« 商事法務のメルマガ見てたら山口厚先生発見:ろじゃあのおススメ(1) | Main | 社会の窓全開症候群(OSWS)(TT) »

August 26, 2005

末娘が泣いた夏・・・吉野家のメニュー改革に一言

  夏の出来事である

娘が泣いた
小学校低学年の娘が
吉野家の椅子に座ってさめざめと泣いた

何が悲しかったのか
何が切なかったのか
彼女はポテトサラダを食べながら
私に向かってこう言った

・・・は、カレーが大好きだったのに

  カレー丼がなくなったのは

全国的なことなのだろうか。
あの味は、他の外食産業では出せない味だと思ってたんだがなあ・・・
ろじゃあも大好きでしたあのカレー
他のお店で食べられないカレーという印象があったんだけど、実際はどうだったんだろうか。
ろじゃあは確かに豚しょうが焼き定食の破壊力が大きいというのは認めているし、吉野屋の収益向上に正しい選択だったと思っている(現に収益も向上しているようであるし)。
ただ、あのカレーは残して欲しいなあ。
学校給食のカレーの味への憧憬があるのも事実なんだけれども
あの味とも同じではない。
まさに吉野家のオリジナル作品だと思っていたんだけれども。
こういう商品開発力で同業他社の○○○とかとはこだわりが違うと思っていたんであるが(それはまさに豚丼におけるあのゴボウへのこだわりと同一だと思うのだ)。

大好きなカレー丼を夏休みだからと家族で食べに来れると楽しみにしていた娘は、気丈にもポテトサラダと豚丼の並を涙をぬぐいながら食べていた。

こういう吉野家のファンもいるんだということを経営陣は心の片隅でいいから置いておいていただきたい。
ろじゃあは吉野家の味方である(^^;)。
そして娘も吉野家が大好きである。

|

« 商事法務のメルマガ見てたら山口厚先生発見:ろじゃあのおススメ(1) | Main | 社会の窓全開症候群(OSWS)(TT) »

Comments

吉野家のカレー丼って、そんなに美味しかったんですか!?
(知らなかった・・・)
HPで見る限りでは、牛カレー丼は健在のようですが、
どうしちゃったんでしょう?
私の行動圏内を調べてみますね。

Posted by: 悪童 | August 29, 2005 09:21 AM

悪童さんへ
いらっしゃいまし。
そうです凄く美味しかったんです。
ちなみに地域によってメニュー展開が異なるということなんですかねえ。ろじゃあのよくいくところは、テーブルの上のメニューからも調理場の上に掲げてあるメニューからも牛カレー丼は見事にディレートされておりまして・・・それとも頼むと出てくるのかなあ・・・試しに確認してみませう。情報ありがとうございます。ちなみに、ろじゃあ祭りへのご参加よろしく(^^;)。ではでは。

Posted by: ろじゃあ | August 29, 2005 10:40 AM

昨日、髪を切った帰りに寄ってきました、銀座の吉野家。
ドキドキしながら「カレー丼の並ください」と注文。
暫くして店員さんが、「並でいいんですよね」と言われたので、「はい」と答えたところ、「お待ちどうさまでした」と出されたのは、なんと豚丼の並み盛。

「違うんですけれど~」と言いたかったものの、この豚丼が捨てられてしまうのは心苦しく、クレームは付けずにそのまま食すことに。きっとツウなら単に「並」と言われれば「豚丼」を指すと理解できたのでしょうが、吉野家経験不足の身には理解が及びませんでした。

で、問題のカレー丼は存在しました。注書きに小さく「ルーのみ持ち帰りは可」と書かれていましたので、お嬢様にお土産としてテイク・アウトはできるようです。

カレー丼の賞味は次回となりましたが、500円玉でおつりが来るって偉大だなぁと思いました。に、してもどんな味だったんだろう?丼として乗せるからには、流行のスープカレーとは反対の粘り気があって、給食のカレーを思わせるような、ちょっぴり甘口仕立ての、具も大きめで口の中で存在感のある歯ごたえで・・・と空想していったのですが・・・。(; ;)

Posted by: 悪童 | August 30, 2005 10:39 AM

悪童さんへ
カレー丼とキッチリ言ったときはちゃんと言えば大丈夫っすよ(^^)v。
ひょっとして吉野家が初めてとか?う〜ん、貴重な冒険でしたねぇ。
ちなみに、カレー丼、500円どころか300円で10円おつりが来ます。価格が変わってなければですが。
そしてなんとレンゲで食します(@_@;)。香港の吉野家で牛丼食ったときに組み立て式レンゲ出てきたのにはびっくらこきましたがこちらは普通のレンゲ。また山盛りの福神漬箱が付いてきます。たぶんそういうサプライズは満載だと思います。
肝心のお味は・・・ご堪能あれ(^-^)。

Posted by: ろじゃあ | August 30, 2005 12:54 PM

昨日、やっと吉野家のカレー丼を食べられました。

美味しかったです!!

そして価格との対比で、何と言う素晴らしいコストパフォーマンス。こういうことをやってのける吉野家の企業努力というものを評価したくなってしまう!!
自分でカレーなんか作ろうと思わなくなってしまいました。
暫く病みつきになりそうです。

Posted by: 悪童 | September 05, 2005 12:04 PM

悪童さんへ
ねっ?うまかったっしょ?(^^;)。
ところで、このコストパフォーマンスと所得格差の拡大という視点で、日本のファストフード業界の日本社会における位置づけというのとアメリカ社会におけるマックの位置づけというのを考えてみると、47thさんのところで悪童さんが抱いていたいくつかの懸念と実は関連するところが出てくると思うのですが、ついでですからおいしいカレー丼の味が残っているところで考えていただいてはいかがでしょうか・・・

Posted by: ろじゃあ | September 05, 2005 12:21 PM

ろじゃあ様
NYにご出張でしたか・・・。
47th様のところでは書かなかったのですが、その”ココロ”は
要は、「太郎さんが病気になりました。でも彼は貧乏で、よく効くというお薬が買えませんでした・・・」ということだと思うのです。今回のカトリーヌの例に当て嵌めると、「台風が来るのはわかっていました。でもAは移民で頼れるような親戚もなく、逃げるためのお金もなかったので、じっとしているしかありませんでした」ということですよね。確かに地獄の沙汰もカネ次第と言われるように、お金により生命の危険に晒されるというのも事実でしょうが、私だったら、「太郎さんはお金を持っていませんでしたが、彼はいつも町の人たちに親切にしていたので、ある人が「皆で少しずつお金を出し合って、薬を買おう」ということになり、そのお薬を飲んだ太郎さんは元気になりました」というストーリーを書き足したいですね。ユートピア、じゃなくて人間の英知を信じたいのです。

と、いうことでおいしいカレー丼の味を忘れぬように今日も根津の吉野家でテイクアウトして帰ると思います。
47th様にも宜しくお伝えくださいませ。

PS:今回の台風14号、カトリーヌより強力なんて言われているんですよぉ!

Posted by: 悪童 | September 05, 2005 06:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 末娘が泣いた夏・・・吉野家のメニュー改革に一言:

« 商事法務のメルマガ見てたら山口厚先生発見:ろじゃあのおススメ(1) | Main | 社会の窓全開症候群(OSWS)(TT) »