« 民生ぉ~行きたかったぜ(TT)・・・陽水&民生ライブ! | Main | 構造計算書偽造の件と税務 »

November 18, 2005

やっぱり不安だろうなあ・・・耐震構造計算書偽造の件

YahooNews<構造計算書偽造>住民に広がる不安 ホテルは営業中止

千葉県市川市の姉歯(あねは)建築設計事務所による構造計算書偽造問題で、耐震性に不安があることが判明した各地のマンションの住民には、不安の声が広がった。一方、該当するホテルは営業中止に追い込まれた。国交省は、偽造を見抜けなかった事態を重視して、検査方法強化の検討に入った
  ホテルは東京都中央区のホテルとのことですが、営業中止に追い込まれたというのは・・・まあサービスを提供する側からすると致し方ないですね。誰に対してこの落とし前をつけてもらうよう法的請求を行うかですね。この事務所だけでは話はとどまりませんな、これは。しっかし、民間の分譲マンションの所有者はやってられないだろうなあ・・・。夫婦でどの物件にするかとかで意見対立とかあったりしたり思い入れがあったりしたらなおさらややこしいことにもなりかねないでしょうし。
  ちなみに、国土交通省による見解が出てました。
姉歯(あねは)建築設計事務所による構造計算書の偽造とその対応について
 この中に次のような記述が。

これらの21件のうち14件については、偽造された構造計算が、設計者等によるチェック、指定確認検査機関の確認検査段階、施工段階に是正されず、そのまま竣工している懸念があります。
とのことです。   下請あるいは孫請としてこの事務所が仕事をしていたということですな。ちなみにこのリリースで確認できたのですが、受け皿の検討を要請してるのは自治体ではなく
該当物件の所在する東京都、千葉県、神奈川県の公営住宅等、都市再生機構住宅の活用について要請(17日)
ということです。   民間確認検査機関の資格要件とか業務の適正な確保のための枠組みがどうだったのかという点まで議論が波及するかもしれませんね。 <ニセ耐震>書類偽造の手口は単純 国交省幹部もあきれるこの記事によれば、
こうした検査はそれまでは自治体の建築主事が行ってきた。しかし、95年の阪神大震災以降、自治体は違法建築物の指導に力を注ぐべきだとの声が強まったため、98年の建築基準法改正で99年から民間にも検査が任され、自治体の仕事は大きく減った。民間確認検査機関は現在全国で、財団法人や株式会社など約120あり、6割程度の検査を担っているという。
とのことです。民営化も民間でやれることは民間でという方向性も結構なのですが、業務の適正の確保が伴わないと結局官から民へのリスク移転という批判を受けてしまいかねないわけで。この点、業務の適正確保の施策が早急に検討されるというのは意味があることだと思います。 その他の記事もご参照を。 建築事務所が耐震強度を偽造…マンションなど21棟

|

« 民生ぉ~行きたかったぜ(TT)・・・陽水&民生ライブ! | Main | 構造計算書偽造の件と税務 »

Comments

この問題を考えると、家という資産についてますます疑問を感じる。

耐震構造とか考える前に、今の時代、本当に家を持つということにどれほどの資産価値があるんだろう。

例えば、20、30代で老後を見据えて買う人がいるが、その年齢で欲しい家と20年後に住みたい家は、大きく異なっていると思う。
バリアフリーの考え方も手法も進歩しているだろうし、第一暮らしを取り巻くインフラはぜんぜん違っているだろう。

例えば、今はまだ老夫婦だけに貸す賃貸物件は少なくても、老人がマスマーケットにならざるを得ない時代になれば、いくらでも老人一人でも貸してくれる物件はわんさとあるだろう。
そうしなければ、商売にならない。

低金利といってもローンを組めば、本来の価格の少なくとも1.5倍の金額を払い込むことになる。

家を持つことで様々な行動が制約される気もする。
そんなに無理して買うものなのだろうか。

Posted by: まもる | November 29, 2005 02:08 AM

まもるさんへ
コメントありがとうございます。
ろじゃあは滅多に本のタイトルは忘れないのですが、最近歳のせいかタイトルを失念している本がありまして、その本を読んでからマンション購入は選択肢からなくなりました。
といってもいわゆるハウツー本ではなく、清水一行さんの小説だったと思います。
ライフサイクルにあわせて「住」を考える余裕があればよいのですが、僕らの世代は皆、就職も財テクも教育も住宅もなんでも何らかの「迫られ」感(強迫観念とはまたちょっとちがうんですけどね)が、あったように思います。
今回の問題のマンションは100平米以上の広め高級仕様で高額のものが結構あるようですが、親御さんが僕らの世代の場合と購入者が僕らの世代の両方ありそうです。
「二世代同居マンション」とか「孫が来ても大丈夫なマンション」とか考えてた方もおられるかもしれませんね。
だからこそ、そんなに安くはないと考えるところからはじめられたかどうか。
そんなに無理して買うものなのか・・・
そう思う方々にはそれなりの思いがあるものなんですよ。
これはある意味理屈で説明できる問題ではないのかもしれません。
日本人は極端なところもあります。
リスクに弱いのです。
今までは、購入者の方々が高額物件の販売業者に対して性善説基調の方が多かったのかもしれませんが、高級な物件ほど業者を選ぶ必要性というのが今後過剰に浸透する可能性があるかもしれません。
また遊びに来てくださいね。

Posted by: ろじゃあ | November 29, 2005 02:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やっぱり不安だろうなあ・・・耐震構造計算書偽造の件:

» イーホームズ、偽造構造計算書を承認 [東急リバブル東急不動産被害者の会]
イーホームズ株式会社は姉歯建築設計事務所による耐震強度偽装構造計算書を承認した検査機関である。 姉歯建築設計事務所による偽造物件21棟のうち20棟はイーホームズ株式会社が建築確認を代行した。 「姉歯建築設計事務所」(千葉県市川市)は下請け等で建物の構造計算を行ったが、耐震に関するプログラムを意図的に変更し、強度などが低くなるよう設定したとされる。 姉歯建築設計事務所が提出した計算書は、強度が基準を満たしている場合に印字される「認定番号」がない等、極めて杜撰なものであった。 計算書提出の際には... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 10:04 PM

» どうしてわからなかったのか、ずさん設計 [鉄人ママの社長ブログ]
国土交通省が17日、東京、千葉、神奈川の3都県のマンション20棟と ホテル1棟の計21棟で、建築確認の際に設計事務所が偽造した書類が使われ、 耐震性に問題が生じていることを明らかにしたニュースのことは昨日もお伝えしました。 ... [Read More]

Tracked on November 19, 2005 05:00 PM

« 民生ぉ~行きたかったぜ(TT)・・・陽水&民生ライブ! | Main | 構造計算書偽造の件と税務 »