« ホンダさんのアシモがすごいなあ(^^;) | Main | 耐震偽装証人喚問(1)・・・先方は法令違反の認識あったとの見解 »

December 13, 2005

今回の強制決済の根拠と価格の妥当性への異論?・・・津地裁昭和26年4月18日判決(下級裁判所民事裁判例集第2巻4号530号以下)を飛ばし読み(^^;)

お上が裁定したことだから今回の価格で何とか収まるんだろう・・・と思ってたんですが、結構もめてるんですか?ひょっとして?
ろじゃあが参照したのは、
ジェイコムの誤発注問題、渡すべきだった株券は9万6236株。強制決済の根拠も
ジェイコム株決済価格「91万2000円」は妥当な決済価格か、異論の声続出。「公募の1.5倍弱」の根拠はどこに?
というエントリーですが、SankeiWeb株誤発注 決済価格は「幻の初値」 個人投資家にも強制力という記事の中の次の部分を引用されてます。

--投資家から不満は出ないのか
 「機構は『決済条件の変更は証券会社だけでなく投資家にも及ぶとした26年4月の津地裁判決』を、個人投資家にも現金決済を強制できる根拠としている。しかし、決済価格が低いとの不満や、現金よりも株券を欲しいとの声が出ることも予想される。誤発注の再発防止策はもちろんだが、投資家に対する公平性の確保や決済機能維持のための手段についても、より透明なルール作りが課題になる」

早速SankeiWebさんに行ってみたところ確かにこの記述がありました。
でも、ここで言及されてる判決って普通の人じゃこれだけじゃ調べられないじゃんねえ(^^;)。
んで、証券クリアリング機構のHPに行ってみました(ちなみに機構って株式会社なんすか?)。
こで出てきたのがニュースのところにある次のようなpdfファイルです。
ジェイコム株式に係る決済条件の改定について
これ読んでみたんですけど、どこにもこの「26年の津地裁判決」って出てこないんですよ。
んでしょうがないから判例調べてみますた。
ここで言ってる判決は
津地裁昭和26年4月18日判決(下級裁判所民事裁判例集第2巻4号530号以下)
のことだと思います。
ろじゃあ、ちょっと読んでみたのですが・・・・ようく読んでみないとなんともいえないんですけど

、これ、今回の決済の根拠にするのに妥当な判決なんでしょうかねえ?ろじゃあにはようわからんでした。
確かに

従来の解合においては特段の事情のない限りその効果が委託者にも及ぶものと解すべきが妥当であり而も委託者はかかる事態の生じうることを当初から予想して委託をしたものと認められるし、且つ解合なるものが非常応急の措置なることに鑑みれば委託者の承諾なくして解合をすることができると考うべきであろう
とは言ってるんですけど、この事案の解決に際しては、この原則論にのみ従って処理してる案件ではありません。それに上記記述の「従来の」というのが実はミソなのではないかと・・・。
というのは、事案が非上場証券の場外取引についての相当特殊な事案だったようですので「ケースの違いがあるのでは?」という問題もありますが、この事案自体、判旨の中にあるように、「連合国総司令部の係官とも折衝を行った」なんてくだりがあるようにまだGHQ(連合国総司令部ね)が絡んでた頃のお話なんですよ(^^;)。
しかも、この当時の証券取引委員会が問題となってた旭硝子株式の解合値を514円とする協定案を提示しているのはしているのですが、同時に
全国証券業協会会長に対し元来有価証券の売買について売買当事者が履行の責を回避し、解合によってこれが決済をなすが如き風習は我国における証券取引の悪習であって、新しい証券取引法施行下において、なおかかる悪習の存することは甚だ遺憾とするところであるが・・・今回を最後の解合とし今後かかる不祥事の絶無を期せられたき旨の通牒を発する共になお本仲介案は仲介の当事者たる証券業者に対する勧告であって必ずしもその顧客を拘束するものではないことを表明したことが認められる
と事実認定してる箇所があるのですね。
こんなことを考えると、今回みたいな件についてこの判決の立場を根拠として・・・といわれてもちょっと???なんじゃないかなあと。
ただ、現状ではなんとも・・・というのは上で見たように機構のコメントにはこの判決への言及はまったくないようですので、このことを言っても機構は困るでしょう(^^;)。
どうも情報が混乱してるのかも知れませんねえ。
一応えらいスピードで現状で調べた(というか読み飛ばした)ところを皆様方にということで。
いい加減な読み方だと困りますので皆さんは一応ご自分でちゃんと判決のほうご吟味くださいまし。
・・・すいません中途半端な書きぶりで。

|

« ホンダさんのアシモがすごいなあ(^^;) | Main | 耐震偽装証人喚問(1)・・・先方は法令違反の認識あったとの見解 »

Comments

事実関係を今ひとつ認識していないので、的外れかもしれませんが、ろじゃあさんからの発破?に応えて、ちょっと考えてみました^^
この強制決済を含めて、何かもやもやするんですよねぇ・・・

Posted by: 47th | December 14, 2005 07:43 AM

47thさんへ
どうもコメントありがとうございます。
参照されてるのではないかという判決読んでも、「解合」についての案件でいわば「一斉ちゃら」の案件なわけで・・・今回のように「一斉値づけ」と正反対のことが一応前提になってるんですよね。
47thさんおっしゃるように相当もやもやですよ。
あと約91万の妥当性についてはGarbagenews.comを見てみてください。
とりいそぎ

Posted by: ろじゃあ | December 14, 2005 09:38 AM

初めてこのページを見させてもらいました。突然なんですがこの昭和26年の津地裁の判例はどこを探せば見つかるのでしょうか??

Posted by: momo | December 19, 2005 05:29 PM

momoさんへ
えっと、大学の法学部の図書室とかには下級審判例集はあると思うんですけど・・・あとは企業の法務部とかで判例検索のデータベースとか契約があればそちらから検索すれば簡単に出てくるんですけどねえ・・・あとは兜町界隈でお仕事されてるとかだと茅場町の東京証券会館の図書室とかで聞いてみるとなんか教えてくれるかもしれませんねえ。国会図書館には絶対ありますけど。
これでは、お役に立ってないかもね(^^;)
またいらしてください。

Posted by: ろじゃあ | December 20, 2005 04:10 AM

さっそく返事をいただいてありがとうございます!!頑張ってさがしてみます。また来させてもらいます(^^)

Posted by: momo | December 20, 2005 11:49 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今回の強制決済の根拠と価格の妥当性への異論?・・・津地裁昭和26年4月18日判決(下級裁判所民事裁判例集第2巻4号530号以下)を飛ばし読み(^^;):

» ジェイコムの誤発注問題、渡すべきだった株券は9万6236株。強制決済の根拠も [Garbagenews.com]
【Sankei Web】にて一連の誤発注問題に関するタイムチャートが掲載された。それと共に、「解け合い」(強制決済)に関する一問一答式の説明も掲載され、いくつかの疑問解消の手助けとなる記載が見受けられ...... [Read More]

Tracked on December 13, 2005 09:43 PM

» 証券市場の公正と信頼? [ふぉーりん・あとにーの憂鬱]
とりあえずIn-Classのテスト2つが終わりました。 久々の「テスト」は結構疲れます・・・実は、こういう「テスト」の類は、「出題者の意図は何だろう?」とかいう邪念が入り込むので苦手です(- -)・・・そんな余計なことを考えない、まっすぐな人間ならよかった・・・ まあ、でも、終わったからいいや。 ただし、まだ、Take-Homeという持ち帰りの試験が残っています。Antitrustの方は、問題文...... [Read More]

Tracked on December 14, 2005 07:33 AM

» みずほ証券ジェイコム誤発注事件、解け合いの法的根拠は…… [Garbagenews.com]
解け合いの決済も済み、事件は「一応」終息に向いつつある、【みずほ証券】による【ジェイコム(2462)】株式誤発注事件。ホルダーでもない当方(不破)がいつまで追いかけているのも問題だが、先日の記事で気に...... [Read More]

Tracked on December 14, 2005 11:03 AM

« ホンダさんのアシモがすごいなあ(^^;) | Main | 耐震偽装証人喚問(1)・・・先方は法令違反の認識あったとの見解 »