« 鬼の霍乱?鬼の書く欄?・・・完全復帰までいま少しのご猶予を | Main | 十人十色、法務部いろいろ(第一回)・・・「法務部」という概念 »

August 02, 2005

永岡議員は何故死ななければならなかったのか

  原因はたぶん明らかにされないような気がする。
  ホントに郵政民営化の衆議院決議での賛成票を契機として自害されたのだとしたら・・・いたましいとともになんか国会議員観が変わってしまいそうな気がする。
  ろじゃあにわかっているのは、

(1)農水省のキャリア出身であること
(2)亀井派に属すること
(3)当初反対だったのが投票の段階で賛成に回ったらしいこと

ぐらいしかない。
(1)については、農水族であったろうことが容易に想像できるが、果たして当選二回の農水キャリアというのは議員になると農水族の中ではどういう位置づけになるのだろうか・・・まったく予想がつかない。幹事長はコメントで優秀な役人であったとしているようだ。
「非常に有望、有能で、彼は農水省出身でわたしも農相経験者として目をかけていた政治家だ。痛恨の極みで、心からお悔やみを申し上げたい」と述べた。自殺の理由については「全く分からない」
YahooNews-共同通信

幹事長は農水族?の中でどのように接していたのだろう。国民の想像はこの辺で途切れてしまう。それより情報がないからだ。それ以上のところまでちゃんと説明してくれたほうが、国民は変な誤解をしないで済むと思う。
  議員になることも想像以上に大変になっているらしい。角栄さんたちの頃とに比べると大変さはどうも相当質的に変化してきているようである。この辺が明らかにされないから、今回のようなことがあっても誰が彼を追い詰めたのかそれとも自らの意志に基づく自害なのかについて俗説が飛び交うことになるのではないか。誰が説明すべきなのだろう。
  残念ながら本人は語ってくれない。この後どんな動きになっていくのか誰かの説明を聞いていきたいと思う。

|

« 鬼の霍乱?鬼の書く欄?・・・完全復帰までいま少しのご猶予を | Main | 十人十色、法務部いろいろ(第一回)・・・「法務部」という概念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 永岡議員は何故死ななければならなかったのか:

« 鬼の霍乱?鬼の書く欄?・・・完全復帰までいま少しのご猶予を | Main | 十人十色、法務部いろいろ(第一回)・・・「法務部」という概念 »