« うわっ!うまい棒が走っとる!・・・バス会社とのタイアップ広告 | Main | 「12人の怒れる男たち」と「12人の優しい日本人」・・・裁判員制度と今の「日本人」 »

June 07, 2005

新会社法で外資系証券が撤退?

眠いなぁと思いながら朝刊チェックすると、日経朝刊の金融取材メモという記事で新会社法案第821条についてとりあげている。同条は、疑似外国会社についてについての規定である。そもそも一般人には馴染みのない商法上の外国会社規定であるが、「外国会社」とは何かについてはその周辺の条文ではなく第2条の定義規定まで戻らないといけない。同条2号で外国会社とは「外国の法令に準拠して設立された法人その他の外国の団体であっで会社と同種のもの又は会社に類似するものをいう」となっており、そういう外国会社のうち、「日本に本店を置き、又は日本において事業を行なうことを主たる目的とする」外国会社は、第821条1項によって、日本において取引を継続してすることができない、とされているわけだ。今頃になって騒いでいるのか、あるいは最近ネタが解禁になったのか・・・いずれにしろ外資系会社について問題だろうことはよくわかるが、証券化のSPCやM&Aや事業再生関係の債権や資産の買取のためのSPCも問題とな
り得る規定。既存の譲り受け分や既発債などの取り扱いについてはとうの昔に手当て済だとは思うが、今頃になって外資系証券についてこれが問題になるということは、まだ証券化関係等で未対応の主体も多いということなのかなぁ。取り急ぎ新幹線から携帯で速報?版ですた。ではでは(^-^)。

追記:47thさんの記事でとりあげてもらったせいでしょうがアクセス数が膨らんでます。皆さんの興味は、外資系証券会社等の今後とSPCの問題とどちらにあるんでしょうか?コメントいただければ他の予定を押しのけてそれに応じた続報を早めに出すことにします。こちらのろじゃあの記事へどうぞ→新会社法案第821条(擬似外国会社)の件

|

« うわっ!うまい棒が走っとる!・・・バス会社とのタイアップ広告 | Main | 「12人の怒れる男たち」と「12人の優しい日本人」・・・裁判員制度と今の「日本人」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新会社法で外資系証券が撤退?:

» 「擬似外国会社」規定と「レース」 (1) [ふぉーりん・あとにーの憂鬱]
ろじゃあさんによると日経朝刊で擬似外国会社に関する会社法821条がとりあげられていて、これで外資系会社が取引を継続できなくなると騒いでいるらしい・・・とのこと。 今頃になって騒いでいるのか、あるいは最近ネタが解禁になったのか・・・いずれにしろ外資系会社について問題だろうことはよくわかるが、証券化のSPCやM&Aや事業再生関係の債権や資産の買取のためのSPCも問題となり得る規定。既存の譲り受け分や...... [Read More]

Tracked on June 10, 2005 02:59 AM

» 擬似外国会社 [不動産マイスターへの道]
2006年5月1日に「会社法」(平成17年7月26日法律第86号)が施行されましたね。 最低資本金規制の撤廃、合同会社(日本版LLC)の創設、有限会社制度の廃止等、会社に関する法制度が大きく変更されましたので、色々と勉強しなければと思っています。   クリックし....... [Read More]

Tracked on May 11, 2006 12:02 AM

« うわっ!うまい棒が走っとる!・・・バス会社とのタイアップ広告 | Main | 「12人の怒れる男たち」と「12人の優しい日本人」・・・裁判員制度と今の「日本人」 »