« 証券化はどこにいく・・・対象資産と市場法的枠組みの第二次変革期 | Main | タイガース、また勝った(^^) »

September 24, 2005

こういう本が出てこないとウソだよなあ・・・「新しい会社法の知識」

  いま手元に新しい会社法のテキストが一冊。
  

菅原貴与志著「新しい会社法の知識」
  ぱらぱらと見てみるだけでもいいなあ、これ・・・って感じ。
  筆者は、その筋ではすごく有名な方だよ。
  慶応大学大学院法務研究科(法科大学院)の教授なんだけど、それで有名ってだけじゃないんだよね。
  菅原さんは企業法務の分野で有名な方で企業実務家でもあったんだよね(確か全日空の法務部じゃなかったかな)。HPはこちら
  この本の内容とか見ても読みやすさを十分配慮してるのがわかるし、長すぎない解説書としては実務の現場で利用することが相当配慮されてると思うよ。
  だけど、ちゃんと、ポイズンピルの関係であるとかしっかりとわかりやすい図表も使って簡にして要を得た内容になってるから、まだ、有名どころの先生の解説書がでてなくて困ってる学生にとってもいいんじゃないかなあ・・・。
  はじがきの最後に出てる編集担当者の名前・・・企業法務の業界知ってる人間からするとそれだけで内容的に問題なしってのが明確な本ともいえると思いまする(^^)。

|

« 証券化はどこにいく・・・対象資産と市場法的枠組みの第二次変革期 | Main | タイガース、また勝った(^^) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference こういう本が出てこないとウソだよなあ・・・「新しい会社法の知識」:

» 会社法の本を何冊か [dtk's blog]
今更ではあるが…今のところ会社法べったりの案件に割り当てられたことが少なかったこともあり、会社法について、きちんと本を読む機会がなかった。特にこれと云うきっかけがあったわけではないものの、何となく、何... [Read More]

Tracked on November 04, 2007 09:17 PM

« 証券化はどこにいく・・・対象資産と市場法的枠組みの第二次変革期 | Main | タイガース、また勝った(^^) »