会」あるいは「プロ野球法政策学会」みたいな形で、協約の法的問題、選手との契約関係の問題、独占禁止法関係の問題、国際契約上の問題、球団経営上の法的問題、知的財産権の法的問題、球団経営上のファイナンス法関係の問題などなどを分科会作ってやるという手もあります。ろじゃあが立ち上げに関与させてもらうとしたらとりあえずは後者ですかねえ。
 プロ野球というファンの裾野の広い領域ですので、結構学会も成り立つと思うのですよ。もちろん開かれた学会運営を行い、ファンの方々にわかりやすい情報提供に努めることは最低限参加者が遵守するということで。47thさんと同じくろじゃあもタイガースファンであると同時にさらにホークスファンですので、球団に特化して歴史額的アプローチや経営学的アプローチで各球団の本業との関係、法制度との関係なんかをまじめに分析するなんていいんじゃないでしょうか?中央大学法科大学院の某先生あたりは喜んで理事クラス以上を引き受けてくれるんじゃないかなあ・・・中大の野球部の部長だった記憶がありますし(^^;)。協約論については慶応大学の某先生ですかね。「プロ野球協約論」とか書いてる先生ほかにいないでしょうし(若手も出てるんでしょうか)。
 とりあえず、賛同してくださる方がいるならろじゃあは労力を現物出資するつもりですが、47thさんも含めてどうですかねえ?ちなみにプロ野球関係の法律問題については「ビジネス法務」で弁護士の方がホリエモン騒動(@プロ野球)に関して書いてましたねえ。ここ一年以内の号だと思いますが今手元にないからわかんないや。ごめんなさい。ではでは(^^)

| | Comments (3) | TrackBack (3)

May 04, 2005

ロッテ12連勝ですと!ソフトバンクどうしたんだ?

 なんか、ろじゃあとしては複雑な気分だと前の記事(「ロッテが20年ぶり9連勝?(^_^A」)では書いたのであるが、さらにバレンタインさんを喜ばせる、なんと12連勝。貯金が17ですと。千葉県民の心構えはさておき、ホークスファンとしてはやっぱり心配になってくるなあ・・・確かに守護神小林はいるわ、去年の近鉄の岩隈みたいに出れば勝つの渡辺もいるし(5勝)、おまけにすばらしいアンダースローだし(かつての巨人の渡辺とか阪急の足立、山田、明訓の里中(^^;)という名ピッチャー以来の本格派のアンダースローなんじゃないですかねえ)。駒もそろってるんだろうね。チーム打率3割1分、防御率2.5・・・確かに勢いもあるわけだよなあ。ルーキーの久保が先発で出てきても、サブローが4打点で10対0で楽天に買っちまうっていう。
 宮内さんとか楽天の三木谷さんとかは今回のロッテの快進撃についてはどう思ってるんだろうねえ。さぞや複雑な心境なのではないかと・・・(^^;)。さらに言えば、孫さんのソフトバンクホークス。勢いとめなきゃ駄目じゃないの。でも、決して弱いわけでなく・・・やはり楽天が貯金マイナス20ってのがパラメーターということなんだろうか・・・田尾監督には申し訳ないが・・・(^^;)。試合みたいなあ、パリーグの野球放送少ないからなあ。NHKならテレビでやってくれるかな。ここじゃ千葉テレビ入らないし(T T)。
連休中は法務率が低いなあ・・・すいませんm(__ _)m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実況中継!NHKスペシャル「プロ野球改革」

いままさに観てるんだけど、巨人の滝鼻オーナー、オリックスの宮内オーナー、ソフトバンクの孫オーナーが鼎談してるって、すげー組み合わせだな、こりゃ。宮内さんがビジネスモデル、ビジネスモデルって連呼してるんだけど、その球団が人気度で最下位ってデータをNHKが画面でだしちゃうとかワクワクツッコミどころ満載。孫さんと宮内さんが議論している間で滝鼻オーナーが沈黙守ってたりするし。球団経営が成り立つようなビジネスモデルとしてアメリカのプロフットボールリーグのNFLを持ち出したりして孫さんのモデルとか目標を苦しいのではないかとコメントすると、孫さんが僕はやれると思うと返す・・・なんか熱気はやっぱり孫さんの方から感じられるのは致し方ないんだろうなあ。でも収録後の滝鼻オーナーがオーナー会議ではこんなことないよなあ、もっとこんな風に議論する機会があるといいといってたのは見直しちゃったなあ・・・というか巨人もそこまでいろいろ考えないといけなくなっているということなんだろうか。全体的印象としては宮内さんの方が守旧派に見えてしまうというのはどういうことなんだろうなあ。偶然なんだけど、さっき、佐々木信也「個性がプロ野球を救う」(NHK知るを楽しむ・この人この世界)を買ってきた後だったのですごく興味深く、ついつい速報で書き込みしちまいました。ではでは

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 02, 2005

貸金業法改正問題と実務その1

ご無沙汰しちまった貸金業法改正問題について想定し得るポイントを不定期で見ていきませう(^.^)b。まず最初にネットがらみの問題からね。そこでいわゆる電子書面一括法との関係について。前回の改正議論では、法改正の問題からは除外されてた同法関係の資金需要者向けの書面の交付。今回は検討することになるかもしれないっすね。というのはリアルワールドのみの貸金業者のみでなくネット系IT系の会社が貸金業務を自ら行なったり支配先会社が貸金業務を行なうことが増えてきたことを考慮する余地が出てきたから。ソフトバンクやライブドア、楽天は、それぞれのグループの貸金業者やカード会社、信販会社についてどんな考えをもっているんだろうかなぁ(・・?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花粉症?東京症?(;^_^A 。

今年はついに始まってしまった。鼻がむずむず、目頭うるうる、眉間はぼ〜っと、思考力の減退とくりゃ言わずと知れた花粉症である。いざ自分がなってみると想像以上の欝陶しさ( ̄□ ̄;)!!。まだろじゃあなんぞ軽症だからいいものの、ひどい方はさぞや大変に違いない。今更ながらにご同情申し上げまする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

ロッテが20年ぶり9連勝?(^_^A

千葉県民よ。もしかするともしかするのか?・・・優勝(;^_^A。
それにしてもホント今年のロッテ強いなぁ。
 パは南海、もとい!ダイエー、じゃない!ソフトバンクのファンのろじゃあとしては複雑な心境なんだけど。この感じは、きそうだよなぁって感じしません?プロ球団は千葉パイレーツしかなかった(;^_^A)頃からの千葉県民だったろじゃあとしてはこのまま優勝争いに絡んでいってほしいなぁと切に思いまする。
 ところで、一平君はどうしてるんでしょうかねえ、江口寿史先生。江口ひさしぶり~、山田ひさしぶり~(通じないだろうなあ、さすがに(^^;))。
 テレビ各局さんは巨人戦コンテンツに懲り始めてるようですから、まだ間に合うならロッテ戦とかロッテ関係のコンテンツ、手当て始めた方がよろしいのでは?テレビ大手での株式相互持ち合いをあんなに公にある意味大らかに検討されるお暇があるのなら(;^_^A。まぁ検討されるについては独占禁止法というか彼の地では反トラスト法と呼ばれている領域の基本的な法的問題についてはご理解いただいた上でご検討いただいてるんでしょうが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

憲法訴訟論≒M&A訴訟論?・・・企業価値研究会「論点公開」を読む(1)

 僕らが司法試験の勉強をしてたころ短答試験で新傾向問題が出始め、みなが佐藤幸治先生の「憲法」を読み、芦部先生やそのお弟子さんたちの憲法訴訟論を基本書どころか学術論文などでも漁ったものだった。その中でとりわけ面白かったのが、憲法訴訟における各種の「テスト」という考え方だった。ここでいうテストというのは違憲審査の審査「基準」のことで、従来のイデオロギッシュな憲法論から、実際に憲法訴訟においてどのような形で訴訟上の各種関門をクリアするのかを考えるときにこれらの基準が考慮されるという寸法だ。いや~、新鮮だった。「アジる(←死語だろうなあ)」憲法学からスタイリッシュで手続き的に「実をとる」憲法学へのシフト?って風にろじゃあは感じてたんだけどね。なんか知んないけどアメリカでの憲法訴訟論での各種審査基準についてまじめに勉強してたもんねえ。専門の○法より憲法の方が常に点よかったし(^^;)。
 なんかね、今回の公開論点読んでみて、ユノカル基準だとかレブロン基準だとか出てくるでしょ?ある商法の先生と話してて話題になったんだけど、この「基準」が憲法訴訟の時の「テスト」と一緒なんだってね。

Continue reading "憲法訴訟論≒M&A訴訟論?・・・企業価値研究会「論点公開」を読む(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« April 2005 | Main | June 2005 »