« 心中志願?いやいやそれはねえ(^^;) | Main | PSE法(電気用品安全法)の対象に「中古品」が入るかどうかの問題の考え方 »

February 23, 2006

まあ確かに大変だわ、これ・・・ライブドア上場廃止問題と事務コスト

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

この件は、昨日の磯崎さんの取締役の欠員はどうするのか?ってエントリーでも触れられてる問題ですな。
週刊ダイヤモンドで記事確認しておかないとなあ。
♪びぼうろく、備忘録、 びぼうろくデン・デデンデン♪(オリエンタル・ラジオ風にどうぞ)
YahooNews<ライブドア>どうする株券確保 上場廃止なら引き渡し義務

証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)事件でライブドア株の上場廃止が秒読みとなり、株券の印刷が大きな課題に浮上してきた。ライブドアの発行済み株式10億5000万株のうち、株券が印刷済みの現物株は約1億~3億株ほどしかないとみられ、大半は新たに印刷して株主に渡さなければならないためだ。印刷費は1枚200円以上かかり、ライブドアは4億円以上の出費を迫られるとの試算もある。通常の企業は売買単位が1000株だが、ライブドアは1株のため、必要な現物株の枚数が膨れ上がる。同社は異例の100万株券の発行も迫られそうだ。
上場廃止によって証券保管振替機構を利用できなくなるっておはなしからこの発行のお話が出てくるわけですな。

YahooNewsのつづきによると

 上場企業の株券は通常、証券保管振替機構(ほふり)が株主と株券を管理し、投資家は現物株のやり取りをしない。ほふりの手元には、発行済み株式の3割ほどの現物株があるだけで、一部を個人投資家などが保有する以外は、発行会社が引き取って盗難などに備えて溶融処理している。
 上場廃止となれば、ほふりの管理はなくなり、商法の規定で発行企業は発行済み株券を株主に渡さなければならない。ライブドアは社内規定で1、10、100、1000、1万、10万、100万の7種類の株券を発行できるが、市場に出回っているのは1株券が中心で、枚数も1億~3億株程度とみられる。発行済み株式7億株余りが不足する計算のため、新たに印刷する必要がある。
ホンマに生きた商法の教材というかリスクマネジメントの観点からもこれはあまり通常問題にならない企業における危機管理の問題としても貴重なケースになってしまっているということなんでしょうねえ。
 まあ、これらの業務もなんだかんだと証券代行さんの方で全部やってもらえばお金の問題と割り切れるのではないか・・・という向きもあるかもしれませんが、やっぱり時期があまりよくないですよね。
6月の総会に向けて証券代行さんの方も一年の中では忙しい時期にかかるわけですからはいそうですかとはすべてを受けてくれるとは限らんわけで。
しかもめんどくさい仕事の部類に入ると思うんですよねえ。
なんたって株主の数が多いですから。
コスト的には相当「お勉強して」でも頼まないといけないんでしょうけど、それとは別にリスク管理の観点からやっぱ自分たちでやらないといけないお仕事だということで、次の株券のマイクロフィルムによる撮影とか外注できないとすると・・・これって、総務の担当者にとっては、はっきり言って想像を絶する大変さのような悪寒(^^;)。
 
偽造防止のため精巧な技術が求められる株券の印刷は1枚200~500円が相場だ。100万株券など額面が大きい株券を交えても、印刷代は「約4億~5億円」(大手信託銀行)とされ、原則的にライブドアが負担する。
 株券が確保できても返却に時間がかかる。証券会社を通じて投資家へ返却される株券は、紛失などに備えマイクロフィルムによる撮影などが必要。2万人のライブドア株主を抱えるネット証券大手は「1日最大100件しか処理できず、全株主に渡し終わるまで1年かかる」とみており、頭を抱えている。
撮影する担当者手渡す担当者、発想する担当者・・・100パーセント証券代行会社に委託するわけにもいかないかもしれないしねえ。

|

« 心中志願?いやいやそれはねえ(^^;) | Main | PSE法(電気用品安全法)の対象に「中古品」が入るかどうかの問題の考え方 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference まあ確かに大変だわ、これ・・・ライブドア上場廃止問題と事務コスト:

« 心中志願?いやいやそれはねえ(^^;) | Main | PSE法(電気用品安全法)の対象に「中古品」が入るかどうかの問題の考え方 »