« 民生さん!ミカバンドにカエラちゃん取られてどうすんの?(^^;)・・・木村カエラちゃん中心に三世代ライブもありか? | Main | ちょいネタ遅れですが、投資事業組合だけでなくSPCもですと(^^;)・・・SPC等について実質支配基準明確にとのこと »

January 30, 2006

実行に移したということなんですね・・・ヒューザーが18自治体に賠償請求

YahooNewsヒューザーが賠償求め提訴=18自治体に139億円請求-耐震強度偽装・東京地裁

耐震強度偽装事件で、強度不足のマンションの建築主ヒューザーが30日、耐震計算書偽造を見抜けなかったとして、東京、神奈川、埼玉、千葉の4都県にある17市区と都を相手取り、総額139億円の国家賠償訴訟を東京地裁に起こした。同事件で行政を相手取った提訴は初めて。
  実際にやったということですね。
さんざんマスコミに叩かれた中で、本社の移転を行いコストを削減、そして国家賠償法により賠償請求して・・・うん、何もしないよりはいいでしょう。
筋も通しているということなんでしょう。
こっから先、実際にどうやって問題を解決していくのか・・・。
とにかく破産の申立てをされてしまうと身動きが取れなくなるのは確かでしょう。
被害者の方々にとっても破産をヒューザーから破産を申し立てられるか他のマンションの方々から破産の申し立てをされてしまうとこれも困ることになる可能性がある訳で・・・。
だからろじゃあは、早いうちからこの処理自体を全体的にどこかが主導でやらないと結局マンションの住人が困るといってたんですけどねえ。
まあ、救いなのは

現状ではさすがにヒューザーの取引金融機関は「引き金」を引けないだろうということ。
これでメインバンクが信用不安を惹起したり他の取引銀行が引き金引いたりしたら・・・マンションの住人の方々はそれこそ・・・抜け駆けするんか!ってことになるでしょうし、実務面でもヒューザーに建替えや補償についての主導権がなくなりますので(正確にいうと法的倒産手続きに移ることにより管財人の管理下での動きしかとっれなくなりますので)、マンションによっては建替えスキーム自体が実現不可能になる可能性もあり、そうするとマンション購入資金を借りた銀行との関係で厄介なことが出てくることになってしまうわけで(一応、支払については、一時的に猶予されているわけですが)。
建替えにより分譲戸数を増やしてそれを分譲した分からのキャッシュをうまく使うという仕組みを横断的に管理する必要があるように思うんですけどねえ。
住人の方々のためにもがんばっていただかないと・・・。

|

« 民生さん!ミカバンドにカエラちゃん取られてどうすんの?(^^;)・・・木村カエラちゃん中心に三世代ライブもありか? | Main | ちょいネタ遅れですが、投資事業組合だけでなくSPCもですと(^^;)・・・SPC等について実質支配基準明確にとのこと »

Comments

いつも拝見させていただいております。大変勉強になっております。

今回の訴訟、個人的にはもっと早いタイミングで起こすのではないかと思っていました。損害額の確定に多少時間がかかったのかも知れませんが、ヒューザーとしては当然の動きなのかなと思っております。

ただ、もう少しヒューザーに買い戻しの体力があれば「買戻し」とこの「損賠請求」との同時進行を行うことで、全く悪役にならずに済んだんじゃないかな・・・という気がしています。

また、今後イーホームズにも訴訟を起こす構えのようですが、この取り扱い(公の業務を行っている民間企業に対する訴訟)にも興味を魅かれます。

一番の被害者である住民の皆様のためにも、出来るだけ早く審理が済めば良いと思っています。(この手の訴訟の場合、通常どれくらいかかるものなのでしょうか?)

Posted by: Swind | January 30, 2006 10:07 PM

Swindさんへ
いらっしゃいまし。
う~ん、いろいろなしがらみというか世論とか役所とかの関係があるので実際には手順的にこのタイミングが精一杯だったのかもしれませんねえ。
最近では行政訴訟自体も手続き的に早くはなってきてると思うんですけど、やっぱり結構時間はかかるでしょうねえ。その間のつなぎをどうするかがやっぱり重要だと思うんすけど、自治体を敵に回す分、やっぱり行司役のなり手が・・・(TT)。
法的倒産手続きで管財人等ががんばって損害賠償をあらゆる関係者に要求していく手法もあるでしょうが・・・大口の担保持ってる人たちにまず行っちゃいますしねえ(破産法の場合)。会社更生と民事再生は再生の社会的有用性と可能性が必要なりますしねえ・・・現状では生き続けていただかないと・・・この辺はtoshiさんの以前のエントリーも参照してみてくださいませ。
また遊び来てください。

Posted by: ろじゃあ | January 31, 2006 01:48 AM

銀行さんから、メインバンクを務める先の企業に
対する債権回収・保全等の相談を受けたり、意見書
を求められたりする際に、結構「管財人リスク」と
いう言葉は使われますね(笑)。

裁判所が選んだ管財人がしっかりした方だと良いの
ですが、(金融村にいる弁護士から見ると)倒産村
の先生は、「荒く」見える方が多いので。

Posted by: go | January 31, 2006 09:25 AM

goさんへ
「管財人リスク」ですか・・・ははは、ろじゃあの知ってる先生が何人かくしゃみしてそうでございます(^^;)。
ここ10年のもろもろの手続きで、管財人の先生も特需が生じたと共に大変な思いをされてる方々(中には国のためと思って尽力され戦死された先生もおります。その先生は間違いなく「殉職」だとろじゃあは思ってます)もおられる訳で、仕事の性格上(更生法の場合は、大口債権者である金融機関の分が大幅にカットされがちですものねえ)どうしても金融村からの評価はきつめになるかもしれませんよね。
証券化案件については、案件によりますけど、「当初想定されてたよりは」理解がある先生が増えたと思いますよ(^^;)。
またコメントよろしくおねがいしまふ。

Posted by: ろじゃあ | January 31, 2006 12:41 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 実行に移したということなんですね・・・ヒューザーが18自治体に賠償請求:

» 訴訟:ヒューザーに勝ち目はあるのか? [コンサルタントのネタモト帳+(プラス)]
報道から若干タイムラグがありましたが、今日はヒューザーの訴訟について。先日の報道の通り、ヒューザーが自治体に対して損害賠償請求を起こしています。 ●耐震偽造 ヒューザーが18自治体に139億円賠償提訴 報道によれば、ヒューザー側の訴訟内容は「国家賠償法に基づく賠償請求」であるとのことです。訴状の内容まで明らかにはされていませんが、「18自治体は、建築確認や完了検査で、構造計算書の改ざんを見逃し... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 12:03 AM

« 民生さん!ミカバンドにカエラちゃん取られてどうすんの?(^^;)・・・木村カエラちゃん中心に三世代ライブもありか? | Main | ちょいネタ遅れですが、投資事業組合だけでなくSPCもですと(^^;)・・・SPC等について実質支配基準明確にとのこと »