« 新会社法案第821条(擬似外国会社)の件 | Main | 特別料理幻想・・・疲れすぎかなあ・・・金融商品とおまけ »

June 13, 2005

ほい!お待たせ!速報!ニレコ異議審全文!

あら、奥様、出てましてよ。ごらんあそぁせ(^^;)

2005/6/13 主要判決速報 平成17年(モ)第6329号 保全異議申立事件

速報重視!まだ読んでねえよ(^^;)

|

« 新会社法案第821条(擬似外国会社)の件 | Main | 特別料理幻想・・・疲れすぎかなあ・・・金融商品とおまけ »

Comments

また来いと言われて来て見れば!
ああ ろじゃあさんが速報系に走ったら、他にとりえのない私は何をすれば良いのだろう。。。   なあんてね。
 
長文を読解するのは得意じゃないし、原決定もちゃんと内容を把握してなかったりするのですが、こっちはこっちで議論の焦点がある程度定まっているので面白く読めそうですね、斜め読みですが。。。
 
この文の前半がちょっと興味深いですね。
 
「むしろ,現に株式会社の経営支配権に争いが生じている時期においては,取締役会において,株主総会の意思を問う時間的余裕がないことから,一種の緊急避難的行為として,取締役会限りでかかる目的を有する新株予約権の発行等を行うことに一定の合理性が認められるのに対し,そのような状況が発生していない時期においては,株主総会の意思を問う時間的余裕があるのが通常であるから,取締役会限りで,濫用的な買収防衛策としての新株予約権の発行をすることができる場合はより限定的に考えるのが相当である。」
 
つまり事後発行したニッポン放送の新株予約権よりも合理性に欠ける点があると言うことですかね?
 
個人的には、もう少し消却の判断をする外部の委員会に対して裁判所がどのようなスタンスであるのか言及して欲しかったような。(斜めに読み飛ばしたので見落としているかも。。。)
 
長文失礼しました。

Posted by: HardWave | June 13, 2005 10:18 PM

HardWaveさんへ
ほいほい、いらっしゃいませ。
結構興味深い指摘が多い決定でしたねえ。
いま記事用意してますけど、HardWaveさんが指摘されたところもろじゃあは論旨としてはなんかわかりやすいなあ・・・理屈っぽくていいなあなどと感じたところです。
争った債務者側(ニレコ側)は、ろじゃあとしてはしょうがないところもあると思うんですけど、本訴だったら争いようがあるよなあって部分があるといえばあるのですが、仮処分についてはねえ・・・このあたりは、47thさんがもっと言いたいところだとは思うんだけど職場関係の話だからなあ・・・ろじゃあは個人的に同情しております。続報まってくださいませ。

Posted by: ろじゃあ | June 14, 2005 12:09 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ほい!お待たせ!速報!ニレコ異議審全文!:

« 新会社法案第821条(擬似外国会社)の件 | Main | 特別料理幻想・・・疲れすぎかなあ・・・金融商品とおまけ »