« January 2006 | Main | March 2006 »

February 27, 2006

木村カエラちゃんとサディスティックミカバンドCMこれね(^^)

このエントリーは公開時刻自動設定機能でエントリーしています。

「屋外ライブ編」Making Storyとビデオじゃ
カエラちゃん馴染んじゃってますねえ(^^;)。
しかし、相変わらず高中さんと高橋ユキヒロさんは年齢を感じさせませんなあ・・・。
ちゅうか、おもいっきし年齢感じちゃう加藤和彦さんなんですが・・・すげ、かっこいいじゃないっすか。
レスポールカスタム(当然黒)にトレモロのブリッジつけて黒のジャケットでまあ・・・ちょいワルのオヤジの雰囲気まで醸し出してしまって・・・30秒バージョンの中でカットバックで昔のセピア色(?単なる白黒?)の写真が挟み込まれるんだけど、ロンドン?と思しき広場で長めのコート引っ掛けて両手をポケットに突っ込んだ若き日の加藤和彦さんがトッポい感じでちょい跳ねてるのが見れるんだけど昔もカッコよかったんだなあ。
でも、ろじゃあの回りにも結構おるんですが、チョイワルオヤジ系のおじさんたちが若い姉ちゃんをどこから引っ張って来るんだかわかんないんだけどボーカルに引っ張ってきて懐かしめの曲とそのお姉ちゃんの同時代の曲をバンドでやるってモデルはちょいと前から確立しているところがありまして・・・。
これが結構うまく行くんだよねえ・・・。
不思議な世の中になったものでございます。
ところでなぜか小原礼さんについては

Continue reading "木村カエラちゃんとサディスティックミカバンドCMこれね(^^)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

真珠商法:買取特約はねえ・・・(^^;)

YahooNews真珠商法:被害者拡大、県内100人超か 弁護団、救済へ /宮城

「養殖真珠の売買」と称した投資話による被害が広がっている。被害者は県内だけで100人を超えるとみられ、仙台弁護士会所属の8人が弁護団(団長・高橋春男弁護士)を結成、クレジット契約の無効確認など被害者救済に乗り出した。
 弁護団によると、投資話を持ちかけたのは、愛媛県愛南町の真珠養殖業者「キュート」と、甲府市の販売代理店「ミネバラ山梨」。
 両社は02年ごろから顧客にクレジット契約を結ばせ、100万円の養殖真珠を販売する手口で売り上げを伸ばした。販売時には「毎月数万円ずつ金を振り込む」「1年6カ月後に販売額の2割増で真珠を買い戻す」などと説明していたが、昨年6月に一方的に振り込みを停止。買い戻しにも応じなくなったという。
う~ん、どうしてこんな商法が出てくるんでしょうねえ。
クレジット会社の加盟店担当者は、

Continue reading "真珠商法:買取特約はねえ・・・(^^;)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 26, 2006

井上陽水の「人生が二度あれば」を歌う

・・・というか、歌ってきました、人様の前で。
親父の具合が悪いので3ヶ月に一回程度の定例の休日のライブ(それほど大げさなもんでもないんですけど。ご近所ですから)は無理だろうと思ってたのですが、いたたまれない心情をどうにかしたくて敢えて予定通り数曲歌った次第です。
不思議なことが起こりました。
井上陽水の「人生が二度あれば」という歌は、人様の前では絶対歌えないNG曲なのですが(途中で、しかも相当早い段階で涙で声が詰まってしまってそれから先歌えなくなるため)、今回は最後まで泣かずに歌いとおすことができたのでございます。
親父のことを考えれば考えるほど、仕事に追われて家族のために年老いて苦労してきた父というのは・・・父の人生というのは何のためにあったのだろうか・・・ということをここんとこ考え続けていたのですが、人は不思議なもので、悲しいことが悲しすぎると深い悩みが深すぎるとこのぐらいの曲の涙腺刺激度では泣けなくなるのかもしれません。
思いっきり、それこそここ数年のろじゃあの歌い方からすると相当思い切り歌うことができて、他の曲も比較的スムーズに歌うことができ、出番が終わった直後、いい意味で「さっぱり」してしまいました。
でも、やれやれと酒を飲もうとしたら・・・やっぱりいきなり涙が止まらなくなってしまって人目もはばからずその場で手で一生懸命涙を拭うはめになってしまいました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ファイナンス法大全(アップデート)がやってきた

1291
商事法務から出てる「ファイナンス法大全(アップデート)」が手元に。
ファイナンス法大全の(上)と(下)を大学の授業のテキストに指定するのは相当度胸が要るところがあると某大学の先生にお聞きしたことがありますが(^^;)、まあ確かにね。
上下で2万円弱ですので通常の選択科目かなんかでテキスト指定すると確かに学生は怒るかとらないかいずれの現象をも派生させる可能性が極めて高いだろうというのはようわかりますわ。学部ベースでは、指定しても参考書でしょうな。
これにアップデート版が加わるというのでどの程度の厚さになるのか楽しみにしてたのですが、予想にたがわぬ・・・厚さで感動もんでございます。
それだけでなく、内容的にも充実度はアップしておりまして、少なくとも大学院修士あるいはロースクールで用いるにはこれぐらいの内容は必要だよなあ・・・というレベルは十分維持されているのではなかろうかと思います。
しかし、これ3冊ともテキストに指定すると結構学生の立場としてはしんどいことになるのも事実で。
重さのせいで、手首が腱鞘炎になる可能性はあるでしょうし、慢性的な腰痛、膝痛、肩こりが併発されることが想定されます(^^;)。
しかしながらそういう問題が仮にあるにしてもそのデメリットをはるかに凌駕する

Continue reading "ファイナンス法大全(アップデート)がやってきた"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 25, 2006

ノッポさんがしゃべってる(@_@;)

ゴン太くんも出てる(@_@;)。
「TVスクール」って番組かぁ。
高見映さんがゲストに出てるのね。
でも懐かしの工作の再演・・・しゃべってるとなんかやっぱり違和感が。いい意味の違和感ですが(^-^)。
でもやさしいしゃべり方だね。
麻木久仁子さん喜んでますなぁ。
あああああ〜あっ(@_@;)。
ビデオテープ、テープ・・・あ〜間に合わなかった(T_T)。
「あ〜しゃべっちゃった」
って話したんだぁ・・・録画できなかったが、リアルタイムで見れなかった最終回が見れた(@_@;)。
しかし、ホントに子供好きなんだなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 24, 2006

知りませんでした・・・スタバにて

ろじゃあはコーヒーが大好きです。
出先でコーヒーが飲みたくなるとどうしてもスタバを探します。
禁煙というせいもありますが、結構落ち着くからです。
「今日のコーヒー」をよく飲みます。
そして・・・結構お代わりもします。
某日某所のスタバで初めて知ったのですが・・・

マグカップでコーヒー店内で飲んでておかわりお願いすると
・・・100円で済むのですね(^^;)。
全く知りませんでした。
ローカルルールなのでしょうか全店舗共通なのでしょうか。
ともかく我が身の無知を思い知ったろじゃあなのでございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2006

自分のパソコンあげること

ホントなんすかねぇ。
パソコンあげるなら新品をあげればいいのにねぇ・・・と思うのはもはやひがみも入っているか(;^_^A。
それとも使い易くカスタマイズしてあげたうえでプレゼントしたのか。
真偽の程は不明なれど・・・Love is blind・・・ということなのか、単なるコンプライアンスの欠如ということなのか(;^_^A。
いろいろ考えさせてくれますねぇ。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

「素晴らしい日々」・・・奥田民生さんのライブ&ユニコーンで二題

YahooNews奥田民生、全22曲熱唱に2300人魅了…全国ツアー東京公演

シンガー・ソングライターの奥田民生(40)が21日、東京・世田谷区の昭和女子大学人見記念講堂で全国ツアーの東京公演を行った。
 カジュアルな服装で登場した奥田は、「女子大の中だからということで…なんか…意味もなくなんとなく気合が入るんですけどね」と照れ笑い。ヒット曲「イージュー☆ライダー」や、今年で結成20周年を迎えるロックバンド、ユニコーン(平成5年に解散)時代の名曲「すばらしい日々」、カバー曲、未発表曲など新旧織り交ぜて全22曲を熱唱し、約2300人のファンを魅了した。

奥田民生さんのライブはアルバムを発売した後のツアーとアルバムの発売からちょっとご無沙汰してるときのツアーではちょっと雰囲気が異なります。
アルバム発売後は当然、アルバムに入ってる曲がフューチャーされる割合が多くなるのですが、ご無沙汰だと、ツアー前に発売されたシングルからの曲と従来の「名曲」と「迷曲」(^^;)による構成になることが多いんですね。
その辺をファンはよくわかってますので、特に年配のファンは後者の方に行くと自分たちが若いときの曲が含まれてる可能性が高いのを心得ていたりするところがあります。
まあ、「年配」の意味合いにもよりますが(^^;)。
以下伝聞ですが・・・

Continue reading "「素晴らしい日々」・・・奥田民生さんのライブ&ユニコーンで二題"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

企業法務・コンプラ・内部統制とPSE法

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

普通は夜中にエントリー書くと頭すっきりで問題は明確になるんですが、久方ぶりに今回の問題はいろいろ「わいてきて」しまって困っております。
ギターは適用除外だよという書き込みをどこかで見たような気もするんですが、掲示板とか閉鎖されたらしい某webページの書き込みを集中して読んだのでどこだったかなあというなさけない状態に。
しかも最近とうとう老眼の気が出てきたかも知れず・・・焦点合わせで頭いたくなっちゃった・・・って感じでもう放り出したいなあというのが実際なのですが(TT)、こないだのギターネタのエントリーの最後では次のようなことを書いてしまい

ちなみにそんなことよりこの法律による中古市場への影響やその外枠にあるいろいろな分野の中古屋さんと取引する主体ではこの法律についての対応済ませてんのかなあ?って疑問も沸々とでてきてしまったのでその辺も別途書くことになりますかねえ・・・。
放置するのもなんなので・・・ということで身も蓋もないタイトルをつけてしまいましたが、一般の企業実務の方々は今回の件は対応済みの方々が大多数なのでしょうかという趣旨にとっていただければと。

ろじゃあは不勉強だから、以下の点は多分経済産業省や国会での議論で多分対応済みあるいは周知済みなのでしょうが、実際問題よくわかりません。grandeさんや会計・税務にお強い読者の方のお考えなぞ聞かせてもらうとうれしかったりします。

Continue reading "企業法務・コンプラ・内部統制とPSE法"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

PSE法(電気用品安全法)の対象に「中古品」が入るかどうかの問題の考え方

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

この時期はよく眠れません。いろいろ処理しないといけないことが多いっすから。
でもまあ朝まではまだ時間がありますので頑張りますべ。
ろじゃあは、この法律が存在したことも知りませんでしたし、改正されたこと、そして「中古品」が入るらしいことすら認識しておりませんでした。でも、こういうのはえてしてよくある問題。法律の数が多すぎますから政令や省令への委任までされてるような場合にはそのすべてを知ってる国民の方が少ないのが事実ですわな。
だからといってここで熱くなっては企業の実務担当者としてはしょうがないので、冷静にどういうことが事実なのかを考えるのが企業の法務担当者の役割だったりするわけです。
そんな頭で仮に考えるとすると、まず何を調べたらこの「中古品」の取扱いが適用対象かどうか確認できるでしょうか。
今回のこの問題、法律の解釈の問題なのか規定にそう書いてあるから問題なのかよくわからないところをまず抑えてから議論しないと議論が錯綜してしまうネタかもしれません。まずはっきりさせる必要があるのは、法律の本文に「中古品」を含むと明記されているのかどうかですかねえ。基本はやはり「条文から」なのです。
こういう特別法の場合は、とにかく本法の定義規定や本文の内容を調べることです。中古品ということばそのものは含まれているのか・・・これがどうも含まれてないらしいのですな(^^;)、今回は。
そうすると次に適用対象として定義されてるものが「中古品」をも包摂する概念なのかを念のため確認する訳です。今回の場合は電気用品ですから概念としては中古品の場合もあるのは当然です。ただ、この法律の適用のある電気用品に「中古品」があるかどうかはこれだけでは決まらないのも当然です。
前後のことばの使い方や中古品について配慮した規定があるかどうかなど、「電気用品」という広範な内容のことばを制約する他のことばの解釈が必要ですよね。
それでも必ずしも明確にならないとすれば・・・・当時の立法関係の記録に当たるのがまあ常道であります。
衆議院、参議院での議論は

Continue reading "PSE法(電気用品安全法)の対象に「中古品」が入るかどうかの問題の考え方"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

まあ確かに大変だわ、これ・・・ライブドア上場廃止問題と事務コスト

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

この件は、昨日の磯崎さんの取締役の欠員はどうするのか?ってエントリーでも触れられてる問題ですな。
週刊ダイヤモンドで記事確認しておかないとなあ。
♪びぼうろく、備忘録、 びぼうろくデン・デデンデン♪(オリエンタル・ラジオ風にどうぞ)
YahooNews<ライブドア>どうする株券確保 上場廃止なら引き渡し義務

証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)事件でライブドア株の上場廃止が秒読みとなり、株券の印刷が大きな課題に浮上してきた。ライブドアの発行済み株式10億5000万株のうち、株券が印刷済みの現物株は約1億~3億株ほどしかないとみられ、大半は新たに印刷して株主に渡さなければならないためだ。印刷費は1枚200円以上かかり、ライブドアは4億円以上の出費を迫られるとの試算もある。通常の企業は売買単位が1000株だが、ライブドアは1株のため、必要な現物株の枚数が膨れ上がる。同社は異例の100万株券の発行も迫られそうだ。
上場廃止によって証券保管振替機構を利用できなくなるっておはなしからこの発行のお話が出てくるわけですな。

Continue reading "まあ確かに大変だわ、これ・・・ライブドア上場廃止問題と事務コスト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心中志願?いやいやそれはねえ(^^;)

「龍-RON-」についてのエントリーに心中ネタをひまわりてんびんさんがコメントしてくださってます。
これアイシンカクラって言っても日本史の現代史とった人は別にして若い人はわかんない人のが多いでしょうけど、旧満州の溥儀さんの親族関係の方との心中のお話なんですね。
この件に限らず昔は心中ってポピュラーとまでは行かないまでも有名な心中があったらしいですねえ。
だいたい、そういう背景がなかったら松本清張氏の・・・やばいやばい、思わずタイトル書くところだった(^^;)。
・・・っていう有名な長編推理小説だってプロットとして説得力がないわけですから。
でも、最近では固有名詞にまでなるどろどろかどうかは別にして愛し合っちゃった男と女の「添い遂げ型の心中」ってあんまきかないっすよね。だからこそ逆に渡辺淳一氏の作品が

Continue reading "心中志願?いやいやそれはねえ(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2006

例えば・・・トン(東)(^^;)

ではなくて、bunさんから「例えバトン」を拾いました(^^;)。
これ、昔の不幸の手紙っぽいのはまあ理解してるんですけど、ブログつながりで輪が「有限」という制限内で「オトナ同士で」広がる限りは良かろうということで、拾わさせていただきました。
法務担当者経験者(←ウザい表現だなあ)が無限連鎖講まがいのシステムに目くじら立てなくてどうするんだ!って声がどこからか聞こえてきそうですが・・・。
5人ぐらい(この5人が「有限性」に対して挑戦的な数字なんだなあ・・・まあ2人でも相当挑戦的ではありますが・・・)の方々、拾っていただければと存じます。
★自分を色に例えると?
bunさんはこのブログの色でもある「この緑」を挙げてくださいました。
身に余る光栄でございます。
実際はどうなんでしょうねえ・・・つかみどころがないとも言われますし、アクが強いとも言われますし、黙ってても話してても怖いとも言われますし(^^;)・・・全部混ぜると黒になっちゃうんですけど、敢えて「玉虫色」ということでご勘弁を(どっちも言い得て妙だったりするからなあ(TT))。
★自分を動物に例えると?
コアラ、ナマケモノ、ぼのぼの、ムーミン(←これは妖精だな)・・・なんか放っておくと静かにほのぼのとだら~としてる感じでしょうか。でもなんだかんだといろいろと実は見てたりするという・・・誰ですか、そんなにかわいくないとおっしゃってるのは?まあ無理ないが(^^;)。
★自分を好きな

Continue reading "例えば・・・トン(東)(^^;)"

| | Comments (3) | TrackBack (4)

February 21, 2006

最近のオリジナル(その2)

最近のビッグコミックオリジナルでは、『弁護士のくず』が掲載されてる時はついつい読んでしまう。
一話完結で弁護士稼業のホンネとタテマエをおもしろおかしく『くすぐる』ように見えて、最後は最低限のどんでん返しと正義の回復あるいは社会への問題提起もきっちりと且つそこはかとなく行なうというなかなかクセのある作品である。
4091873626
そういう意味では『総務部山口六平太』的な味わいのある法務担当者必読?の作品だったりするわけで。
ところでこの作品、テレビドラマ化の話が決まったようで、慶賀の至りである。2006年4月よりTBS系とのこと。
・・・しかしだ。
予定されてる

Continue reading "最近のオリジナル(その2)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

キリン・NUDAやりますなぁ・・・梨花&ナイナイ岡村君のCM

30秒編と15秒編、梨花ちゃん(←「ちゃん」?(^^;))とナイナイ岡村君の熱闘CM
image_rinka15
いや、最初に見たときは誰だかわからんかったっす。
特に梨花ちゃん。
こんなきれいなモデルさんだったのですねえ(^^;)。
しかも踊りもお上手で
(こりゃ昔のGOGOダンス的なテイストまではいっとるで)。
image_okamura15
それにナイナイの岡村君。
ダンスうまいんだねえ・・・。
とひたすら感心のろじゃあでございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

最近のオリジナル(その1)

最近のビッグコミックオリジナルでは、『龍一RON一』がつらい。
はっきり言って読むのがつらいのだ。
物語はいよいよ終戦の日前後にかかっており、メインの舞台が旧満州であることから酷(むご)い場面が相対的に多くなってきている。
4091825915
このつらさは『はだしのゲン』をリアルタイムで読んだときのつらさにちょっと近い。
だが、読まねばならない。
ろじゃあたちファースト・ガンダムの世代が、この作品の中に混在する事実と『真実』とフィクションと夾雑物からそれらのそれぞれを果たして仕分けられるのかは別にして(;^_^A、村上もとか氏のおそらくは代表作のひとつとして完結するてあろうこの作品から

Continue reading "最近のオリジナル(その1)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ろじゃあの親父の闘い

ろじゃあの親父は昭和ヒト桁生まれです。
井上陽水の『人生が二度あれば』が人前で絶対最後まで歌えないのは親父のことがどうしても脳裏をかすめてしまうからでもあります。
子供たちと妻と両親と親戚と孫、そして曾孫たちのためだけに黙々と働いた人です。
いまひとりでベッドで闘っています。
無能な愚息は傍らで見守ることすら頻繁にはできません。
歳をとるというのはホントに悲しいです。
それを紛らすためにおちゃらけたエントリーも書けてしまう自分はどうしようもない奴とも思うのですが他にやりようがないから致し方ないという次第。
顔で笑って心で泣いて、せなで泣いてる唐獅子牡丹・・・しばらくカラ元気で乗り切るしかないろじゃあでごさいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪市で『街角見守りロボット』

実証実験とのこと。
ろじゃあはタイトルだけみると、ついにロボコップの時代かなんて、機銃つけたヒト型未満のロボットが・・・なんてついつい夢想してしまうのですがそうゆうことではないらしいっすね(;^_^A。
どうやら自動販売機にカメラやらセンサー組み込んだりして監視が可能なもののようで。
なんだ『無○君』や『お自○さん』とかの某業界の自動契約機の自販機版かぁ・・・(←これ汎用性のある『たとえ』とは思えんのだが(;^_^A)。
でも自動契約機のモニタリング機能の基本特許の請求項のいくつかに抵触したりすると別の意味で法的には興味深いのだがそこんとこ、どんなだろねぇ?(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みんなのたんぼ いのちのたんぼ

このエントリーは公開時刻自動設定機能でエントリーしています。

いいでしょ?この詩とイラスト?
poster2006_yuuhi3よあけのたんぼ
かえるのたんぼ

あさひのたんぼ
めだかのたんぼ

おひるのたんぼ
いなごのたんぼ

Continue reading "みんなのたんぼ いのちのたんぼ"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 19, 2006

映画館の看板専門の絵描きさんと法務部志望者・・・所さんの日本列島ダーツの旅から

早川書房の本というとろじゃあは作品の内容ももちろんだけど油絵を連想するんです。
ろじゃあの大好きなミステリの大シリーズ「早川ミステリ」は、昔は「早川ポケットミステリ(HPM)」というのが正式名称だったので「ポケミス」と呼ばれるんだけど、その「地味だけど」特権的な楽しみが「表紙の油絵」だったりするんですよね。昭和20年代後半のシリーズ創刊の頃の表紙は内容と関連があるアイテムとかギミックを油絵で書くものも多かったんだけど、その後抽象画が多くなり、これがよく見ると形や構図がなんか内容やタイトルと関係ありそうな形にも見えてきたりする場合もあり、これが結構楽しみで。
それに、ホントにかっこいい装丁なんだな、これが。
そこらのガキが持ってる感じの本の見てくれじゃないのよ、これが。
そんなポケミスの表紙の油絵を思い出してしまったのが、今回のお話。

豊島区池袋で見つけられたすごい人。
油絵だけで食っていける人はほんの数人しかいない・・・
でもこの業界だと好きな油絵で生活していくだけのものが稼げる・・・というのがこの業界に入った動機のようでございました。
ここの部分は法学部出て仕事探すとき

Continue reading "映画館の看板専門の絵描きさんと法務部志望者・・・所さんの日本列島ダーツの旅から"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

さる筋では有名らしいのですが・・・「憲法と人権」という・・・酒

があるのをご存知でしょうか?
う~ん、さぞや格調の高い、芳醇な風味を感じることができる味なのではと考えてしまったりするのですが、現物がどうかは利き酒してみないとなんともいえないという・・・。
ちょっと楽しみですけどね(^^)
しかも、通信販売用のwebページまで存在いたします。
2005 憲法と人権 特別販売
さらに、ちょいと素朴な驚きなのは・・・・この格調高いお酒をどこが造っておられるかというところ。
なんと、佐々木酒造さんという酒造会社さんと京都弁護士会と京都弁護士協同組合とのコラボレーションによるものとのこと(webページより)。
時代も変わりましたなあ(^^;)。
まあ、そうは言っても街としての京都の自由な気風や京都大学を始めとした大学の自由な気風によるところでもあるんですかねえ。
ちなみに、商品ラインナップは以下の通り。これもなかなか興味深いっすよ。

Continue reading "さる筋では有名らしいのですが・・・「憲法と人権」という・・・酒"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 18, 2006

高速道路の議論で・・・専門性の高い話を話すときの難しさ再認識

最近、読売テレビ解説委員の辛坊さんがからむ番組は一時の田原総一郎さんがからむ番組と同じように刺激的(褒め言葉)なものがあるように思います。
「そこまで言って委員会」とかもそうですし、この土曜日の朝の番組もそうですねえ。
今朝方も、高速道路の議論にからんで塩川さんと猪瀬さんがガチンコでお話をされるような状況で、辛坊さんが時間の関係でといいながら猪瀬さんをなだめつつ塩川さんに最後に一言、第二名神の必要性について発言を促したりしていたりして・・・。
でも、テレビってメディアはこわいですねえ。
話し方というのはその人その人の個性でもあるんでしょうが、猪瀬さんの理路整然とした話し方・・・週刊文春の連載で読んでると「分かりやすい」のですが、テレビで塩川さんに淡々と質問する形というのは、ちょっと画(え)的には不利なのかもしれませんねえ。
塩川さんってキャラからするとちょっとお年寄りに対してきつい話し方をしてるなあという印象を与えかねない訳で。
法務部の人間が法律の話を仕事との関係で社内で話をするときもたぶん同じような「印象」の問題を考えて話をしないと、本人の意図とは別に、結構いらぬ悪い印象を与えることで話がこんがらがる話もあるんですよねえ・・・なんてことをついつい想起してしまうろじゃあだったりいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2006

安否確認(^^;)

♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪
ごくごく限られた方向けのエントリーとして以後不定期で時々このエントリーを活用したいと思います。
(安否確認№1)
最近、コメント欄への書込みを頂くことしばらくないのですが、

悪童さん、いかがしておられますか?
お元気なら問題ないのですが、お気に召すエントリーが最近少ないのでございましょうか・・・。
もし何かございましたらどのエントリーでも結構ですのでコメントいただくかメールにてご連絡いただければと・・・。
ぴんぽんぱんぽ~ん♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ヒューザーの破産手続開始決定だそうです・・・管財人は瀬戸先生に(@@)

YahooNewsヒューザーの破産手続き開始決定…東京地裁

耐震強度偽装事件で、偽装マンションを販売した開発会社「ヒューザー」(東京都、小嶋進社長)について、東京地裁(西謙二裁判長)は16日、破産手続きを開始する決定をした。
 破産管財人には瀬戸英雄弁護士(第一東京弁護士会所属)が選任され、9月13日に債権者集会が開かれる。マンション住民が1月31日、破産を申し立てていた。
ええっと、速報版ですから手短に。
やはりベテランの大先生が選任されたというところですね。
今回の件で責任の所在との関係で損害賠償の問題とかが問題となりうる当事者の方々は相当大変でしょうなあ・・・。
債権者としてのマンションの住人の方々からすると・・・弁済原資がどれだけ確保できるのかという問題についてはある意味では管財人の先生の手腕に依存するところもあろうかと思いますので注目が集まることは必定で。
瀬戸先生大変だよなあ・・・。
この辺は近々エントリーしますし、それよか先に多分toshiさんがエントリー下いてくださるのではないかと(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

「大丈夫!」と親指を立てるオダギリ・ジョーと彼の明るい未来?

心配そうな子供や自信のなさそうな子供に接すると必ずニコッと笑って彼は

大丈夫!
というのです。
その時親指を立てた片方の手を前に突き出しながらこの台詞を言うんですよね。
すごく優しそうな顔をしているんでホントに和み系だよなあと思っていたのです。
YahooNewsオダギリジョー、世界の「壁」破った 主演映画「BIG RIVER」に大きな手応え
俳優のオダギリジョー(29)が全編英語のセリフに挑戦した主演映画「BIG RIVER」(舩橋淳監督、5月公開)が13日、ベルリンで開催中の第56回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門で公式上映された。約500人の地元っ子に「wunderbar(ヴンダーバー=素晴らしい」と迎えられたオダギリは「安心した。本当にうれしい」とにっこり。映画は映画祭期間中、ワールドセールスにかけられるが、早くも英国や韓国の配給会社から打診が届いているという。
オダジョー、たいしたもんっすねえ。
この

Continue reading "「大丈夫!」と親指を立てるオダギリ・ジョーと彼の明るい未来?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これが欲しいと思うことがやはり・・・ドラえもんDS

記事を見たとたんにこれが欲しいと思ってしまうこと自体、やはりろじゃあは「おこちゃま」の血が残っているということなんだろうかなあ(^^;)。20060215_01_0120060215_01_02
でもこれで大人の頭脳トレーニングとかやったらますます頭が冴えるような気がしない?・・・か(^^;)
ちなみにこれセガさんが抽選で100名に当たるということでキャンペーンしてるそうで・・・なんだ販売じゃないんだあ(TT)。
販売だったら絶対買うんだけどなあ、5000円ぐらい高くても。
しかも、100名って・・・明らかにプレミア化ねらっとるなあ。
それとも景品表示法上の景品総額との見合いでの制約かな?
ちなみに

Continue reading "これが欲しいと思うことがやはり・・・ドラえもんDS"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

がんばれ、山田孝之君

多くは言わん。
20ちょい過ぎでお子さんがいること・・・大人としてちゃんと責任持って役者稼業に邁進するなら、そしてお子さんを生んでくださった女性やその親御さんが理解してくれていて、そして自分自身が誠実に対応してるんなら・・・それでいいじゃないかいな。
法的に問題がないだろうことはもちろんではあるが、何よりもろじゃあは、山田君の演技と真摯な姿勢は大好きである。
今後もいい作品に出られることを祈っておる次第であるのだったんだだったんだってばてばさ(^^;)。
YahooNews山田孝之「父親と役者」両立できない
こっちのエントリーもどんぞ→綾瀬はるかと山田孝之、すごいじゃないか・・・「白夜行」観てしまった(TT)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

準拠法には日本法を指定するべからず?

このエントリーは自動公開時刻指定機能を利用してエントリーしています。

某日某所。
ある高名な弁護士先生の御著書の関係で研究会を終了させた企業の法務担当者(管理職)3人が食事をしてましたとさ(うち1人はリタイヤ組み)。
某氏曰く。

伝聞だらからホントかどうかはわからないんだけど、某エリア(世界でのという意味)のある公的な金融機関の準拠法の取扱いに関する注意事項には、準拠法に指定することが望ましくない国の法律がごく少数だけど指定されてるらしいんだけど、その中のひとつが日本法らしいんだよねえ。
残りの2人は一様に(といっても二人だけど)驚いてほぼ同時にユニゾンしてしまったとさ。
どうして?
某氏曰く、 

Continue reading "準拠法には日本法を指定するべからず?"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 15, 2006

弁護士事務所と営業政策?(^^;)(その1)

困っちまったなあ・・・こんなに反響が多いとは・・・このネタ(^^;)。
ちゅうか、大手ローファームの効用と難点というエントリーにはDeaconさんから

その昔、アメリカ人の弁護士さんから「あいつは仕事はできないが、お客を獲得するのが滅法うまいんでパートーナーになっているんだ」という話を聞いたことを思い出しました。「仕事ができなくても、そういう生き方でのし上がることができるんだぁ。」と妙に感心したもんです。
というコメントまで頂いちまいまして・・・。
これって、結構難しい問題をはらんでいると思うんですよね。
日本の弁護士先生の事務所において「お客を獲得するのが滅法うまい」というのはどのように評価されてるんでしょうかねえ。
でもろじゃあは考えます。
お客を獲得するのが滅法うまい弁護士先生が今、眼の前にいるとすると・・・
この方、日本ではその人は仕事ができると考えられることが多いのか、「仕事ができないけど」と考えることが多いのか・・・。

Continue reading "弁護士事務所と営業政策?(^^;)(その1)"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

やっぱりエレキギターは適用対象なんかぁ・・・電気用品安全法本格施行異聞(その2)

長くなって疲れちゃったので途中でつづくにしておいた電気用品安全法の件なんだけど・・・
やっぱり、エレキギターは適用対象なんですかねえ。
この法律では

(販売の制限)
第二十七条  電気用品の製造、輸入又は販売の事業を行う者は、第十条第一項の表示が付されているものでなければ、電気用品を販売し、又は販売の目的で陳列してはならない。
という条文で、PSEマークが付されていない電気用品を販売することとかしちゃだめよといってるわけですが、この法律の適用のある「電気用品」というのは、前回のエントリーに書いたように「電気事業法第38条一項に規定する一般用電気工作物」(第2条一項1号)とかなわけですが、これには「旧電気用品取締法対象の特定電気用品」以外の電気用品も含まれることになってるようで、それは この表に定められているようです。
んで、この表の248番に「電気楽器」というのが規定されているのですね。
ではエレキギターは直ちにこれに該当するのか・・・?
経済産業省のHPの解説には

Continue reading "やっぱりエレキギターは適用対象なんかぁ・・・電気用品安全法本格施行異聞(その2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

廃校となる自分の学校のために寄付する12歳かぁ・・・コミュニティを維持するための文化と法制度の違いかなあ

【MLB】ボス感動、12歳少年にヤンキース入り“確約”?

ニューヨーク・ヤンキースの名物オーナー、ジョージ・スタインブレナー氏が、ヤンキース戦観戦の費用を自分の通う学校のために寄付した少年を、今シーズンの本拠地ヤンキー・スタジアムでの試合に招待したことが、13日付けの『AP通信』の報道で明らかになった。
 同通信社によると、アーカンソー州に住むヤンキースファンの少年、ジョナサン・ファラーくん(12歳)は、自分の通う学校を廃校から救う条件となっている40万ドル(約4700万円)を捻出するため、この夏計画していたニューヨークへの旅費1000ドル(約12万円)を寄付したとのこと。これがスタインブレナー氏の耳に入り、感銘を受けた同氏はファラーくんをヤンキース戦に招待する旨を明らかにしたという。
 また、同通信社は、スタインブレナー氏がファラーくんに手紙を送り、その中で「ジョナサン、私は君を本当に誇りに思う。より崇高な目標のために、個人的な夢をあきらめるというのは容易なことではない」と12歳の少年の善行に賛辞を贈ったと報道。さらに、メジャーリーガーになるのが夢だというファラー少年に対し「どんな未来を選んだとしても、君は大きな成功を収めるだろう。しかし、メジャーリーガーを選ぶのなら、一塁のポジションは空けておくつもりだ」とヤンキース入りを“確約”したと伝えた。
  アメリカらしい・・・話なんだろうなあ。
でも、ろじゃあが注目したのは、自分の学校を廃校から救うための条件として寄付を募って対応するという選択肢が用意されているという行政のシステムである。

Continue reading "廃校となる自分の学校のために寄付する12歳かぁ・・・コミュニティを維持するための文化と法制度の違いかなあ"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

February 14, 2006

ビンテェージブームはどうなる?レスポールは?まさかオヴェイションもか?(^^;)・・・電気用品安全法本格施行異聞

YahooNews「名機」が販売禁止に 4月に迫る「電気用品安全法」
ここ数年、さすがにしばらく前にヤマは超えたのではないかと思うのですが、ろじゃあよりちょいと上のおじ様たちの間で、あるビンテージ物のブームがあったと思ってくださいまし。えっ?何の?・・・それはですねえ、ビンテージ・ギターといわれる分野のちょっとしたブームなんですね。
○○年物のレスポールカスタムとか○○年物のストラトキャスター、テレキャスターとか有名どころも含めまして、昔のロック小僧(それよりも前だとロック青年か(^^;))が不景気の最中、ちょっと昔を懐かしみバンドを昔の仲間とやり始める・・・なんて時に、反応は様々でして。
昔はフェンダーのストラトなんて買えなかったよなあ、フェンダージャパンはまだなかったし・・・って方はフェンダージャパンのストラトを買ったり、フェンダーUSAのそれこそ昔買えなかったのを買ったりする方々も多かったり、世代的には、レスポールやストラトは邪道だ!とあくまでモズライトにこだわる方がおったり・・・非常に微笑ましいお話が水面下で広く進行していたのでございます。
そんな中、おじ様たちは経済性も豊かでございますので、この懐かしさと特定の中古品の希少性に着目して、高値で買う方が出てくるわけです。もちろんホントに欲しかったものを大願成就で奥さんも拝み倒して(^^;)購入された方も多々おられると思うのですが、プチ投資?って感じで買ってた方もおられるようで・・・・いつかは困ったら換金するかあ・・・とかそこはかとなく考えてたおじ様たちもいたのではないかと考えるのですが・・・さて今回のニュースをどう受け止められるのかなあ・・・というのがこのエントリーの核心でございます。
実際はどうなんでしょう?えっ?まだ問題の法的所在が理解できない?うそでしょう?(^^;)
・・・ってな感じでニュースを見てみますと・・・

Continue reading "ビンテェージブームはどうなる?レスポールは?まさかオヴェイションもか?(^^;)・・・電気用品安全法本格施行異聞"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

耐震偽装問題:国や自治体への訴訟をどう受け止めるべきか

YahooNewsホテル側が県や総研を提訴 耐震偽装で7億円

耐震強度偽装問題で、解体を決めた愛知県半田市のビジネスホテル「センターワンホテル半田」を経営する「半田電化工業」(同市)は14日、建築確認をした県や、コンサルティング契約を結んだ「総合経営研究所」(総研)と内河健所長に、解体や再開業に伴う費用などとして総額約7億2000万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。
 弁護士によると、耐震偽装問題で、ホテル側が損害賠償を求めて自治体や総研を提訴するのは初めてという。
 半田電化工業の中川三郎社長は会見で「一刻も早く原因と責任の所在を明らかにし、最低でも解雇した従業員に伝えなければならない」と提訴の理由を説明した。
・・・耐震偽装問題における建築基準法関係の国や自治体の責任の問題については、どうしてもヒューザー社が国を相手取って行政訴訟を起こした件に矮小化されがちであるが、本件のように公的支援の枠外にあることが比較的早い段階で表明されたホテル業者との関係では、損害を賠償してもらおうという目的で法的手続きを検討する際には、仮に弁護士の先生が相談を受けたとしたら、弁護士の先生も選択肢から行政に対する責任を問う選択肢というのはクライアントに対するアドバイスの選択肢においては、職務上はずすことが難しいのも確かなのかなあと思ってたのでありますが、実際に「被害」にあった地方のホテルの経営者から自治体の責任を問う動きが出てきたというところなのでありましょう。
問題はこの動きが今後広がるかどうかというところだと思うのですが、

Continue reading "耐震偽装問題:国や自治体への訴訟をどう受け止めるべきか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2006

中古不動産の評価とアスベスト・・・「ばば抜き」にならないように

YahooNews石綿の使用を価格に反映 不動産鑑定の指針作成へ

国土交通省は13日、住宅や事務所ビルなどの価格を算定する不動産鑑定の際に、アスベスト(石綿)の使用の有無や飛散防止の措置を取っているかを、価格に反映させるための評価指針を作成する方針を固めた。
 建築基準法を改正して義務付けるアスベストの除去や飛散防止対策を、所有者らが早期に行うよう促すのが狙い。併せて、アスベストを住宅性能表示の対象に含める。
 不動産鑑定では、物件の立地条件や耐震改修の状況、土壌の汚染の有無などから価格を算定するとしている。アスベストは評価対象の有害物質ではあるが、具体的な評価基準がなく、価格にどう反映させるかはあいまいだった。
・・・っていうか、大規模なREITまでいかなくてもビルの売買がファンドとかで扱われる場合にも、土壌汚染のお話とアスベストのお話は結構価格面に反映させてるって某氏に昔(約5年前)聞いたことがあったんで、事務所ビルの価格設定に客観的な基準をいまさら導入というのはどうもなんかよくわからんなあという感じが強くいたします。
従来取引されてきたビルの現在価値を算定する場合に、アスベスト問題が生じた場合の除去費用や修繕費用、さらには建替え時における解体費用とか当然算定した上で行われてるもんだとばかり思ってたのでびっくりというところであります。
そうしますと・・・

Continue reading "中古不動産の評価とアスベスト・・・「ばば抜き」にならないように"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大手ローファームの効用と難点

toshiさんが「法律事務所のハコ」というエントリーを書かれております。
大阪ネタシリーズの記念すべき第一弾になるのかもしれないなあとも思いながら(^^;)読ませていただいた次第なのですが、ろじゃあは大阪の大手ファームの事務所にお邪魔したことはまだありません。
しかし、日本の大手ファームについてはいくつかお邪魔したことがありますし、実際にその会議室で弁護士の先生と夜を明かした(好き好んでの場合もありますし、やむを得ずの場合もありますが)こともわずかですがございます。
最近は昔の名前でお邪魔する必要もなく、たまに今の名前でお邪魔する程度ですが、それでもあの事務所の雰囲気というのは初めての方は驚くかもしれませんなあ。
パラリーガルの方も質・人数とも充実してますし、中堅以上の弁護士の先生には基本的に秘書が必ずついているところとか結構あると思いますし、アリー・マクビールのオフィスと同じような感じのオフィスもあるかもしれません(←あえて「推量」)。まあ、さすがにトイレが男女共用ってのはろじゃあが知る限りありませんけどねえ(^^;)。
toshiさんも東京にいらっしゃることも結構おありのようですから、大手ファームについては、機会があったらお邪魔してみるといいかもしれませんねえ。驚かれることは請け合いですぜ(^^)。
ところで、

Continue reading "大手ローファームの効用と難点"

| | Comments (7) | TrackBack (1)

マンションは消費の対象か?(1)

ろじゃあは耐震偽装についてのエントリーを結構書いてきたわけですけど、ここんところ少しいろいろと考えていたのでございます。
今回の問題って、ほんとに一部の業者と一部の建築士の方の問題だけの問題なんだろうかと。
ず~っと頭の中にもやもやがかかった状態で、この件については少し書き込みを控えてきたのですが・・・。
そんな中で

平松朝彦「亡国マンション」(光文社)
を読む羽目になりました。
そして・・・この内容がすべて正しいのかどうかは別にして(まだ全部読んでませんので)、やっぱりマンションは買わなくてよかった・・・というか今の環境ではやはり買えないと考えるべき方々が多いのではないかと思った次第でございます。
特に、専有部分に「必然的に」共有部分としての縦配水管が通っているという日本のマンションの特性が30年後の建て替えに致命的な欠陥と認識されつつあるというのはろじゃあははじめて知った次第で。
今回の耐震偽装マンションや

Continue reading "マンションは消費の対象か?(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 11, 2006

朋ちゃん、よかったねぇ(^^)v

テレビみてたら、ひゅーひゅーと懐かしい声が。
華原朋美ちゃんが『桃の天然水』のCMに復活してるじゃないですかいな(@_@;)。
このCM、最後の画のときの顔もかわいくきれいで。
よかったねぇ・・・という感じのろじゃあであります。
法的な観点からメディアの取り組みとかプラス方向から論じようと思えばいろいろあるわけど、この際関係ねぇ〜なぁ〜って感じだなぁ〜(^-^)。
最近の朋ちゃんは、以前にも増して率直に癒されるなぁ、ろじゃあは(;^_^A。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 10, 2006

筒井康隆健在ってか?(;^_^A

『銀齢の果て』って本、探して読まないと。
70過ぎてなおもさかんやなぁって感じ。
久々に週刊誌の紹介文見て買いたくなった本だわい。
老人問題に『バトル・ロワイヤル』を掛け算するなんざ、筒井家にしかできんわな、考えてみたら。
この本を不謹慎だという方々・・・いまの日本の時代状況の不謹慎な点を省みるいい契機になるのではないかい?
その上で、高杉良氏や幸田真音氏ののここ2、3年の著作を読み返すがよかろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2006

緊急指令

合い言葉は『丸』、
チェックデジットは『OAZ6』、
DELAYCODEは『サンフラワー』。
ゆめゆめ油断めさるな。
なお、有効期限は本夕、フタサンマルマル時とする。
以上

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 08, 2006

速報!貸金業法内閣府令一部廃止かあ?!

本日付けで金融庁のホームページに案が出てます。
「貸金業の規制等に関する法律施行規則の一部を改正する内閣府令(案)」の公表について
パブリックコメントに一ヶ月かけるってことですねえ。
最高裁から無効と言われて廃止にするタイミング・・・速いっすね。府令なんでパブコメかけざるをえないんでしょうが。
読んでいただくとわかりますが実務への影響結構大きいっす。
詳細は別途。ではでは

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 05, 2006

島根の奥出雲と亀嵩の算盤・・・「砂の器」の舞台の誇り

ろじゃあは、算盤(そろばん)はあまり得意じゃなかったんだけど、おふくろさんは珠算が二級で就職のときとか相当役に立ったよって話をきかされてたので、そうなんだあという印象を小さいときには持っていて。
まだまだ小学校の周辺でも珠算学校があって友達が何人か行ってた時代なのでございました。
NHKで、「新日本紀行ふたたび「雲州算盤気質」」という番組を見る機会がございました。
亀嵩(かめだけ)という地名を見ただけで、東北地方と同じような方言が話されている場所が山陰にある・・・というくだりを思い出せる方というのは松本清張の「砂の器」のファンだということが容易に想像できるわけですが、この旧作の新日本紀行は「雲州算盤気質」という昭和57年の作品で、今回の作品は24年後を振り返る形になっています。
当時出演された算盤作りの名人というか名工、永場三郎さん(80歳)たちを24年前の映像もあわせて捉えています。
算盤と向き合う職人の姿勢・・・筋が通っててすがすがしさすら感じられます。
今年は注文がなくても作り続ける覚悟という気概をもって算盤を作り続ける・・・。
同じような名工が日本にはまだどのくらいおられるのでしょうか。
砂の器の中で紹介されてた、

Continue reading "島根の奥出雲と亀嵩の算盤・・・「砂の器」の舞台の誇り"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 03, 2006

もっともだ、ボビー!・・・ペナントを指差すところがさすが(^^;)

このエントリーは自動時間設定公開機能を使ってエントリーしています。
YahooスポーツNewsボビーがNHKにキレた!!取材に来てない「日本一なのに」

【ジーロング(豪ビクトリア州)2日】ドカーンと大噴火!! 豪州キャンプ2日目、早くもロッテのボビー・バレンタイン監督(55)が激怒した。といっても、相手は選手ではなく某公共放送。前夜のスポーツニュースでロッテが取り上げられず「日本一なのに」とプリプリだ。
 気温26度。雨は上がり、青空ものぞいた。選手たちは気持ちよく汗を流し、グラウンドには笑い声も響き渡った。しかし、そんな雰囲気とは対照的に、バレンタイン監督は怒っていた。
 「ひとつ、言いたいことがある。日本一のわれわれの取材に、日本を代表する放送局が来ていない。非常に残念。日本一のペナントだって、あそこにあるのに…」。メーン球場の左翼後方で揺れる旗を指差したボビー。実は前夜、事件が起きていた。
 宿舎のテレビで唯一、日本のニュースを見られるのが某公共放送局の衛星放送。スポーツニュースで他球団の動向を知ろうとみていたら…。オーマイガー!! なぜかロッテの豪州キャンプは最後まで出てこなかった。「キヨハラ、フルタ、ノムラ…デシタネ~」。
 頭にきたボビーはこの日、球場で報道陣に逆取材。テレビ局の民放各社に某公共放送局だけが取材にきていないことを確認していた。
もっともだ・・・もっともだ・・・・なんだかとってももっともだ(^^)。
まあ、単純に他の取材で忙しかっただけなのかなあ・・・なんだかんだと取材費の配分についても上限とか配分先の見直しとか昨今のご時勢で・・・ってことで国内中心になってるのかもしれないし。
でもね、

Continue reading "もっともだ、ボビー!・・・ペナントを指差すところがさすが(^^;)"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

帰ってきた白バイ野郎ジョン&パンチってか?(@@)

PonchJoeJon
うわっ!なんじゃこりゃ?
滞在先で夜、テレビ見てたら何だかどこかで見た顔・・・なんだけどちょいとふくよかになってるなあ・・・。
って思ったら・・・画面に若かりし頃のエリック・エストラダと上司役のロバート・パインのおじちゃんの顔。
そしてラリー・ウィルコックス。
ほうっ、回想シーンが適宜入ってくるわけね。
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール(原題は「CHiPs」だったと思うんだけど。ここからきてるんだよね、たぶん。上の写真は初期のもの)の白バイ乗った二人が主人公のこのシリーズ。
かっこよかったすねえ。
これは単発の映画って感じなのかなあ・・・それとも再シリーズ化か?・・・テレビ・ムービーみたいっすねえ。

むかしむかし、日テレの海外モノのドラマってそれはそれは・・・結構面白かったんだよねえ。
ろじゃあの親の世代だと

Continue reading "帰ってきた白バイ野郎ジョン&パンチってか?(@@)"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 02, 2006

ハート・ビル法・・・知りませんでした(^^;)新築じゃない既存のホテルはどうなんだ?(1)

東横イン関係の問題についていろいろな話が出ていますけど、その中で時々出てくるのが「ハート・ビル法」という言葉。
申し訳ない・・・不勉強なろじゃあは存じ上げませんでした。
ただ、それとの関係で自治体の条例違反で身体障害者の方々向けの設備が実際にはないということが言及されたり、その結果容積率が・・・という話が一連の話として出てくるので、どうも話がよくわからないところがあるのも事実でございまして・・・。
たとえばこんなのとか・・・YahooNews東横イン 「神戸三ノ宮2」条例違反でも2日オープン
そんでもって、こんな発言まで出てたりして・・・YahooNews「東横イン利用しないで」 横浜市長が厳しく批判
んで、ちょいと検索してみました。
そしたらですねえ・・・

Continue reading "ハート・ビル法・・・知りませんでした(^^;)新築じゃない既存のホテルはどうなんだ?(1)"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ライブドアの件の西尾幹二氏の論稿に47thさんのエントリーが引用されてます

このエントリーは自動時間設定公開機能を使ってエントリーしています。

3月号の「諸君」(文藝春秋)に西尾幹二氏が「誰がホリエモンに石を投げられるのか」という論稿を発表されてますが、その中に47thさんの「ふぉーりんあとにーの憂鬱」からエントリーが引用されています。

・・・氏がブログ(「ふぉ~りん・あとにーの憂鬱」)に書いていたが、ライブドアの戦略が「妥当かどうか」といわれれば首を傾けるが、「違法かどうか」は別の話である。「『社会が石を投げるから、罰を与えていい』のなら、法律とかはいらない」は、一歩退いて考える人の冷静な言葉であると思った。
(西尾幹二「誰がホリエモンに石を投げられるのか」諸君2006年3月号132頁より引用)

西尾氏の論稿の内容についてはコメントできる立場にありませんが(まだざっとしか眼を通しておりません。ごめんなさい)、ブログのエントリーの中で「胆力あるもの」が活字メディアでも引用の対象として正当に認識されはじめてるあらわれのひとつかもしれませんね。
ただ、引用なさるなら、ブログのURLと何日のエントリーかとかまで一緒に記しておいていただいた方が、

Continue reading "ライブドアの件の西尾幹二氏の論稿に47thさんのエントリーが引用されてます"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

「私の履歴書」がジャック・ニクラウスっす

もう、昨日の朝、日経をいつもどおり見てたら私の履歴書のところで若干の違和感。
あれ、このおっちゃん・・・日本人じゃねえなあ。
なんだジャック・ニクラウスさんやん。
帝王:ジャック・ニクラウス・・・
ということで私の履歴書の第一回だったのですね。
65歳でまだまだがんばれるんだけど長いパットが決められなくなったからリタイヤする・・・
なるほどねえ。
極めた方は自分のことをよく知っているということなんですかねえ。
しかし、・・・これニクラウスさん、英語で書いてるんですよねえ。
日本人がこの欄を担当する場合には、日本語での字数を伝えて・・・って感じなんだろうけど、英語でこれ書いてもらってこの欄の字数にちゃんと入るようにしかも一回ごとにうまく話がまとまってつながるように翻訳するのって・・・・結構しんどいだろうなあ・・・などと余計な心配をしてしまったろじゃあなのでありました。

全英オープン ジャック・ニクラウス勇退

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 01, 2006

オリジン東秀のTOB合戦・・・テレビではあまり騒いでないんでないかい?

ろじゃあは、あまり知らなかったのでございますが、お弁当というかお惣菜の大手ということなんですかね。
オリジン東秀さんについて、ドンキホーテがTOB仕掛けていたところにイオンさんが参戦されたということで・・・イオンさんがこういう形で入ってくると、ドンキさんは少しやりづらいんでしょうかね。
それぞれの顧客層が結構違いますし、その顧客が求めているものも結構異なっているんじゃないかと思いますんで世間での捉え方もそれぞれの印象を引きずる形になるのはある程度やむなしってところなんだろうと思うんですよねえ。
ドンキさんからすると新機軸をということかもしれませんし、ろじゃあ的にはどんな感じになるのかなあと思ってた矢先のお話でございました。
しかし、流通関係でTOBが今後こういう形で多くなるという前哨戦という評価もあり得ると思うのですが、景気がよくなってきたというのも影響してるんですかねえ。
イオンさんで言えば、

Continue reading "オリジン東秀のTOB合戦・・・テレビではあまり騒いでないんでないかい?"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ご同輩、ライダーの変身ベルトだそうだが・・・買うかい?(^^;)

27019
YahooNews<バンダイ>オヤジ狙い 復刻の仮面ライダーベルト発売へ

バンダイは31日、1970年代に大ヒットした仮面ライダーの変身ベルトを3月下旬から発売すると発表した。テレビ放映時に子どもだった30~40代の男性をターゲットに約1万個を販売する計画。3万1500円。
 ベルトのスイッチを押すと、中央の風車部分が赤、青、白の3色に発光する。変身時の効果音も再現し、約20秒にわたって変身動作を楽しめる。胴回りは85~110センチで、単3電池で稼働する。ここ数年、テレビやアニメキャラクターを題材にした復刻商品に対する需要が高まっており、売れ行き次第では追加生産も検討する。
実物をみないとなあ・・・(^^;)。
・・・ってんで、ホレ、これが現物。
それにしても足元を見てないか?
3万1500円?
そりゃ、欲しいものには結構カネ払っちゃうけどさあ、僕らの世代は。
でも、当時だってライダーの変身ベルとってそんなに高かったっけか?
こりゃバンダイのHPで確認しないといけないなあというんで・・・いってみますた。そしたらね・・・

Continue reading "ご同輩、ライダーの変身ベルトだそうだが・・・買うかい?(^^;)"

| | Comments (3) | TrackBack (2)

« January 2006 | Main | March 2006 »