« September 2005 | Main | November 2005 »

October 28, 2005

う~ん、これはすごい・・・(^^;)

偶然見つけたWill12月号のラインナップ。
  その中に以下のタイトルが・・・

 憂国放談 第3回 
■西村眞悟 vs 勝谷誠彦
「どこがマドンナや 飛田新地でも売れんわ」
  何も申しません。
  この組み合わせ
  このタイトル
  最近では、少なくとも大手週刊誌では不可能になりつつあるかもしれない(?)エントリーだと思いますた。
  お二人ともお元気で何より(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2005

ロッテ優勝ですね。ファンの皆さんおめでとうございます。

ロッテが31年ぶり3度目の日本一!!

ロッテが31年ぶり3度目の日本一!! ロッテvs.阪神の日本シリーズ第4戦が26日、甲子園球場で行われ、ロッテが3-2で辛勝した。これでシリーズ無傷の4連勝を飾り、1974年以来の栄冠を手にした。
いや~、いい試合だった。
両チームともピッチャー総力戦。
面白かった。
でもやっぱり阪神が負けたのはくやしいなあ。

千葉県の皆さん、皆さんのチームが日本一になりました。
いまよりもっといい千葉県にするためのいいきっかけだとおもいます。
千葉パイレーツ以来・・・・長らく希求してきた千葉のチームの日本一です。
おめでとうございます。
ううううっうううううううううううっうううううううううううううううううう(TT)。
阪神ファンの皆様・・・・来年また・・・・がんばりましょう・・・・・・・・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

阪神は今日はどうなるのか・・・なんとなく決まってしまうようで怖い第4戦(6)そして9回の裏を迎えたのだ!

ロッテ三者凡退の後の8回の裏。
これで逆転すればロッテは9回の表のみ。
明日はどっちだ!?

打順は2番の鳥谷からと好打順

鳥谷が・・・四球
シーツが・・ピッチャーフライ?
金本が・・・空振りの三振?
今岡が・・・見逃しの三振!なにやってんだよぉ(TT)
薮田かぁ・・・ロッテはいい選手がいっぱいいるなあ・・・
そして阪神は投手に久保田。総力戦である。
イ・スヨプ・・・またヒットか・・・4安打。恐るべし。
でも大塚も里崎もセカンドゴロで阪神にとっては絶対1点は取らないといけない9回の裏の攻撃に突入するのであった。

Continue reading "阪神は今日はどうなるのか・・・なんとなく決まってしまうようで怖い第4戦(6)そして9回の裏を迎えたのだ!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神は今日はどうなるのか・・・なんとなく決まってしまうようで怖い第4戦(5)魔の6回と7回の死闘

魔の6回・7回を迎えてついにウイリアムスが出ててきた。
んで・・・またイ・スヨプが2塁打?
アジアの大砲恐るべし・・・本日本塁打と2本の2塁打で三打数三安打かぁ。
まあ何とか6回は切り抜けた・・・。
でも、いくら抑えても
そろそろ点取らないと勝てないんですけど(^^;)。

おっと、シーツがヒットで出塁!
金本の兄貴が四球でワンアウト一塁二塁だ。反撃だ~あ!
ここでロッテは投手交代で・・・・小野だ

・・・やっと一点入った(TT)。
今岡さん・・・もっと早く打って、お願い(^^;)。
そして・・・代打、桧山だぁあああ・・・ライト前ヒットだぁ~2点目だぁ~
なおもワンアウト一塁三塁で・・・矢野だ・・・が・・・ダブルプレーかい・・・(TT).
そして運命の7回に突入なのであった・・・阪神のピッチャーは・・・

Continue reading "阪神は今日はどうなるのか・・・なんとなく決まってしまうようで怖い第4戦(5)魔の6回と7回の死闘"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神は今日はどうなるのか・・・なんとなく決まってしまうようで怖い第4戦(4)

今岡が併殺打(^^;)

って思ってたら攻撃終わりで・・・ようやく福原が出てきた。
結構苦労したけどなんとか抑えた。良かった。

矢野がヒット・・・やった!
関本が10球放らせて四球・・・やった!無死1塁2塁じゃん!
浜中が三振(TT)
そして赤星が・・・ああああああああああああああ・・・・ダブルプレー
これじゃ、勝てないかぁ。

そしてこのやるせない思いの中で魔の6回・魔の7回を迎えるのであった・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神は今日はどうなるのか・・・なんとなく決まってしまうようで怖い第4戦(3)

先頭打者だしちゃだめじゃあん・・・フランコには徹底的に外角高め攻めで四球。
今江が犠打でもうイ・スヨンプかよ・・・
えっ、ピッチャー交代で能見?
う~ん、だいジョブかなあ・・・

(追記)
って入れたら一球目ど真ん中打たれて二塁打で1点じゃないの・・・(TT)

今日の阪神、また3・4・5・6番がノーヒット。

って入れたらやっと金本に待望のヒットが・・・がんばれタイガース・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神は今日はどうなるのか・・・なんとなく決まってしまうようで怖い第4戦(2)

  やっぱり点取られてる
  今江を打ち取って安心したか?

イ スンヨプに2ランホームランをライトに叩き込まれているではないか・・・(TT)
  ちなみに今日投げてるセラフィニって結構苦労してる人なんだろうかなあ・・・31歳で
ツインズ→カブス→パドレス→パイレーツ→台湾・中信→メキシコ・モンテレー→レッズ
  って異動をしてるんですねえ。
  去年は5勝だけど今年11勝だもんなあ・・・すごいすごい。
  って言ってる間に・・・もうエラーでも何でもいい
  ・・・塁に出たんだから、赤星さん、走りなさい。
  ・・・また、零点かぁ   もう三回終わっちゃったのね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神は今日はどうなるのか・・・なんとなく決まってしまうようで怖い第4戦(1)

  昨日の試合について書く気はなかったのだけれど・・・・
  どうしちまったんだ虎の戦士達は。
  金本が3試合ノーヒット?あり得ない!
  JFKを全員使うこともしないで・・・あり得ない!
  それに引き換え・・・・ロッテは何か神がかり的な成績だと思う。
  三投手が皆完投で全員の防御率が1未満・・・・・あり得ないだろう?
  臆病なろじゃあは、金本の第一打席の結果が見れない・・・
  おそるおそるみると・・・あ~あレフトフライかよぉ。
  
  どこで何が狂ってしまったんだろうか。
  それともロッテが良すぎるのか。  

連荘モードに入ったストック機みたいな点の取り方と試合運び。
  今日も勝てないのか?がんばれよ、タイガース・・・ううっ、・・・(TT)。

  これで千葉は元気になるかなあ・・・
  知事が変わってもそんなにいいことなかったみたいだから
  せめて、今回はみんなが元気になるような起爆剤になればいいのになあ・・・
  それでもまだ巨人が好きな千葉都民の方が多いのかなあ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2005

ネット証券でシステム障害が起きると・・・

・・・そりゃ、皆さん、困りますが、頻繁に起こると困るじゃすまなくなりますでしょうねえ。
YahooNewsの経済総合ニュース<楽天証券>システム障害 約3時間取引できず

楽天証券は「原因は調査中」としており、影響を受けた利用者の人数、売買代金は不明。
としているわけですが、この影響を受けた利用者の人数とその売買代金がどのくらいかの集計がどの程度でできるかというのもネット証券の信頼性を図るものさしに今後なるかもしれませんねえ。
  でもこれが初めてではないという報道もなされてるようで→YahooNewsの経済総合ニュース楽天証券でシステム障害 8月以降、相次ぎ発生
  8月以降4回発生していたということは今回で5回目ということですね。これって回数多いんでしょうかね。ろじゃあ的には

Continue reading "ネット証券でシステム障害が起きると・・・"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

さて、誰がどうやって貸すことになるやら

YahooNews敵対的買収には融資せず TBS統合で楽天に通告

TBSに経営統合を申し入れている楽天に対し、主力取引銀行の三井住友銀行と、準主力行のみずほコーポレート銀行が、「敵対的買収に発展した場合、必要資金は融資できない」と通告していたことが24日、明らかになった。
 社会的に拒否反応の強い敵対的買収への資金協力で、銀行としてのイメージ低下や取引先の不信感を招く恐れがあると判断したもようだ。
  ってことのようですが、今週号の週刊現代にあるような形で外資から調達するんですかねえ。
  ただ、どんな手法になるんでしょうね、今回は。
  数千億なんてことになるとさすがに、800億以上も投入した楽天としても「簡単には」貸してくれるとは限らないわけで。今週号の週刊現代の34頁あたりに書いてあることが本当だとすると、あくまでもそれを前提とすれば、銀行だっていくらコミットメントライン契約締結してるからといって

Continue reading "さて、誰がどうやって貸すことになるやら"

| | Comments (6) | TrackBack (3)

不思議だなあ・・・これまさにオヤジの説教なのに(^^;)

  24日のエントリーある友人からの相談・・・世の中、本質はそんなに複雑なもんじゃないかもが、異例のアクセス数になってんですけど・・・今日一日の分だけで全体の10%って、結構多いんですよねえ。
  まあここんとこ、エントリーの数が一日1~2と低迷してるせいかもしれませんが、文中で女の子は話聴くけど説教する奴は嫌いと書いた割には、このエントリー自体が立派な「オヤジの説教」テイストがプンプンのはずなんですけどねえ。正直、この手のネタならいくらでも書けるんですけど(^^)。でも、調子にのってこの手の説教ネタ書くとそれはそれで多分敬遠されんだろうなあ・・・(^^;)。
  たまたまそれ以外の目的で書いただけなんですが(変化球ネタ)、直球として読まれているということなんでしょうね。う~ん、それはそれでなんとも言いがたいところもあるのですが。
  考えてみたら、ちょっと中断している法務部シリーズも中に相当オヤジの説教ネタが入ってたのも事実で、さらに考えると、このブログにアップしてるエントリーの多くの部分はオヤジの説教臭があるかもしれないなあ・・・といまさらながらに感じていたろじゃあなのでございます。
  世の中いずれにしろ不思議なもんでございますねえ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

なんでみんな仲良くなれないのかなあ・・・「あらしのよるに」映画化だそうです

  とある吉野家のカウンターにて。
  今日も今日とて、ろじゃあは昼ごはんに豚キムチ丼(並)に半熟卵と味噌汁つけて、わしわしと食していたと思いねえ。
  こういう時には週刊誌を読みながらのことが多いんだけど、「週刊ポスト」の映画紹介欄「iNViTATiON」に「あらしのよるに」の映画化の話が出ていて・・・豚キムチに半熟卵混ぜた状態でうまそうにわしわし食うつもりが、いろんなことを頭にめぐらせてしまって涙が溢れてあふれて・・・・顔ぐしゃぐしゃにしながら左手においた週刊ポスト読みながら豚キムチ丼を泣きながらわしわし食うはめになってしまって。いつものこととはいえ(ときどきあるんだよね、もう何回か書いてるとおもうけど)、例によって、ちょっと恥ずかしいなあ・・・って感じでした。
  この「あらしのよるに」・・・絵本を侮るなかれというか児童文学の奥の深さを感じさせてくれるベストセラーでございます。主人公はヤギのメイと狼のガブ(結構子供的にはわかりやすいネーミング)。
  この二人・・・ちゅうか一匹と一頭(あ~2匹か2頭と書きたい)が、ある嵐の夜に壊れかけた山小屋で偶然出会うことがきっかけで「お友達」になっていくという話。ミソは、食うものと食われるものの間に友情は成立するのか・・・ちゅうかもそっと大きな視点でそんな存在同士で「共存」できるかという設定にしているところです。出会ったたのは嵐の夜の暗闇の中だったというのが二人が仲良くなれた理由でもあるのですが、これ、なかなか現実社会にもいろいろな寓意が読み取れるところもありまして・・・・。
  現在、第六巻の「ふぶきのあした」まででてるんですけど、

Continue reading "なんでみんな仲良くなれないのかなあ・・・「あらしのよるに」映画化だそうです"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2005

ある友人からの相談・・・世の中、本質はそんなに複雑なもんじゃないかも

  ろじゃあが前の前の職場で5年目ぐらいのこと。
  ある友人から以下のような相談を酒飲んでるときに受けたと思ってくださいまし。

彼女が転職先がすごくいい職場だというんだけどとたんに職場の人間との付き合いでの飲み会が増えたんだわ。んで、母親からいい加減にしろって言われて少し自粛したんだけど、俺とのデートの回数も減っちゃって、飲み会での飲酒を理由に俺とのデートのときの酒量を減らすといいだして付き合いが悪くなったんだよ。どうしたらいい?
その際のろじゃあの答えは以下の通り。
職場にいい男がいるかもしれないとか考え始めてるんだったらそんなことは一言もいっちゃだめ。ただ、「好きな人が出来たの」といわれた時の準備はしといてもいいかも。引き止めたいかあきらめるか・・・それがぶれると結構端からみると情けないことになるかもしれんよ。彼女が本気で好きならぶれないことだ。んで逃げられたらそりゃ、仕方ない。年上なんだからその程度のことでぶれると逃げられるか足元見られるか失望されるか・・・いずれにしろろくなことないぞ。笑い顔でしょうがないなあ・・・といいつつ、体には気をつけるように、君とのデートの楽しみが減るのは嫌だからそれはわかってねと伝えて、様子を見てみるといい。少しも嫉妬しないことを面白く思わない女は顔に出るし、そのままありがとうといって同じことを続けるようならその先はお前もまじめに付き合い方を考えればいい。彼女は多分ちょっと意外な顔をして少し現状が続くかもしれないけどそのうち戻ってくると思うよ。問題はむしろその先だ・・・

Continue reading "ある友人からの相談・・・世の中、本質はそんなに複雑なもんじゃないかも"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

兵站(へいたん)の問題を蔑(なiいがし)ろにすると・・・CALSの本家本元にしては苦労してるようで

<米州兵>装備率が低下 イラクなどへの大量派遣に伴い
  以下は思想信条の問題とかは全く度外視したロジスティック(兵站)の問題。
  この記事の内容が本当なら、アメリカは相当無理してるんだなあ・・・という感じです。

同院によると、イラク駐留米軍の中核である陸軍部隊の3割以上が州兵。州兵は平時は一般市民として生活、年2回の訓練を受ける程度で装備率は6~7割程度と低い。このため、州兵が海外に派遣される場合、待機部隊から優先的に装備を回す必要がある。
  このシステム自体はアメリカの組織の特殊性なのかもしれないのでむしろこれを与件としても、

Continue reading "兵站(へいたん)の問題を蔑(なiいがし)ろにすると・・・CALSの本家本元にしては苦労してるようで"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2005

どうなってんだ日本シリーズ?・・・第二戦速報(4)

  最終回のタイガース。

  赤星・・・・ファーストゴロでワンアウト
  鳥谷・・・・ファーストゴロでツーアウト
  シーツ・・・センターフライでスリーアウト

  渡辺俊介・・・・無四球、4安打の完封。
  完敗ですね、こりゃ。
  あさってからの甲子園決戦でがんばりましょう。
  でもね
 3番、4番、5番、6番がノーヒット
でどうやって勝てというんだろうかねえ。
  それにしても、ロッテは天晴れ。
  勢いがぜんぜん違うなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうなってんだ日本シリーズ?・・・第二戦速報(3)

  8回裏ベニーの前にフォアボールで一人出ていて・・・ベニーの時に3連続ワイルドピッチ・・・・でなんで一点入っちゃうのよ。なんか緊張の糸が切れちゃったのかなあ・・・考えられないじゃないの。
  そんで、今江が8打席連続ヒットがでるかどうか・・・と固唾を呑んで見守るわがファミリー・・・・
  なんと、8打席連続ヒットでこれがタイムリーヒットだって・・・9対0です。
  さらにタイムリースリーベースで10対0・・・・阪神ファンの長男が一言

ロッテすげえ

  まあ確かにそんな風にも思いたくなるわなあ、このゲーム展開じゃ。
  んでまだワンアウトランナー三塁・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうなってんだ日本シリーズ?・・・第二戦速報(2)

  7回裏・・・初芝さんが代打で登場
  魔物を呼んできたのは彼かなあ・・・・そして今回は

残念ながらサードゴロ

またがんばってほしいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうなってんだ日本シリーズ?・・・第二戦速報(1)

  ロッテが、6回の裏の攻撃で打棒爆発!
  いやはや魔の6回ですな、ホント。
  幕張の浜に魔物が現れているということなんでしょうか。
  阪神ファンはもっとお祈りと御祓いと応援をがんばらないと、これはこのままだとやばいですよ。
  勢いに乗せたときのロッテはホント今年は特に恐ろしいんですから。
  7回終わって7-0・・・・おいおい(TT)。
  それにしても、今日のロッテのすごかったのはやっぱり、6回。
  6回裏ロッテの攻撃で、

サブローが2ランホームランのあと、カウント1-0からフランコがソロホームラン、ベニーを塁において李が2ランホームラン・・・・
何という点のとり方だ、こりゃ?
  さらに、

Continue reading "どうなってんだ日本シリーズ?・・・第二戦速報(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

長澤まさみ要チェック・・・小林信彦さんご推奨なら観てみますか

  あまり最近のアイドルさんには興味が無くなってきているところなろじゃあなのでありますが、村上ファンドのインサイダー疑惑とかいうギトギトのタイトルが踊っていた週刊文春読んで、想像してたほどの内容ではないなあとちょっとがっかりして、いつもの定番を読んでいたら、小林信彦さんが「タッチ」に出てる長澤まさみをアイドルではなく「スター」として大推奨しております。これは珍しい(^^;)。
  タッチと言えば・・・と通常ならここで自分が若かった頃の話とうんちくが出て来るところですが、小林さんがそのような姿勢に珍しくちょいと苦言を呈しておられるのでここでは特に書きません。
  でも、小林信彦さんの「本音を申せば」はやはりオモロいですね。
  フランクシナトラが「ダーティーハリー」のハリーキャラハン役をやるはずだったとかさらりと出てくるんだものなあ。ミステリの世界では実に有名な方なんですけど(特に編集者としてかなあ。ごめんなさい)、ホント色んな知識が詰まっている方だと思います。こういう方のエッセイを読む醍醐味ってのはやっぱり一定の年齢にならないと分からないかもしれませんぜ。んなこといって、ろじゃは、中・高生の頃、青木雨彦さんのエッセイとかミステリマガジンで読んで分かったような顔してましたからああいう「楽しみ方」もありだとは思うのですが。
  「タッチ」観にいってみっかなあ・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

肩凝りと足裏・・・肩凝りでたときゃ注意信号のろじゃあでございます

  この一年、忙しい割りにはあまり気にならない事があった。
  以前は、常にこれに悩まされていくらやってもらっても悩みは解消されなかったのだが・・・
  肩凝りと足のコリである。
  10年も前にはだいたい一ヶ月に2回、多い時は週一でマッサージをしてもらわないとそもそも仕事にならないほど肩凝りには悩まされてきた。全部自腹だもんなあ・・・そりゃ大変でしたさ、安月給のサラリーマンには。
  でも、これで少しでも症状を解消しておかないと翌日のための再生産ができないわけで、必要不可欠な投資な訳ですな、これが。
  んで、この肩凝りが前の職場に移った途端に消えたので御座います。
  そりゃなんとなく自分でも分かります。仕事上のストレスが一気に消えましたから。思い悩めばいいのが家族の行く末だけになった訳で(これはこれで結構大変なのは既に何回か書いておりますけどね)。
  ただ、体の方はやっぱり危険信号を出し続けるわけです。んで足の疲れとむくみは残ったのですね。ですからこのために足裏マッサージとかが通常メニューにとってかわることになるのですな。
  んで、今回の仕事の後もしばらくは、足裏だけで何とか乗り切れてたのですが・・・・ダメっすね。
  最近、

Continue reading "肩凝りと足裏・・・肩凝りでたときゃ注意信号のろじゃあでございます"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 21, 2005

病院でカード?もう使えるじゃん・・・そうか、「公立」病院ね(^^;)・・・「病院でのカード利用」という特性に応じたリスク管理は必要か?

公立病院でカード払い可能に…特区提案10項目復活

政府の構造改革特区推進本部(本部長・小泉首相)は21日、各省庁の判断で実現しなかった特区提案のうち、公立病院の診療費をクレジットカードで決済できるようにすることなど10項目の「復活」を決めた。
  最初、何がニュースかわからなかったんだけど、「公立」病院のところでようやく合点がいtった次第。
  ビザカードあたりの宣伝でもあるように、もう病院でクレジットカードが使えるところは結構あるはずで、今回のは「公立」の病院でも大丈夫なようになったということなんですな。
  公立病院のカード利用規制なんかあったかなあ・・・と思いつつ、あるとすればそもそもカード決済が使えるかということもあるかもしれないのだけれども、大きいのは結構加盟店手数料なのかもしれないですな。
  通常、カード会社と加盟店契約を締結して初めてクレジットカードを持参した顧客との関係でクレジットカードシステムを利用することが可能になるわけですが、この契約に基づいて加盟店となった事業主はクレジットカード会社に加盟店手数料を支払うわけです。この加盟店手数料を「公立」の施設である「公立病院」が支出していいのかとかどういう費目で支出するのかなんてことについて、法的あるいは行政上の規制という形で存在したのかもしれません。この加盟店手数料ですが、果たして取るんかなあ・・・・などと

Continue reading "病院でカード?もう使えるじゃん・・・そうか、「公立」病院ね(^^;)・・・「病院でのカード利用」という特性に応じたリスク管理は必要か?"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

監督のマーケットも国際化&年俸高騰傾向か?・・・47thさん、そろそろプロ野球(法)学会構想発動させませんか?

至宝「ボビー」流出危機…メジャー数球団が食指
  なんとまあ、節操のないと見るか、ビジネスなんだから当然とみるか・・・
いずれにしろロッテファンというよりはパリーグのファンにとって確かに危険信号だよなあ。

・・・・・米球界関係者によれば、現時点で同監督にはドジャース、デビルレイズが来季監督候補として非公式ながらオファー。契約年数、年俸などの金銭面の条件提示は今後となるもようだが、ロッテには重大事態だ。特にドジャースは、指揮官にとって師匠筋にあたるラソーダ副社長が熱烈アピール。「2人は熱い師弟関係。ラソーダは経営陣の一人でもあるし、条件面ではいくらでもいい内容を提示できる」(米球界関係者)と、すでに警戒警報が発令状態。
  どこぞの球団とちがってこの辺はロッテは危機管理がなっているというかいなくなったら困るの危機感が大きいせいもあるかもしれないけど(^^;)、早速対応をしているようで何より。
  ロッテファンの皆さんはどう思っているのかわからないけど、

Continue reading "監督のマーケットも国際化&年俸高騰傾向か?・・・47thさん、そろそろプロ野球(法)学会構想発動させませんか?"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

60アンペアのヒューズがささえているもの・・・近所の電気屋さんのありがたさ

  とある日の夜9時過ぎ、相方から電話。
  「うちが大変なことになってんのよ」
  うちが大変なことになってるちゅうのはただ事ではない。よく聞いてみると、
  「家の中の一部が停電してて手の打ちようがないの」と半ばあきらめ顔。
  うちの一部ということは電気料金の延滞による電気の供給停止ではないなと思いながら(あり得ない(^^;))、だいたい、1ヶ月やそこらで電気が止まるわけもなしと思いつつ、原因を考えてみる・・・。
  「ヒューズは確認してみた?」というといつものヒューズのところは確認したとのこと。
  「そしたら残留勢力で現状を維持されたし・・・ってところだなあ。帰ったらすぐみるよ」というのが精一杯で、さてどんなものかと・・・・そして帰宅。
  実際にブレーカーのところをみにいくと、確かにヒューズ類は全く問題なし。ブレーカーもすべて「入り」になっている。う~ん、仕方ない、明日電力会社の営業所に電話すっか・・・とその日はそのまま皆休むことに。
  翌朝、営業所に電話して聞いてみると、意外な事実が。
  「ブレーカーのところどうなってるか説明してみてくれませんか?」といわれたので、説明すると、
  「一番左にある一番大きなスイッチみたいなのを切ったままその下にあるふたをとって中の太いヒューズがどうなってるか見てみてもらえませんか?」
  なに?このがっしゃんと入れるスイッチの下に「大きなヒューズ」?

Continue reading "60アンペアのヒューズがささえているもの・・・近所の電気屋さんのありがたさ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 20, 2005

なに?「まるごと一冊大泉洋」

地下鉄の中づり広告を見てたら見つけた。
札幌が生んだ大スターがなぜ?
この時期に?
集英社?
謎をはらみつつ、すべての疑問はお近くの書店に・・・ってか?(;^_^A
斜めからの横顔・・・これが「どうでしょう」のあの兄ちゃんと同一人物?
う〜ん、世の中なぞだらけだ(;^_^A
それともろじゃあの勘違い?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 19, 2005

TBSの買収防止策を巡る「ガンダム世代のM&A講座」ってか?(^^;)・・・ジェットストリームアタック異聞

  喜ばしいことなんですけどね、ろじゃあ的には(^^)。
  TBSと楽天の今回の騒動との関係で磯崎さんは例によって精力的にエントリーを書かれているところな訳ですが、その中の一本TBSの例に学ぶ買収防衛策は機能するか?(その2)でジェットストリームアタックについて触れております。これに関連して47thさんが「ジェット・ストリーム・アタック」はworkableか?という記事をエントリーしております。
  こういう面白いけど結構ややこしい領域の中で、共有できるサブカル的なネタを織り込んで「まじめに」文章書くのってろじゃあ的には大好きなんですけど、こういうの苦手というか嫌いな方いるかもしれませんねえ。世の中広いですから。まあ読まなきゃいいだけの話なんですけど。
  いっそのこと

、「ガンダム世代のM&A講座」とか「ガンダム世代のM&A読本」
とか作ってみたらどうでしょうか?結構面白いと思うし、ろじゃあは買いますけどね(^^;)。こういうネタ考えるのろじゃあは結構好きなんですが、磯崎さんも47thさんもお上手なような気がするんですけど。それほどお暇ではないかとは思うのですがね。
  ちなみに、47thさんが、上のエントリーで言及していた、「誰がガイアになるか」って問題っすけど・・・「踏み台」にされるだけで

Continue reading "TBSの買収防止策を巡る「ガンダム世代のM&A講座」ってか?(^^;)・・・ジェットストリームアタック異聞"

| | Comments (4) | TrackBack (2)

えっ?!ロッキー6?・・・おいおい、大丈夫かよ(^^;)

  スタローンさん、60歳でロッキー6って・・・
  一番最初のロッキーはろじゃあが中学生のときだもんなあ・・・
  一番最初のロッキーだけは今でも時々見るし、あの

「だっだぁ だだだ だだ だぁだだだ だっだぁ だだだ だだ だぁだだだ だっだぁ だっだだだだ だぁだ~」
を目覚ましの変わりにしていたこともあったし・・・(テープに録音しておいてタイマーであのイントロが演奏されるようにしておくのね。最後の「だぁ~だぁ~」のところで右手の握りこぶしを上に突き上げると同時に起き上がる・・・「一二の三四郎」のパターンですな(^^;))。
  それにしても、脚本では、なんかの理由で老いたボクサーとして四角いリングに戻らなければならないというような設定になるんですかなあ・・・お願いだから、訳のわからない政治ネタを捏ねくり回さないでほしいなあ・・・ランボーだけで十分ですから(^^;)。
  日本でだったら結構お客さん入るのかなあ・・・よくわかんない。
  でも、第一作の
「えい どぉりぃあ~ん」
のところは、今見ても泣けちゃうろじゃあは、少し心の琴線が敏感になってるんだろうかねえ(^^;)。

| | Comments (1)

October 18, 2005

「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」(長っ!)と全銀協のカード規定試案の改正等

  なんか、法律のタイトルだけでも長いのにエントリーのタイトルも長くなってしまいました。ごめんなさい。
  今回の「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」の成立・交付に対応した形で全国銀行協会さんが、「カード規定試案の一部改正と「偽造・盗難キャッシュカードに関する預金者保護の申し合わせ」の申し合わせについてHPにアップしていたんですね。ちょいと遅くなりましたがご参考までにエントリー書いてみました。
「カード規定試案」の改正、「預金の不正な払戻しへの対応」等について
カード規定試案の改正について
偽造・盗難キャッシュカードに関する預金者保護の申し合わせ
預金の不正な払戻しへの対応について
  今回の法律自体は一部では「民法478条特例法」なんて呼び方をしてる人を知ってますが(^^;)、まあ、

Continue reading "「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」(長っ!)と全銀協のカード規定試案の改正等"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金融庁の事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)のパブコメ結果とガイドラインがでましたね

  最高裁の貸金業者の取引履歴開示義務についての判決があった後に金融庁で検討されていたガイドラインの改定案についてのパブリックコメントの募集締め切りから結構時間たってますけど、これだけの意見とこれだけの問題があったらこれだけの短期間で出たというほうが賞賛に値するかもしれませんねえ。
  とりあえず今回のエントリーでは速報版というところでリンク先を示すだけにとどめますが、結構弁護士の先生や司法書士の先生も、貸金業者も双方とも実務対応は結構大変かもしれないなあというのがろじゃあの率直な感想でございます。もそっと検討した上でまたエントリーいたしますね。
事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)の一部改正案に対するパブリックコメントの結果について
コメントの概要及びコメントに対する金融庁の考え方
金融監督等にあたっての留意事項について -事務ガイドライン- 第三分冊:金融会社関係(パブリックコメントに付した案と改訂後のガイドラインの対照表)
事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)の一部改正について
金融監督等にあたっての留意事項について -事務ガイドライン- 第三分冊:金融会社関係
  
  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

そうかあ、ボビーは日米で優勝した初めての監督なんだぁ(^^)

YahooNews「ボビー、初の日米優勝監督に」

・・・2000年に米大リーグのメッツを率いてナ・リーグを制したボビー・バレンタイン監督は、史上初めて日米両国で優勝監督に。同監督は敵地の福岡ヤフードームで3度、宙に舞った。
  そうですか・・・そういえばそうなんですねえ。
  ホント、この方のお顔というのはなんか憎めないというか笑顔が素晴らしいというか。
  そのくせ、ファイト、闘魂むき出しで抗議してるときなんか、すごい厳しい表情になって。
  喜怒哀楽を表現するのが自然と身についているんでしょうねえ。
  今回の優勝で、日本シリーズがどうなるかは一応おいておいて、ふと考えてしまったのが、

Continue reading "そうかあ、ボビーは日米で優勝した初めての監督なんだぁ(^^)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ついつい観てしまいました・・・ある女性の希望の光

  間違いないでしょう・・・そう、ろじゃあは思いました。
  タイトルもわからず見ていました。
  でも、たぶんろじゃあが見たいと思っていた映画だと確信しました。ラストシーンで

  「歩くと痛いの?」
小さかったころと同じように、そう女性に語りかける幼馴染の若い男
  ・・・・
  マチルドは見つめた
  彼だけを見つめた
  いつまでも・・・
  そうです。マチルドとセバスチャン・ジャプリゾで検索をしたら出てきました。
「ロング・エンゲージメント」
  観たかったんですよ、この映画。
  忙しさの中でもどうしても「観たいんじゃあ!」という映画があるのですが、この「ロング・エンゲージメント」と「ヒトラー最後の12日間」はここ半年でどうしても見たかった映画なのであります(後者はまだ観れてない(TT))。
  20世紀初頭の戦場が舞台となってますので

Continue reading "ついつい観てしまいました・・・ある女性の希望の光"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

千葉県民の皆様、おめでとうございます・・・ロッテ31年ぶりの優勝

(追記)
以下のエントリーを書き上げて、マリンブルーの風さんの所に行っておめでとうと書き込ませていただこうとしたのですが、午前0時現在、昨日の段階でエントリーがとまってます。まあ、考えてみれば今日のような慶事があった時に、書き込みよりは現地でまだ皆さんと祝杯を上げておられるのかもしれませんねえ(^^)。よいお酒を皆様と分かち合っていただければと存じます。ちなみに祝杯は福岡の空の下ですかね?それとも幕張の空の下?

  ロッテファンの皆様おめでとうございます。
  ホークスファンの方々・・・ここは忍の一字です。来年こそはペナントレース一位でプレーオフでも一位の完全優勝を目指しましょう。この2年連続屈辱・・・御祓いもちゃんとしましょう、ホント。実力的には間違いなくホークスは優勝する力に満ち溢れているのですから。運不運のレベルでももっとがんばんないと。
できることはなんでも。ううっ(TT)。
  初芝さん、試合前のインタビューにいい顔で答えてましたねえ。
  ろじゃあは、わかっちゃいますがホントに身を引き裂かれる思いですが、千葉県に愛着のある人間としては久々の慶事であることは確かでございまして。
  しかし、ホークスは、昨年といい、今年といい、ペナントレースでは一番であがってるのに、プレーオフで涙という・・・なんかついてないなあ・・・。
  まあ、打撃面でいうと松中さんがあの調子というのはホントにファンも想定外だったと思うんですけど

Continue reading "千葉県民の皆様、おめでとうございます・・・ロッテ31年ぶりの優勝"

| | Comments (2) | TrackBack (13)

October 16, 2005

打つだけなんてうまい話はないっすよ・・・それどころか・・・(@@)

<振り込め詐欺>パチンコ店のサクラに誘い、主婦被害

青森県弘前市の主婦(58)が、パチンコ店の“サクラ(客寄せ)”でもうけられると電話で誘われ、出玉の「保険料」名目などで現金計約77万円をだまし取られたと弘前署に被害届を出した。警察庁には同様な手口は全国から報告されておらず、新手の振り込め詐欺として署が注意を呼びかけている。
 調べでは、主婦は8月下旬、「全国遊戯システムビジネスセンター」という架空の会社から、玉がよく出ていると他の客に見せかけるためのサクラを募集するダイレクトメールを受け取った。記載された番号に電話すると、男の声で「必ず勝てるように台を遠隔操作する。出玉の5割が取り分になる」と誘われた。
 男は「10万円コース」など、出玉の金額に合わせたコースを紹介し、「出玉全部を持ち逃げされないように」と保険料の振り込みを要求した。主婦は「100万円コース」を申し込み、指定された保険料20万円を関東の銀行口座に振り込んだ。
  なんと申しましょうか・・・いろいろな手口を考えるもんですねえ。
  パチンコやパチスロのいわゆる「打ち子」さんというお仕事があるとかないとかパチンコ・パチスロ雑誌の記事なんかには書いてあることがございます。曰く、お店の方としても、台に客が付いてないとお客の方も敬遠してしまうとかいって、常連のお客さん経由で大学生の兄ちゃんたちに声がかかるとか、主婦に声がかかるとか。
  まあ、もしかしたら、本当にお店関係でそういうことが行われてることもあるかもしれませんが、ろじゃあには、なんともわかりませんけど。
  でも、これ、サクラ(客寄せ)という書き方してますけど、もしこの記事にもあるように台を遠隔操作するってところがホントだったらホントだったで、これお店とは何の関係もなくいわゆる「ゴト師」さんたちの悪さとの関係で打ち子をさせられてる場合になって、

Continue reading "打つだけなんてうまい話はないっすよ・・・それどころか・・・(@@)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年は股裂きどころかトリレンマ(TT)・・・どうなるのかプロ野球

  ホント今年のペナントレースについては、もう途中から困り始めてたんですよねえ。
  セは最初の方からタイガースはがんばるし、ドラゴンズもがんばるし、ほかの各チームはぱっとしない。ジャイアンツは安全パイだし(末娘には残念なことですが)。
  パは最初っからロッテが走ってホークスもがんばって、ほぼこの2つで突っ走ってしまう。
  このパターンが一番やりずらいっす。それぞれのチームにファンがおります(^^;)。
  まずそれぞれのリーグ優勝で股裂き、んで日本一決めるときに股裂き・・・
  まあ、だからこそ、みんな、結構楽しんでいるところがあるんですけどねえ。
  プレーオフも、さすがに一気にはマリーンズが快勝という訳にはいかないだろうと思っておりましたが、さすがホークス、明日以降への望みをつないでくれました。
  ろじゃあ的には第二のふるさと

Continue reading "今年は股裂きどころかトリレンマ(TT)・・・どうなるのかプロ野球"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジェームズ・ボンドもスマイリーもびっくりだろうなあ

「007」モデルの英情報機関HP、アクセス殺到

・・・MI6はスパイ映画「007」シリーズのモデルにもなったが、約10年前まで、英政府は存在すら認めていなかった。同組織を管轄する英外務省によると、ホームページを開設した目的は、MI6の役割をPRし、対テロ最前線で求められる多様な人材を集めることだ。昨年、イラク大量破壊兵器をめぐる情報収集の不手際で厳しい批判を浴びたことも背景にある。
  いやぁ時代も変わったというか・・・イアン・フレミングは秘密情報部員の全盛期の中でのジェームズ・ボンドを縦横無尽に活躍させ、ジョン・ル・カレはデタント(緊張緩和)以後の全盛期から変革期、さらにはソ連の崩壊に至るまでスパイの世界まで含めてスマイリーさんなどのキャラを用いて独自の世界を描いてきたわけだけれども、さすがにMI6がHPでスパイの募集をすることまでは想定できなかったんじゃないかなあ・・・。
  まあ、インテリジェンスの世界も、いろんなお仕事があるというところがあるせいなのかもしれないけれども、どういう方々がこのお仕事にアプライすることになるんでしょうかねえ。ろじゃあにはよくわかりません。
  でも、アメリカさんのインテリジェンスについても

Continue reading "ジェームズ・ボンドもスマイリーもびっくりだろうなあ"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 15, 2005

カンニング竹山の「一人芝居」・・・エンタの神様というメディアで私小説?

今夜は事件が二つ。

ひとつははなわがついに出なかったこと。
もひとつが竹山のネタ
 子供たちが土曜日の夜の外食を嫌がるのが何故かなあ・・・と思っていたのだが、最近この番組のせいだということがわかった。しかたなく、一緒にいるときは見てしまうことになるんだな、これが。
  んで、いつものようにほかに仕事をしながら見ていたんだが、一瞬、「エンタの神様」は生放送だったっけか?と考えてしまったほどちょいとあっけにとられてしまった。
  自分の後輩が、前回の放送時に利用したビデオテープをネットオークションで売却したことと財布から3万円ポッポしたことを非難して舞台にその後輩を引き出し自己批判させる・・・ここまででもよくやるよなあ・・・テンション高いよなあ・・・と思ってたのであるが、彼は夫婦漫才をさすためにコンビを組ませているといって・・・ある発言から武山の方がびっくりして進行に影響が出始めるわけだが、よかったなと祝福してなんとか収まりがつく形に。武山がその相方の女の子を舞台に上げて二人をよろしくと先輩として紹介・・・びっくりしたのがその彼女が舞台でマジギレしたところ。この辺でろじゃあは画面に完全にひきつけられていたのだが・・・ふとわれに返って
これ録画だろ?
と思ったところで現実に戻ってきた。しかし、それにしても、

Continue reading "カンニング竹山の「一人芝居」・・・エンタの神様というメディアで私小説?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「火垂るの墓」の実写版放映?やめろよぅ・・・(TT)

  テレビおじゃまんぼう見てたら、子役の特集やってて、うわさの子役が出てたんだけど、そんなかでちょいとびっくりだったのが、日テレ?であの「火垂るの墓」の実写版が撮影されてドラマとして放映されるとのこと。
  その子役の子を見てたんだけど、うん、確かにうまい。
  でも、この子であの「火垂るの墓」を実写でやるというのはなんかなあ・・・アニメの方、何度見ようとしても途中で涙で画面が見えなくなってしまって最後までこの作品を見終わることができないろじゃあとしては、実写版の方もたぶん正視できないのは間違いないんだろうなあ・・・やっぱり。小ネタでした(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続報:「12人の優しい日本人」公演情報・・・内容次第では法務省は裁判員制度のPRに協力してもらうというのも一考では?

  NYの47thさんの年末のスケジュールを攪乱させかねない勢いで日本全土を狂乱の渦に巻き込んでいる、ご存知「12人の優しい日本人」再演問題(^^;)。
  ろじゃあがいつも利用しているeプラスでは、今日から東京渋谷のパルコ劇場公演分と大阪での公演分についてプレオーダーの受付が始まっております。12

  キャスティングとか概要についてはこちらに詳しく載ってますのでご参考まで。
  しっかし、男優だけ見てもすごいっすよ、このラインナップ。
2
  既報のとおり、陪審員2号が生瀬さんなのはいいとして、4号に筒井道隆、7号に温水洋一、9号に小日向文世、12号に山寺宏一・・・ろじゃあが好きなおじさんたちがこんなに出てるんですぜ。この際、11号の江口洋介はろじゃあ的にはどうでもよろしい(^^;)。←江口ふぁんさんごめんなさいね。
  女優陣についてははっきり言ってろじゃあ的にはひとつだけ不満が。

なんで鈴木京香さんが入ってないんだ
  まあそれはともかく、ろじゃあは、もちろん速攻でプレオーダーの申し込みを携帯から怒涛のごとく叩き込みましたさ(^^)。
  ただ、これ、ちょっと注意を要するのは、

Continue reading "続報:「12人の優しい日本人」公演情報・・・内容次第では法務省は裁判員制度のPRに協力してもらうというのも一考では?"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

まるでカニのように・・・姉ちゃんと吉野家はいるときは 裏筋狙えよ ツーショット(^^;)

  とある中核都市の郊外。
  ひっそりと幹線道路のそばにある吉野家があったとさ。
  ろじゃあが、ひとりデイリーを読みながら豚丼を食していると
  健全な男女交際をしていると思しき男女5人が入ってきたとさ。
  最近は珍しくなくなったファミリー用のボックス席に
  その兄ちゃんたちは腰掛けたのさ

  しばし物珍しさでオーダーを模索する姉ちゃん3人
  テーブルをはさんで眺める兄ちゃん2人
  「吉野家初めてなんだぁ?ふ~ん」
  「豚丼にしなよ、豚丼」
  当惑しつつもオーダーはきまり、兄ちゃんの一人がオーダー

  「豚丼大盛りひとつに並み4つ」
  

Continue reading "まるでカニのように・・・姉ちゃんと吉野家はいるときは 裏筋狙えよ ツーショット(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2005

DSとPSP・・・その前にやることあるだろ?(^^;)

  長男がDSを欲しいという
  末娘もDSが欲しいという
  次男がPSPが欲しいという
  長女が・・・たぶんまたモンゴルに行きたい

  長男が何をやりたいのかは知らない
  末娘が何をやりたいのかも知らない
  次男が好きな野球チームは知っている
  長女が・・・嫌いなものはちょっと知ってる

  DS DS DS DS DS DS DS DS
  PS PS PS PS PS PS PS PSP

  お前ら大変だよなあ  どんどん
  お前ら大変だよなあ  どんどん

  だけど それでもそれでもその前に
  な~ん~かぁ やることある気はしないかなあ
  
  DS DS DS DS DS DS DS DS
  PS PS PS PS PS PS PS PSP

  お前ら大変だよなあ  どんどん
  お前ら大変だよなあ  どんどん

  だけど それでもそれでもその前に
  な~ん~かぁ 一緒に 考えるべ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽天とTBSの件へのもやもや・・・仕掛けがあるのかないのか

  ろじゃあは、今回の楽天さんの件は、単純な話ではないような印象を持っています。
  この手の話は実はスポーツ新聞が非常に示唆的な内容を載せていることが多いと思うのですが、どうも、協約的には今のままでは具合が悪いというのは事実の部分もあるようなんですね。
  そうなると、楽天の三木谷さんは楽天のオーナーですから、オーナー会議で今回の件を釈明せざるを得ないということになるんでしょうけど、逆の見方をすると釈明したとしても、その発言はオーナーという球界のインナーな方の立場で発言できるわけです。
  んで、仮に、もう株を取得してしまっているという事実は厳然としてある訳ですから、いくらナベツネさんが、今のままじゃ問題があるんだといっても、じゃあ880億円もかけて手に入れた今の株を売却する必要があるのかなんて話になりかねない訳で。あるいはTBSが持ってるベイスターズの株を手放すのか・・・こんな話になってくると誰かが次の発言をしやすいわけです。

TBSさんにしろ楽天さんにしろ手持ちの現に持っている株を手放すというのは株主との関係もありやりづらいところもあるでしょう。ここはひとつ、楽天さんとベイスターズさんが合併するということであれば協約上の問題は少なくなるということになるのではないですか?
これについては、

Continue reading "楽天とTBSの件へのもやもや・・・仕掛けがあるのかないのか"

| | Comments (3) | TrackBack (2)

平成電電の件が今週号?の東洋経済に出てますね

週刊東洋経済の10月15日号に平成電電の記事が出ています。
「格安固定電話のパイオニア 強気投資の末路   平成電電 ナゾだらけの突然死」というタイトルになってます(同誌18頁以下)。
ろじゃあのエントリーとの関係で言うと、「日経公社債情報に平成電電の件が・・・ドリテクはMSCB出してたんですか?(^^;)」でちょっと触れた、同社が40%の株式を保有していたとされるドリームテクノロジーズ社の発行したMSCBの件については、MSCBとは書いていないのですが、以下のような言及があります。

さらに9月、ドリームは平成電電と共同で行う無線ブロードバンド事業拡大のため、転換社債で50億円の調達を発表したが、実際集まったのは20億円。
そして同誌はこの見込み違いが平成電電の資金繰りに影響を及ぼした可能性もあるとしています。でもこれだけだとちょっとわかんないですね(^^;)。
  ちなみに、9月30日の新株予約権付社債とその償還についての

Continue reading "平成電電の件が今週号?の東洋経済に出てますね"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

このブログの方向性について(1)

  めずらしくまじめな内容なので100%「おちゃらけ系」(←死語)をご希望の方はスキップしてください。

  一日のアクセスがコンスタントに4桁に乗るようになったということもあるかもしれないけれども、読者の方々も固定した特定のご贔屓筋だけでなく当初からのこのブログの方向感とか前提を共有とまではいかなくても触れることなく個々のエントリーのみでいろいろと感想をお持ちになる方々も増えてきているようでありまして、最近書きたいネタについてついついその辺のところを考慮している自分に気がついて何か釈然としない思いをもっているところがございます。
  まあ、考えてみれば、4月からの6ヶ月半で、長短あわせて450ものエントリーを載せているわけですから、そのすべてを見た上で読めなぞということはブログの書き手としては到底皆さんに求めるべきものではないというのはよくわかっております。そもそもろじゃあのブログの読者の方々はご贔屓筋の方々の中でもいろいろなジャンルのご贔屓筋に分かれておりますのですべてのエントリーなんざ端(はな)からお読みいただいていないにもかかわらずご贔屓してくださる読者の方がおるわけです。
  そのようなご愛顧に対しては、

Continue reading "このブログの方向性について(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2005

特報!12人の優しい日本人再演!

とりあえず携帯から、特報の速報版。
47thさん、やったよ!
11月30日からパルコ劇場で、三谷幸喜氏のあの『12人の優しい日本人』が新キャストで再演決定。
裁判員制度開始を踏まえて脚本も書き替えられる模様。
キャストで目を引くのがなんといっても、47thさん、よく聴いて!陪審員2号役であの生瀬勝久さんが出演するんですってよ。すごいでしょ?
あとはまたかきかえるからね。とりあえず速報版でした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

野茂がジャイアンツ球場で練習ですと?(@@;)

YahooNews野茂巨人入り!?G球場で自主トレ
  野茂がジャイアンツ球場で練習を行っているとのこと。
  うむむ・・・そうかあ、どういう意図かは別にして、まだ日本で頑張ろうという可能性が少しはあるかもしれないことは確かみたいだなあ。一応まだ、アメリカでプレーする前提でいるみたいですけどね。・・・いずれにしろ、それはそれでろじゃあは非常にうれしく思いますけどね。野茂選手にはまだまだ現役で活躍して欲しいと思いますもの。
  確かにまだこのまま現役引退するような存在じゃないですよね。
  景浦だって50過ぎてもバリバリの現役だし、岩田鉄五郎だって50過ぎたって毎年引退を伸ばしているようなもんだった訳で。えっ?岩田鉄五郎って知らない?う~ん、国分寺球場をフランチャイズにする東京メッツの偉大な長老投手なんですけど・・・世代がだんだん遠いかなたに飛んでいくということなんでしょうかねえ・・・(^^;)。
  ちなみに、フィクションの世界はともかくとして、現実のプロ野球の世界でも、高齢者?の活躍は、現実的な可能性としても、何も笑い話でなく、

Continue reading "野茂がジャイアンツ球場で練習ですと?(@@;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日経公社債情報に平成電電の件が・・・ドリテクはMSCB出してたんですか?(^^;)

  もう、数日たっちゃいましたが、10月10日付の日経公社債情報の「放電塔」のコーナーに、平成電電の件がでていますね。題して「平成電電が民事再生法申請  闇夜に響く「匿名」コール 突然の回線不通にご用心」・・・なんか土曜ワイド劇場のタイトルみたいだなあ(^^;)。
  この中でも平成電電が40%を趣旨する大証ヘラクレス上場のドリームテクノロジーズの件が出ています。悪童さんのろじゃあのエントリーへのコメントによれば、

ドリテクのMSCBが払込から7営業日でメリルにプット行使されちゃいましたね
とのこと。
  なんとまあ、そんなタイミングでMSCB出していたわけですか・・なんか、この辺の話からすると、匿名組合の投資家の問題以外にも、法的な問題を検討する必要のある問題もあるかもしれませんねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お説教のCM・・・どこまでバリエーションが出てくるか

「ようく考えてね」・・・基本的にはこのあたりの台詞がオチとしてつけば現在なんでもあり・・・というのが実際の一連のCMってなぁ~んだ?
答えは・・・消費者金融大手各社のテレビCMなのでありました。 アイフルのチワワのシリーズだけでなく、何らかの設定で、あわてちゃだめだとかよく考えてだとか、いずれにしろ消費者金融会社でのキャッシングや借り入れに対して自ら注意を喚起する形になってるわけですよね。 これは一時期の製薬会社のCMの最後に「ピンポン」という音が入るパターンが必要で、CMによってはこのピンポンという音をCMに出ている俳優さんの言葉を利用して形を整えたりと、なんか規制があるんだろうなあと思いつつ、その枠の中でCM作ってる人たちがいろいろとバリエーションを模索する・・・ってパターンとおんなじような感じですねえ。 これは、CM関係の台本書いてる方や

Continue reading "お説教のCM・・・どこまでバリエーションが出てくるか"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 11, 2005

同志諸君、朗報か?(^^;)・・・飲む発毛剤の輸入承認

のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ

厚生労働省は11日、米国で開発された世界初の“のむ発毛薬”プロペシア錠(一般名フィナステリド)の輸入を承認した。
 承認申請した万有製薬によると、プロペシア錠は既に世界60カ国以上で承認されている。国内で経口タイプの発毛薬が承認されるのは初めて。年内にも発売を始める予定。
 購入には医師の診断、処方が必要で、保険の対象外。成人男性が対象で、1日1回0・2ミリグラムをのむ。増量による効果の増強は確かめられておらず、上限は1日1ミリグラム。海外での試験で有効性が認められなかったため、女性は適応外だ。
  う~ん、朗報なのかどうか・・・。最近の厚生労働省は、この手の新薬の承認などについては、従来よりも情報を公開することを前提に積極的に認可を早める傾向があるようですが、行政としての政策手法の転換の線上にある施策ということなんですかね。事前規制ではなく、投資規制みたいに事前に情報を開示させて利用者に判断させるということなんですが・・・。髪の毛の問題は、藁にもすがる思いがありますから真剣に情報を検討したいところですよね。
  ところで、

Continue reading "同志諸君、朗報か?(^^;)・・・飲む発毛剤の輸入承認"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メンテナンスだったようです(^^;)

  本日午後四時までの7時間ほど、ニフティさんの方でメンテナンスしておられたようで、コメントの書き込みやTBなどが出来ない状態になってたかもしれません。皆様がたどうもすいませんです。ろじゃあもアクセス状況とかをコントロールパネルで見れなかったとか、ちょっと不便しておりました。
  一応もう大丈夫みたいですのでお知らせまで・・・
  あと、ついでですが、なんかここ数日すこし収まってきたんですけど、平成電電の件の検索数が結構多いんですよね。どなたか集中的に検索されてるんでしょうか?新聞ではあんまりでなくなってるせいなんですかねえ・・・ちょっとよくわからないろじゃあなのでありました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 10, 2005

私法学会終了・・・あ~疲れた(^^;)。でも、面白かったなあ、ためになるなあ、仕事がんばろ(^^;)。

  九州シリーズ(?)も最終日、私法学会第2日も無事終了いたしました。
  例年、私法学会の第二日目というのは朝の9時半ぐらいから夕方5時まで民法分野と商法分野の2本立てでシンポジウムが開催されるのが慣わしです。ところが、今年はこれにもう一本シンポジウムが重なったもんですから、結構参加者からすると股裂き状態の思いで選択を迫られた方も多かったかもしれません。
  結局ろじゃあは、民法学と要件事実論との対話というテーマのシンポジウムの方に出席したのですが、これがまあ満員立ち見の大盛況。パイプイスまで出る盛況で。
  早稲田大学の山野目先生のグループによるこの発表。一部では、株主総会のようなことになるのではないかとうわさされてたとのことですが(山野目先生ご自身がシンポジウムの最後で発言(^^;))、結構、穏便な形で終了したのでした。
  内容はともかく(というかすごく大事なんですけどね)、やはり特筆すべきは、山野目先生の頭の回転の速さというか、その議事運営、じゃないシンポジウムの進行のうまさ、特に午後の質疑応答での会場からの質問への対応はすごいの一語に尽きると思います。質問者の質問がどんな質問であろうと、その内容をいくつかのポイントにまとめながら手際よく回答する・・・。あれは誰もができる芸当ではありません。
  民法学に対する深い造詣、要件事実論に対する理解と実務との関係をも大切にする飽くなき探究心と学者としての真摯な姿勢があってこそ、あのようなシンポジウムを計画し研究し実施して仕切るという芸当ができるのだろうと思います。
  改めて民法学者として、すごい人だなあとただただ感心しておった次第です。
  内容については改めてエントリーします。ちょいと今日は最終日ということもあり、さすがに疲れました。
  取り急ぎ、最終日の速報版の雑感ということで。
  明日の早い便で東京に戻らないといけないし、戻ったその足で都内で仕事しないといけないし・・・ううっ、もっと博多のラーメン食いたかった(TT)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「電子債権」という妖怪?・・・拡大ワークショップ雑感

  んでもって待望の拡大ワークショップです。
  日本私法学会では毎年の学会で、一日目の個別報告の昼休みの間の約1時間から2時間の間に「ワークショップ」といって、特定の分野のネタをいくつか掲げておいて、その分野の研究者が集って言いたいことを言い合う・・・じゃない、いろんな専門的見地から議論するという時間帯が設定されているんですね。
  これが今年は「拡大」ワークショップとして400人規模の大教室で実施されたということなのですが・・・。
  司会は慶応大学の池田先生で、コメンテーターが中央大学の商法の野村先生と東京大学の民法の内田先生ということで、時間は1時から3時までという2時間の長帳場。
  結局、質疑応答の部分は20分ぐらいしか時間が無かったのですが・・・
  ろじゃあ的には、民法の先生の立場というのは内田先生のコメントで言い尽くされていたのではないかと思います。また、商法の先生の立場からすると手形法の枠組みから説明したほうがやりやすいでしょ?というのが実際なのだろうなあと野村先生のコメントから勝手に推察させていただいた次第です。
  ろじゃあの感想としては、やはり、利用する企業の対象のある程度の確定あるいはセグメント化を明確にする必要があるでしょうし、対象債権についても、双務契約に基づく金銭債権で当該指名債権の譲渡時にはもう一方の債権との関係で468条が問題となるような債権と片務契約に基づく金銭債権とでは枠組みを変えた方が枠組みが作りやすいだろうということ(売買代金債権と貸金債権は同列には語れないだろうということ)、あと消費者向けの債権については別途の配慮が必要だろう(かつて相当昔に消費者手形が問題になったような類型ではそれこそ注意が必要でしょう)という当たり前の感想を再確認した次第です。ただ、それらの視点が共有できれば悪い話ばかりでもないような気がしておりまして、いたずらに「妖怪」扱いするのもどうかなあ・・・という気もやはりしたところですねえ。その意味では内田先生のコメントはその辺の配慮も含めて「民法学者としてのコメントはかくあるべし」という非常に「紳士的な」よいコメントだったような気がいたします(^^;)。
  それと、企業向けの売掛債権等を想定する場合には、

Continue reading "「電子債権」という妖怪?・・・拡大ワークショップ雑感"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

3~5年に一度のジャンヌダルク降臨(^^;)・・・日本私法学会第一日目個別報告発表から

  第一日目、眠い目をこすりながら、ろじゃあがおもむろに赴いた個別報告は、第四部会トップバッターの山形大学の先生の個別発表でありました。テーマは、今朝書き込んだように「口座振替決済システムにおける証券の特定性」という、ちょっとマニア向けのネタでございました。でもすんごくおもしろいネタなんですけどね。
  誤振込み等の銀行預金口座関係の金融法学会でのシンポジウムの興奮と余韻を引きずったせいか、会場には、昨日のシンポの発表者の先生などもたくさん出席されていて、個別報告の発表者の若手の先生も大変だなあと少々同情気味のろじゃあでございました。
  発表内容は、「株券等の保管および振替に関する法律」および「社債、株式等の振替に関する法律」を検討の対象として、その際に銀行の口座振替システムの枠組みを検討して比較することで、両法律における証券の口座振替システムに関する法律構成を再検討するという非常に意欲的なもの。40分の予定時間内でほぼぴったりと発表も完結し、非常に好印象を会場の参加者に与えていました。
  質疑応答で、会場の先生や専門家から相当難しい質問を受けていたのですが、果敢に答えようとしていた様は、さしずめジャンヌダルク的なところがありまして、ろじゃあとしては相当感動ものでござりました。
  実はこの私法学会の個別報告、

Continue reading "3~5年に一度のジャンヌダルク降臨(^^;)・・・日本私法学会第一日目個別報告発表から"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

今日から私法学会・・・目玉はやはり拡大ワークショップでの電子債権法っすかねえ(^^;)

  昨日は、ひまわりてんびんさんとtoshiさんからコメントを頂いたのですが、ちょっとPCの不具合でコメントがつけられませんでした。また改めてお返事しますね・・・とまずは私信から。
  昨日の金融法学会での星野先生の貫禄再発見については昨日お書きした通りなのですが、あれだけじゃわからんですよね。時間を置いて必ず書き込みます。ちなみに昨日のその場のテーマは午後のシンポジウムでの「普通預金取引に関する最近の法的問題」というグループ報告でございました。誤振込みやらなにやらについてここ数年また、銀行の預金取引に関する法的問題に関する問題意識が学界でも判例でも注目されているところですがそれについてのいろいろなテーマが報告されてたんですよ。
  今日の私法学会でのメインエベントはろじゃあ的には午後に予定されている拡大ワークショップ「電子債権法の制定に向けて」なのですが、今回の両学会に共通する民商法の契約関係の注目テーマはずばり「債権」です。
  昨日の星野先生の話もこれにろじゃあは絡むと思うのですが、バーチャルで新しい債権システムを構築使用とする営みについてはすごく刺激的なのですが、手形法の世界と指名債権の世界をどうつなぐのかという視点については、新しい視点だけだと限界があるのですね、たぶん。かといって契約の世界で指名債権譲渡の枠組みだけだとちっとも先に進まない。やはり手形法の世界の基本的理解が不可欠ということで。さてさてこれをどういう新しい接着剤でつなぐのか・・・ろじゃあ的には当然自分の世界観とそれなりの腹案もあるのですが、早く活字にしないとなあ(^^;)。会場は相当刺激的な議論が展開されるのではないかとろじゃあは内心相当楽しみにしております。特に民法の世界の先生方がどれだけ説得的なお話を展開してくださるか(前向きで説得的なという意味ですよ)。もちろん、ろじゃあも出席する予定です。
  朝一番で、第四部会の個別研究報告「口座振替決済システムにおける証券の特定性」という大変興味深いテーマの研究報告(山形大学の先生の発表です)にも参加した上で、今日も充実した一日になりそうな予感がしております。また報告しますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2005

やはり星野英一先生はすごい

  本日の金融法学会・・・詳細はまた別にエントリーしますが・・・一言だけ。

やはり星野英一先生はすごい
ろじゃあはまた感動したのでありました。
あすの私法学会での午後のメインエベント?電子債権法についての拡大ワークショップがまた楽しみになってきたという・・・。さて、ごはん食べにいこ・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

なんか天気悪いんかなあ・・・東横インのビジネスモデルと不動産の証券化?(^^;)

  7時ちょっと前に目が覚める。
  東横インに泊まった時は朝の7時というのは非常に重要な時間である。
  というのは・・・・無料の朝食サービスがあるからだ。
  たいがい、ホテルの1階ロビーの脇または一部にエリアが設けられ、おにぎり(事実上食べ放題)とお味噌汁とお茶・コーヒーがふるまわれる。
  単価にするといくらなんだろうなあ・・・おにぎりは具は無いが3種類ほどのおにぎり用ふりかけを使って握られているようで、これが結構おいしいのね。あと、お味噌汁もおいしいの。朝の味噌汁はやはりろじゃあの世代より上の方からすると大事ですよね。うちの母ちゃんがよくいってたのよ。

朝の味噌汁は毒消し
ホント、この年になると大切さがわかるよ、母ちゃん(TT)。
  この制度は、全国の東横インで実施されているらしく、一部では夕食サービスなどというすごいのもある(あった?)のね。これ、確か一部にはカレーがあったんだよなあ・・・(千葉の某東横イン)。
  出張のサラリーマンの心情を実によく捉えておられる。これに限らず・・・

Continue reading "なんか天気悪いんかなあ・・・東横インのビジネスモデルと不動産の証券化?(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

羽田空港第一ビル駅とスカイマークエアラインズ

  7日土曜日の金融法学会から日・月の私法学会まで九州での学会が続くのですが、ろじゃあは、午後都内で別の共同研究の打ち合わせをこなした上で最終便のスカイマークエアラインズで福岡入りしたのでした。
  今日はそれに伴って初体験が2つでございました。
  一つは、

羽田空港ビルのリニューアル後の第一ビル駅で初めて降りて空港を利用したこと
  もう一つは、
初めてスカイマークエアラインズに乗ったこと
でありました。
  最初の空港ビル駅の話は、要は以前の空港ターミナルのスペースが第一ビル駅から降りて利用するJALやスカイマークエアラインズ等のエリアになっているってことなんすね。
  ろじゃあはもっぱらANAを利用することが多いので、以前、ANAの国内線を頻繁に利用していたときの懐かしい風景が目に入ってきて結構いい感じでした。ただ、時間にも寄ったのかもしれませんが、心持ち、人通りが少なく、ANAの方の第二ビル駅から上がっていく空港スペースと比べるとちょいとさびしい感じがしましたねえ。まあ、オープン当初の日曜祭日における第二ビル駅エリアあのばかばかしい混雑具合なんかよりはよっぽど落ち着いてていい感じがするのですけどね
  んでもって、スカイマークの飛行機の方なんですけど・・・

Continue reading "羽田空港第一ビル駅とスカイマークエアラインズ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あ~あ、パソコンの具合が良くない・学会参加の効用あれこれ・・・おまけ:平成電電案件とリースの他の関係当事者の存在の可能性

  明日から学会だぁと思ってパソコンでお仕事片付けちゃおうと思ったら・・・
  なんか具合悪いぞ・・・ちょっとやな予感がするのでこれ以上いじらず。
  磯崎さんが2度続けてパソちゃんにたたられたってエントリーにお払いした方がいいですよなんてのんきな書き込みしちゃってたろじゃあだったりするわけですけど、なんだよ、今度は自分の番かいな。
  やべえなあ、御祓いちゃんとしとけばよかっただよ(TT)。
  東横インにしといてよかった・・・いま一階のフリーのパソちゃんで作業しております。
  明日の朝一か、学会終了後どこかに駆け込まないといけないかなあ・・・
  ちなみに明日の金融法学会は、午前中が株券不発行制度と午後が銀行取引に関する諸問題ということで、こりゃメンバー見た限りでは前の方で聞かないとなあという感じでございます。
  いつも顔を出す実務家の皆さんもお元気かなあ・・・学会の一つの目的というのはもちろん最新の研究成果の発表に接することにより自らの問題意識をより高めていくというところもあるわけですが、学会員や参加する実務家の方々の最新の動向や問題意識などについて触れるというところも非常に重要な要素だったりするわけです。

Continue reading "あ~あ、パソコンの具合が良くない・学会参加の効用あれこれ・・・おまけ:平成電電案件とリースの他の関係当事者の存在の可能性"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2005

素朴な疑問・・・平成電電匿名組合の投資家の方の今後の選択肢

  報道によると、どうやら総務省は間接的ではありますが本件に関する望ましい意向を表明しているようですねえ。
  そりゃ立場的には利用者の利便性をなるべく損なわないようにということになるでしょう。
  その意味では、既存の顧客をほかの会社に流すということも選択しには当然入ってくると思います。
  ただ、その場合には民事再生っていっても元の平成電電が再生会社として存続しなければならないという意味合いは相対的に小さくなるわけで。手続き内の営業譲渡や契約関係の譲渡で利用者の利便性を確保することも可能になるからです。
  と同時に、もし他の会社にこれらのお客さんの利用関係が契約ごと移転することになるとすると、平成電電匿名組合に出資していた方々は、キャッシュフローの源泉をいよいよ失うことになります。この辺の利用者の利便性と投資家への支払い可能性というのは相反する利害状況におかれているともいえるのであります。これをどう調整していくのか。
  この利用者の利便性第一の対応というのは、投資家に対して過剰な反応を誘発させる契機ともなり得る点に、当事者は留意する必要があるでしょう。その意味では、先日の会見で匿名組合の投資家の件を他の会社の関係だからということで不明確にしたのはまずかったのではないかなあともちょっと思います。
  というのは、このまま、顧客の契約関係が他社に収斂することになるとすれば、匿名組合に対する投資家は債権者として自らの利益を守るためにはどういうことをする必要があるのかという選択肢の検討をせざるを得ないことになります。理性的に考えるのであれば、先日ろじゃあが書いたように民事再生手続きにおいて一体的な処理をしてくだされば、投資家へのキャッシュもある程度確保できる可能性もあるのですが、このままではリースしている設備を持っているただの会社になってしまうわけで。そのときに、過激な方が、匿名組合に対して何らかの法的手続きを取る可能性はあり得るともいえるわけです。
  匿名組合といっても、

Continue reading "素朴な疑問・・・平成電電匿名組合の投資家の方の今後の選択肢"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

沖縄 女子高生 刀 翼手 戦争・・・「BLOOD+(プラス)」観てぇ(^^;)

  音無小夜(16歳)  一年前の記憶がない
  う~ん、音無って苗字だけでろじゃあの世代は思わず脊髄反射・・・ああ、管理人さん(^^;)、違うって。
  そして、刀を持ってる女子高生・・・
  押井守さんがらみの作品。
  押井さんって不思議な人なんですよねえ。
  でもこのプロット(っていってもほとんど設定だってタイトルのキーワードぐらいしかわからんわけだが)で一年間も土曜の夕方6時に帯で番組展開するわけかい?う~ん、なんかエヴァが出てきたときの姿勢に似てるなあ。時間帯は「ハガレン(鋼の錬金術師)」の時間帯やん。プロデューサー竹井青磁さんだし。
  ちゅうわけで、ほとんど独り言の世界でありますが、かげながら今回のプロジェクト応援させていただきます。
  主題歌は、元ちとせさんなのかな?
  しっかし、番宣で、サンダル履きでパーカー羽織って、手にうちわ抱えてコンビニ袋もって現れる押井さんっちゅうのもねえ・・・らしいというか、ろじゃあ、好きっすねえ(^^;)。
  犬は今回はどんな感じでからんでくるのかなあ・・・

おい、いつからなんだよ、「BLOOD+」の第一話の放映日は?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

7日の夕刻から福岡で学会モードの週末(TT)

  別に、(TT)顔でタイトルを終わらせる必然性はないのだけれど、羽田を離れるまでいろんな本務と雑務を解消させなければいけないのがつらいのよねえ。まあ、何とか、目処はついたんだけどさあ。
  ということで、ろじゃあのブログは週明けまで、福岡大学で開催される金融法学会、九州大学で開催される私法学会に参加することになりますので通常の編成体制と大幅に組み替えて、主に福岡からの特別編成でお送りすることにいたします。
  読者の皆様方には金融法学会と私法学会でのどちらかと想定読者向けに関係するであろう研究発表であるとか、???な動きであるとか、各日程の終了後にどんな感じで皆さんお過ごしかとか(この辺のインサイドレポートについてはたぶん筆が相当鈍ると思いますがそれはしょうがないいす)、まあ、滞在先のホテルから「よしなしごと」を発信させていただきたいと存じます。
  途中、場合によっては読者の方々にはおなじみのスペシャル特派員(諸々の事情でハンドルネームも出せないかもしれないっすけけどそのときはごめんなさい)を今回は独自にフューチャーする予定もありますので、まあ、いろいろとお忙しい三連休とは思うのですが、ろじゃあのブログの方でもお楽しみいただければと考えておる次第でございます。
  という訳で、明日の9時に編集の方にゲラが手に届くようにゲラに朱を入れてそれが終わらないといけない訳で・・・やれやれ、職場に向かう時間入れたら今朝方の5時までにはってことだべぇ・・・ああぁ(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2005

中央青山監査法人の試練・・・若手からいろいろな意見を求めた方がよいのでは?

YahooNews<カネボウ粉飾>MUFGが「中央青山」との契約打ち切る

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は4日、カネボウの粉飾決算事件で所属の公認会計士が証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で起訴された大手監査法人の「中央青山監査法人」との監査契約を打ち切り、監査をトーマツに一本化する方針を明らかにした。
 10月1日に経営統合していたMUFGでは、旧三菱東京FGがトーマツを、旧UFJホールディングス(HD)が中央青山を監査法人にしていた。当初は今年度以降、当面は2社による監査体制を続けると見られていたが、MUFGは粉飾決算事件で監査法人としての信頼が損なわれたと判断し、契約の打ち切りを決めたと見られる。

  以下は、ろじゃあの独断と偏見に基づくものです。
  大きな組織であることもあり、みんながみんな同じようなことをやってた訳ではないのだろうし、特に若手や中堅の方々は複雑な心境の方もいるのだろうとろじゃあは思うのです。でも、ビジネスの世界のことですからとはいえ・・・つらいっすよね・・・MUFGとしては大統合の船出の状態だということもあるんでしょうね。なんかこの下期はいろんな意味で監査法人はいろんな波に直面することになるのかもしれないなあと感じています。社内体制の見直しも急がないといけない部分もあるでしょう。
  こういう厳しいときは若手に元気があれば

Continue reading "中央青山監査法人の試練・・・若手からいろいろな意見を求めた方がよいのでは?"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 05, 2005

梶尾真治「波に座る男たち」・・・バカSFか名作か(^^;)←いずれも褒め言葉

  いや~、アレだけ身内の方々が出版界におけるSFの劣位についていろんな時代にいろんな機会でこぼしてきて・・・ミステリファンでもあるろじゃあからすると何でそんな扱いを受けなきゃならないんだぁとかホントひどい話だなあ・・・と思ってたりしたのですが、「しのぎ」として、ある方はミステリ畑で実力を遺憾なき発揮し(山田正紀さんなんかその最右翼ではないかと)、ある方はホラーブームの中で書きたいネタを巧妙に書き込み読者に文句を言わせない・・・とかSF作家の方々の涙ぐましい努力がようやくこの2・3年花開いてきたのではないかとろじゃあは感じておるのであります。
kajio
  SMAPの草彅剛君の主演で好評を博した「黄泉がえり」の大ヒットとか、この後、同じ草彅剛君の主演であの小松左京大先生の「日本沈没」もリメークされるとか、映画畑ではいろんないい話も出てきてて、ミステリ畑の方もSF畑に侵入するようになったり、いい意味でSFが復権しつつあるのではなかろうか・・・・という中で・・・
  読みました。ろじゃあは読みましたさ(^^;)。

梶尾真治さんの「波に座る男たち」(講談社:1700円(税別))
このテイスト・・・いいっすねえ、浅田次郎さんの「プリズンホテル」シリーズ好きな方とかなら感じを理解してくださるかもしれませぬ。あれに近未来SFと戦闘オタク系のテイストが入った感じ?(←わかんねえよ)。んでもって・・・

Continue reading "梶尾真治「波に座る男たち」・・・バカSFか名作か(^^;)←いずれも褒め言葉"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「クイズです・・・あなたの一番大切なものなぁんだ?」・・・人間の本質は○○○である

  おおよそ、今の世の中でみんながみんな同じ情報に同じように同じ機会に接することができるなんてことはどの程度の確率で成り立っているんだろうか?
  義務教育において同じ科目を勉強するといっても地域により採択されるテキストは異なるからすべての科目を考えれば同じ組み合わせのエリアというのも結構な低い確率でしか存在し得ない。さらには義務教育だとは言っても、指導要領に従うといっても教えている先生の資質やバックグランドや教え方の巧拙を完全に払底するなんてことは所詮不可能。
  これを時系列で見れば同じ日、同じ時間でおびただしい人々がおびただしい選択肢の中から好むと好まざるにかかわらずある「情報」に接しあるいは接すること能ず。そしてその翌日、同じ時間にまた同じ営みが繰り返される。
  ろじゃあが大学受験の時に次のような問題に出会った。

・・・かように、人間の本質とは〔    〕である
  選択肢:(1)・・・・・、(2)・・・・・、・・・・(5)可能性
  なぜか、問題文自体を読まずにこの設問と選択肢を見ただけでこの(5)を選んだのであった。当時まだ

Continue reading "「クイズです・・・あなたの一番大切なものなぁんだ?」・・・人間の本質は○○○である"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神関連株ってeワラントと六甲おろしバスケットの採用銘柄でもあったんだぁ(^^;)

  阪神タイガースの件につきまして、まさかこういう展開になるとは・・・と観てたのですが週刊誌もいろいろか書き始めておりますし、M&A関係に造詣の深いブロガーの方々も本格的に書込みに参入し始めておるわけで・・・47thさんも磯崎さんも書き始めてくださっております。阪神という「公共財」?についてどう考えるか・・・重大な問題でござります。ところで皆さん、今回の村上ファンドの株の取得経緯というかその「潜水艦性」に???となっているところがありますが、それに関係するのかしないのかわからんのですが、ろじゃあは次のようなエントリーを書きはじめて中断させておりました。

阪神電鉄株と阪神百貨店株あわせて1000億円の投資・・・だんだんスケールがすごいことに・・・と驚いていたら、なんだなんださらに結構複雑な要因がありそうなんですねえ・・・eわらフレンズさんのブログにおじゃまして「村上ファンド 阪神株を大量取得!」というエントリーを参照していたら、今回の阪神電鉄株と阪神百貨店株両方ともeワラントの「六甲おろしバスケット」の採用銘柄なんですねえ。そうかあ、ゴールドマン、こういうところでもがんばっておるわけか(^^;)。
  この「六甲おろしバスケット」存在は伝え聞いておったのですが、eワラントをもそっと理解しようかというところで時間があまりなく放置して負ったところでありますた。
  んで、早速、ゴールドマンのHPの「六甲おろしバスケット」のところにいってみると、こんな解説が・・・

  とここまで書いたまま仕事が忙しくてエントリーしてなかったんですが、今回の取得の進捗と開示のタイミングを磯崎さんや47thさんも解明しようと試みておられるんですが、このeワラントと六甲おろしバスケットが何らかの形で役割を果たした可能性ってあるんでしょうか?
  阪神の優勝決定前後では相当大量のやり取りがあったような気がするのですが・・・ネタだけぶつけといて申し訳ないのですが、いまとても分析している余裕がないもので・・・一応ご参考までにというところでござります。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

平成電電の民事再生手続きはどうなる?・・・関係者が念のため留意すべき論点の可能性

  この案件は民事再生手続きが進むことになると関係者たちにどんな検討論点が出て来るのか。
  いろいろともう検討しておられる方々が多いでしょう。以下、思い付くままに論点を列挙しておきます。
  ただ、あらかじめお断りしておきますが、手元に投資家向けの説明書がないですので、実際にどういう法的構成なのかはもっと明確なのかもしれません。その意味では以下の記述はあくまでもこの手の取引にかかる資産譲渡に伴う一般論の域を出ていないという認識で読んで頂ければと存じます。ですから、関係者が念のため留意しておく必要のある可能性を開くまでも列挙したということにすぎませんので悪しからず。その意味ではくどいようですがあくまでも個人的な備忘録というところでしょうか。
1.匿名組合に資産は法的な意味で帰属しているのか
  前のエントリーにつけていただいたコメントにもありますが、リース対象資産が法的な意味で匿名組合に帰属していたかどうか。これについては以前平成電殿のHPに各回の匿名組合についての商品の商品説明のところに書いてあったはずなのですが、いまは見れなくなってしまっており、皆さん結構不便していると思いますねえ。
  リース対象となっていた物件は資産ということですけれども動産として法的に匿名組合の資産として帰属していたのかどうか。その前提として資産の譲渡について、完全なカタチでの法的な所有権が帰属した状態になっていたのかどうかは検討の必要があるでしょう。まあ、まさか平成電殿から匿名組合への割賦販売のカタチになっていて、更に匿名組合から平成電殿へのリースになっている・・・ということはないと思いますけどね。もしこうなってたらリースという法形式を使ってること自体ちょっと問題がでてくるでしょうし(税務上の問題ですかね)、譲渡自体が割賦販売ということであれば、監督委員等による否認の問題は当然でてくるでしょう。そうすると匿名組合に投資をした人からすると当てにする財産もそこから上がる可能性のあるキャッシュフローもあてにできなくなる場合も想定できないわけではないわけです。

Continue reading "平成電電の民事再生手続きはどうなる?・・・関係者が念のため留意すべき論点の可能性"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 04, 2005

平成電電経営破たんに伴う会見・・・今回の問題は、「通常の証券化」の問題と同列に扱うべきなのか?(^^;)

「CHOKKA」不振で巨額負債――平成電電の経営破たんという記事を見つけました。
  会見の席上、当然、平成電電匿名組合についてのツッコミが記者さんからあったようですが、

会見では、匿名組合の詳細や、2社と平成電電、佐藤会長との関係をただす質問が相次いだが、佐藤社長は「資本関係のない別の会社がやったことで、詳細は分からない」と述べるにとどまった。
とのこと。
  これでは済まないでしょうねえ・・・具体的手続きの中では。
  またこの記事では、
平成電電も1年ほど前まで、CHOKKAの利益の一部を分配する個人向け投資商品「平成電話パートナーシステム」を売り出し、約150人から計約20億円を調達していた。民事再生法の適用を受けた場合は契約上、返済義務がなくなるという。
という言及も。
  今回の匿名組合関係の問題やこの平成電電パートナーシステムの問題を、そもそも通常の「証券化の問題」と考えるのかどうかというところから話を進めないといけないのかもしれませんね、今回は。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2005

これで民生さんやしーたかさんがアニメキャラになったら言うことなし・・・米で大ブレークPUFFYアニメが逆輸入

米で大ブレークPUFFYアニメが逆輸入

米アニメ専門テレビ局で放送され、全米で大ブレーク中のPUFFYのアニメ番組「ハイ!  ハイ!  パフィー・アミユミ」が日本に上陸することが2日、分かった。6日からテレビ東京「おはスタ(1部)」(月~金曜、午前6時45分)の中で隔週の木、金曜日に放送される。大貫亜美(32)吉村由美(30)は「日本のファンの方にも見てもらえてうれしい」と“逆輸入”を喜んでいる。
  いやあ、奥田民生さんとPUFFYのライブは相方と毎年それぞれ必ず最低一回は行っていたのですが、ここ数年はPUFFYの方は回数が少なくハコも狭いところが多いようでなかなか行けないっすねえ。
  しかし、おじさんとしてはすごくうれっしっす。
  全米進出、テレビでアイドル、凱旋放送・・・っすからねえ。
  これで、我が敬愛する民生さまや、ドクターストレンジラブのというか今や民生さん達ファミリーといっていいであろうしーたかさん(古田たかし)あたりが、謎の東洋人とか、ピース魔人とかってキャラで出てくれたら日本のファンはもっと楽しめそうなんですけどねえ。
  だれか向こうのプロデューサーに入れ知恵しないかなあ(^^;)。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

平成電電の民事再生法申請・・・匿名組合の案件はどうなるのか

ネットでニュース見ててちょっとびっくりだったのが
平成電電の民事再生法の申請という記事
「CHOKKA」の平成電電、民事再生法の適用を申請
(追記)同社HPにお知らせが出てました。
民事再生手続開始申立てに関するお知らせ
  総務省の担当セクションとかは相当大変なことになっているのではないかとか余計な心配をしているのですが、それ以上に心配なのが「平成電電匿名組合」というハコで一般投資家から投資を募っていた案件がどうなったんだろうかということでございます。類似のスキームかどうかは別にしてモデムの証券化とかの問題との関係とかモデムの証券化とどうちがうのかとかも、改めて問題になるかもしれませんねえ。
  ちなみにモデムの証券化については例えばこちらを参照
ソフトバンクBB、モデムレンタル契約を子会社に売却
ソフトバンクBB,モデム証券化で200億調達。一部ユーザーは個人情報譲渡に懸念
  今回の平成電電の匿名組合の案件については、一言で言えば、これ

Continue reading "平成電電の民事再生法申請・・・匿名組合の案件はどうなるのか"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

October 02, 2005

10月が始まる・・・複数の星の空の下で

  10月に入った。
  ろじゃあももう人生の半ばはとうに過ぎている。
  やるべきことがたくさんある。
  本業関係でやらなければならないことの他に、やりたいこともやることが十分可能なことも書けばいいだけのこともたくさんある。
  だが、時間が必ずしも十分ではない。
  自分の頭の中にあるものを吐き出して、それぞれの複数の専門分野での標準語に翻訳し、必要な修正を加えて、自己の痕跡をできる限り残しつつ、世の中に寄与するための作業に使う時間をもし買うことができるのならば、資財を投げうってでも時間がほしい。
  こんな状況が15年以上続いている。
  さらには、別の要因も途中から加わった。
  げに、神様は不平等である。
  モーツァルトをうらやむサリエリの心情がわかるようになったのはそれ以降である。
  本業はもちろんだが、夫としても父としてもろじゃはやるべきことをやらないと・・・分解してしまう。
  多分、普通の家庭以上にろじゃあにはハンディキャップがある。これはこれで運命だ。
  ホントは

Continue reading "10月が始まる・・・複数の星の空の下で"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

遠くから見るとメロンパンに見えるね・・・こんなのろじゃあの知ってる「巨人軍」じゃない(^^;)

  吉野家のカレー丼でおなじみ(^^;)、一番下の娘と東京ドームに巨人戦を見に行ってきますた。

おとう、遠くから見るとメロンパンに見えるね
  タイトルにもあるメロンパン発言は、地下鉄の後楽園駅を出て初めて東京ドームをまともに見た末娘の発言でございます。確かにこりゃ、メロンパンだわな(^^)。
  と、実にほほえましいスタートなのでありますが、実はろじゃあにとってはとんでもない難行苦行でございまして。実に、30数年ぶりに
東京ドームの「一塁側内野席」に座る(--;) 
という、ありえない行動をとらざるを得なかったろじゃあなのでありました(というか前に一塁側に座りに行ったときはまだ後楽園球場(^^;))。当然三塁側とレフトの外野席は何度も来たことあるんですけど、なんとも居心地の悪い・・・これも巨人ファンというかジャビットファンの末娘のために蕁麻疹が出そうになるのを耐えながら一生懸命「巨人ファンとともに」試合を観戦していたのでした。
  しかし、・・・蕁麻疹どころか、なんかどうにもこうにもろじゃあよりもテンション低いジャイアンツファンが多いのには正直言って驚いてしまいました。それも仕方ないかと思える試合内容。ホントにこれはろじゃあが知ってる「巨人軍」というチームの試合なんだろうか?という問いが試合が終わるまでろじゃあの頭から離れなかったのです。いくら優勝が決まった後の消化試合だといってもお金出して見に来てるジャイアンツファン、怒んないんすかねえ?だって・・・

Continue reading "遠くから見るとメロンパンに見えるね・・・こんなのろじゃあの知ってる「巨人軍」じゃない(^^;)"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 01, 2005

夢のIP携帯電話の祭りのあと?・・・「携帯電話事業」風説流布、株価つり上げ30億利益

「携帯電話事業」風説流布、株価つり上げ30億利益
jmn

 東京都港区の通信事業会社(破産)が、実現見込みのない携帯電話サービスの事業計画を公表し、東証2部上場の親会社の株価をつり上げていたことが30日、分かった。
 通信事業会社を実質経営していた金融ブローカーらは、海外のタックスヘイブン(租税回避地)に設立した投資会社を利用して親会社株を転売、30億円を超す利益を得ていた。東京地検特捜部は証券取引法違反(風説の流布)容疑で金融ブローカー・大場武生容疑者(46)の逮捕状をとり、全国に指名手配した。
  どこかで聞いた話だと思ったら数年前の「夢のIP携帯電話」のお話ですね。記事によれば、
同社は2002年11月、「インターネットへの接続により、月額4500円の固定料金で携帯電話をかけ放題にするサービスを立ち上げる」などとマスコミに公表。その後、親会社の土木工事会社「大盛工業」(葛飾区)の株価は03年1月にかけて、30円台から100円台に急騰した
ちょっと大掛かりな話になってしまうということなんですかねえ。
  この会社、

Continue reading "夢のIP携帯電話の祭りのあと?・・・「携帯電話事業」風説流布、株価つり上げ30億利益"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

法務部員の期日管理の最適解は?

kataさんの「企業法務についてのあれこれの雑記」のページで、「ToDo管理の戦い」というエントリーが出ています。
  このネタ、身につまされるというか・・・法務部員の宿命というか、必ずこの部署で仕事を始めるとぶち当たる壁があるのですね。期日管理の問題であります。んで、なんでそんな話がでてくるのかというと他部署は他部署の都合で仕事をしてますので向こうは向こうで勝手に期日管理していることがあるわけです(結構おおいんだこれが)。そういう環境で仕事をしていると、自ずと処理する案件の期日管理をしないといけなくなってくるのですね。
  kataさん自身以下のように悩みを開陳されております。

こんなことを世界に向けて発信するのはどうかと思うけど、僕はものすごく忘れっぽい。
しかも、「お前、それは忘れちゃいかんだろ」ということに限って綺麗さっぱり忘れることに関しては、他の追随を許さないクオリティを維持している。そんなこともあって、日々抜けの無い仕事をする為にはToDo管理をきっちりやることが必要不可欠なわけで、突然ですがここで、今までの試行錯誤のVTRスタート。
ということでいろいろ試みた手法とその経過を説明されております。もしかしたら期日管理の一歩手前の悩みかもしれないのですがまあその辺はおいといて(^^)。
  いろんな方が、コメントつけておりますので、ろじゃあが出る幕でもないと思ったのですが、やっぱコメントつけたいなあと思ったらいくらやってもコメントがつけられない・・・ひょっとしてフィルタリングされてんだろうか?(^^;)んなわけないべと思いなんどかトライしたのですがだめなので、こちらに書くことにした次第でありやす。
  んで、ろじゃあのこの件に関する結論なんでありますが、

Continue reading "法務部員の期日管理の最適解は?"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« September 2005 | Main | November 2005 »