« October 2005 | Main | December 2005 »

November 30, 2005

ほれ、本日の国土交通委員会のビデオじゃ(^^)

先ほど既にエントリーしましたが、本日の衆議院国土交通委員会における耐震構造計画書偽造問題についての参考人招致は本日午前9時から開催され、途中結構ながめの休憩が入り、3時過ぎぐらい?から再開されたようです。
早くもその内容について衆議院のビデオライブラリで視聴可能になってますのでご参考まで。
しっかし、この制度いいっすねえ。
国会中継とかっていうとNHKをリアルタイムでみるかビデオに録画しなきゃなんなかった時代を考えると国民の用に供するという意味では非常に有用なシステムということができると思います。

(追記・修正)
すいません、リンク針間違えました。
以下が本日の分でございますです。
開会日 : 平成17年11月30日 (水)
会議名 : 国土交通委員会
収録時間 : 5時間 34分
ここから入る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デリバティブと金融機関の優越的地位の濫用

YahooNews三井住友銀に独禁法違反の疑い、公取委が是正措置へ

三井住友銀行が顧客の中小企業などに、取引上の優越的地位を利用して金融商品を販売していた問題で、公正取引委員会が、この販売は独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いが強いとの見方を固めたことが、26日わかった。
 問題ありとされた販売は、数十件に上るという。銀行本店が金融商品の販売強化を打ち出したことが強引な販売につながった疑いもあり、公取委は近く、三井住友銀行に対し、大手銀行としては異例の是正措置に踏み切るものとみられる。
  結局そういうことになったというわけですか。
  この件については、ちょっと前ですがろじゃあのブログでもとりあげて、金融機関としてのリスクヘッジなのか利用者のリスクヘッジなのかという問題も含めて議論したところです。詳細はこちらを参照してください↓
公取委、三井住友銀に報告命令…地位利用で商品販売?
  それらを議論したのかどうかはわかりませんが、優越的地位の濫用によりデリバティブを販売したという認定となったということなんですかね。
  実際に公取が動いた後の報道を待ちたいと思いますが、

Continue reading "デリバティブと金融機関の優越的地位の濫用"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

耐震構造計算書偽造問題のまとめ(3)・・・広がる射程にどう対応するか

  こんなに長いことエントリーするつもりはなかったのですが(^^;)、この問題の広がりはやはり住専国会の時と同じような状況になりつつあるとも言っていいのかもしれません。
  先ほどエントリーした内容でも明らかなように国会の委員会でも、今回問題になった建物以外の一般に存在する81年の耐震基準を満たしていない建物をどのように取り扱うべきかまで議論され始めております。
  と同時に、品質保証についての保険に入っている業者といない業者について購入者が購入時点で購入の判断のように供することができるように開示の問題として考えるべきだという意見まで出てきているようであります。
  ろじゃあが、当初から申しておりました通り、この問題の広がりは、不良債権処理ならぬ不適格資産としての耐震基準を満たしていない建物を地域住民と居住者保護の観点からどう処理していくのかという公の問題であることが認識されつつあるように思います。耐震改修促進法の議論が出てきているのもそのためでしょう。さらには居住用・非居住用不動産取引市場の信認の確保も視野に入れつつ対応する必要が出てきているように思います。
  問題はこの後の問題を考えるのは誰かということです。自らの専門性を活用しうる者は手を挙げるべきですし、手を挙げたものをもっと活用すべきだと思います。またネットの法律関係ブロガーももっとがんばらないといけないと思います。ろじゃあも引き続きエントリーしていくことにします。以下のバックナンバーをまとめ(3)としてご参照いただければと。
(ろじゃあのエントリー)
耐震偽装とマンション市場への影響は?
リベートとキックバックかよう・・・
10月27日のイーホームズの電子メール?・・・ろじゃあ疲れただ(--)zzz
次は議員さんが紹介?(;^_^A
「おたくのマンションは資産価値がまったくなくなったので(担保物件の)代物を考えていて欲しい」・・・耐震偽装マンションと住宅ローン(1)
衆議院国土交通委員会参考人招致(1)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

国土交通委員会で耐震改修法の話が出ましたねえ&分譲マンションの全棟検査報道?

長妻委員からの質問で
81年の耐震基準に対応していない建物の数についての質問が出て住宅局長から推計値として

住宅1150万戸
非住宅の建物(オフィスビル等)120万戸
という数字が出てました。そんなにあるんだ・・・(^^;)。
未改修の建物のうち保有水平体力が0・5以下の建物がどれくらいかについては調査がないということのようですねえ。
(追記)→長妻委員の質問の部分のビデオはこちらから入る
さらに答弁の中で住宅局長から耐震改修法の話がでましたね。
耐震診断の助成制度の話も北側大臣から出ましたな。
これで、今回の対象建物の話から既存の耐震基準を満たさない建物についての話まで範囲が拡大したことになりますなあ。
分譲マンションの全棟検査という記事は本当か?という質問については国土交通省では方針を定めていないと回答。しかし、申請があれば耐震改修法に基づき耐震診断については対応するようですね。この全棟検査報道というのは29日日経のゼファーの記事とは別にということなんすかねえ。
既存の住居・非住居不動産市場への影響が出てきますね、これは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「知らなかった」と商法

なんか私は知らなかったが社員が・・・とかいろいろ似たような話があるようですが、法人の従業員の行為が法人に対してどういう法律効果を・・・なんて問題を商法の規定で読みなおしていただいた方がいい場合もあるようでござんすな。
支配人とか表見支配人とかは言うに及ばず、番頭とか手代とか、さらには他にも規定はたくさんある訳で。ぼけとツッコミのどちらが悪いんすかねぇ(;^_^A。
なんか釈然としないろじゃあのつぶやきでござんす。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

さすが全銀協(;^_^A

日経見てたらローンの繰り延べ含めて全銀協が対応を決めた模様。
ろじゃあは、その対応を信じてたんで全銀協は直接の名宛人とせずにブログ書いてきましたが頑張って欲しいですねぇ。
後は法的構成と担保をどうするかですかな。
詳細は昨日の代担保の話の続きで書きますが、あくまでも例外的に有因的な対応をするということで、売主業者の建て替え前提スキームやら買取のみ前提スキームやら場合によっては業者の再生または清算とあわせて担保の設定を行なうということまで考えないといかんのですかね。
まあ、住宅ローンの特殊性で公庫が担保も請求もひどいことしないと決めてしまうと銀行はやりづらいんだとは思うんですが。
後は証券化案件の取り扱いですかね。
ろじゃあは見守らせていただきます。
YahooNews住宅ローン返済繰り延べも 耐震強度偽造で全銀協

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 29, 2005

千葉ロッテのエアライン化?はあっ?(^^)

ロッテがANAと提携 球場を機体に見立て「エアライン化」計画 「航空会社とプロ野球のビジネスモデルは酷似している」と球団幹部。限られた席数の中で売り上げを伸ばす航空会社に倣い、サービス向上を図る。その第1弾として実現したのが“マイレージ制度”だ。「マリーンズカード」を無料発行し、Edy機能を搭載する。来場、グッズ購入時などに「Mポイント」が付与され、ANAマイルへの変換も可能。何度も球場に足を運べば、無料航空券が手に入る仕組みだ。  う~ん、唐突といえば唐突だけど・・・でも次のような制度は他の球団も導入を検討するべきだと思うぞ。

チケット販売方法も「エアライン化」される。航空業界で主流となった「チケットレス」を来季から導入予定。関係者は「これまでのように、球場の窓口に長蛇の列ができることはなくなると思います」と話した。また、従来の前売り制度にとどまらず、航空券のように「ネット割引」「早割」などの充実も目指している。
  これ、非接触型のカードとか携帯電話の制度を利用すると結構いいかもしれない。考えても見ようよ、

Continue reading "千葉ロッテのエアライン化?はあっ?(^^)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

タミフルと特許の強制実施権

YahooNews台湾、タミフル在庫尽きれば承諾なしで独自に製造可能との見方示す 

[台北 26日 ロイター] 台湾の知的財産局(TIPO)は、インフルエンザ治療薬タミフルの供給が尽きた場合、製造元のスイス製薬大手ロシュの許諾なしに台湾がタミフルを製造できる、との見方を示した。
 知的財産局は25日、ウェブサイトで声明を発表し、「強制実施権」に基づいたタミフル製造が容認されるとし、保健当局がロシュから購入したタミフルの在庫が感染の発生を予防するのに十分でなくなった場合、同薬の製造に対する強制的手段が用いられるべきだ、と述べた。
 ロシュはこれより先、台湾政府が設定した供給量の目標は達成可能だとしている。
 強制実施権を発動すると、健康に関する緊急事態など一定の条件下において特許権者の許諾を得なくても特許で保護された医薬品の使用権利が第三者に認められる。
  な~るほどねえ。この手があるんですねえ。ろじゃあは国際的な特許の取扱いについてはよく知らなかったもんですから、この間エントリーした「八角とタミフル・・・タミフルの供給を阻害しているのは?」では、
この手の特許の取扱いについては、たとえば、一時的に特許について特別許諾を強制する代わりに各国の責任において製法等の特許に関する守秘義務遵守のための一定の強制力を整備した上で多くの製薬会社に一時的に製造させ各国政府あるいは国連やWHOを通じて相当の代償を行うということではうまくまわらないのですかねえ。
なんて

Continue reading "タミフルと特許の強制実施権"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

負担付き買い戻し案?・・・記事もちょっとわかりにくいぞ(^^;)

YahooNews<耐震偽造>ヒューザーの買い戻し案、実は住民に連帯債務

この文書によると、ヒ社は入居者が支払った購入金額の6%を「契約手付金」として支払い、所有権を同社に移すことで、購入費の頭金分を来年3月に支払う▽ローンの支払いは「契約日以降はヒューザーが重畳(ちょうじょう)的に引き受け、すべて責任を負う」などとしている。
  ろじゃあは、多分、ヒューザーの方の資金調達はどうするんだろうかという話とかが頭に入ってるんでややこしく思えるのかもしれないけど、記事の説明にもそっと説明があるといいですねえ。「ローン」というのは物件を購入した区分所有者が組んでいる住宅ローンのことなんだろうけど、その重畳的債務引受けの問題と売買代金の決済の問題はごっちゃになると読みづらいっすよ(^^;)。
  んでマンション取引きに詳しい法律家のコメントが次のようにあるので却ってわかんなくなっちゃった。
・・・ローン債務は、同社と入居者が連帯して負う仕組みになっていた。・・・「通常の買い戻しなら、入居者に購入金額の全額を支払うか、ローン債務の全額を引き受けるかして、入居者の負担を消すことが原則。ところが、この案では(住民にも債務が残る)『重畳的』とあり、ヒューザーが倒産すれば、入居者が残ったローンを支払わなければならなくなる」と指摘。さらに、「銀行は二重ローンを嫌うため、新たなローンを組めなくなるだろう。20~30年間も賃貸生活を強いられるうえ、ヒューザーの倒産におびえる生活では、なんのためにマンションを購入したのか分からない。あまりにもむごい」と話している。
  この「20~30年間も賃貸生活を強いられるうえ」の部分がわかりづらい・・・。提案の内容自体もう少し示した上で専門家の見解を解説してくれると丁寧でわかりやすいと思うんだけど・・・結局次のようなことなのかな?

Continue reading "負担付き買い戻し案?・・・記事もちょっとわかりにくいぞ(^^;)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

衆議院国土交通委員会参考人招致(2)

衆議院国土交通委員会が先ほど散会したようであるが、ろじゃあは一部しか内容を視聴することができなかったので、内容を検討の対象とすることができない。
その中で、興味深かったのは以下のやり取りである。

高木委員から社長に対して結構突っ込んだ質問がなされていた。
参考人招致にしては結構ナイーブな論点と質問かもしれないなあと思いながら聞いていた。
この手の質問は、参考人招致にとどまっているわけであるから(証人喚問ということではないという点で)質問するほうも結構神経を使うはずである。
しかも、責任追及をある程度したいとは思う反面、今回の事例においては自分の質問の仕方次第で参考人及び参考人の会社に対して合理性のない信用不安が惹起されてしまうとなると法的責任はともかくとして、質問者としては被害者等の債権者(?)の関係で本意ではない結果を招来してしまうかもしれない。
国会議員って、

Continue reading "衆議院国土交通委員会参考人招致(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

建設反対マンションへの影響は?・・・「波及領域」まで視野に入れなければ

今回の耐震構造計画書偽造問題の「余波」というべき現象が起きているようである。
某自治体の建築基準法の審査を結果として潜り抜けた耐震性に問題があるホテルがあることが判明したり、国が行なった算定耐震率と異なる数値が自治体による再計算で導出された結果、建築基準法に基づく使用禁止命令を出すことになった横浜の事例など。
  これは、建築基準法に基づく審査の制度自体への信頼性に疑義が生じ始める可能性を示唆すると共に、建築基準法に基づく使用禁止命令自体の運用にもそれなりの「思慮」が必要なのではないかという疑問を提起しているように思う。
そこでろじゃあの疑問。
  全国各地で付近住民から建設が反対されているマンションがここ数年増加しているのは周知の事実である。
  これについて、従来は、建築基準法上の要件を満たして確認がなされれば行政としてはやりようがないという立場が示されることがあったと思うが、その行政が可能性の程度は別にして、実際に「耐震性」の問題については、建築基準法上の審査手続きで「見過ごしてしまうこと」があることが今回明らかになってしまったわけである。
そのような事態に、従来の建設反対の立場の方々はどのような思いで接することになるのか。

・・・私達の問題でもあのマンションにそもそも耐震性で問題があるかもしれない

そのようなことを考える方々がいるかどうか。
この場合、

Continue reading "建設反対マンションへの影響は?・・・「波及領域」まで視野に入れなければ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

衆議院国土交通委員会参考人招致(1)

  東京支店長と建築士との関係が、質問の対象となり、支店長が答えてますね。
  認定プログラムによる再計算が実務上事実上不可能だということは各自治体も他の記事でコメントしているようですが、検査会社の参考人もそのように答えています。
  認定プログラムってそんなに使い勝手の悪いものなのでしょうか?

  検算ができない数式をそもそも「確認」することができない審査というのはそもそも「審査」なのか?
  そんな素人なりの素朴な疑問をもってしまったろじゃあであります。

衆議院の中継をインターネットでやってるんですねえ。
結構トラフィック大変みたいですけど(^^;)。
ちょっとつながりにくいですね↓
衆議院インターネット審議中継
(追記)
衆議院の国土交通委員会での今回の参考人招致については次のページで
その画像と音声を視聴することができますよ。
ビデオライブラリ
開会日 : 平成17年11月29日 (火)
会議名 : 国土交通委員会
収録時間 : 3時間 05分 →各委員の質問とそれに対する参考人の応答はそれぞれの委員ごとに分かれて視聴することができるようになってます→ここから入る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「おたくのマンションは資産価値がまったくなくなったので(担保物件の)代物を考えていて欲しい」・・・耐震偽装マンションと住宅ローン(1)

  今週号の週刊誌は耐震構造計算書偽装問題の関係で巻頭特集がいずれもこれがらみのネタのようですね。
  その中でろじゃあがやっぱり出てきたかぁ・・・と思ったのがタイトルのセリフです。 

「おたくのマンションは資産価値がまったくなくなったので(担保物件の)代物を考えていて欲しい」
(週刊現代12月10日号32頁)
  これは、週刊現代の記事の中で4200万円で3LDKの偽装マンションを購入した方の話の中で出てくるくだりです。
  ろじゃあは、この件の一連のエントリーの中で耐震偽装マンションを買わされた購入者の住宅ローンとの関係で金融機関がこの購入マンションの資産下落(というか無価値化)をとらえて代わりの担保を差し入れてくれないかという申し入れをしやしないかと心配していたので次のような書きぶりで婉曲的に触れておきました。 

Continue reading "「おたくのマンションは資産価値がまったくなくなったので(担保物件の)代物を考えていて欲しい」・・・耐震偽装マンションと住宅ローン(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2005

次は議員さんが紹介?(;^_^A

携帯でNHKの読み上げ版見たら議員さんが社長さんを担当課長さんに引き合わせていたとの記事が。
法務関係でエントリー書いてたみなさんは少しだけ事実関係の安定を待ったほうがいいかもしれません。
問題の範疇が変わりつつあるようですので。
身動きとれない当事者を主体としたスキームを検討しても・・・って感じですかねぇ。
なんか悪童さんに愚痴りたくなってきたなぁ(T_T)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レッドスネーク、カモン!ショパン猪狩、カムバック!(TT)

ikari
  いま朝のズムサタで、東京コミックショウのショパン猪狩さんが亡くなっていたという訃報を聞く。
  確かに最近、笑点でも見てないなあ・・・。
  なんか、わけわかんないけど、ターバン頭に巻いて、アラジンの魔法のランプの精みたいなかっこで、ぴらららひららららぴらっ、ってリコーダー吹くと、ヘビがふた開けて台から出てくるってやつね。
  昭和32年結成なんですか・・・知らんかった。
  最後はイエロースネークが真ん中から出てきて相方を務める奥様が両手と頭を3つの穴から出しておしまいってのがオチで。
  見たかったなあ・・・
  合掌でございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月27日のイーホームズの電子メール?・・・ろじゃあ疲れただ(--)zzz

いま自宅でテレビ見てます。
フジテレビのNEWS JAPANです。
イーホームズが10月27日の時点で状況を把握して建築士と社長と協議していたという電子メールが紹介されてます。
その報道によると・・・
くだんの建築士は偽造をその場で認め
某社社長は発表を差し控えるように求めたとのこと
ほかで見抜けなかったものをイーホームズが見つけたからといって正義感ぶって発表するというなら見抜けなかったことをもってイーホームズを徹底的に告発するという趣旨の発言をしたとの解説がなされてます。
いろんなことがわかってきているということでしょうか。
ろじゃはあ少し疲れました。

石原都知事が都の住宅約500戸を今回の被害にあった住民のために利用することを表明したこともその後に報道されてます。
こういうときの石原さんは

Continue reading "10月27日のイーホームズの電子メール?・・・ろじゃあ疲れただ(--)zzz"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

リベートとキックバックかよう・・・

YahooNews耐震偽造 「支店長がリベート要求」姉歯建築士が本紙と会見

マンションやホテルの耐震強度の計算書を偽造した千葉県市川市の姉歯(あねは)秀次一級建築士(48)は二十四日、東京都内で産経新聞のインタビューに応じ、大口取引先の建設会社支店長から「一平方メートル当たりの鉄筋をあと二十キロ減らせ」などと、圧力を受けた経緯を具体的に証言した。また、この支店長から「今月は四十万円ほしい」などとリベートを要求され、この建設会社から架空業務を受注した形にして現金を捻出(ねんしゆつ)し、支店長に送金したとも証言。姉歯建築士は「力の上下関係があって(偽造やリベート提供に)何度も嫌気がさしていた。今は本当に申し訳ない気持ちだ」と話した。
おまけ→YahooNews<耐震偽造>コスト減で報奨金 「ヒューザー」が支払い契約
あ~あ。
取扱高とかダンピング絡みでリベートというならまだしも(←注:決して容認してるわけではありませんよ、決して)、鉄筋の本数減らしてインセンティブとか取扱前提にリベート要求するとか、さらには架空請求分からキックバックとは・・・これはCSRどころかコンプライアンスという言葉も無縁の世界ということなのでしょうか。
なんか、めまいがしてきました。
問題とされてる企業の支店における用地取得から

Continue reading "リベートとキックバックかよう・・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2005

耐震偽装とマンション市場への影響は?

  このまま事態推移するとマンション市場にどのような影響がでるのであろうか。
  まず、今日の日経にも出ていたが、くだんの建築士が関与したとされる物件の耐震性について、販売会者等が既存の顧客に対して問題のないことを説明する羽目になっているようである。
  まあ、確かに関与したのかどうかが分からないにしろ物件が関係するかもということが懸念されるとすれば購入者としては販売業者に問い合わせるしか致し方ない。
  しかし、これだけで止まるのだろうか。
  報道では、建築士と業者との関係でインセンティブが約されていたのではとの指摘もなされるようになっている。この事態が一般化しているのではないかとの懸念も示されつつある。
  仮に問題ある慣行がありなんとかしなければと思っていた企業も、この段階になるとなかなか自分からイイダしにくい状態にもなっているかもしれない。
  この状態はあまりよくない。
  ますます、情報が外に出てこなくなってしまうではないか。
  そんな中、取っ掛かりの物件があるとか完成物件がある業者はどんなことを考えるのか・・・。
  賃貸市場での動向が注目されるのではなかろうか。

Continue reading "耐震偽装とマンション市場への影響は?"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

耐震構造計算書偽造問題のまとめ(2)

  toshiさんが、破産法との関係での具体的な解決案についての取っ掛かりを示唆してくださってますので、興味のある方は熱烈参照です。やはり現役管財人経験者の方の言うことは参考になりますよねえ。
  ということで、ここまでのろじゃあのエントリーをまたまとめておきました。
  今日は夜にならないとこれ以上のエントリーは無理そうですから改めてご参照いただければと(このエントリーが多分昼すぎにエントリーされるよう設定されてます)。
  いなみに次のブログのエントリーも熱烈参照です。
  「ビジネスから耐震構造設計」の耐震強度・構造計算偽造:姉歯(あねは)建築設計その2

(ろじゃあのエントリー)
倒壊の可能性のあるマンションの管理組合は何をすべきか
ISO9001:2000と倒壊マンションの品質【テスト版】
本当は誰が何をやってたのか・・・今度は名義貸しか(ー -^;)【テスト版】
もう民事再生の検討か?・・・霞ヶ関等でできること
北側大臣の姿勢に敬意&47thさんのつぶやき(追記版)
耐震改修促進法を活用できないのか?(1)・・・耐震構造計画書偽造問題
取引銀行が相殺で引き金を引いたというのは本当なのか(事実無根だと言って)・・・木村建設破産申立てを予定とのこと
指示でとのこと・・・ああ、もどかしい(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

指示でとのこと・・・ああ、もどかしい(^^;)

国土交通省での聴聞会で具体的な発言があったようですね。
これは民事ではなんともの水掛け論になってしまいます。
担当者からということになるとなおさら・・・。
同時にこれから先は、関係ない当事者に関する風評被害に対する問題も業界としては気をつける必要が出てくるかもしれませんよ(これも何度も婉曲的に書いてます)。
購入者にとっては一生モンの買い物なのですから。
何度もいいますが、実態解明と付近住民の安全確保と購入者・入居者の安全確保・リスクの回避、関係業者の建替え能力の確保、資金調達スキームのバランスをとって動かないと・・・関係省庁のご担当は一生懸命動いておられると思うのですが、足を引っ張る当事者(←自己規制で丁寧な表現)もまだまだ出てくると思いますので、国民のためにどうぞがんばってください・・・としか言えないなあ・・・(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

捨てられる嘆き?

つれぇなぁ捨てられるのって。
いままでさんざん使い回されてきたわけで、こいつに付いていくと惚れ込んぢまったんで一生懸命に尽くしてきたのによぉ。
一度意にそわないことがあるからっていって外部との関係遮断されちまって通信手段がなくなったら俺おまえと対話もできねぇじゃねぇか(T_T)。
頼むから捨てないでくれよう。淋しくて生きていけねぇよ・・・。

夜中、LANケーブルを外しながらそろそろ買い替えかと思案してたらろじゃあのPCからそんな声が聞こえてきましたとさ。
好きな女に捨てられようとしているダメ男の心境と一緒かと妙に納得してしまったろじゃあでございますた(;^_^A。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2005

「萌えてはいけない」・・・デジタルハリウッド大学大学院やるなぁ(^^;)

filn_051029
  たまたま見つけた記事。
  でも、このメンバーならろじゃあも行きたかったなあ・・・。
[ゲーム]20年後のコンテンツビジネスでは“萌え”が当たり前のものに?! -萌えてはいけない。(前編)

デジタルハリウッド大学大学院は11月23日、秋葉原のデジタルハリウッド大学の校舎内にて、「萌えてはいけない。」と題したシンポジウムを開催した。大物中の大物ゲストも登場し、「萌え」の歴史からこれからのクリエーターのあり方まで、幅広く行われたディスカッションが行われたので・・・

  デジタルハリウッド大学大学院のHPでのお知らせはこちら→「萌えてはいけない
  しっかし、このイメージキャラのfilnちゃん、「萌えてはいけない」の対極にあるような・・・(^^;)。
  →日本発秋葉系SNS"Filn"公式Blog
  いやあ~びっくりしますた。
  んで、もってすごいっす。
  何がすごいって、

Continue reading "「萌えてはいけない」・・・デジタルハリウッド大学大学院やるなぁ(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

取引銀行が相殺で引き金を引いたというのは本当なのか(事実無根だと言って)・・・木村建設破産申立てを予定とのこと

木村建設が破産申請を表明 偽造へのかかわりは否定

耐震強度偽造問題で、偽造物件のマンションやホテルを設計、施工した木村建設(熊本県八代市)の木村盛好社長が24日、熊本市で会見し、早ければ今月末に熊本地裁に自己破産を申し立てる方針を表明した。
 木村社長は「再生の道を模索したが、信用低下はいかんともし難く会社の存続が困難と判断した」と説明。「安全な建物を造るという義務を厳守できず、深くおわび申し上げる」と謝罪した。
 偽造へのかかわりについては「建築確認申請書に忠実に施工することだけを心掛けてきた。偽造の事実は全く知らず、姉歯建築士にコストダウンの圧力をかけたこともない」と否定。「怒りの気持ちでいっぱい。姉歯建築士を告訴するつもりだ」と話した。

  メインバンクは何をしているんだと思っていたら22日23日と何かと忙しかったろじゃあ、次のような記事を見過ごしてました。木村建設が1回目不渡り  耐震偽造問題で経営悪化 
  記事によると
張り紙の説明によると、偽造問題が連日報道されるようになり、取引銀行の熊本ファミリー銀行が「債権保全のため」として、木村建設の当座預金と同銀行への債務を相殺したことが不渡りの直接原因としている。
 この件について触れてるブログもあるようで耐震設計偽造問題~木村建設倒産
  ろじゃあは・・・まずこの件が事実なのかを改めて銀行に伺いたい。
  そして不幸にも仮にこれが本当にそのとおりならば・・・

Continue reading "取引銀行が相殺で引き金を引いたというのは本当なのか(事実無根だと言って)・・・木村建設破産申立てを予定とのこと"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

メンテナンスがあったようで・・・読者の皆さんへ

  もう一度確認してみないといけないのですが、本日ニフティさんのココログについてメンテナンスが実施されたようで一定時間、全面的に「法務の国のろじゃあ」へのアクセスやコメントができなかった事態が生じていたかもしれません。→メンテナンスのお知らせ
  いつもご贔屓いただいているにもかかわらずつながらなかったとしましたら・・・ごめんなさい。
  しっかし・・・@niftyさん、24日に6時間も全面停止のメンテナンスするのに21日にお知らせのところ載せられてもなあ・・・ろじゃあみたいに夜中に書いてエントリー時間を指定して公開している人間からするともっと読みやすいところにちゃんと表示してもらうかメールでお知らせが欲しいところ。
  それにしても不思議なのは、「ココログの閲覧もメンテナンス中は停止します。」とあるので、9時から3時という時間の間にエントリーへのアクセスもできないはずなのにその間のアクセス数がアクセス分析に反映されている点・・・これはどういうことなんだろうなあ・・・。ちなみに皆さん、この時間閲覧できてました?(^^;)←結構間抜けな質問。
  もし閲覧できてたんだとしたら、お知らせの文書の内容と書きぶりがちょっとわかりづらいということなんおかなあ・・・ちなみに以下にそのお知らせの内容を引用してあります。ろじゃあの頭が悪いのかなあ・・・

Continue reading "メンテナンスがあったようで・・・読者の皆さんへ"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

耐震改修促進法を活用できないのか?(1)・・・耐震構造計画書偽造問題

  いくつかの建築主の社長が、今回の耐震構造計画書偽造による問題への対応として、買戻しまたは建替えの意向をあらわしているが、実際には、買取を前提とすればその買取価格を購入時のものにした場合には相当の金銭が必要で得あり、仮に買戻しを前提としなくとも、建替え費用に10億単位の金額が必要になるようである。
  この資金をどう用意するのか・・・現状ではその資金調達が困難な場合も想定される。
  これに対して、国が何らかの対応をすることについては、民間の売買契約に関する問題に公的資金を用いることついては問題がある旨の批判もあるようである。
  だが、関係業者を問い詰め続けるだけでは問題は一向に解決しないだろう。ホントにいま皆が力を合わせて解決すべき問題は、時限爆弾としての「眠れる凶器」となってしまった耐震基準を著しく満たしていないマンション等による被害を未然に防止するためにどう皆が知恵を絞るかなのではないのか?もっと問題解決のための知恵を出し合うべきである。それが勘違いで実際には実効性に問題があるとしてもだ。それが本来のネットやブログの良いところではないのか?
  その点、ろじゃあが先日来書いているように、今回の問題は、周辺住民の生活の安全、生命の安全を確保する必要がある問題でもある点が看過されていないだろうか。この危険な建物の地震時の倒壊リスクを回避するための特別法は存在しないのだろうか・・・と思ってたのであるが、よく考えたらあるじゃないの。以下、理解が足りないかもしれないが、現状でわかっていることを前提に記すことにしたい。
  耐震改修促進法という法律がある(正式名称は、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」(平成七年十月二十七日法律第百二十三号)である)。この法律は、

地震による建築物の倒壊等の被害から国民の生命、身体及び財産を保護するため、建築物の耐震改修の促進のための措置を講ずることにより建築物の地震に対する安全性の向上を図り、もって公共の福祉の確保に資することを目的とする
法律なんだな。
  偶然の一致だろうが建築物の耐震改修を強力に進めるための耐震改修促進法改正案が10月の段階で国会を通過し、来年の一月から施行されることになっている。
  この法律は、耐震基準を満たさない建物の所有者に対してその建替えや補修について行政が指導することを可能とする法律である。重要なのは、この建替えに必要な資金の借り入れについて保証することができるようになっているのだ。公明党のHPでたまたま見つけたのだが、

Continue reading "耐震改修促進法を活用できないのか?(1)・・・耐震構造計画書偽造問題"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2005

そっぺいさんが・・・よく読んだなあ「小説日本興業銀行」

「ミスター再編成」元興銀頭取の中山素平氏が死去

元日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)頭取で、活発な財界活動でも知られた中山素平(なかやま・そへい)氏が、19日午後5時45分、心不全のため死去した。99歳だった。

  大往生というところですかねえ。
  ろじゃあが、前の前の職場にいた時に、所属先の紐帯と無関係にいろんな仕事をし、いろんなことを教わった一歳?上の興銀の人間がいるんだけれども、彼みたいな人間が思う存分仕事ができるところなんだなあ・・・わが国の産業金融の雄というのは・・・ろじゃあの認識はそんなところでした。
  その少し前に世の中では証券不祥事だあなんだと興銀もご他聞に漏れずすったもんだしてたわけですが、そんな時も日本の産業の行く末を思いながら仕事をする人間がちゃんといるんだなあ、やっぱり興銀は違うなあとろじゃあは思っていたもんです。
  同じ時期でしょうか・・・ろじゃあが、

Continue reading "そっぺいさんが・・・よく読んだなあ「小説日本興業銀行」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロッテファンよ!こんな暴挙を許していいのか?

YahooNewsオリックス 始球式に小倉優子呼ぶ!?

オリックス・中村勝広監督(56)が21日、来季の公式戦の始球式を人気アイドル・小倉優子(22)に務めてもらうプランを明かした。実は2人は遠い親せき関係にあり、指揮官は「面白いな。一回来てもらわな」とノリノリ。大阪ドームがゆうこりんに“萌える”?
  オリックスなんかにこんな暴挙をゆるしていいのか?
小倉優子といえば我が千葉県が生んだロッテに一番近しいアイドルだろうが!
それを知っていてオリックスの中村某は我々千葉県民(元県民含む)を挑発しているのだろうか?
それとも今シーズンのバレンタイン監督をはじめとしたロッテマリーンズとロッテファンと、彼女との蜜月関係を知らずにコメントをしただけなのであろうか?これでもみなさい→ゆうこりんの「優勝おめでとりんこです」
遠い親戚といっても伝え聞くところによると父方のおじとのことではないか。
それだけの理由でゆうこりんをオリックスなどというチームに奪取されていいのか?
始球式に投げさそうなど、ミニかコスプレか、いずれにしろ問題のある衣装を想定しているのかはよくわからんが、この件は断固として千葉ロッテファンが一丸となって抗議すべきなのではなかろうか。
・・・最近疲れ気味な状態は脱却したはずなのだが・・・なんか熱くなってるなあ(^^;)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

北側大臣の姿勢に敬意&47thさんのつぶやき(追記版)

<耐震偽造>国交相、行政の責任検討を表明

北側一雄国土交通相は22日午前、閣議後の記者会見で、姉歯(あねは)建築設計事務所(千葉県市川市)によるマンションなどの耐震データ偽造問題について触れ、「建築確認というのは公の事務であり、純然な民間同士の問題とは言えない。できる限りの対応を取る」と述べ、住民ら関係者に対する行政支援について前向きな姿勢を示した。また今後については「事実関係を明らかにしながら、行政の責任についても検討していかなければならない」と、関係自治体とともに対策を取っていくことを表明した。

  こういう危機対応時には、やはりイニシアチブをとる主体が必要です。
  そして早期の方向感についてのアナウンスが必要ということで。
  早々の検討表明と担当大臣の良識に敬意を表します。
  このアナウンス効果で関連当事者及びその債権者がどういう反応をするかが問題です。
  ところで「ようやく(^^;)」47thさんから

Continue reading "北側大臣の姿勢に敬意&47thさんのつぶやき(追記版)"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

もう民事再生の検討か?・・・霞ヶ関等でできること

YahooNews<耐震偽造>大半関与の木村建設が民事再生法申請を検討

姉歯(あねは)建築設計事務所(千葉県市川市)によるマンションなどの耐震データ偽造問題で、工事の大半に関与したとされる熊本県八代市の「木村建設」(木村盛好社長)が資金繰りの悪化から、民事再生法の適用申請を検討していることが分かった。同社役員が21日、毎日新聞の取材に答えた。
 役員によると、同社は同日、1回目の不渡りを出した。「(偽造問題に絡む)一連の騒ぎで工事代金などの入金が不透明となった」としており、同法の適用申請について弁護士と協議を始めたという。
  監督官庁はこの事態を予期できなかったわけではないでしょう。申立て権者による申立てが行われざるを得ない環境を少しでも解消することはできたと思うのですが。昨日のろじゃあのブログではあの辺がぎりぎりの表現だった訳ですが、何らかの形で「霞ヶ関がイニシアチブをとって対応するフェイズ」から次のフェイズに移っているのではないですか?
  いまからでも遅くないと思いますので、次の点を検討すべきです。
1.問題となっている当事者(購入者も含む)のメインバンク等の貸手について、金融庁経由で貸付金の担保としての営業用不動産等の担保価値下落懸念を理由とした増担保請求や資金の引き上げについて不動産市場への悪影響を起点とした信用不安の惹起に留意する旨を要請してもらう。
2.経済産業省・中小企業庁を通じて問題となった企業の取引企業等への政府系金融機関を通じた融資態勢について善処するよう要請すること。
3.そして必要とあらば問題の検討を総理直轄あるいは総務省のプロジェクトチームに統合することで一体的な解決を図るべきです。結構裾野は広いですしある意味「構造問題」なのかどうかを早急に解明しないと各省庁もうごきずらいらしいですから。
  不動産取引の業界や市場の問題は

Continue reading "もう民事再生の検討か?・・・霞ヶ関等でできること"

| | Comments (4) | TrackBack (2)

November 21, 2005

本当は誰が何をやってたのか・・・今度は名義貸しか(ー -^;)【テスト版】

YahooNews3棟は無資格設計、姉歯建築士が名義貸し…耐震性偽装

マンションなど21棟の耐震強度偽装問題で、構造計算書を偽造していた「姉歯(あねは)建築設計事務所」(千葉県市川市)が、3棟のマンションについて、実際には設計の元請け業務をしていないのに、「建築基準法上の設計者(元請け設計者)」として届け出ていたことが21日、読売新聞の調べでわかった。
 同事務所の姉歯秀次・1級建築士(48)は、名義を貸した建築デザイナーに対し「いっしょに仕事がしやすい」という理由で、今回問題になっている民間の指定確認検査機関「イーホームズ」(東京都新宿区)を紹介していたという。国土交通省では、名義貸しは通達違反で、建築士法により処分対象になるとしている。
  なるほど・・・ろじゃあ、脱力・・・。
  いずれにしろ、民事の問題を解決するためにも、建築士法や建築基準法との関係で関係当事者とされている関係者の相互関係がどうなっていたのかの実態解明が必要ということですね。名義貸しまで出てくるとはろじゃあも想像できませんでしたが、「いい慣行」か「悪い慣行」かは別にして、

Continue reading "本当は誰が何をやってたのか・・・今度は名義貸しか(ー -^;)【テスト版】"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

ISO9001:2000と倒壊マンションの品質【テスト版】

報道等で明らかになった耐震構造計画書の偽造問題で問題となった建物との関係で、建築主や施工業者としていくつかの業者の名前が明らかにされているようである。耐震強度偽造、建築主は5社に集中 施工も特定業者
  全く関係ないという企業からすると本件については相当いい迷惑という話なのかもしれないが、今後の対応はいずれにしろ事実関係の解明の進展如何と企業の顧客に対する姿勢如何というところにかかってくるということなのだろうかなあ。
  ところで、それはさておき、ろじゃあはそれらの企業のうちHPがネットで閲覧可能なものをいくつか見てみて気がつき、且つ気になることがあった。それは、いくつかの企業が、ISO9001:2000の認証取得をHPに掲げているのである。
たとえば、ヒューザー社のHPにはISO9001:2000という品質マネジメント国際規格についての表示がなされている。

当社は、2005年8月26日付で国際品質保証規格である「ISO 9001」の認証を取得いたしました。
<ISO 9001とは?>
顧客に安定した品質の製品やサービスを供給することは組織の使命です。ISO9001は製品の品質保証と、顧客満足及び改善を含む組織の管理まで踏み込んだ品質マネジメントシステムの要求事項を規定した国際規格です。

登録範囲はHPによれば、共同住宅の設計、施工及び付帯サービス (定期点検及び補修工事) とされている。
木村建設株式会社についても、

Continue reading "ISO9001:2000と倒壊マンションの品質【テスト版】"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

倒壊の可能性のあるマンションの管理組合は何をすべきか

  この前の前のエントリーで土地工作物責任について触れたのですが、これらの問題がどう扱われるかも含めて現状では倒壊の恐れがあるマンションの管理組合(及びその構成員たる区分所有権者の方々)は何をしたらよいのでしょうか。
  市や当局からの説明を待っているというのもひとつの見識ですが、現状でできることはやっておく必要があるかもしれません。特に販売業者からの説明が不十分であるというような環境におかれているマンションの方々は、心配でどうしたらいいものかととほうにくれているかもしれません。
  しかし、こういうときこそ現状をまず正確に把握する必要があると思います。
  そのためにはまず、問題があるとされている自分達のマンションについて販売業者等、今回の関係でまだ事実関係が明らかになっていない当事者とは別の第三者の眼で果たして本当に倒壊の可能性がどの程度あるのかについて検証してもらうということも検討するべきかもしれません。
  ですから、管理組合の方から独自に第三者機関というか検査の専門家の方に検査依頼をかけてはどうでしょうか。実際に「開けて見なければ」ならない部分はもちろんあるのでしょうが、

Continue reading "倒壊の可能性のあるマンションの管理組合は何をすべきか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耐震構造計算書偽造問題のまとめ(1)

  まだまだ、いろいろな事実が明らかになりそうな予感もあり、現段階でも、業者間でも相当の法律問題が、業者と入居者・購入者の間でも相当の法律問題が、そして付近住民との間にも法律問題がこの後深刻な形で影を落しそうですので、いままでろじゃあがエントリーしてきた記事をとりあえず、まとめて掲げておきます(TB頂いて個別にTBを返させていただくのが結構間に合わなくなってきてたりする・・・(^^;)。
  引き続き適宜エントリーしていく予定ですので、また本数がまとまったらまとめエントリーの(2)をエントリーする予定です。ご参考まで。

なぜ偽造したのかを明らかにすべきだ
「コスト圧縮のプレッシャーを感じていた」
やっぱり不安だろうなあ・・・耐震構造計算書偽造の件
構造計算書偽造の件と税務
京王電鉄のお客様志向とCSRへの姿勢に敬意を
倒壊マンションの区分所有権者でいることのリスク?・・・附近住民と民法717条の土地工作物責任

| | Comments (2) | TrackBack (5)

倒壊マンションの区分所有権者でいることのリスク?・・・附近住民と民法717条の土地工作物責任

  toshiさんが、CSRの視点と民事的な法的責任の問題について取り上げてくださっておりますが、ろじゃあは、ほかの点でまだまだ気になるところがあります。どちらかというと民事的な法的問題のほうに入ると思うんですけど、耐震性に問題のあることが判明したマンションの「所有者」としての区分所有者の方々のリスクについてもう少し整理しておいた方がいいのではないかと思うのですね。
  どちらかというと、皆さん、販売業者と購入者の間のマンションの売買契約の部分に注目しているところがあるかと思うんですけど、船橋市でのある建物の説明会は地域の附近住民に対するものであったとのこと。最初は、所有者のコメントにもあったように「最初にまず所有者や住民に対して説明会がなされるべきではないか」との指摘がもっともだと思っていたのですが、行政の方からするとそのような危ない倒壊の危険のあるマンションの附近に住んでいる方々の危険を回避する必要もあるわけで。
  この場合、行政の対応に対して憤るだけでなく、マンションの区分所有者の方々は、今の段階では自分たちがそのマンションの区分所有者として住んでいるということの意味をもう少し広げて考えるべきではないかと思うのですね。
  というのは、今まさに地震が起きてしまってマンションが倒壊することで、附近の住民の方々の住居や身体や生命に損害が生じることになった場合にどのような立場に自分たちがあるのかを考える必要もあるだろうと思うからであります。

Continue reading "倒壊マンションの区分所有権者でいることのリスク?・・・附近住民と民法717条の土地工作物責任"

| | Comments (3) | TrackBack (2)

高橋尚子、復活?・・・この力強さはやはりすごい

まさに高橋尚子復活のためにだけあったようなレースでしたなあ。
右手を高々と上げながら国立競技場に入ってきた高橋尚子・・・
35キロ地点ですごい加速で先頭集団を形成していた他の二人をぶっちぎり。
前日、チームで今回のレースのために準備する高橋の模様をテレ朝が番組にしていたのを見たんだけれども、標高3500メートルの高地で練習するっていうのはなんとまあすげーことをするもんだと驚きとともにろじゃあは見てたのですが、そんな常識はずれの空気の薄さの中で心肺機能を高めるためとはいえ、あえぎながら呼吸を乱しながらも力強く走り続ける高橋の姿。
その高地でのインタビューの場面で、思わずチームのスタッフに対する感謝を表すくだりで涙が止まらなくなってしまう場面が。収録だから取り直しもできるところであろうが、高橋からするとやはり復活せざるを得ない事情と今までの苦労を考えるとそのようなこみ上げてくる何かを抑えることができなかったのであろう。
しかし、すごい足の筋肉だよなあ・・・

Continue reading "高橋尚子、復活?・・・この力強さはやはりすごい"

| | Comments (0) | TrackBack (8)

November 20, 2005

感謝感謝の10万アクセスm(_ _)m

  明日になるかなとおもってたんですけど、今日のうちに総アクセス数が10万アクセスになりました。
  4月から始めて11月の下旬に入ろうかという段階でのひと区切り。
  自分自身の精神のバランシングという意味でいうと非常に大切な営みになりつつあります。
  相変わらず日常は順風満帆からは程遠く、なお生きていくのはこんなにつらいもんなんだなあと日々思いながら軽佻浮薄の極楽蜻蛉はそれでもどっこい生き続けております。
  両親が健在なうちに立派な姿を見せたいともがき続け、それでも両親には心配かけ通し。
  神様というものが仮に存在するのならば、やはり神様はろじゃあに試練をお与え続けておられるようで。
  今の仕事でそろそろまた長期的な課題について検証の段階に入りつつあり、実績もそれなりに出さなければならない・・・まだまだ萎えている訳にはいかないんですわね。
  今やれることをやると同時に年相応にそれでも良心に反しないようにがんばんないとなあ・・・
  そろそろ来年はどういう年にしようかと煩悩も含めて頭を駆け巡る時期を迎え、まだまだがんばるろじゃあなのでありました。今後ともごひいきのほどをよろしくお願い申し上げます。
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

千葉ロッテのVパレードで幕張はどうなったのか?

YahooNews千葉で初のVパレード 24万人が歓喜

31年ぶりのプロ野球日本一を達成した千葉ロッテマリーンズの優勝パレードが20日、千葉市で行われた。「ありがとう」「ロッテ最高」。川崎から本拠地移転後14年目の快挙に、ファンは歓喜の声を響かせた。
 パレードは市中心部と、千葉マリンスタジアムがある幕張地区の2カ所で実施され、計約24万人(主催者発表)が詰め掛けた。
 幕張地区では、沿道マンションに「次は世界チャンピオンだ!」の垂れ幕が。ボビー・バレンタイン監督や日本シリーズMVPの今江敏晃選手ら約70人を乗せたオープンバスに向け紙吹雪が舞った。応援団と公募されたファン計約120人も車列に加わった。
  う~ん、忘れてた。
行きたかったなあ・・・(TT)。
しかし、あの幕張駅近辺を24万人全部じゃあないだろうが半数の12万人としても、いや5万人としても・・・あの沿道に詰め掛けてパレードやったわけかい?ひょっとして幕張メッセとは関係ないところで、幕張新都心始まって以来の大賑わいだったんじゃないのかい?ビルから花吹雪が舞うって感じにはできないって環境だってのはわかるんだけど、想像するとなんかいい感じだよなあ・・・かえすがえすも・・・行きたかったなあ・・・(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

匿名コラムと小林信彦氏

  週刊文春のお楽しみは、前にも書いたとおり小林信彦氏の「本音を申せば」であるが、今週号に「コラム」という言葉について書かれている。意外だったのは「コラム」ってもっと短いのではないかと強調されてること。
  ご自分が書いてきたものについては、「僕の感じ方をいえば、Column(コラム)といってしまえば、おしまいだ・・・という気がした。」とおっしゃっておられる。そしてコラムは短めにという今回のタイトルにあるとおり、短い文字数で端的にしかもうまく書けなければコラムとしては失格なのだとうことを示唆されているのだなあとろじゃあは感じましたでございます。
  その字数の基準が800字弱。
  そうですねえ、800字といえば400字詰め原稿用紙2枚。
  これが長いと思うか短いと思うかで

Continue reading "匿名コラムと小林信彦氏"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たかじんの「そこまで言って委員会」ってどうよ?

  この番組、最近すごく刺激的である。
  よみうりテレビのHPはこちら
  やしきたかじん自体は、関東の人間にはあまり周知度は現在も高くないのかもしれない。
  しかし、関西では超メジャー。
  そしてこの番組、非常に骨の太いテーマ選びをしている。
  司会のたかじん、進行の辛坊治郎(読売テレビ解説委員)、田嶋陽子氏、桂ざこば氏、橋本徹弁護士、評論家の三宅久之氏、民主党の西村眞吾議員、評論家の宮崎哲弥氏などが出演しておるが、その中の山口もえ氏がある意味「緩衝材」的な味も出しておられます(^^;)。
  まあこれだけのメンバーが、限定解除で喋り捲れる環境の番組。サンプロよりおもろいと思うけどなあ。たけしのTVタックルでは猛獣使いが阿川佐和子さんなんだけど(^^;)、

Continue reading "たかじんの「そこまで言って委員会」ってどうよ?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2005

京王電鉄のお客様志向とCSRへの姿勢に敬意を

YahooNews耐震強度偽装、新築ホテルが営業中止

京王電鉄が偽造を知ったのは17日で、同日夕以降、対応を協議した。その中で問題の建築設計事務所が「京王プレッソイン茅場町」の設計にかかわったことは確認したものの、どれほどの強度不足かは不明だという。
 だが、「宿泊客の安全が第一」との考えから、営業中止に踏み切ることとし、18日午前から、ホテル内にポスターを張って利用客に「営業休止」を伝えたり、予約客に電話連絡をとって他のホテルへの振り替えを行ったりするなど対応に追われた。
  お客様商売ということもあるでしょうが、賢明な選択だと思います。短期間にこの判断を行ったのだとすれば評価されるべき経営姿勢だと思います。
 しかしまあ、満室が続いていたホテルを営業中止にしなければならず、

Continue reading "京王電鉄のお客様志向とCSRへの姿勢に敬意を"

| | Comments (3) | TrackBack (8)

デルファイの影響が大きいんですかねえ

GM会長、従業員に「破たん観測」否定の宣言 

ワゴナー会長は不振の米国事業の再建を急ぐ方針を繰り返しつつ、「破たん申請の計画、戦略、意図は絶対ない」と断言。9月末時点で190億ドル(約2兆2400億円)の現金を保有するなど「貸借対照表、流動資産は堅固だ」と強調し、従業員の動揺を抑えたい意向をにじませた。

  同会長は10月にも同様の否定発言をしておるようですが(例えば、「米破産法申請観測を否定 GM会長、AP通信に」)、ここにきて改めて経営が問題ないことを表明したというのは市場からいろいろな観測が出ているからということなんでしょうね。
  でも、日本の常識だと以前はさすがにGMでチャプターイレブンはないだろう・・・というのが普通だったと思うのですが、

Continue reading "デルファイの影響が大きいんですかねえ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

構造計算書偽造の件と税務

税理士の大林茂樹さんから「震度5強で倒壊の危険!さて税務も困ったぞ… 」というTBを頂きました。

もともと、住宅ローン控除やマイホーム買換特例、贈与税の特例、不動産取得税など住宅特例を受ける中古住宅は、築年数制限がありました。木造など非耐火は築20年、耐火住宅は築25年以内とされ、木造の場合適格住宅は昭和60年以降建築のみ、となるはずでした。平成17年4月1日以降の取得から、木造でも、昭和56年の改正建築基準法の新耐震適合住宅であれば、古くなっても適用されることに変わったばかりです。
問題のマンションは、昨年9月に分譲されたので殆どの方が既に申告済ですから問題がないでしょうが、将来売却等をするにしても、値段がつかない上に税務上の特典も受けられない可能性がありますね
  そうですねえ、確かに、マンションを購入されている方々はいろいろな税法上の特典を利用して(享受して)ローンを組んだり取得したりしてますものねえ。
そういう意味では、罪な話ですよね、今回の件は。
税務署の対応は穏便な形で柔軟な対応が打ち出されることになるのではないかとろじゃあも思うのですが、

Continue reading "構造計算書偽造の件と税務"

| | Comments (2) | TrackBack (4)

やっぱり不安だろうなあ・・・耐震構造計算書偽造の件

YahooNews<構造計算書偽造>住民に広がる不安 ホテルは営業中止

千葉県市川市の姉歯(あねは)建築設計事務所による構造計算書偽造問題で、耐震性に不安があることが判明した各地のマンションの住民には、不安の声が広がった。一方、該当するホテルは営業中止に追い込まれた。国交省は、偽造を見抜けなかった事態を重視して、検査方法強化の検討に入った
  ホテルは東京都中央区のホテルとのことですが、営業中止に追い込まれたというのは・・・まあサービスを提供する側からすると致し方ないですね。誰に対してこの落とし前をつけてもらうよう法的請求を行うかですね。この事務所だけでは話はとどまりませんな、これは。しっかし、民間の分譲マンションの所有者はやってられないだろうなあ・・・。夫婦でどの物件にするかとかで意見対立とかあったりしたり思い入れがあったりしたらなおさらややこしいことにもなりかねないでしょうし。
  ちなみに、国土交通省による見解が出てました。
姉歯(あねは)建築設計事務所による構造計算書の偽造とその対応について
 この中に次のような記述が。

Continue reading "やっぱり不安だろうなあ・・・耐震構造計算書偽造の件"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

民生ぉ~行きたかったぜ(TT)・・・陽水&民生ライブ!

tamioyousui
YahooNews陽水&民生 初の共演ライブ

歌手の井上陽水(57)と奥田民生(40)が17日、東京・恵比寿のライブハウス「リキッドルーム」で初の共演ライブを行った。
 1997年、ユニット「井上陽水奥田民生」を結成した2人は、シングルとアルバムを1枚ずつ発売したが、ライブは行わずに“解散”。今回は雑誌の企画で8年ぶりに「井上陽水×奥田民生」として再結成した。
  最近単独のライブがないと思ってたらこっち方面の曲作りもしておったのか・・・やるってのは聞いてたんだよねえ
  しっかし、この二人がアコギで並んで歌ってる様を

Continue reading "民生ぉ~行きたかったぜ(TT)・・・陽水&民生ライブ!"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 17, 2005

「コスト圧縮のプレッシャーを感じていた」

  このエントリーの前の設計事務所による耐震強度の計算書の偽造の件、今、NEWS23でやってましたな。
  事務所の代表は「コスト圧縮のプレッシャーを感じていた」というコメントをしているようです。
  これは、施主からの圧縮ということなんでしょうかね。個人か法人かわかりませんが、いずれにしろマンションの場合はマンション開発業者ということなんでしょうか。事務所が偽造することにより、鉄筋の本数などが少なくてすむことでコストが圧縮できるというのが自然な流れでしょうから、この事務所が刑事告発される場合には、当然、発注業者に対してもその辺の事業聴取がなされることになるんだろうなあ。
  それにしても、なんでリンクがそんなに早く切れたんだろうなあ。どこか修正点があるんだろうか。ちゃんとチェックしないとなあ。
  ちなみにNEWS23の報道ではマンションは船橋市と川崎に存在するとのことです。
  事務所の所在地が市川ですから、数は船橋の方がおおいんですかねえ。その辺は報道からはわかりませんでした。いずれにしろ・・・いい加減にしてほしいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

なぜ偽造したのかを明らかにすべきだ

YahooNews震度5強で倒壊の危険 3都県マンション、ホテル

国土交通省は17日、東京、千葉、神奈川の3都県のマンションとホテル計21棟で、設計事務所が偽造した構造計算書が建築確認の際に使われていたと発表した。ホテル1棟(東京都中央区)を含む14棟は既に完成しており、震度5強で倒壊の危険があるなど耐震性に問題が生じているという。
 4棟は着工済みで工事停止の措置が取られた。3棟は未着工。所有者らの了解が得られ次第、物件名を公表する方針。
  設計事務所が単独で構造計画書を偽造してそれだけで何か利益を上げることができるのだろうか。どのような経緯で偽造するに至ったかということも相当重要だと思うのであるが。場合によっては他の関係当事者の関与が問題となる場合もあるのではないかと思うのだが。
  それにしても、

Continue reading "なぜ偽造したのかを明らかにすべきだ"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ソニーも災難だなあ・・・コピー防止のためのrootkitと偽装機能の濫用でトラブル

YahooNewsソニーBMG、CD回収へ 侵入ウイルスの潜伏手助け

レコード世界2位の米ソニーBMGミュージックエンタテインメントは16日、今春以降発売したコピー防止機能付き音楽CDをパソコンで再生した場合、侵入したコンピューターウイルスをそのまま潜伏させる恐れがあるとして、問題のCDを店頭在庫から回収すると表明した。
 対象は50タイトルのCDで、日本では輸入盤が販売された可能性がある。利用者のパソコンを感染の危険にさらしたとの批判の声が上がり、CDは製造中止に追い込まれていた。
 問題となったのは、パソコンを使ったコピー回数を制限する技術。
今月に入ってからいろんなところで議論されてたのはウォッチしてたんですが、ついに回収ですか。
ソニーBMGのCD保護対策にセキュリティの懸念噴出--「行き過ぎ」との批判も
ソニーBMG、問題のコピー防止機能付きCDを一時製造中止に
職場へのCD持ち込み禁止か--ソニーBMGの「rootkit」CD問題で
はやくもトロイの木馬出現--ソニーBMG製CDのコピー防止ツールを悪用
  結果として

Continue reading "ソニーも災難だなあ・・・コピー防止のためのrootkitと偽装機能の濫用でトラブル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年末にオフ会でも・・・

  多分収拾がつかなくなるような気がするのですが(^^;)、年末にオフ会などできるといいかなあと考えたりしてます。47thさんとかにょぶろさんとか年末年始に日本に戻ってこられる予定あるのかなあ・・・。
その他希望のある方コメントしてみてくださいまし。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

夢見が悪い(^^;)・・・夢判断求む

 ここ数日、夜中の12時は過ぎるにしても布団で何とか眠れる日が続いている。
 それはそれでいいのだが・・・実に夢見が悪い。
 ろじゃあの嫌な夢の定番は天まで続くエレベーターに乗っている途中で地上に向けてエレベーターが落下するというものであるが、昨日の夢はどうもタチが悪いような気がする。夢判断求む。

自分の細胞が分裂しているところを見ているろじゃあ。アドレナリンが急激に放出され血圧が上がり・・・そして細胞同士が食い合いを始めて、何度も何度も細胞分裂、そして細胞内の染色体がRNAのベースまで拡大され、その過度の細胞分裂の途中でメッセンジャーRNAの一部をなしているグアニンなりウラシル(チミンが出てこないところがすごい)まで拡大されなんかよくわかんなくなりながら遺伝子に傷ができ始める過程を観察することになりからだの各部位でのがん細胞の生成過程(んなもん見たことないワイ)を延々と見せされる・・・んで朝(^^;)。
  予め断っておくが、

Continue reading "夢見が悪い(^^;)・・・夢判断求む"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おう、まじめな阿部ちゃん・・・「奇談」ですか

KIDAN
テレビのCMで、まじめな方の阿部ちゃん(阿部寛さん)が出てたんでついつい気になり検索をかけてみたところ・・・なるほどやはりHPあるんですねえ。画像からしてキリスト関係のテーマだなあと思いつつ、これ日本の話だろうし・・・と思ってたんですね。なんか頭の片隅に引っかかってる部分もありちょっと頭が停滞してたんですけどHPみて氷解いたしました。
最初、???だったんだけど、そうか「妖怪ハンター」ですか。
う~ん、諸星大二郎さんの「生命の木」が原作なんだあ。
これは何とか時間を都合して見に行かないとなあ。
しかし、梶尾慎治さんのおかげというかなんと言うか、SF系、ホラー系、ファンタジー系の映画化多いよなあ。
こういう状況なら諸星大二郎さんは出てきてしかるべき大家なんだけどねえ。
星野宣之さんのハードSF系も映画化してくれる監督さんとかいないのかなあ。
ところで、ろじゃあは実は諸星さんの手塚賞受賞作「生物都市」をリアルタイムで少年ジャンプの誌上で読んでるんですよねえ。
1974年ですか、あれは。

Continue reading "おう、まじめな阿部ちゃん・・・「奇談」ですか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2005

久々の120円台かなあ・・・円安?ドル高?

東京円119円台で推移、2年3か月ぶり円安水準
  日米の金利差が相当大きくなってるんで、まあ、そっちにお金が戻っているってのもあるんですかねえ。
  ただ、ろじゃあ的には、なんか、漠然としたやな予感なんですけど・・・
  これでアメリカと中国との間になんかあるとさらに円安が進むことになるんですかねえ。
  問題はドルと円がどうなるかより、ドルと元がどうなるか、元と円がどうなるかってところなんでしょうけど。
  そんで一時的にロシアあたりが漁夫の利を得るとかってかんじになるんでしょうか・・・石油の関係でなんかあるとするとですけど。
  クレジットカードで海外で買い物するとき使いにくくなるなあ・・・(←そういうレベルかよ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

人前で話すということ(その1)・・・苦手な人編

  人前で話すのが苦手な人がいるらしい。
  ろじゃあも人前で話すのは実は恥ずかしくてホントは苦手である。
  だが、実際のろじゃあをみてそう思う人はまずいない・・・というかいないらしい(^^;)。現に、よく聞かれる・・・なんであなたはそんなに堂々と自信を持って話すことができるんですか?
  そりゃ自信がつくように準備するからじゃい・・・とも言いたくなるんだけど、この辺は(その2)で。
  むしろ今回は、その自信なさげというか苦手な人にどう接するかという問題を。
  職場にしろ学校にしろ、やはり苦手な人がいる一方で、そんな人にも話してもらわないといけないときもあるわけで。んで学校なんかだと成長していくに従って話せるようになるって欲しいわけですよね。
  ところが、苦手じゃない人が、この苦手な人に接するときというのは、えてして相手の人の悩みがわからないもんでして。得意な人にとって当たり前なことが何で苦手な人にはできないんだろうと、怒り出す人も出てくる場合すらある訳で。特に上司なんぞの立場にある人は、目をかけている部下がそんなだとやっぱりケツをたたきたくなる人もいるわけですよね。
  でも、苦手なヒトにはいろんな原因があるということを周りが気づいてあげないと

Continue reading "人前で話すということ(その1)・・・苦手な人編"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

死をめぐる車中鼎談(;^_^A (その2)

ある日のまたまた朝のローカル線での会話である。
今日も今日とてボックス席にはご老人が三人。
今回はお三方とも男性。
聞こえてきてしまったのは次のような台詞。
・・・だからな、何とか医者の上前はねてやらないとなとおもってやったわけよ。
なんだなんだ、朝から医者をペテンにかけてやろうという共同謀議か?
だがどうもおかしい。
やはりよく聴いてみると次のような話が・・・

「いまの人たちは俺達のおかげで食べてられるところがあるんだよねえ。」
「そうそう、俺達いなかったらお医者さんたちゃあお飯食い上げだろ?かといってお医者だっていつまでもいい思いできる訳はねええんだよなあ。おれたちゃ長生きしたよ。そりゃそうさあ、

Continue reading "死をめぐる車中鼎談(;^_^A (その2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2005

「村上を排除するってことは、プロ野球界の絶対的条件だ」←ホントに言ったのか、これ?(^^;)(テスト版)

YahooNews渡辺会長「ハゲタカ」VS村上「亡者だ」のバ倒激化

・・・もちろん渡辺会長も黙ってはいない。会食後、村上氏の発言を伝え聞くと、最初は穏やかな口調だったが、徐々に激高。
「村上君なんて、何だあれは! 虚業家じゃないか。モノをつくり、サービスをし、モノを運搬する、そういうことを何もやっていない、単なるハゲタカだよ。そんな者に侵入されたら、プロ野球界のルールはすべてつぶされる。彼の論理は、ハゲタカの論理だ」
「村上を排除するってことは、プロ野球界の絶対的条件だ」
反論というより、問答無用。とにかく村上氏が球界にかかわるのは許さない構え。実際、記者にまで「キミねぇ、村上なんて、あんなハゲタカ中のハゲタカ…金を動かして、安いところで買って、高いところで売って、ボロもうけする。そんな者の言うことをありがたく承っているキミたちの方が、少し頭がおかしい!」とまくしたてた。

  う~ん、相当ナベツネは激しておるようですな。
  ただ、記事にあるように野球協約第28条問題というのも確かにオリックスとの関係では問題になる条文なんだよなあ。オリックスの株主の外国人比率ってそんなに高いんだ・・・とは言っても黒眼の外国人も結構いるんじゃないのか?(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

これが可能ということは・・・だ(^^;)

YahooNews改札通過メール年明け運用 子供の安全確認、関西私鉄

阪急電鉄など関西私鉄3社で使える集積回路(IC)内蔵カード型乗車券「PiTaPa(ピタパ)」を発行する「スルッとKANSAI」は15日、電車通学する子供の親に、改札通過の情報を携帯メールで知らせるサービスを来年1月10日から始めると発表した。
 ピタパを使う子供が対象。自宅最寄り駅と学校や塾のある駅を登録すると、行き帰りの乗り降りの計4回メールを送り、親を安心させる。

  これがあると確かに安心だわな。
  ただ、この技術が可能ということはだ・・・・亭主の定期券にこの機能を搭載してもらって職場近くの駅の自動改札機と自宅の最寄り駅の改札機の2つを登録可能にしておいて、

Continue reading "これが可能ということは・・・だ(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (4)

八角とタミフル・・・タミフルの供給を阻害しているのは?

<香辛料「八角」>中国で高騰も、インフルエンザに効果なし

中華料理の代表的な香辛料「八角」の値段が10月末から普段の2~3倍に高騰している。新型インフルエンザの世界的な流行が懸念されており、八角からインフルエンザの治療薬「タミフル」の原料となるシキミ酸が抽出されると広く報じられたため。しかし、八角は直接食べてもインフルエンザの予防効果がなく、中国各紙は一般市民に食べ過ぎによる中毒症状の注意を呼び掛けている。八角の主要産地は中国とベトナム。特に中国の広西チワン族自治区で、世界総生産量の90%を生産している。
  しかし、世界総生産量の90%を中国の広西チワン族自治区で生産というのもすごい話で。今回の鳥インフルエンザに関する変異後の人→人感染懸念ではこのタミフルがカギを握っているわけですから、特定の製薬会社と中国のこの自治区の協力なくして問題の懸念払拭はできないということですか。これもまた困ったことですねえ。
  この鳥インフルエンザ対策で各国政府はタミフルの備蓄に走り始めてるわけですが、

Continue reading "八角とタミフル・・・タミフルの供給を阻害しているのは?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

特報!こりゃ大変!つま恋再び!・・・チケット取れないだろうなあ(^^;)

拓郎&かぐや姫「伝説のコンサート」を来夏再現

歌手の吉田拓郎さん(59)と「かぐや姫」が来年9月23日、静岡県掛川市のヤマハリゾート「つま恋」で、ファンの間で伝説として語り継がれている30年前の野外コンサートを再現する
。  1975年8月2日・・・ろじゃあはようやく中学生。フォークソングクラブでようやく拓郎さんの「結婚しようよ」とかを先輩に教わって文化祭の発表会に向けて練習していた頃でありますねえ。
  あの「伝説の」つま恋。
  まだまだかぐや姫も若くて正やんのことをかっこいいなあと思っていた頃。「ヤングセンス」や「GUTS」でその頃のフォークシーンの情報を知りついてた楽譜でいろいろな曲を覚えていた頃。かぐや姫が解散してしまって、その後正やんが猫にいた大久保君と「風」を結成して・・・。フォークソングクラブの発表会で風の「あの唄はもう歌わないのですか」を演ってびっくりされて、三年生を送る会で風の「ささやかなこの人生」を同級生の女の子二人のピアノとダブルボーカルでろじゃあがアコギという変則トリオで体育館でやって・・・その間断続的に女の子にフラれて・・・おいおい方向性が違ってきてるぞ(^^;)。
  いま思うとやはりろじゃあはあと5年か10年前に生まれてきたかったと

Continue reading "特報!こりゃ大変!つま恋再び!・・・チケット取れないだろうなあ(^^;)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ろじゃあ歳時記(1)

首がない

毎年、この時期になるとそろそろ寒くなってくるので、セーター類だとかなんだかを部屋の中で漁ることになるんだけど、便利なようで便利かどうか怪しいのがタートルネックのセーター(あやうく「とっくりのセーター」と書くところであった)。
んで、これも毎年同じ感想を持つんだけど、鏡に映る自分の上半身を見るとやっぱり

首がない
んだな、これが。少なくとも防寒という目的だけはかろうじて達成されているとは思うんだけど・・・
ってことで、「首がない」は11月の季語ということに決定(^^;)

首がない うつむく顔で ゴジラがはーっ      (ろじゃあ)
(解題は以下を参照)

Continue reading "ろじゃあ歳時記(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「阪神ファンのために株を買っているのではない」

YahooNews村上氏が吠えた「野球界はひどい」

村上氏は、東大、旧通産省で同期の松井孝治参院議員(45)のパーティーに招かれ講演したもので、その中でも「阪神ファンの気持ちが分かっていないとか言われるけど、感情論なんかどうでもいい。阪神ファンのために株を買っているのではない」と、感情論による反対を批判した。

了解。よ~く、わかった(ー ー;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何と交換するか・・・鋼錬が喉に引っかかる(テスト版)

※うまく言いたいことがまとまってないかもしれません。ですから珍しくテスト版公開です。その点、ご了承ください。

「鋼錬」・・・「はがれん」と読みます。
コミックス誌に連載されていて単行本化されたものは相当売れております。
テレ東でもアニメ化され絶大な人気を博しました。
ろじゃあもこの手の作品は好きですのでご他聞に漏れず読んだしアニメも見たのですが・・・。
この鋼の錬金術師が喉に引っかかって困ってしまっております。
ストーリーは語りだすとキリがないのでまた別の機会に。

この中で「等価交換の法則」というのが出てきます。
この作品色々なところでトンデモ印と現実との握手がうまくできていて、ギミックもすごく魅力的なのでろじゃあの世代のオタク崩れあるいはオタク未満の方々にも受け入れやすい・・・というか逆に引力になるところがあるのですが、その中でもこの等価交換の法則という設定は偶然でしょうが色々な面で現実の大人に対してもいろいろな示唆を与える可能性を持っています。

この設定とはちょっと離れたところでろじゃあは最近考えることがあります。
これから先、ろじゃあは自分の時間とリソースを何と交換するべきなのだろうかと。

Continue reading "何と交換するか・・・鋼錬が喉に引っかかる(テスト版)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

死をめぐる車中鼎談(;^_^A

あるローカル線の中での出来事である。
二人の御夫人がボックス席に座っている。
そこにもう一人がやってきて・・・途端に話は熱を帯びてきた。

「もうやんなっちゃうよねぇ、首吊りばっかでさぁ」
この段階でろじゃあは思わずむせそうになったのだが次の台詞で不謹慎ながら思わず吹き出しそうになってしまった。
「あっちも首吊り、そっちも首吊り、こっちも首吊り・・・」

このフレーズはぶっ飛んでるよなぁ・・・。んで気を取り直して、冷静に話を聞いてみると,

Continue reading "死をめぐる車中鼎談(;^_^A"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

ちび太のおでん(続報)・・・「ちび太のおでん」が売っている?

o_title03  サークルKサンクスのHPに遊びにいってみたら、ちび太のおでんについては次のような経緯があったようです。

赤塚先生の許可も得られ、新たにつくられた♪チビ太のおでん、チビ太のおでん、チビ太のおでんはサークルK♪というCMソングに乗せて流されたおでんのCMは、担当者の思惑どおり大反響を呼びます。チビ太というキャラクターが、お父さん世代には懐かしく、お子さんには新鮮に映ったことに加え、軽快でテンポの良いCMソングが、特に子供たちの間で大流行!♪チビ太のおでん・・・♪と口ずさみながらお店にやってくる子供たちがあちこちで見られた、なんてエピソードも残っています。
  それどころか、なんと、左にあるような、ちび太のおでんが売っているとの情報が!ろじゃあは知らなかった・・・HPの中では
  

Continue reading "ちび太のおでん(続報)・・・「ちび太のおでん」が売っている?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

特報!ノッポさんリターンズ!

ノッポさん 71歳の歌手デビュー  大学生時代に昼間の中途半端な時間をテレビの前で過ごしたことのある人間ならわかるNHK教育テレビの番組の楽しみ・・・。
  自分の過ごした学生時代の時期ごとに数々の秀作?があったのを皆さんは覚えておられるでしょう。
  あるものはお母さんといっしょについつい目がいってしまい、じゃじゃ丸、ピッコロ、ポロリの三人?の寸劇に目を奪われバスの時間に遅れてしまったり、あるものは「はに丸」についつい親近感を覚えてしまい、のみ会でついつい「はにゃ?」とか漏らしてしまっり・・・そしてあるものはおじゃる丸に惹かれるものがあり、ビデオにとり貯めしてしまったり、それでもやっぱりキスケはひよこだよなあとうなずいたり・・・その中で息の長い番組として多くのファンを魅了し続けた「できるかな?」のメインキャラは、ゴン太くんではなく実はノッポさんだということは国民的常識となっていることには異論はないところと思われます。

児童向け工作番組「できるかな?」では、1967年から24年間にわたりしゃべらないキャラクターとして活躍。冗舌な相方の「ゴン太くん」にトークを任せ、感情表現はタップとパントマイムだけ。身近にあるものを使って黙々と華麗な工作ショーを披露するスタイルで子供たちから絶大な人気を誇った。初めて声を披露したのは同番組の最終回。当時は幼稚園、小学校の子供たちの間で話題騒然となった。。

  頑固なまでに?チューリップハットをかぶり、

Continue reading "特報!ノッポさんリターンズ!"

| | Comments (5) | TrackBack (2)

PLUTO・・・

浦沢直樹さんのPLUTOがやはりうまいなあ・・・と思ってしまう。
 単なる焼き直しでなく、今回のアメリカとイラクの問題を微妙にプロットに絡めて仮想を構築している。
 MONSTERのときも、単に「逃亡者(The Fugitive)」の焼き直しではなくあくまでもプロットの一部にし、「子供」について考える姿勢も横糸に混ぜる・・・。画もうまいけどストーリーテラーとしての力量はすごいよなあ・・・
 PLUTOについては手塚治虫先生の原作があるのでそう幅広い脱線はできないだろうという制約と想定があるのだと思うのだが、今後は憲法の話などももしかしたら織り交ぜる形で物語り展開が見られるのではないかなどとひそかに楽しみにしているろじゃあなのでありました。
 父上が出稼ぎにでることになってしまった「あじさいの唄」、いよいよ終戦に向けて満州国の史実との関係でそのような「村上史観」が打ち出されるか興味が尽きない「龍(RON)」と並び、ビックコミックオリジナルは目が離せない状態になっているかもしれない・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

kataさん連絡ください・・・新規エントリーが読みたいですだ(^^;)

  ろじゃあのぱそちゃんの調子が悪いせいならいいのですが・・・
  企業法務についてあれこれの雑記のページの更新が9が28日から先なされていないような気がするのですが、思い過ごしでしょうか?kataさんどうされたのでしょうか?
  ろじゃあはなんだかんだいって、ぱそちゃんの取扱いについては間が抜けているところがありますので、kataさんところのブログの最新メニューが見れないだけなのかもしれません。
  企業法務でいろいろ悩みをかかえながら独特の文体で楽しませていただいておりましたので、もし仮に何らかの事情で更新が一ヶ月以上切れているのだとしたらなんとももったいないというか・・・
  画面上は「このブログは面白い」の欄は現在の日付で更新されているようですので(一応ろじゃあのブログもはいっているので読んでくださってはいるみたいで)単純に新規エントリーをしておられないだけなのか・・・リスクマネジメントやってた人間は常に心配性で且つその心配度を表に出さずになお且つ経営陣にリスクをわからせて対処するちゅう性(さが)があるので(^^;)、あんまり騒ぐのもどうかと思ったのですが、現在のろじゃあにとっては前線にいる法務スタッフといういみでも特にkataさんは心配でございまして・・・
  ご連絡お待ちしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CD・ATMの管理義務とカード偽造の新局面?・・・民法478条特例法をどう考えるか(1)

新手のスキミング被害か カード挿入口で読み取り

ATMのカード挿入口に装置を設置し、カード情報を読み取る新手のスキミングとみられ、愛知県安城市の碧海信用金庫のATMでも3月と4月、同様の手口で現金計約17万円が引き出されていたことが分かった。全国銀行協会では「ATM自体に仕掛けられたのは聞いた事がない」としている。。
  う~ん、そんなことが可能なのかは別にして、これは銀行のATMの管理義務の話が相当意識されざるを得なくなってくるのではないかとろじゃあはおもうのであります。先の国会で偽造カードや盗難通帳などにより預金が引き出された場合の問題について対応するために民法478条の特例を定める偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律(平成十七年八月十日法律第九十四号)が作られたわけですが、今回のような件について想定されているのかどうか・・・
 というのは、この法律が想定しているのはあくまでも預金契約をしている銀行と預金者の間の問題として過失等の有無についても各当事者に過失があるかないかを基準にしているのでありますが、今回のような問題が出てくると次のようなケースの処理をどうするかやはり???が飛ぶことになるのではないかと思うのですね。すなわち、

Continue reading "CD・ATMの管理義務とカード偽造の新局面?・・・民法478条特例法をどう考えるか(1)"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 13, 2005

結構いい曲?U・N・OBAND・・・若手お笑いの「優れもの」

unoband
  カンニング竹山、アンガールズ、いつもここから・・・・これらの名前が列挙されてるとして・・・・みんなでバンドやってるとは普通思わないよなあ(^^;)。
  でもなんか楽しそうな顔してるというか・・・特にカンニング竹山の顔・・・スティック両手に持って結構ニコニコじゃあないの。
  んで、U・N・OBANDというんだそうで、まあHPでみてみて下さい、彼らの勇士。
  結構カッコよくないっすか?
  彼らが

Continue reading "結構いい曲?U・N・OBAND・・・若手お笑いの「優れもの」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 12, 2005

ちび太のおでん(改定版)

o_title03
デカパンのパンツから猫5ひき〜♪といっても知ってるヤツは同年代から上(;^_^A。
タクシーに乗り信号で停まっているときに、ふと外をみるとのぼりが2本。みるとちび太のおでんの文字の下にちび太がおでんを掲げているではないか。
よく見るとサークルKサンクスの店舗らしい。こりゃ寒い日はセブンイレブンのおでんよりは訴求力あるよなぁ。ちゅうかDNAベースの説得力あるよなぁ。
なんせ幼児期?に明治キンケイおでんの素(もと)とかのCMをリアルタイムで見てる世代だからなぁ(;^_^A。
反面、大事な人と家でこたつでおでん食うのもいいなぁ・・・、赤塚先生ご体調どうかなぁなどと少し三丁目の夕日モードがはいっちまったろじゃあなのでございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

週刊誌を如何せん(^^;)

  移動中の時間つぶし・・・以上の役割を果たしているのがいわゆる週刊誌です。
  月曜になると現代とポストを2冊かって、週の半ばに文春と新潮と朝日の内容をぱらぱらと見て、文春は4回に3回、新潮は4回に1回、朝日は8回に1回ぐらいの割合で買ってます。
  だからこの出費、よく考えてみるとイタイっちゅぇばイタイってところですかね。
  現代とポストだけでも週に700円弱だから月3000円弱、文春月3で約1000円でまあ4~5千円ってとこですかねえ。
  ろじゃあはタバコをすわないのでその分の出費は全く気にしなくていい訳ですから、まあお小遣いの範囲って言ってもたいしたことはないとも言える分けですが・・・ただ、やろうと思えばすべて立ち読みも可能だったりするなあ(^^;)とか最近思っています。
  ただ、やめられないのはある程度まとまって専門関係の記事が出るからですかねえ。まあ、一部?そのまま鵜呑みにできない場合がありますが、情報収集の端緒としてはネットが速くなったとはいえ、まだまだ利用価値の高いメディアだとは思っております。出版社も大変かもしれませんがまだ無くして欲しくはないですねえ。
  ってなんかオチのないベタなエントリーになっちまったなあ(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

消せるボールペンとビジネス帳票と法務(その2)・・・会計士・税理士・国税はどう見るか

  この一件で、どうしても引っかかるのが企業内でコンプラとの関係でなにか手を打つ必要はないのかということでありました。
  じゃがブログさんのご指摘読んだ後はさらにその思いはつのってしまい・・・ろじゃあが気にしたのは次のようなケースです。皆さんどうお考えでしょうか。
(ケース1) 会計士や税理士の先生のサンプルチェックにて
  会計士の先生が監査の必要があってまた税理士の先生が税額の確定のために売り上げ関係の帳簿や売伝の原本をサンプルチェックしていました。試しに消しゴムで消してみたらボールペンの金額が消えてしまいました。よく聞いてみるとその原本の作成担当者が消えるボールペンと知らずに継続的に当該ボールペンで帳票を作成していたとのことでした。
(ろじゃあの疑問)
  この場合、会計士や税理士の先生は、サンプルチェックの結果を踏まえてどういう行動にでるべきなのか。

(1)事情がわかったのでチェックは問題なかったと考える
(2)どの程度当該ボールペンを使って文書が作られているかの調査を行なう

どちらなんでしょうか?一件、そのような帳票が出てきたということは監査の対象となるあるいは税額確定の対象となる数値の原本についてかかる消えるボールペンで文書が日常的に作成されている可能性があるわけです。しかもかかる特性を有することを知っている人間と知らない人間がいる可能性があり、そのいずれに場合についても改竄しようと思えば可能な状態に置かれている帳票がどのくらいあるかは

Continue reading "消せるボールペンとビジネス帳票と法務(その2)・・・会計士・税理士・国税はどう見るか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2005

消せるボールペンとビジネス帳票と法務(その1)

  昨日書いた消せるボールペンの件aolinさんからコメントも頂いたんですがそもそもそんなに浸透しているんですか?これ、と疑問を呈していたのですが、なんじゃなんじゃ、いろんなメーカーから出てるじゃないの。
  ただググッてアクセスしようとすると表示できないメーカーがひょっとしてあります?(^^;)・・・っていうか今、アクセスが集中する時間だからつながりにくいだけかもしれないんですけど。
  そんな中、なんだ三菱鉛筆のユニさんのユニボールってシリーズにその名も「イレーサブル」(^^;)というネーミングでラインナップがあるではないですか。パイロットさんも「イーゲル」というラインナップがありますね。今回の事件のボールペンはこれじゃあ当然ないんでしょうけど、サイトを参照させていただき教えてもらうことにしました。ふむふむ。
  そうかあ、メモとかスケジュール帳の修正には確かにメリットはあるかもしれないよね。
  でもですねえ、やはりビジネス帳票との関係ではこれははっきり言って

まずい
のではないかという指摘は十分あり得るというところかもしれませんねえ。
  ぐぐってみて見つけたんですけど、今年の2月末の段階で、この消えるボールペンの問題点について指摘しておられる小児科のお医者さんのブログがあります。
  「じゃがブログ~さいとう小児科」さんのエントリーには以下のような指摘がなされています。

Continue reading "消せるボールペンとビジネス帳票と法務(その1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花に囲まれた戦車とラピュタの園丁ロボット・・・NO BORDER つづき

  昨日、NO BORDERシリーズのエントリーを書いたのですが、その中でFLOWER編が好きだとろじゃあはちょっと書いておきました。それにはちょっとしたワケがあります。
  廃墟はその様をあとからみてもありし日のその地と人々の栄華と現在のわびしさ・虚しさが漂ってくるのみですが、花が咲きほこっているかつての(恐らくは凄惨な戦いが行われた)戦場は、かつての悲惨さと現在の平穏と未来への希望と平和を希求する心を喚起します。
  カップヌードルのNO BORDERシリーズのFLOWER編はその未来へと平和を希求する必要性について言葉少なですが語り掛けてくれる仕掛けになっています。
  CMでは下から地面に咲く綺麗な花々によっていき朽ち果てた戦車がその花々に囲まれている様が入ってきます。そしてだんだんカメラは引いていき最後にその花で覆われた戦場で男の子と女の子が笑顔でカップヌードルを食べている・・・。
  ろじゃあが最初にこのCMを見たとき思い出した画(え)があります。
  
  

Continue reading "花に囲まれた戦車とラピュタの園丁ロボット・・・NO BORDER つづき"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

減量&むさくない宣言

拙者、この度、思うところあり、減量ならびにむさくるしさの逓減に努めることを決意いたしましたので、ここに表明することにいたしたいと存じます。
当面、以下の点を励行したいと考えております。

1.減量のために適度な運動を毎日適度に行う
2.偏食の是正と午後10時以降の食物摂取を自粛
  (ただし飲酒は12時以降自粛)
3.あご・頬のひげを剃る(鼻の下のひげは短くし手入れを毎日行う)
4.髪の毛を少し短くする
5.朝、三食後、夜の入念な歯磨きを実施
6.睡眠時間を毎日5時間は最低確保することし、就寝前の風呂の時間を確保する
7.服装に配慮し、年齢・職業・社会的地位にふさわしいものになるよう自覚する
  以上につき、遵守することとし、いずれかに反した場合には相当のペナルティを覚悟することを認めます。
・・・という文書の提出をさる筋から求められているのですが署名しても法的に問題ないでしょうか?

・・・という相談を受けた場合の問題点と留意点について、依頼者の立場に立ったわかりやすいアドバイスでなければならないという前提を踏まえて、コメントしなさい。
(制限時間1時間:配点30点)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

NO BORDER・・・日清のCMに感銘

  ろじゃあとカップヌードルのお付き合いは長いです。前にも書いたかもしれませんが、小学生の時、近くの陸上自衛隊の中の少年剣道クラブで、土曜のお昼から剣道の稽古にいそしんでいたろじゃあは、練習の始まる前か、練習が終わった後、隊内の購買部の近くにあったカップヌードルの自動販売機(給湯設備つき)で当時発売されたばかり?のカップヌードルを食べるのがすごく贅沢な楽しみだった覚えがあります。
  それ以来、カップラーメンがいろいろ出てきてもろじゃあはあまり浮気せずカップヌードル一筋って感じです。
  もちろんカップめんに限らずインスタントラーメンにもうるさいのですが、これはまた別の機会にしましょう。
  ということで、今回はカップヌードルの最近のCMについて。
  ミスチルの桜井君の声が切なくも力強く歌い上げるカップヌードルのCMソング
space  大地の境目にカップヌードルがあって・・・
  いま世界が宗教を理由として対立が生まれている外形がある中で最初にあのコマーシャルを見たときは日清のカップヌードルのCMの担当者はうまくメッセージを入れ込んでいるなあと思っていた。そして選曲も声の説得力も桜井君を持ってきたところですごく効果的になったわけで。
でも、シリーズ化されたとしても今回のバージョンに連なる形になるとは思いもよらなかったのでありました。
  今回のこのシリーズの舞台は宇宙。

Continue reading "NO BORDER・・・日清のCMに感銘"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2005

いわゆる「日勤教育」といわゆる「パワハラ」

「日勤教育」で精神的苦痛 JR西社員らが提訴

訴状によると、原告の1人は、森ノ宮電車区の運転士だった2003年6月に一時停止位置を約2メートル行き過ぎ、71日間の日勤教育を課された。事情聴取で「何しとったんや」「勉強する気があんのか」と怒鳴られた後、会社への思いなどをテーマにしたリポートの作成を強いられた。
 別の1人は、非常停止の報告をした際に「無線用語にない言葉を用いた」との理由で1カ月間の日勤教育に。車両の天井ふきや扇風機掃除、花壇の草取りなどの作業を課せられた
これ前からろじゃあは思ってたことなんですけど、この手の類型って最近はいわゆる「パワハラ(=パワー・ハラスメント)」という類型で問題視されてる類型に該当するんじゃないかと思うんですけど。パワハラについては例えば、この辺を参照してみてください。
  人員整理とかリストラだなんだと社員を辞めさせるときに

Continue reading "いわゆる「日勤教育」といわゆる「パワハラ」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

銀行の窓口業務にまた障害?担当者かわいそうだなあ・・・(^^;):「消えるボールペン」詐欺

<詐欺>消えるボールペン使い2億円詐取 2人逮捕 警視庁

両容疑者は、ボールペンで1000円台の数字をあらかじめ書き込んだ同組合の払戻請求書を用意。組合の理事長の妻(36)に「間違って会社から管理組合の口座に入金してしまった」とうそを言って銀行印を押してもらい、その後、「¥」の部分を消しゴムで消し、数字を書き加えて900万円台の払戻請求書に変造していた。
  う~ん、これそんなにポピュラーなペンなんですかねえ。すんごい昔にろじゃあも黒のボールペンで消しゴムで消えるってやつが売られてたのを買った記憶がありますが(はるか昔の子供時代・・・って訳でもなく、中学か高校の頃だったのではないかと・・・・記憶が定かでなくなってるなあ・・・(^^;))、これ、結構、力入れて書かないといけなくて消した後も結構残ってたんですよね。
  でも、今回のはマンションの管理会社が管理組合から詐取ってことなんですけど、

Continue reading "銀行の窓口業務にまた障害?担当者かわいそうだなあ・・・(^^;):「消えるボールペン」詐欺"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

平成電電その後(横レスその2)・・・各紙の報道と申立ての根拠規定など

  んで、本日の新聞各紙の対応状況を確認してみました。
  Yahooで検索してネットで記事が出てるのが、朝日、讀賣、毎日と各紙とも採りあげてますね(以下、YahooNewsより)。
「平成電電」関連2社の出資者、財務検査を申し立て
平成電電 投資家が財務調査を申請
「平成電電」出資者が経営状況の検査許可を申請
  調査自体は、匿名組合に関する規定である商法の542条で匿名組合員に対して、合資会社についての有限責任社員の監視権についての規定である商法第153条が準用されているので、これに基づいて匿名組合員が営業年度の終いに於いて営業時間内に限り次の四角の中の請求が出来ることになり、且つ会社の業務及び財産の状況を検査することができるという規定に基づいて請求できることになってるわけであります。 

Continue reading "平成電電その後(横レスその2)・・・各紙の報道と申立ての根拠規定など"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平成電電その後(横レス)・・・出資者の方が申し立て

  夜の段階で形態のNHKの読み上げ版で確認していたのですが、被害者の方が資金集めにに問題があったのではないかということで東京地裁に業務内容や資産状況の調査を認めるよう求めて申し立てをしたとのこと。これ全国版の放送で読み上げるニュースの読み上げ版なんで昨日の夜には放送されたんですかね。ろじゃあのこのエントリーのリリースは自動リリースで昼間だと思いますが、今朝の朝刊各紙がどういう採り上げ方をするかが注目されます(夜中にエントリー書くのはやはり疲れる)。
  何回か書いているように、いろいろな報道を参考に考えると平成電電とシステムと設備が「法人格」が別であるとなかなかいいにくい状況にもなってきてるかもしれません。証券化のSPCとは異なり、いろんな要素を積み上げると場合によっては法人格否認の法理の問題とかそもそも資金集めは誰がやっていたのかとかの論点がまた検討される必要が出てくるかもしれません。
  地裁がどういう判断をするか次第のところもありますが、平成電電サイドもシステムや設備への出資者への疑問に対してはある程度のわかりやすさでさらに説明する必要がでてきているかもしれませんね。まあ、民事再生手続きに乗ってるわけですからその点については裁判所の方にも公の形で申し立て代理人の弁護士の先生から説明済みなのでしょうからそれを踏まえた説明になるのだとは思いますが。引き続きウォッチでございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

どっこい生きている・・・いい音出した我が愛器

  先日、地元でアマチュアのロック系(というかアンプラグドだけじゃないって感じ)のフェス(というか地域コンサートというのが正しいかも)がありまして、2回目の参加をいたしました。
  時間が20分で3曲ですのでまあかわいいもんですが(^^;)、相方がアコギでソロで一曲、相方のドラムとろじゃあのアコギでオリジナルを一曲(これは大失敗)、んで、ベースとリードギターに入ってもらって、年甲斐もなく久々に一曲だけばんどばんどしちゃいました。
  CREAMの「WHITE ROOM」をやったのですが、いや~DNAが呼び覚まされてしまったというか・・・仕事忙しいくせにまた昔を思い出しても少しやりたくなっちゃったってところであります。
  その際に、ろじゃあの出っ張ったおなかの前で音を搾り出してくれたのがしばらくホコリをかぶっていた我が愛器・・・レスポール・カスタムモデルのグレコ(GRECO)さんなのでありました。
  このギターとの付き合いは相当長いものがありまして・・・ろじゃあがバンドやってた頃は、高校生ですのでまだ自分でフェンダーだギブソンだと買うことなんざ夢のまた夢。バイトしてでもと思ってもいろいろ忙しくてそれも無理でございまして・・・んで、このグレコのレスポールカスタムをバンドやってた親戚の兄ちゃんから譲受けることになったのですね。
  グレコという会社は当時はバンドやってるおにいちゃんたちの間ではやっぱりまだまだ有名で、本家本元を買えない同志はたちはグレコかフェルナンデス(ストラトはこれ買ってたのが多かったなあ)をバイトして買うもんだったところがございます。
  ひょんなことでこれを譲受けるチャンスがあったのですが、

Continue reading "どっこい生きている・・・いい音出した我が愛器"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

取引銀行もリスク管理はしないといかんから・・・楽天保有TBSの担保差し入れ

YahooNewsTBS株の半分を担保に 楽天、新生銀などへ供出

楽天が取引銀行の新生銀行とあおぞら銀行に対し、取得したTBS株の半分弱に当たる1671万株を融資の担保として差し入れたことが、楽天が4日に関東財務局に提出した大量保有報告書で明らかになった。
 楽天はTBS株の取得に1110億円もの巨額資金を投じており、三井住友銀行など主力行以外にも資金調達先を広げるため、TBS株の担保供出を余儀なくされたとみられる。
  取引銀行としても自行の貸付債権のリスク管理を行わなければならない以上、一定の水準では今回のように担保の提供を要請せざるを得ないわけですな。金融検査マニュアルの世界で仕事してるんだからリスク管理は必須だものねえ。
 ということは、

Continue reading "取引銀行もリスク管理はしないといかんから・・・楽天保有TBSの担保差し入れ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平成電電その後(2)・・・日経報道をどうかんがえるか:取引先は審査をどうしてたんだろうか?

  備忘録的な平成電電その後の第二回ですが、11月2日の日経夕刊の記事はその週の週末にろじゃあはみることになりました。ちょっとびっくりです。
  いままで、記事があまり載らなかったのではないかと思うのですが、内容的には相当取材した上での記事なのではないかと思います。
  そのなかで、本体の平成電電について3期続けて「未監査」決算というタイトルが踊っています。
  確かに会計監査人から決算書類が正しいとのお墨付きが得られなかった場合も、株主総会で承認が得られれば法的には正式な決算になるとはいっても・・・・平成電電と継続的に取引を行っている様々な主体はこの事実をどのように評価していたのだろうか?という疑問が当然湧いてくるわけです。
  全国展開をしていたようですのでそれなりにいろいろな設備投資を行わなければいけないでしょうし、日常的な営業活動のために今回問題となった平成電電設備とかシステムからリースを受けていたもの以外の機器のリースとか継続的な購入契約とかまた融資金融機関は、

Continue reading "平成電電その後(2)・・・日経報道をどうかんがえるか:取引先は審査をどうしてたんだろうか?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

柔ちゃんといっしょになるわけか、ミキティも・・・対照的な実業団の受難

YahooNews安藤美姫、トヨタ入社へ=フィギュアスケート女子

フィギュアスケート女子で来年2月のトリノ五輪出場を目指す安藤美姫(17)=愛知・中京大中京高3年=が来春、トヨタ自動車に入社することが決まった。同社が9日、発表した。
  そうかあ、そういえば愛知県なんだよなあ。
  これで、トヨタのCMでサザンの曲に乗って舞うミキティが見れるかもしれないわけね(^^;)。
  ろじゃあ的には女子フィギュアは、ミキティよりももはや浅田真央ちゃんの方がご贔屓なんだけれども、ミキティもオリンピックではがんばって欲しいですねえ。
  ちなみに、同じスポーツでも、野球とかの実業団では企業サイドの事情で廃部とかがもはや当たり前になってきている状況はなんとかならないんすかねえ。今オフからの準支配下枠の制度についても報道によれば
不況などの影響で社会人野球のチーム数が大幅に減少。受け皿の確保、底辺の拡大はプロ、アマ球界共通の認識であり、それが今回の導入検討につながっている。
との事情もあるようで。
巨人 準支配下で平岡、横川を再雇用へ
  野球のノンプロに限らず、本業の不振とかの関係で何らかのリストラをせざるを得ず、

Continue reading "柔ちゃんといっしょになるわけか、ミキティも・・・対照的な実業団の受難"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 08, 2005

知りませんでした・・・ブライアン・メイと本田美奈子さんの接点

B・メイが本田美奈子.HPに追悼文「まだ若い…」

出会いは86年。和製マドンナと評された本田さんの歌声を知り、翌87年に「Crazy Nights」「Golden Days」の2曲を作詞作曲しレコーディングにも付き添った。「Golden-」はヨーロッパでも発売され、本田さんの世界デビューのきっかけになった。
  そうなんだ・・・すげえ。
  探してみましたさ。
  ありました、ブライアンメイのHP。http://brianmay.com/ねえ、そうかやっぱり名前でドメインとってるんだ。リンク貼ると怒られるかも?とか考えちまったのでご自分で打ち込んで飛んでみてください。
  ここのWhat’s Newのところをみてください
。**Mon 07 Nov 05**
BRI AND MINAKO, 1986
という文章と
**Sun 06 Nov 05**
SAD NEWS - MINAKO HONDA
という文章がエントリーされてます。
  ろじゃあは、恥ずかしいことに、

Continue reading "知りませんでした・・・ブライアン・メイと本田美奈子さんの接点"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

平成電電その後(1)・・・平成電電の件で10月24日号の金融財政事情に本格的な記事が

  平成電電の方の問題のフォローが遅れておりましたので、いくつか備忘録的に書いておこうと思います。
  ちょっと採りあげるのが遅くなっちまったのですが、金融財政事情の10月24日号に「平成電電破綻で匿名組合出資の投資家保護策欠如が露呈」という記名記事が載っております。
  いろんな点に配慮がなされており、現状での問題点を浮き彫りにしているように感じました。
  記事の特徴としては

1.平成電電の資金調達方法の特異性を指摘している
2.匿名組合契約と出資法との関係に言及しており、監査人等の専門家の関与の有無について言及している(実名入り)
3.平成電電設備と平成電電システムが単なる特別目的会社であると指摘している
4.匿名組合員の問題解決のための選択肢として平成電電設備と平成電電システムの倒産手続きの申し立て(債権者申し立て)の可能性について言及している
点ではないかと思います。
  これらの点のうち

Continue reading "平成電電その後(1)・・・平成電電の件で10月24日号の金融財政事情に本格的な記事が"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祈ることしかできない

お願いです
もう火は見たくありません
もう叫び声は聞きたくありません
もう振り上げられる拳を
もう恐怖の中で野生が呼び覚まされる様を
それぞれの立場の母親の視点で想像したくはありません

フランスで何が起きようとしているのでしょうか
もう起きていることすら恐ろしくて恐ろしくて
そんな臆病な人間が
この次に起こるかもしれないことを
想像したとおりに何かが起きるかもしれないこの状況

それぞれの世界の父は

Continue reading "祈ることしかできない"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロ野球球団二重保有問題をみる視点・・・M&Aコンサルティングとオリックスの関係は「実質支配関係」にあるのか?

横浜・峰岸社長怒り爆発 オーナー会議で二重保有問題先送りに不満
  オリックスがM&Aコンサルティング(以下村上ファンド)の株を45%保有していることについては、出資であるとオリックスサイドも発言しているように、保有しているのは事実のようで。
  さて、この場合、オリックスと村上ファンドの関係は現在の親子会社の考え方からするとどういうことになるんだろうかということが問題となるわけであります。その辺をちょっと婉曲的に書いたのが前回のエントリー「プロ野球協約と実質支配基準・・・市場ルール重視の当事者ほど実質支配基準で考えるのではないの?」だったんすけどね。
  ただ、実際にオリックスが支配関係にないといっているのであれば、この「支配関係にない」という部分については、現在の法的・会計的な枠組みの中でも「支配関係にない」という形で有価証券報告書なりなんなりに反映されているはずであります。完全連結はさすがにないでしょうが、持分法の適用会社になってたりするのであるなら実質支配基準に基づいた枠組みを遵守している以上、「単なる投資」だけではすまないような気がするんですけどねえ。
  実際には、従来の形式基準ではなく実質支配基準になりましたので、仮に本当にナベツネあたりが言うようにオリックスが45パーセントの村上ファンド株を保有しているのだとすると、次の基準を満たす場合は完全連結先に、また、少なくとも持分法の適用会社かどうかの判断においては、20%以上50%以下の場合にあたりますので無条件に持分法適用会社になるはずだとおもうのですが。この辺は、それこそ、磯崎さんあたりに聞いて頂いた方がいいということで。
  ちなみに、連結先かどうかの判断基準の中では、

Continue reading "プロ野球球団二重保有問題をみる視点・・・M&Aコンサルティングとオリックスの関係は「実質支配関係」にあるのか?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 07, 2005

ブログの更新が進まない(TT)

  ブログの更新が思うように進みません。
  先々週から先週末(というより昨日)にかけてのスケジュールが、語るのもバカらしくなるようなスケジュールだったのがその主要因です。シームレスというのはつらいですねえ。
  その間、プライベートのほうでも、年何回かのイベントなもんで、一日だけ、バンドでライブに出たりしたりしたもんですから(たった20分で3曲ですが)、はははっ・・・・って感じで移動中は何度か爆睡。
  ようやく本日で一日二日はひと段落というところなのですが、こう季節要因の仕事が集中して他の仕事と同時並行になるとはっきりいって「閉口」であります。とにかく酒が飲めないくらいきついというのは願い下げなんですけどねえ(^^;)。
  いずれにしろ明日かあさってあたりから原隊復帰できればと目論んでおりますがどうなることやら・・・。
  それにもかかわらず旧稿を読んでくださったり、トラックバックやコメントつけてくださりありがとうございます。皆様方に支えられてるろじゃあでございます。
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミス・サイゴンの死・・・合掌:本田美奈子さん

  ろじゃあたちが赤い疑惑で山口百恵さんに注目した大きな要因には再生不良性貧血=不治の病という恐ろしさとそれによる悲劇性がドラマの中に織り込まれていたことが大きかったと思う。それほど、当時の僕らにとっては怖い病気であり、罹ってしまうと死を覚悟しなければならないのかと子供心にいろいろ考えたものである。
  時は過ぎ、白血病自体は決して「治ることのない病」ではなくなってきている気になっていた。何人もの人が病を克服していると聞いていたからだ。渡辺謙さんだってそうだものね、確か。
  だから、本田美奈子さんが白血病でレ・ミゼラブルを降板と聞いても治療すればカンバックしてくるのだろうという頭でいた。でも・・・そうでもなかったということなんだなあ。
  アイドルからこの人は演劇の世界・ミュージカルの世界へとうまく移行することに成功した才能ある人なのだろうと思う。ろじゃあはアイドルの頃のお顔よりもその後の舞台での彼女のお顔の方が好きでありました。
  38歳は・・・でも、若いよね。
  合掌である。

38歳の悲報に南野陽子ら絶句

| | Comments (2) | TrackBack (3)

November 04, 2005

えっ?上野止まりの上越新幹線?

先日、ある件で新潟から東京方面の上越新幹線に乗ったと思いなせぇ。
すごく急いでいて、直近の東京行きが禁煙も喫煙も満席。しかたなくグリーンをとってホームに急いだんだわ。んでホームを確認しようと電光掲示板みたら一本早いのが出てるじゃないの。おかしいなあ・・・カード用販売機のリストには出てこなかった新幹線だぞと思ったら行き先が・・・上野行きになってるわけ。
なに〜?上野行き?
こっちは慣れないもんだから時刻はカード用販売機のリストまかせ、そもそも上越新幹線って東京行きしかないだろって頭でいるからはなから頭に浮かんでこないわけよ。
でも不親切だよなあ。
東京方面にもどる人間からすると上野で降りようと東京で降りようとどっちもどっち、目的地によっては上野で降りたほうが早い場所もあるわけで。
いくら新幹線を降りる駅の選択画面で東京って押させたからって発券画面では都区内えらばせんだから、選択肢にリストアップするぐらいはしてくれてもいいような気がするんだけどなぁ。
おまけにクリーン車向う途中で

Continue reading "えっ?上野止まりの上越新幹線?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ハイアットリージェンシーが一時的になくなる?・・・香港不動産市場はいまどうなのかなあ?よき香港は残して欲しいなあ

  香港の大学や金融関係の事業者への調査に赴くときにはいくつかのホテルを利用することになるわけですが、最近耳にした残念な情報をひとつ。
  九龍地区のネイザンロード周辺の交通至便なところにある老舗?ホテルのハイアットリージェンシーが今年の末をめどに現在の場所からなくなり、別の場所で営業を開始するとのこと(客室の支配人さんからのアンケート要用紙にもこの件は言及されてるみたいですね)。ただ、あまり詳しいことはわからないのですが、営業再開は同じ地区のなかの近くの別の場所になるのではないか・・・。
  残念ですねえ、ホント。
  あの辺は、香港島のエリアのJWマリオットやコンラッド、アイランドシャングリアあたりの高めのホテルには泊まれないよねえ・・・という人間にとっては、とりあえずペニンシュラがすぐ近くにあるし、出入自由だし(^^;)、ギャラリアが近くだし、女人街にも近いし、スターフェリーに乗れば「香港だなあ」って感じを楽しみながらたった5分程度で(しかも片道1.7HK$で)香港島の方のビジネス街に赴けるし・・・・と結構ポイントが高い割には価格的にお値打ちなホテルが多く、その中では安い割にはなんかなつかしい感じのいい高級ホテルって感じなのがハイアットリージェンシーの印象だったわけで。
  第一、あそこの2階(3階?)の中国料理のおいしいことったらない訳で(割安だしね。良心的良心的)。
  ホント、どういういきさつなのかは別にして、一時的にもあそこの場所からなくなるというのがすごく惜しい気がいたすろじゃあなのでありました。
  なんせ、建物内部

Continue reading "ハイアットリージェンシーが一時的になくなる?・・・香港不動産市場はいまどうなのかなあ?よき香港は残して欲しいなあ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

「透明な世界」の先にあったもの・・・ジャンボ尾崎選手の民事再生に思う

  ろじゃあは、なんとなく、今回のジャンボ尾崎選手の民事再生のお話を読んでいて、なんともいえない気分になってしまったのであります。
  ジャンボ尾崎選手といえば、日本のプロゴルフ界においてすばらしい実績を残してきた巨星であり、永久シード権を持つ輝く星であると認識しておった次第です。ところが、獲得賞金ベースで見るとここ数年は非常に残念な状況になっていたとのこと。キャッシュフローが確保できなくなれば負債についても対応が難しくなるのは必定・・・というのが常識の世界の話なのでしょう。
  しかし、・・・10数年前までは、こういう話がある場合については、何らかの形で「タニマチ」とは言わずとも、これだけの巨星については「スポンサー」が現れかつ存在し続けるというのが普通だったのではないかと思います。法人の場合もあるでしょうし個人の場合もあるでしょう。今回の話にいたるまでにもブリジストンとのスポンサー契約の終了(解約?)のお話とかいろいろないきさつもあるのでしょう。
  それにしても、これだけの人物が民事再生を申請せざるを得なくなるという世の中・・・・。これが

Continue reading "「透明な世界」の先にあったもの・・・ジャンボ尾崎選手の民事再生に思う"

| | Comments (0) | TrackBack (4)

November 01, 2005

プロ野球協約と実質支配基準・・・市場ルール重視の当事者ほど実質支配基準で考えるのではないの?

  楽天によるTBS株保有の関係で、楽天がベイスターズとの関係で協約上保有の問題が出てきているとの報道がなされているようであるが、楽天サイドは、明確な基準がないとの立場で、保有は問題ないと考えているようである。
  ただ、市場のルールの中で市場の恩恵を受けてきた当事者ほど、今回の球団の複数保有の問題での親会社の株式保有については、市場のルールとしての昨今の実質支配基準に基づく企業グループの考え方で対応するのが筋というものではなかろうか。
  この点については、ナベツネがオリックスと村上ファンドの関係について問題があると発言しているようであるが、実質支配基準に照らして支配関係があるような状態が客観的にもうかがわれるのであるとすれば、投資目的かどうかという単一の視点だけではなく、筋論としてナベツネに軍配があがる可能性もあるのではないかと考えるがいかがか。
  市場のルールで快進撃を進めるのはよいが、その場合は他の場面で市場ルールで考えるべき問題が出てきたときも市場ルールに従った判断をするべきであり、少なくともチェリーピッキングと非難され得るような誤解を与えかねない姿勢はとらない方がいいとおもうんだけどねえ。

| | Comments (2)

« October 2005 | Main | December 2005 »