« March 2006 | Main | May 2006 »

April 30, 2006

洋菓子舗ウエストの「風の詩」・・・欠番を探しているようです

昔ろじゃあが仕事がはけた後、移動先の夜の銀座のエリアで「お届けもの」も含めて色々な理由でちょっとしたお菓子が必要になったときは電通通り沿いのウエストの店舗の焼き菓子を買い求めたものでございました。
比較的遅くまでお店が開いていたのとやっぱりおいしかったせいもございます。
先日休みの日に久々に日本橋の三越に立ち寄る機会がありまして本館じゃないほう(別館と呼ぶのか新館と呼ぶのか)にあるウエストで一休みすることにしたのでございます。
ここがいいのは適度に静かで且つその環境でおいしいものを食することができる点ではないかと思います。
ご婦人方が話されていることももちろん多いのですが、他の繁華街での喫茶店におけるのとは異なる話し声の大きさであまり気にはなりません。
これは、思うに日本橋三越にあるという性格上比較的ご高齢で落ち着いたご婦人方が多く来店されておられるということと無関係ではありますまい。
席も比較的ゆったりしており、

Continue reading "洋菓子舗ウエストの「風の詩」・・・欠番を探しているようです"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

♪大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~♪

手遊びの歌でこういうのがあるんやってのを鶴瓶さんがオセロの松嶋に教えておった

大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~
たこ焼き
ぎょうざに
お好み焼き
ぶたまん
2番は以下の通り。
大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~
かに道楽
くいだおれ
もんじゃ焼き
なんでやねん!
2番の歌詞でツッコミが

Continue reading "♪大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~♪"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さっき突然歌いたくなった曲・・・諸行無常と執行猶予の予感

♪白い~マットのぉ~ジャぁ~んグルにぃ~
今日もぉ~嵐がぁ~吹きあ~れ~るぅ
ルぅ~ル無用のぉ悪あ~くとぉぅにぃ~
正義のパぁ~ンチぅをみぃ~せてやれ~

いわずとしれた「タイガーマスク」のオープニングのほうの主題歌。
猪木ボンバイエと同様に朝のもやもやしたときにこれがかかるとしゃきっと起き上がれる曲のひとつである。
(小林まこと氏の「一・二の三四郎」の東三四郎に受けた影響はこれ以外にもいろいろとあるろじゃあだったりする。今後もときどき出てくると思われる)

それとこっちの曲も。

Continue reading "さっき突然歌いたくなった曲・・・諸行無常と執行猶予の予感"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 29, 2006

あっアル・パチーノだ

先日さてとそろそろチェックアウトすっか、さぁすっか!と思って支度をしていたら、つけっぱなしにしといた宿泊先のテレビから次のような面々とことばがばらばらあふれてきた。
アル・パチーノ、たばこ会社、ラッセル・クロウ(しっ、渋すぎ)、CBS、研究者、訴訟、ワンガンド、プロデューサー、発癌性・・・あっ、これ観たかった映画やん。
くそう〜時間がないぜ(T_T)。
タイトルはたぶん「インサイダー」。
2000年前後の作品じゃなかったかなぁ・・・。
アル・パチーノのが「シックスティ・ミニッツ」のプロデューサー役なんだよね。
うん、正義感溢れる語り口でジャーナリスト役やらせるとやっぱりこの人すごいなぁ。
「大統領の陰謀」の記者役以来かな?ひょっとすると・・・。
ビデオかDVD探すべと思ったろじゃあでございますた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

中心市街地活性化のための再開発や新しい政令指定都市には環境に優しい「ちんちん電車」を

タイトルはちょいと無理があるのは承知の上でのキャッチーさでございます(^^;)。
それにしても長いタイトルだなあ・・・。

同じく朝日新聞見てたらなんかきれいな電車の写真がと思ったら、なんか普通の電車じゃねえぞこれ・・・ひょっとして・・・という訳で、路面電車についての記事がでておりますた。
富山市のお話のようですな。
富山ライトレールというようですが、2月に営業を終えたJR富山港線を引き継いだもののようで、残った路線と一部区間で道路上に新たに軌道を敷設したものとのことで、路面電車の路線の新設・延長は24年ぶりだそうです。
・・・いいじゃないですか。
まあ地方都市でないとなかなかできないかもしれませんが、駅前の再開発とか考えている地方都市は、車中心の中心市街地の構想だけでなくうまく車社会と調和できる路面電車網というのも観光との関係で検討してみてはいかがかとろじゃあは思ってしまいます。
地下鉄作るって事も考えたりするところもあるかもしれないでしょうけど地上で軌道敷設するよりやっぱりお金かかるんじゃないかなあ。
それに持続的成長が可能な社会形成という観点からも、

Continue reading "中心市街地活性化のための再開発や新しい政令指定都市には環境に優しい「ちんちん電車」を"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

換金の合法性あいまいだから上場申請却下?

朝日新聞を珍しく読んでたら、社会面に

「パチンコ店業界 株式上場不発 ジャスダックが申請却下」
という記事がでてますた(まだYahooNewsには入ってないようで)。
それによるとパチンコ店チェーンから上場支援を受けたジャスダックが
出玉の景品を換金する業界慣行の合法性があいまいなため、投資家保護を果たせないと判断
して上場を認めないことを決めたという。
う~ん、これ結局現在のパチスロとパチンコのお店関係での景品の換金システム自体の合法性について疑義があるから上場を認めないということなんですかねえ。
ろじゃあ自体は、コンプライアンスの観点から刑法上の合法性について疑義があることについては企業が行うことはいかがなものか・・・という意味なら十分理解できるのですが、所轄官庁というか取締りを行う官庁がこの点について現実には換金についてのいわゆる「三店方式」について賭博罪等を理由とした取締りを行っていないような現状において、全国のホールの多くで景品換金のシステムが定着している(らしい)現状で、それ「一事」をもって投資家保護を図れないという理由になるんかなあと思ってみたりしちまうんですけどねえ。
これは業界の味方するかどうかという話ではなくて、この記事の記述が正しいことを前提とすると必ずしも一義的にこの結論が出てくるのだろうかというところです。あえて想像するならば

Continue reading "換金の合法性あいまいだから上場申請却下?"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

April 28, 2006

神田先生の会社法入門

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしてます。

大学生で就職まわりも控えているんでという人に新会社法関係の本を自力で探せというのは結構殺生だったりするわけで。
まさに玉石混淆はずれくじありって感じっすからねぇ。
かといって、まさか「葉玉本」いきなりあてがうわけにもいかんしねぇ(;^_^A。
そんな需要にはこの本がいいかもなぁと本屋さんでみかけて思ったところ。
神田先生といっても弘文堂の方じゃなくて、

神田秀樹著「会社法入門」(岩波新書・740円+税)
の方でございます。
ある意味で安心して読めるのがいいっす。
上司に読ませる場合も、このぐらいの本はまだ読める上司の場合は、お薦めではなかろうかと。
しかし、岩波新書さん、この本、横組み図入りで編集するとさらに結構売れると思うんだけどなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

スポーツ好きの法務担当向けの本?

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

週刊文春をぱらぱらと眺めてたらこんなほんの広告が。

R・エイブラム著大坪正則監訳中尾ゆかり訳「実録 メジャーリーグの法律とビジネス」大修館書店定価1890円
これは是非読みたいなあ。
訳がどうかわからないけどあんまり気にしないでいいでしょうから内容を注視。
このテの本って正直な話翻訳してる方が著しく「はずれ」ると目も当てられない状態になることが多いのでちょいと

Continue reading "スポーツ好きの法務担当向けの本?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

児玉清さんとの関係が気になる(^^;)・・・HERO復活だそうで

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。
YahooNewsキムタク「HERO」が復活

SMAPの木村拓哉(33)主演で、01年に大ヒットしたフジテレビの連続ドラマ「HERO」の特別版が7月上旬に放送されることになった。木村演じる久利生公平検事が一夜限りで復活。耐震強度偽装事件など、社会的な大事件が相次いでいることを受け、型破りな若手検事というヒーローの再登場が決まった。
 木村主演の連ドラで、スペシャルが制作されるのは初めて。背景には、耐震強度偽装事件やライブドアグループの証券取引法違反事件など社会的に注目される事件が相次ぎ、検察の仕事がクローズアップされていることがあり、庶民のうっぷんを晴らすべく、きっちり悪を斬る久利生再登板が決定。フジテレビでは「時代がHEROを復活させた」と説明している。
フジテレビさん、ある意味「元気」ですねえ(^^;)。
まあ狙いはよくわかりますし、ろじゃあも実に楽しみでございます。
まあ、どこにもどってくるかとかは脚本家の問題で、たぶん相当なプレッシャーのもとでお書きになってた(ひょっとして「る」かな?)のでしょうから、あまりつっこみませんが、個人的にはろじゃあの好きな児玉清さん演じる鍋島利光氏との関係が少しはまた触れられるのかどうかというのが楽しみで。
ところで、

Continue reading "児玉清さんとの関係が気になる(^^;)・・・HERO復活だそうで"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豊和銀行に公的資金とのこと・・・ペイオフ完全実施後の地方公共団体と銀行の関係

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

YahooNews豊和銀に公的資金投入へ ペイオフ解禁後初めて

過小資本に陥る見通しになった第二地方銀行の豊和銀行(大分市)は28日、公的資金投入の申請を検討していると発表した。申請額は100億円規模とみられる。
 与謝野馨金融相は同日の記者会見で「何らかの方法で資本充実を考えた方がいい」と指摘。申請があれば前向きに検討する姿勢を示した。
 豊和銀は西日本シティ銀行(福岡市)にも、将来の経営統合を視野に、30億円程度の増資引き受けを要請した。
 資本注入は地域金融機関の経営強化や再編を支援する金融機能強化法を活用する。公的資金が投入されれば昨年4月のペイオフ全面解禁後の第1号となる。
 豊和銀は金融検査で不良債権処理の大幅な積み増しを迫られ、2006年3月期決算で自己資本比率が国内行の基準である4%を下回るのが確実になった。このため金融庁は早期是正措置を発動し、豊和銀に資本増強と業務改善を求める。
新聞のトップにもありましたが、地銀への公的資金の投入ということになるとペイオフ完全実施後初めてということになるんでしょうな。
ろじゃあが興味があるのはちゅうか調べないとなと思うのは

Continue reading "豊和銀行に公的資金とのこと・・・ペイオフ完全実施後の地方公共団体と銀行の関係"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

座標の中のろじゃあ・・・モバイルSuicaちかいたいなあ(←実は本音)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

我々はますますマトリックスの中にいる
   (←佐藤浩市氏風に←こればっか)

最近いたるところでSuicaが使えるようになり、JRによるこの分野での覇権は揺るぎないものになりつつある。
利用者からみると便利になっているのも確かで晴れ屡や晴れ屡や(←ハレルヤと入れたかったの)である。
携帯との連動もより緊密になりモバイルのひとつの形を謳歌しているというところだよなぁ。
誰も彼も東京駅の勧誘のスペースで契約してたりするじゃん・・・べんりだよねえ、唐沢さん(笑)
・・・って状況は偏屈モノのろじゃあは窮屈に思うのだ。
便利であることの対岸に

Continue reading "座標の中のろじゃあ・・・モバイルSuicaちかいたいなあ(←実は本音)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜三月散歩道・・・そこはかとなく切なく漂う狂気に誘われ

井上陽水のアルバムで一番最初に聞いたのが「氷の世界」で、その中で中学生のろじゃあにとって異様な雰囲気の歌詞だなあと思ったのが実はこの曲だったんですね。
桜が狂い咲きをするのは理解できるんだけど「人が狂いはじめるのは三月」という歌詞が前半の歌詞と結びつくというのがなかなか違和感がとれなくて・・・

ねえ、君 二人でどこへ行こうと勝手なんだが
川のある土地へ行きたいと思っていたのさ
街へ行けば花がない 街へ行けば花がない
今は君だけ思って生きよう
すごく切ない曲だなあと思って聴いているとこの次に畳み掛けるように音が集中してそして、なんかちょっと狂気がそこはかとなく漂い始めるんだよね(と少なくとも当時は思っていた)。
3月4月5月

Continue reading "桜三月散歩道・・・そこはかとなく切なく漂う狂気に誘われ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何で今年はこんなに寒いんだか・・・天候デリバティブはどうなっとる?

地方にもよるのでしょうが、何で今年はこんなに寒いんでしょうかねえ。
もうゴールデンウィークに入るっていうのにねえ。
ろじゃあはデブのくせに、寒さには弱いところがありまして、ホントは皮下脂肪そんなに溜め込んでいないんじゃないかって密かに思ってたりするんですけどねえ(←ないない)。
これだけ、ちょっと気象の傾向が例年と違うよなあと思うと、天候デリバティブとかどんな感じになってるのかなあとかって余計なほうに興味が行ってしまいますねえ。
最近は銀行が損保と提携して、自らは損保会社と事業会社等との間を媒介する形で天候デリバティブ取引に関与することが多くなっているんですねえ。
こんなところがHPに天候デリバティブを掲げていますね。
伊予銀行
池田銀行
中京銀行
静岡銀行
こうみると

Continue reading "何で今年はこんなに寒いんだか・・・天候デリバティブはどうなっとる?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2006

どこもかしこも新しい枠組み対応で大変だ

granndeさんのブログtoshiさんに導かれて行ってみたら

最近の自分の仕事を振り返ってみても、
監査よりも内部統制構築支援業務の比重が高まってますし。
ちなみに、お仕事のご依頼をいただいたとしても、
もう無理です、死にます、半年先までギチギチです(笑
とのコメントが。
でもちゃんとブログの更新はなさるところがやっぱりプロですよね(^^;)。
お二人ともなんかほとんどかつての資料版商事法務の機能まで担い始めておられるのではなかろうかと。
これブログを通じた

Continue reading "どこもかしこも新しい枠組み対応で大変だ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金融庁による三井住友銀行に対する行政処分

正式に出たようですね。
株式会社 三井住友銀行に対する行政処分について
処分の理由については次の三点が挙げられています。

(1)平成14年から平成16年までの間に販売に取り組んだ金利スワップ商品4件について、公正取引委員会から私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独占禁止法」という)第19条(優越的地位の濫用)の規定に違反するものとして具体的に指摘されこれを応諾し、同法第48条第4項に基づく勧告審決を受けたこと。
(2)(1)を踏まえ、銀行法第24条第1項に基づき発出した報告命令に対する三井住友銀行(以下「当行」という)からの報告によると、公正取引委員会から指摘された上記4件に加え、当行の調査において、当行法人営業部で平成13年度から平成16年度の間に販売に取り組んだ金利スワップ商品を中心として優越的地位の濫用事案(懸念事案を含む)が少なからず認められること。また、金融商品の販売等に関する法律上の説明責任を含む法的責任懸念事案も多数認められること。
(3)公正取引委員会ないし当局により、金融業界を取り巻く環境変化に伴う独占禁止法遵守の重要性が再三警告されているにもかかわらず、実効性ある対応を怠っていたこと。
この中で金融業会で仕事をしておられる方々がコンプラの観点から留意しとくべきは(3)なんでしょうねえ。
なお、(2)からうかがい知ることができるのは次のようなポイントではなかろうかと。

Continue reading "金融庁による三井住友銀行に対する行政処分"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ふ~んってぐらいの話だが・・・狙いすぎじゃねえの?空振りだぞ(^^;)

YahooNews宮里“ミニスカ”本番プレー「どうですか?」

藍、衝撃の新ウエア披露-。米女子ツアー第8戦「ギン・クラブズ&リゾーツ・オープン」(リユニオンC)が27日、開幕する。日本の宮里藍は26日、プロアマ戦を「生まれて初めて」のミニスカート姿でプレー。「本番でもはく」とまんざらでもなさそうで、気分一新、大会へ臨む。
 この日の宮里は、紺のボーダーシャツに、ヒザ上丈の紺のミニスカート姿で現れ、やや低めのアングルから「その瞬間」を狙うカメラの放列を前に、いつも通り、豪快にヘソを出し、ティーショットを放った。
 「中はパンツ(短パン)なので…」と、実はキュロットなのだが、「プレーでは、はいたことがない」という初体験。ホールアウト後には、「どうですか?」と取り巻く報道陣の顔色をうかがい、「今後は本番でもはくつもり」と、上々の感触を得たようだ。・・・(略)
どうでもいいが、この
宮里“ミニスカ”本番プレー「どうですか?」
ってタイトルはウケを狙いすぎじゃないか(^^;)。
きょうび、この程度でこの手の記事読む奴もおるまいに・・・。
「どうでしょう」本家の大泉洋さんだって「どうですか?っていったってオマエ、こりゃダメだよ~」とかって言いそうだぞ(^^)。→「水曜どうでしょう」のHPはこちら→ここをクリック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金融機関の優越的地位の濫用と金融商品の販売・・・行政処分なんですか、ついに

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。
YahooNews三井住友銀 西川前頭取処分へ 金融商品強制販売 役員報酬を返還

中小企業向け金融派生商品(デリバティブ)の販売で優越的地位を乱用したとして金融庁から近く行政処分を受ける見通しとなった三井住友銀行は二十六日、当時の経営トップだった西川善文前頭取(現日本郵政株式会社社長)に対し役員報酬の返還を要請することを含めた関係者の処分について検討に入った。
 金融庁の調査の結果、問題のデリバティブ販売は平成十三年から十六年にかけて少なくとも数十件行われていた。金融庁は法令順守や内部管理体制の不備を問題視し、二十七日にも三井住友銀に対し一部業務停止を含む行政処分を下すが、西川前頭取らの経営責任の明確化も求める方針。・・・・(中略)・・・三井住友銀は昨年十二月、公正取引委員会から優越的地位乱用の独禁法違反行為があったとして排除勧告を受けた。同行は不良債権処理費用を確保するため厳しい収益ノルマを営業現場に課していたとされ、同行でも当時の経営トップの責任明確化も避けられないと判断したとみられる。
ろじゃあも昨年の夏から何度かとりあげているように(8月10日「公取委、三井住友銀に報告命令…地位利用で商品販売?」、11月30日「デリバティブと金融機関の優越的地位の濫用」)本件では公取により是正措置がというお話があり排除勧告がでてた訳ですが、この報道によると金融庁からも行政処分があるということなんですね。銀行実務における「微妙さ」については

Continue reading "金融機関の優越的地位の濫用と金融商品の販売・・・行政処分なんですか、ついに"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

不動産の証券化と受託者のコンプライアンス・・・信託受益権譲渡の承諾と受託者の責任?

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

YahooNews新生信託銀に業務停止処分 金融庁

金融庁は二十六日、不動産の証券化業務で受託した不動産の審査がずさんだったとして、新生信託銀行に対し不動産管理処分信託の新規受託業務を五月十一日から一年間停止するよう命じた。同庁は新生信託銀の内部管理体制を問題視しており、責任の明確化や法令順守体制の確立を求める業務改善命令も出した。
 金融庁は昨年九-十一月にかけて新生信託銀に立ち入り検査を実施。同信託銀が不動産証券化業務で受託した不動産の審査・査定を怠り、建築基準法に違反する不動産などを過大に評価して証券化し、投資家に損失を与えかねない営業をしていたことが判明した。
 同庁は六月にも信託銀行の監督指針を改正し、受託資産の適切な審査を義務付ける方針だ。
先般、ろじゃあのエントリー「証券化取引と信託銀行のコンプライアンス」でもとりあげましたように、JPモルガン信託銀行が不動産の証券化案件の証券化対象不動産の評価等の点で法令順守や内部管理体制に不備があったとして、一部業務の停止命令と業務改善命令を金融庁から受けたわけですが、

Continue reading "不動産の証券化と受託者のコンプライアンス・・・信託受益権譲渡の承諾と受託者の責任?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レアなフィギュアとファンドの与太話

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

先日こんな夢を見た。
ある方から相談された話。

私のことを○○○○ちゃん人形とかいってすごく有名なフィギュアのアーチストに作成依頼かけて限定四九体作って、それを他愛もない普通のファンドの募集時に勧誘用の景品にしたら「その筋のコアな投資家」に絶対商売になるのでフィギュア作らせてくれって人がいるんですけど・・・
ろじゃあの答え
誰ですか?そういうろじゃあレベルの感性で金融商品を組成しオタな投資家相手に活かそうとしてる人は?(^^;)
それはともかく
 

Continue reading "レアなフィギュアとファンドの与太話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アメリカ勢のために・・・これがマークXのCM

悪童さんからのコメントに

しかし、こんなん書いていてアメリカ勢から「わからんぞ!」と怒られそうですね。AERAからの新規読者のためにも、チト自粛を
と書いてありましたが、自粛されると困るので、アメリカ勢の方々(悪童さんのことなのでにょぶろさんとか47thさんを想定されているのではないかと)のために佐藤浩市主演のMARKXのCMを。
ここをクリックして「マークX」をクリック
最新版しかアップしてないようですけど、悪童さんが触れてた「部長頭下げすぎ編」とすぎ様が触れてた「ピアス編」は確かにまた見てみたいなあ・・・。
ちなみにこの最新版の
「無理言うなよ」
って台詞にかっこいいと言えるかぞわぞわとするかはやはり趣味の問題かもしれませんな(^^;)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

神田先生のありがたいお話・・・流動化証券化協議会にて

流動化証券化協議会の第二回の総会が開かれるということでもぐりこんでまいりました。
ラッキーなことに東京大学の神田秀樹教授の講演があり、金融商品取引法(いわゆる投資サービス法)と改正信託法案のお話を聴いてまいりました。
証券取引法が発展的に解消され金融商品取引法となるわけですが、銀行・保険の取り扱ってきた商品以外の金融商品に「もれ」をなくす形で「柔構造的に」対応できるようにするということで証券業の皆様はもちろん、それらの金融商品を取り扱う方々は皆何らかの形でこの法律の枠組みを踏まえてお仕事をすることになるというわけですな。
金融の分野でお仕事されてる方々にとっては金融ビッグバン以降の第二弾の大規模な法的枠組みの改革ということになりますので、しばらくは企業における新会社法対応と同様にこの法律対応でなんだかんだと大変なことになるのではなかろうかと思います。
ろじゃあの印象としては、

Continue reading "神田先生のありがたいお話・・・流動化証券化協議会にて"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2006

週刊現代がつまらなくなるかなあ・・・大橋巨泉氏の内遊外歓が終了

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

はっぱふみふみ
といっても今の方々は何のことかわからんでしょうね。
ろじゃあだってパイロット万年筆の宣伝が流れてた頃はかろうじて意識があるぐらいの幼年時ですから、詳細など覚えているはずもなく、あとからいろいろな番組やら何やらで流れてきた映像などで記憶が更新されているだけなのだとは思うんですがね。
その「はっぱふみふみ」の生みの親、大橋巨泉氏の「内遊外歓」はろじゃあが毎週読む週刊各紙のエッセイのうちの欠かさず読む2つのうちの一つでございます。
それが今週号でいきなりの打ち切りとのこと。
大橋氏の筆によれば、打ち切りの知らせが新しい編集長直々ではなく担当者からの連絡のみだったとのことでこのような非礼は許し難いので申し出のとおり連載を終了させていただくというものでございやした。
個人的には、この世代の爺さんたち(←巨泉さんには怒られそうですが)に勝手にしゃべらせるだけの度量をもっていた方がいいと思うんだけどなあ。
この手の爺さんたちと折り合いがつかない編集長というのも考えもんだよなあ(とはいいながらこのいきさつについて大橋氏が記すことを許容するというのはそれだけまともだとは思うのですがね。もっとすっとこどっこいな輩ならそれすら朱を入れさせるしょうから)。
大橋氏は

Continue reading "週刊現代がつまらなくなるかなあ・・・大橋巨泉氏の内遊外歓が終了"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冷凍みかんはどうたべる?・・・冷凍みかん続報

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

ろじゃあにとっては未知の食べ物、それが冷凍みかん。
「磯崎さんのよく読むブログネタ」で47thさんのところからのアクセスが増えてるのは理解できるのでありますが、それ以上に「冷凍みかん2題」が全アクセスの10パーセントを占めているというのはどういう訳なんだろうか?(^^;)。
訳がわからんわい。
ところでまいどおなじみのMaffyさんから次のようなコメントが。

・・・え”???
「冷凍みかん」って、そのまま(凍ったまま)食うもんだと・・・。
解凍したらグズグズになりそうな気がするんですけど????
製造側のご配慮注意書きなど目もくれず、買ったたら即食いしてましたけど、あたし。
ま、ちょっと融け始めたぁぐらいが美味しいかも~~。
う~ん、実際どうやって食べるのがいいんだろう・・・。
あんなに凍ってるものをあのまま食うというのはバリバリとかじるということなんですかねえ。
それとも実際にはそれほど固くなくてしゃりしゃりとシャーベットを食するように食べられるものなのでしょうか。
カルピスを製氷器に入れて

Continue reading "冷凍みかんはどうたべる?・・・冷凍みかん続報"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

佐藤浩市という「旬」

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

なんかしらんがNHKの早朝の番組にゲスト出演してたり、今週号のアエラの表紙になってたり(これがまあ渋いこと渋いこと・・・ねえ、悪童さん)、某社の車のCMで部下の女性に告(コク)られてたり、けものみちでワル演(や)って主演女優よりもキャラがたってたり・・・。
目立ってますなあ、佐藤浩市さん。
なんか番宣の関係ででまくってるって感じでもなく、自然にいい味が出ておるのではなかろうかと。
NHKの「続・続事件」とか映画の「青春の門」の頃はどっちかってえとTOKIOの長瀬智也君と同じようなとんがった印象があったわけですが、最近は善玉・悪玉どちらでもしっくりくるといういいポジションにいるのではないかと思います。でも同世代の役者さんの中ではなんだかんだと存在感あるよなあ・・・たしか、ろじゃあよりちょいちょいちょい上ぐらいの年齢なんっすねえ・・・すごいなあ。
上記のインタビューでは自分が弱さを持ってるから

Continue reading "佐藤浩市という「旬」"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 25, 2006

冷凍みかん2題

先日近くのSATYに行って食料品売り場の冷凍コーナーで冷凍みかんを見つけた。
そうかキオスクだけじゃないんだととたんに不機嫌だったのも忘れて小躍りするろじゃあ。
さっそく手にとって見ると4つ入り。
うん、家かえって喰おうということになったんだが・・・はたとひとつの疑問が。

どうやって食べるんだろう?
恥ずかしい話であるが、キオスクの味付ゆで卵のエントリーで書いたようにろじゃあはまだ冷凍みかんを買って食べたことがないのであった。
とはいえ悩んでいても仕方がない。
だからひっくり返して品書きのところに食べ方が出てたので見てみたのだが、そこには2つの方法が書いてあった。
ひとつは自然解凍させて召し上がってくださいとの記述が。
そしてもうひとつを見てぶっ飛んだ・・・

Continue reading "冷凍みかん2題"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

梅田の街の串カツ屋さんは大丈夫なのだろうか・・・阪神阪急大連合?

今日、別件で買って来たアエラは結構読みでがあってよろしいおますな。
特に、阪神電鉄株のTOBで話題になってる阪急HDとの関係では、「梅田ヒルズ誕生の日」という記事がおます。
これ、関東モンのろじゃあからしますとそうかあそないな話があったんですか・・・ちゅうかんじの話がてんこ盛りで(・・・てほどでもないですけどな)。

しかし、toshiさんところの「タイガースとタカラヅカ」ちゅうエントリーにコメント書かせてもらいやした通り、

2011年に大阪駅北口のJR西日本による28階建てビルに三越が入ること、阪急も梅田阪急ビルの建替えにより地上41階の構想複合ビルになること
は知りませんでしたし、そして
阪急・阪神大連合」として西梅田地区も取り込んだエリア一帯の開発ができれば六本木ヒルズ顔負けの「梅田ヒルズ」だって実現する
とこの記事がコメントしていること(←「梅田ヒルズ」というのは一応喩えのようです)は正直言ってちょっちょびっくりであります。
あと、

Continue reading "梅田の街の串カツ屋さんは大丈夫なのだろうか・・・阪神阪急大連合?"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ブログのタイトルと趣味・好み

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

磯崎さんをはじめとしたアルファブロガーの記事が出てるというので久方振りにAERAを購入。
なるほど、磯崎さんのおすすめブログのところで

ふぉーりん・あとにーの憂鬱
本石町日記
はぐれバンカーの呟き~人生マルチンゲール~
債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら
法務の国のろじゃあ
という感じでならべてくださってたのでございますか。
なんか恐縮しちまいますな。
ホントにありがとうございます。精進精進(^^;)。
記事には磯崎さんのお顔を含めた写真も載ってて、

Continue reading "ブログのタイトルと趣味・好み"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

タリラタリラパフトララトララ・・・馬術大会

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

知らぬ間に娘が馬術協会の馬術大会に初出場。
ジュニアの部でメダルと賞状もらたようでろじゃあびっくりインドカレー。
「乗馬」としては3月からはじめたばかりなんだけどね。
長靴・ブレザー・白のキュロットに乗馬帽という初の乗馬服フルセットで2種目に出場、颯爽とクロスバーの方もこなしていたとのこと。
見たかった(;_;)。
そして見せたかった(T_T)。
タイトルの

タリラタリラ パフ トララトララ

Continue reading "タリラタリラパフトララトララ・・・馬術大会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わたしの中のよからぬモノが・・・「よからぬブルース小泉今日子」

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

キョンキョンはいつまでキョンキョンなんだろうか・・・この綺麗さと可愛らしさときたらもう・・・。
なんたって

「わたしの中のよからぬモノが」
の次が
「ジョジョビジョバァ」
である(;^_^A。
他のアイドルでこのキャッチに耐えられるアイドルがおるか?
山手線の中に貼ってあるサントリーのDAKARA(ダカラ)のポスターであるが、湯上がりだかプール出たてだかわからんが、

Continue reading "わたしの中のよからぬモノが・・・「よからぬブルース小泉今日子」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2006

大丈夫なのか国益のための人材

YahooNews国家公務員1種試験の申込者、景気回復を反映し大幅減

人事院は24日、2006年度国家公務員採用1種試験の申込者数が前年度比15・6%減の2万6268人で、過去最低となったと発表した。
人事院は「景気が回復に向かい、民間主要企業が大卒者の採用意欲を高めている」と見ている。
申込者は男女別では、男性が1万8472人、女性7796人。女性の比率は29・7%で過去最高を4年連続で更新した。
系統別では、法文系が1万7237人で12・8%減だったのに対し、理工系は6721人で20・6%減、農学系は2310人で19・6%減と大幅に減った。
1985年に始まった現在の試験制度では、バブル経済の真っただ中だった89年の2万7243人が、1種試験の申込者として最少だった。90年代にバブルが崩壊した後は、公務員人気は高い水準を保っていた。
減少率だけ見てバブルの時と比較するだけでは事の本質を見誤るのではなかろうか。
小さな政府?も結構であるが、この減少傾向が仮に継続するとしたときその原因に日本の国益のために「最低限」必要な高級官僚候補生の確保に影響がないかというところまで思いをいたす必要があるのではなかろうか。

Continue reading "大丈夫なのか国益のための人材"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出資法と利息制限法(ようやくイントロ)・・・グレーゾーン金利をめぐるブログ界での激論?の行方(^^;)

金融庁の懇談会での中間整理が出たようですが、座長をはじめメンバーを見ていただくとわかるのですが、銀行及び金融制度を巡る各種枠組みの整備を行うにふさわしいそうそうたる方々がメンバーになっているので驚いた方も多いはずです。
その一方で年度変わり前後からブログ界においてもアルファブロガーも含むそうそうたる経済系・法律系の論客による議論が交わされているのは皆様方もご承知のとおりです。
意外なのは懇談会での議論の多数意見とされているらしい方向性とまったく逆といってもいい方向感が意外なほど多く主張されていることです。マスコミの方々もこの手の懇談会の内容を報道する際にはいろいろなものを参照されると思うのですが、磯崎さんのようなアルファブロガー、47thさんのような国際法務のプロのブログで書かれている内容がここまで懇談会での議論とちょいと違う方向になってると立場上???マークが出てくるところもあるかもしれません。PSE法におけるようにブログやネットからの議論が最終的に一定の支持を得て方向感が調整されたような例も出始めておりますので、今回の議論が同種の議論になり得るのか?と考えている方々もおられるかもしれません。
ろじゃあはここ数週間のエントリーで触れたように身内の不幸の関係でタイムラグが出てしまい、議論に追いつくのが精一杯というのが現状ですが、国民の色々な立場からの開かれた議論とフェアコメントに対する説得性という観点からも今回の議論が

Continue reading "出資法と利息制限法(ようやくイントロ)・・・グレーゾーン金利をめぐるブログ界での激論?の行方(^^;)"

| | Comments (5) | TrackBack (3)

「AERA」の記事に?

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

磯崎さんが今週月曜発売の「AERA」の記事に「アルファブロガー」の1人としてお出になってて、その中で個人的によく読むブログにろじゃあのブログを採りあげてくださっているとのこと。
非常に名誉なことでございますm(_ _)m
まだ現物を見てないのでなんともというところもあるのですが、そちらの記事をご覧になってお越しいただいた方がおられましたら、せっかくですのでバックナンバーなぞもお目通しいただければと。
「法務部いろいろ」シリーズとか、耐震偽装、平成電電、なぞいつの間にかシリーズになってるものもございますし、「法務の国の」とついてながら「野球の国」やら「音楽の国」、「推理小説の国」、「映画の国」、「???の国」としないといけないんじゃないかと思われるようなエントリーの割合が結構多いというのもなんともはや・・・。
今後とも宜しくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2006

ワープロ談義でなんたらかんたら

ほにゃらかと言えば久米宏。
なんたらかたんらと言えば中島みゆき(^-^)。

「レジュメ、ワープロで作ってました?」という左隣のいっこ上のおにいさんからの問い掛けからそれは始まった。
「えっと学部時代からワープロで作ってたと思いますよ」とろじゃあがいうと、
「ろじゃあさん、年齢偽ってません?あの頃ワープロ、あんまり出てなかったでしょう?」と右隣のいっこ上のおにいさんから異議が。
「いや、オアシスの初期のちっこいの使ってましたよ、液晶に一行ちゅうか数文字しか表示されない奴」
「ぼくのは2行だった」とすかさず左隣から。
一同、ありましたねぇ、そういえばという感じ。
「修論、ワープロOKでした?」と左隣が言ったとこからもう止まりません、ワープロ談義(;^_^A。
ろじゃあは入社前に修論を出してるんですが、

Continue reading "ワープロ談義でなんたらかんたら"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久々に磯崎さんと・・・改正信託法案件をめぐるお話

(一部加筆訂正:24日)
久々に磯崎さんと某会合で同席させていただき久々にお話をいたしますた。
相変わらず研究熱心でいろいろと個人的なお願い事も頼んでしまったりして。
それにもかかわらず明るくご対応頂き多謝多謝でござります。
しっかし改正信託法をめぐる問題は、証券化関係の問題はもちろんのことセキュリティ・トラスト関係でもそもそも

債権と抵当権の分属の問題
について民法上のそもそも論の問題や倒産法上の問題など自分なりに整理しないといけない問題が盛り沢山やなぁと改めて再確認した次第。
あんまり不動産関係での証券化の問題は深入りしたくないというのが実際なんだけどなあ・・・めんどくさいから(^^;)。
とはいっても代紋しょって仕事してる限りは善管注意義務は果たさないといけないしなあ・・・。
やっぱりゆっくりと感傷に浸っている暇はないよなぁ・・・(T_T)。
さて 

Continue reading "久々に磯崎さんと・・・改正信託法案件をめぐるお話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2006

ある筋から聞いた話

どうということのないトリビアですが

中央大学法科大学院にある飲み物の自動販売機にはリポビタンDが入っているものがある
らしい。
さすがだなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2006

「旅は創作の宝庫」ねぇ(;^_^A

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

4月号の「トランヴェール」に内田康夫氏が表題に掲げたタイトルのエッセイを書いている。
旅好きが嵩じて「旅情ミステリー作家」と呼ばれることになったとした上で、作品を書く発想の秘訣としては、「出版社から依頼があると、とりあえずどこかへ旅をすればいい」という。
いいよなあ・・・と思いながらも(^^;)、ちょいとした疑問が。
前から思っていたのだが同じ旅や地方を題材や契機とするミステリーのベストセラー作家でも松本清張氏と後の世代の西村京太郎氏や内田康夫氏らとではどうも旅情性と創作環境との関係が異なるような気がするのである。
松本清張氏は、「点と線」などの作品については、時刻表を見ながら実際に物語り世界を机上で想像力により構築していた時期が長そうな気がする。だいたい、全盛期の氏は旅に出る時間も実際にはあまりとれなかったのではなかろうか。
それに対して日本が豊かになった後に

Continue reading "「旅は創作の宝庫」ねぇ(;^_^A"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

個人ベースのレピュテーションリスク?

このエントリーは公開時刻自動作成機能によりエントリーしています。

先日とあるところに行くために新幹線に乗ったろじゃがいたと思いなせえ。
たまたま混雑してて指定もグリーンも満席だったもんで、「こういう時に限って始発駅からは自由席はなんとかなるおちゃんの法則」に従っての自由席の3人がけのC席(通路側)に座っていたのでありやすが・・・。
途中駅からどわどわと乗ってきたので隣に座る人がきたら入れる準備をしていたところろじゃあの右足を何かがつついてきたんですな、これが。
一瞥すると高そうな黒革の鞄でなおも右足をとんとんするおじさまが。
「なにか?」と尋ねると無言で顎をしゃくりながら目を隣のB席にやっておりやす。
んで、仕立てのよさそうなグレーの背広の襟元には日本を代表する大企業のバッヂが。
声を荒げるのも大人気ないと思いつつ、

Continue reading "個人ベースのレピュテーションリスク?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「銀魂」ねえ・・・まあいっか(^^;)

「ぎんたま」と読みます(^^)。
息子がここんとこ読んでるなぁと観察してたのが週刊少年ジャンプのこの作品。
いやいやこれを小中学生が読んでいるんかぁという内容。
基本的にはギャグ漫画なんだろうがハードボイルドなSFにもなっていると。
内容についてはまた触れるとして、感想として3点ほど。

・銀ちゃんの目元はこりゃコブラじゃな。
・この作者、女の子のキャラの表情が江口寿史大先生の世界。
 ろじゃあは好み。
・「ニッチもサッチモどっちもブルドッグ」とか当たり前に出てくるが今の小中学生どころか大学生もわからんだろう、これは。フォーリーブスだぜよ。それともジャニーズ系でカバーしたのってあるのかな?
こう書くとおバカ系かいなという印象をもつかもしれませぬが、内容的には日本の現状の政治経済状況及び失われた10年への認識を踏まえた為政者に対すると思しき?ハードボイルドな問いかけも結構あり。
ろじゃあぐらいのおじさんでも結構楽しめる内容になってます。
ちゅうか・・・ろじゃあのブログの方向感と方法論的には近いかも・・・。
←意味不明の方のが多いでしょうね。それで結構です。はい。
作者というよりは例によって編集担当者のテイストが結構反映されているのではなかろうかと(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2006

新会社法821条の検索が多いの新学期のせいか?(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。
なんかしらんが4月になってからブログの検索ワードの上位にまたぞろ「新会社法821条」やら「擬似外国会社」が入ってきてるが、これは法学部や法科大学院で商法の授業で、新会社法の話するときにセンセたちが「まくら」として擬似外国会社のドタバタの件でも話してるせいなんかなあ?(^^;)。
んでなかったらこんな言葉、授業でだってそうそう出てくるもんじゃないものねえ。
まあ、ある程度需要があるのなら今までろじゃあがエントリーした奴まとめて掲げときますか。
Yahooでエヴァンゲリオンがまたぞろなんか注目されてるみたいだし、「サービス、サービス!」(ってこれも通じない世代が増えてるんだろうなあ・・・)。ただし既に解決されてる問題もあると思いますので割引を忘れずに(^^;)。
新会社法で外資系証券が撤退?
新会社法案第821条(擬似外国会社)の件
弁護士事務所のセミナーに注目集まる・・・擬似外国会社問題
法律問題と商売・・・新商法821条問題つづき
20日の821条セミナー異聞
会社法成立と擬似外国会社・・・附帯決議で万全?
会社法成立と附帯決議の項目第16番・・・昨日の擬似外国会社関係の補充
擬似外国会社の議論は落ち着いたのかなあ・・・擬似外国会社と貸金業法の履歴開示義務
SPCが擬似外国会社とならない基準・・・ファンドとかはどう考えるんだろか?(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「所謂、企業法務ですか?」・・・う~ん(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。
ドキュメンテーションスペシャリストさんから以下のようなコメントを頂いておりました

以前、ろじゃ様に生保のコンプライアンスについてアドバイス頂いた者です。企業法務に就きたいのですが、経験者しか採用がありません。ただ、金融機関の「ドキュメンテーションスペシャリスト」と言うのは3件ぐらいスカウトメールを頂きました。私が帰国子女+法学部だからでしょう。ところで、この「ドキュメンテーションスペシャリスト」とは所謂、企業法務ですか?とりあえず、ココから入って企業法務に転職なんて出来るのでしょうか?「ドキュメンテーションスペシャリスト」=「企業法務の契約業務」なのでしょうか?お忙しい所すみませんが、アドバイス頂戴できませんでしょうか?
身内の不幸の件もありコメントが遅れていたのですが、この手のコメントを質問の形でつけるとしたらも少しふさわしいエントリーは書いておりますのでそっちにコメントという形でつけるようにしてくださいね。人によってはたびたびこの手のコメントの付け方し続けますと永久放置か即削除だと思いますので他のブログでは気をつけたほうがいいとおもいまふ、と余計なお世話の老婆心。
んで、このご質問なんですけど、
所謂、企業法務ですか?
というのが気になるところでございますな。

Continue reading "「所謂、企業法務ですか?」・・・う~ん(^^;)"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

笑えたタイトル:「諸君!」それでも「正論」か

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

「諸君!」それでも「正論」か
思想信条を抜きにして笑ってしまいますた(^^;)。

「論座」が5月号で特集としてこのタイトルを掲げているようですねえ。
→目次はこちらをクリック
挑戦的なタイトルではありますが、どんな感じになってるやら。
今の状況ならこの手の話を特集で組むなら(以下いろんな意味で)西尾幹二氏、宮城哲弥氏、福田和也氏やら小林「よしりん」よしのり氏あたりを巻き込んで議論したほうがいいんではなかろうかと。
筑紫哲也さんが入ってくれるかどうかは別でしょうが(^^;)。
西部邁氏が入っているのはそういう意味合いなんですかねえ。
小沢さんが出てきたことの副産物なのかどうか・・・言論界もいろいろな動きがあるようでございます。
法制度の改廃との関係では決してこれらの分野も無関係ではなく・・・まあモニターせざるを得ませんな。
・・・といいつつ、「投資家保護の穴をついた「悪意」  平成電電の抱える闇」という文章が載ってるようなのでちらっと読まないといけないのかなあ・・・ぶつぶつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

周防監督と裁判モノ・・・それでもボクはやってない

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。
YahooMovie10年ぶり周防監督がメガホン

映画各賞を総なめにした大ヒット映画「Shall we ダンス?」の周防正行監督(49)が、約10年ぶりに新作を撮る。映画「それでもボクはやってない(仮題)」で、痴漢事件を通して裁判制度を描く。コメディータッチのエンターテインメント作品に徹してきた周防監督が、初めて取り組む硬派作品で「僕が撮る社会派作品は僕も楽しみ」と話している。主演は加瀬亮(31)。東宝配給で07年公開。
 周防監督が新作のテーマにしたのは「裁判」。きっかけは3年前。電車内で起きた痴漢事件の判決の新聞記事を目にしたことからだった。「知っているつもりでいた裁判と日本の裁判は違った」と興味を持ち、取材を開始。「まじめに会社勤めをしていた人が犯罪者になってしまうような身近に感じられる事件を通して、裁判そのものを撮りたい」。取材を進めるうちにその思いが強くなり、足繁く裁判所に通ったほか、元検事、裁判官、支援者など、裁判にかかわる人々を3年かけて取材した。
そうかあ・・・もう49になっておられたのですなあ。
「Shall we dance?」で有名になりすぎちゃったなあとか、思ってたろじゃあは、むしろ若き日の「シコ踏んじゃった」とか「ファンシィ・ダンス」の頃の周防さんの路線というのもまたやって欲しいなあとか思ってたんですけど、裁判モノですか。
でも、正直楽しみです。
ろじゃあの頭の中では周防監督は、
岡野玲子さんの作品の監督

Continue reading "周防監督と裁判モノ・・・それでもボクはやってない"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 19, 2006

阪急タイガースということはないだろうがねえ(^^;)それよりも・・・

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

阪急HDによる阪神電鉄株の取得の報道がございましたなあ。
う~ん、関西の私鉄の大再編という評価は実際そうなんでしょうな。
しっかしそれだけじゃなく中心市街地の大規模・中規模の再開発の分野でも相当の可能性を秘めているともいえるんですかねえ、今回のお話。
こればっかりは在阪の方でないとなんともねえ。
ただ、梅田とかのエリアについては、素人考えでも、阪急と阪神がその気になりさえすれば相当の再開発が可能なのではなかろうかと。
まあ、東京駅の丸の内側みたいに三菱の丸ビル周辺の再開発なんかなあと思ってたらなんや知らんが外資系高級ホテルと外資のオフィスとそれなりのブティックが増えたなあって感じで、東京駅周辺REITがざくざくってな調子で同じように梅田とか大阪エリアでできるのかどうかって問題はありますがねえ。
どうせ、阪神と阪急の地盤を活かすのであれば地元の自治体にもあまり負荷をかけない社会的責任投資型のモデルとかを検討していただきたいものですなあ。
それにしても虎ファンとしてはちょっと素直に喜べない状況であるのは確かでしょうな。
全国の阪神ファンの方々は拮抗力を統合してバカなことが行われないようにモニターしなければ(^^;)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

平成電電の民事再生手続きの廃止

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

民事再生手続廃止及び保全管理命令のお知らせ
う~ん、先のエントリーで触れましたように4月の10日がひとつの節目だろうと見ていたのですが、こういうことになったわけですね。
しかも前日の17日付でHPには「ドリームテクノロジーズ株式会社に対するスポンサー契約に基づく資金支援の要請について」という文書がアップされていて。
当事者の主張はそれぞれでしょうから今後の推移を見るしかありませんが、結局民事再生手続きが廃止ということなんですな。
ドリテクさんはこの辺についてどのように一般に対して周知していたのかというと4月10日に再生計画について、16日17日と同社の立場についてHPでリリースを行っていますね。→IR最新情報のところを参照のこと。
保全管理人が河野玄逸先生ですか・・・結構大変な案件になるでしょうねえ。
といっても破産手続きに移行するということになるわけですから粛々と業務を行われるということなのでしょうが。
問題は今後の破産財団の取り扱いですねえ。いろんな意味で。
取り急ぎ備忘録として。
ITmediaNews平成電電、破産申請へ 支援中止で再生断念

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2006

天道是耶非耶(天道是か非か)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

教育テレビ高校講座世界史「なぜ歴史を学ぶのか」という回で、何故歴史を学ぶのかというテーマでイスラーム史が専門の歴史学者山内昌之氏(東京大学教授)が司馬遷の「史記」に触れて

天道是耶非耶
という言葉に触れておられました。
天の指す示す道は正しいのかどうか・・・これは世の中に「正義」はあるのかというところまでつながる・・・。
これが判らないから歴史を学ぶのだ・・・。
懐疑の精神にもつながるものでありますな。
どの分野でも社会科学や人文科学においては好奇心、客観性と主観性のバランスが大事ということだわな。
思えばろじゃあは歴史については山村良橘先生から教わってるときは積極的な姿勢で学んでた記憶がありますが、この歳になると不十分だなあと思うように最近なってきたのでござります。
失敗学というのがしばらく前から注目を浴びておりますが、学ぶべき失敗の宝庫としては月並みな考えではありますがやはり歴史というのは無尽蔵の宝庫なのではなかろうかと。
銀河英雄伝説のヤン・ウェンリー元帥が

Continue reading "天道是耶非耶(天道是か非か)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

湿度系?the sad sad planet

9th
とある都内の駅の某出口。
演奏している二人組に引き寄せられるろじゃあ。
いやぁ実に心地よいボーカルの女の子の声としっかりしたメロディ。
どこかしらマイ・リトル・ラバーを思い出させるところもあるがELTの持田嬢のわずかな「かすれ」が入り、もう少しりりしさの割合が高いながらも心に染み入っていく程度も高い・・・。
ライブのお知らせにあるライブのタイトルが

「絶対湿度」
なるほど。
不幸に接して

Continue reading "湿度系?the sad sad planet"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2006

インフレと少年ジャンプ

キオスクで文庫本を見てたら値段がいつのまにか結構高くなってるんだなぁと。
本屋さんで買うと推理小説やらなにやらまとめてカードで買うことが多いので気が付かなかったのでありませう。
傍らに目をやるとマンガのコミックスがほんのわずかながらなんとなく以前よりうすく感じられ。
この時点で強烈なデ・ジャ・ヴューが。
あれは昭和47・8年以降でありませうか。
少年ジャンプの誌面のページ数が段々減ってきたのでございます。
一番少ないときで214ページ位ではなかったでせうか。
紙代と印刷費の高騰とかが

Continue reading "インフレと少年ジャンプ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2006

♪ぼよよよ〜んと高ぁくぅ・・・えっ?これあの人が作ったの?

わからない方はNHK教育でおかぁさんといっしょをチェックしてみてくだされ。
お母さんといっしょHP
体操のおにいさんとお姉さんがだぶだぶの衣裳を着て熱唱してます。
NHKがこういう曲の作詞作曲にぜぜこを払うのはまったく問題ない。
元気が出るし、コード進行とベースランが実に泣かせる。
マーチなのに哀切感がサビの部分からあふれ出る感じでこの部分だけでも大人向きのヒットの可能性のある楽曲に仕上がってます。
どっちかというと今までならポンキッキの方から出てきてもよさそうな曲でございます。
作曲とアレンジ誰なんだろか?
と思ってよくみてみたら・・・

Continue reading "♪ぼよよよ〜んと高ぁくぅ・・・えっ?これあの人が作ったの?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

昭和天皇のご即位の号外と世界初のFAX?

所在なげに、親父が「帰ってきた」部屋でぽつんとろじゃあは一人で座っておりました。
どれぐらい時間がたったかわからないのですが、何の気なしにテレビをつけてみると木梨憲武氏がやってる番組で日本電気の研究チームが昭和の初期に「写真電送機」を使って毎日新聞の「昭和天皇ご即位」の号外用の御写真を電送するために獅子奮迅の努力をしたという話を紹介しておりました。
日本の技術は海外の物真似がうまいという風評に悩んでいた技術者の活躍の一エピソードなのでしょうが、ろじゃあは今まで聞いたことがなかったのでびっくりしてしまったのでした。
写真電送機・・・まあ今のファックスですなあ。
それを使ってそんなに大事な出来事に利用されていたというのはホントに驚きました。
帰ってきた目の前の父を見つめながら、広い意味での技術畑で仕事をしていた親父が生まれた頃の話だぞとつぶやき線香をあげつつ何ともいえない気分でまた親父の前に座っていたろじゃあなのでございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイフルの全店舗業務停止・・・厳しいのは確かですね

ニュースでアイフルの回収行為等における問題行為を理由として金融庁が業務停止命令を全店舗に出したという話が回ってるようですね。
これは早めにコメントすべきだったのでしょうがよんどころない事情でエントリーできず今日が初めてのエントリーっす。
実際にこの処分がどの程度大変な事態なのかどうかは一般の方々からするとわかりづらいところでしょうし、法務担当の方々からしても業態により業法の規制と罰則はいろいろですので必ずしもその辺は相対的なところでもあるかもしれません。
貸金業を営む業者からするとこの処分は相当厳しいのは確かでして、しかも全店舗というのは貸金業法が制定されてから数えるほどしかないはずです。しかも上場企業でこの程度の規制は通常はあり得ないものです。
それだけ、回収行為等における問題性が大きかったということだと思います。
ただ、テレビ等の報道に接しますと本当にあのような回収行為においてあのような言葉で接していたのだとしたら上場している会社の従業員の対応としては信じられないぐらいひどいものだと思います。
通常、コンプライアンスがしっかりしているというか法務部が法務部なりに機能している上場企業であれば、

Continue reading "アイフルの全店舗業務停止・・・厳しいのは確かですね"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

叫ぶ法務担当の会の件

15日午後4時半早稲田大学正門前集合としておりましたが諸般の事情で本日は

午後6時同所集合
とさせていただきます。 なお、ひまわりてんびんさんは出席が確定しております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2006

都合により不定期

事情により4日ほど更新がいつもより不定期になります。 いつも不定期じゃんとおっしゃらぬように(T_T)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2006

冷水機と特定郵便局と夏の午後の小学生

先日たまたま東京駅大丸に立ち寄りトイレを利用して階段で下に降りようとすると中二階?の所に見慣れたものが。
昔とあまり変わらぬ冷水機である。
即座に飲んでみる。
足元のペダルを踏むと左手の方から冷たい水が心地よく放物線を描く。
それを上から遮断するように口を潤すとどこか懐かしい清涼感が全身を包み込む。
昔、小学校からの夏の暑い日の帰り道、僕らは郵便局に寄らせてもらって、見るからに人の善さそうな若い局長さんに向かって 「お水のませて下さぁい」 といってから冷水機で水を飲ませてもらったもんでございやす。
30数年ぶりに先日その郵便局を通り過ぎたとき、初老のその局長さんが同じように働いておられるのをドアの窓越しに確認したろじゃあは何とも言えない懐かしさとともになんか愛着のある土地はやはりいいなあと先を急いだのでございました。
あの頃は

Continue reading "冷水機と特定郵便局と夏の午後の小学生"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「催眠商法」ねえ、まだあるんですねえ

YahooNews「代金1300万返せ」購入者が健康食品3社提訴へ

健康食品を医薬品と偽って無許可販売し薬事法違反の罪で有罪判決を受けた健康食品販売会社「ハートライフ」(札幌市)などを相手取り、「だまされて商品を買わされた」として、14人が健康食品の代金返還などを求め、計約1300万円の損害賠償請求訴訟を10日にも起こす。
 原告は、静岡県内に住む63~82歳の男女。ハートライフから商品を買わされた10人のほか、同様の営業手法を展開して役員らが有罪判決を受けた健康食品販売会社「セレブ」(熊本市)から買わされた4人。健康食品の製造会社「エヌアイテイ」(福岡県飯塚市)も提訴の対象とする予定。
 訴状によると、ハートライフは2004年11月、静岡県内に店舗を設け、「100円で米や洗剤などを販売する」といったチラシを配布。高齢者らを勧誘して商品説明会を開き、「脳卒中や脳梗塞(こうそく)に効く」などと説明し、エヌアイテイが製造した健康食品を買わせる「催眠商法」を展開した。
訴訟でどうなるかということでしょうからこの企業がどうのこうのというわけではないのであらかじめお断りしておきます。
なんであれ、ろじゃあが、一般論としていつも申し上げておりますが、お年寄りを食い物にするのはいい加減にやめましょうよ。
ホントに良心の呵責というものがないんですかねえ。
問題とされてきたこの手の「催眠商法」は昔からありますが、問題がある態様として最近は無料で品物を配るとかして会場に集めておいて集団に対していろいろなテクニックで商品を買うような気分にさせていくという形でご老人に対して行われているというのがここ数年問題視されてきていたところがあるわけです。

Continue reading "「催眠商法」ねえ、まだあるんですねえ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

父の魂

別にバット職人が出てくる野球漫画の話ではない(^^;)。

今、父親が病床で戦っています。
かなり弱ってます・・・でも最後の意地を見せているかのようにがんばってます。
みてられません。
巨人戦をテレビでみるのが好きだった父。
読売新聞しか決してとろうとしなかった父。
小賢しい経済理論を口にする息子を本気で諌めた父。
戦争がなければもっと自分の能力を活かせたはずの父。
戦争がなければ学歴で苦労することもなかった父。
それでも周りがその能力を放っておかなかった父。
現場で体を張ることの大切さと普通のことを10年単位で継続することの大切さを背中で語り続けた父
決して多くない収入をこつこつ貯めて家族と妻のため以外に金銭を使うことをしなかった父。
12年ぶりの「恥かきっ子」でありながら・・・

Continue reading "父の魂"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2006

この企画は民放こそが先鞭をつけなければ・・・NHK開き直ったな!エル・ポポラッチがゆく!!

ろじゃあはこういう発作的な企画は大好きです(^^)。
エル・ポポラッチがゆく!」
YahooNewsNHK1分ドラマ「エルポポ」人気沸騰…イメージ一新を表現 

NHKの1分ドラマ「エル・ポポラッチがゆく!!」がドラマ好きの視聴者のブログや同局のHPで話題になっている。エル-という謎の覆面レスラーが主人公で、出演者は鈴木京香(37)、鹿賀丈史(55)、的場浩司(37)…とたった1分にしてはぜいたくな俳優がズラリ。先月27日に始まったものの、1分だけに、目にすれば奇跡。“希少価値”にあおられ、注目度はアップするばかりだ。
 あれ? 今の何? 番組? CM? 気になった頃には、終わっているあっという間の映像。実はコレ、NHKが先月27日から放送を始めた“れっきとした”ドラマだ。
 主人公は覆面レスラー、エル・ポポラッチ(俳優は非公表)。エルポポが憧れるヒロインに京香、ジムのオーナーを鹿賀が演じるなど、1分ドラマとは到底思えぬスター俳優が揃い、7日までに全5話中の4話分が計15回、NHK総合と教育、BS2で流れた。
鈴木京香さまですよ、京香さま。
しかも、NHK自身、このCMをあまり宣伝してなかったらしい。NHKフリークのろじゃが深夜枠で見逃してるんだからなあ・・・ちょっと自信なくしちゃったなあ、ぽっくん(TT)。実際に・・・

Continue reading "この企画は民放こそが先鞭をつけなければ・・・NHK開き直ったな!エル・ポポラッチがゆく!!"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

緊急告知・叫ぶ法務担当の会

タイトルは「叫ぶ詩人の会」に敬意を表して(^^)。
ひまわりてんびんさんも新学期が始まり法務担当のみなさんも新しい季節に踏み出したところと思われますが、来る4月15日夕方発作的緊急集会を一方的に開こうかと思います。
場所は未定ですが夕方4時半くらいに早稲田大学正門前に集合し、ながれで語り合えればと。
最小催行人数はろじゃあ入れて2人。
どなたかいらっしゃれば実行っす(^^)。
したがってどなたもいらっしゃらないとたぶんろじゃあは

旅に出たくなる
と思いますのでどなたかは必ずいらしていただければと(TT)。
当日の移動の軌跡等は集合時間から1時間ほどは5分か10分程度のタイムラグでブログにアップ予定ですので当日はブログのURLを携帯にぶちこんでうろついていただければと。
土曜日だとちょっときつめですかねぇ。
ちなみにろじゃあの特徴についてのヒント。
ろじゃあはヒゲタくわえデブデブ症卑下もあるが。
当日の人相風体についてはブログに4時半ぐらいにアップしますのでご確認ください。
また当日はハンドル名を必ず名乗ってくださいね。続報を待たれよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

♪ワルワルワルワル奴はワル~♪・・・HOPPYサワーのCM

いやあ、ささきいさおさんかあ?この歌って感じのCMソングにのせて、くまさんだかわんちゃんだかの着ぐるみ着ておねえさんをはべらせるワルなキャラが、空手でブロックを「割る」はビール瓶両手に額で「割る」わ・・・ベタなCM大好き人間のろじゃあとしてはうれしいCMですねえ。
・・・と思ってたら♪割るなら~みんなで~ホッピ~サワ~っ♪ってさあ(^^;)。
ホッピーですか・・・。
ろじゃあも前の前の職場の頃にときどきひとりでいく飲み屋さんで飲んでましたねえ。
今も飲み屋さんにはあるところが多いと思いますけどビアテイストの炭酸飲料ね(^^;)。
あっ!検索してみるもんだねえ、CMあったわ(@@;)。
ろじゃあが観たCMはこちら→ここをクリック
ホッピービバレッジのHPはこちら→ここをクリック
HPを探検してもらうとCMソングの着メロも入手できます。
この三代目を目指しているという女性のキャラはちょっと引き続き注視かもなあ・・・(^^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Synchronized DNA・・・音遊人(TV東京)でみっけた

Rm610967b
朝からすごい番組やってるなあと思ってたらTV東京。
いやはやSynchronized DNAがすごいなあ・・・驚異のドラムユニットってんだけど、なんだカシオペアの神保彰さんやん。
もうひとりはごめん知らない・・・世代の問題かなあ。
ええと、則竹裕之氏・・・うん?この人、THE SQUAREのドラムだった人?
ずっと神保さんの追っかけやってて一緒にやることになったと。
途中、PE'Zの航さんもビデオレターで出てきたりして、やっぱり神保さんてフォロワーがたくさんいるくらいすごいひとなんだあ。
二人がまるで計算されたようにシンクロしてドラムから心地よい音を紡ぎ出しております。
う~ん、いいなあ、こういうの聞きながら原稿書くと快調だよなあ・・・
(どうでもいいが最近原稿に言及するネタが多いなあ)

Synchronized DNAのDVDが見つかりました→ここをクリック
観て聴いてみたいなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

「平気で」約束を破る人

世の中には「平気で」約束を破る人がいます。
ろじゃあも約束していたことの遅延(原稿とか(自爆))はときどき(??)ありますが「平気で」ではありませんし、多くの人がそういう場合は謝って理由を説明するものです。
ところがこういう場合に、悪いのは自分ではないと強弁する方がおられると同時にさらにはこれ以上ぐずぐずいうなら(←別にぐずぐずではなく真っとうなことをいってるだけなのですが)契約関係は終わりと言い張ったりする方もおられて。
これが恋愛関係ならまぁ関係維持を望むほうが奴隷ですので(;^_^A従うより他選択肢はないわけですが。
例えば、

Continue reading "「平気で」約束を破る人"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2006

ユダの福音書?あったんだ、そういうの(^^;)

YahooNewsユダ裏切ってない?1700年前の「福音書」写本解読

米国の科学教育団体「ナショナルジオグラフィック協会」は6日、1700年前の幻の「ユダの福音書」の写本を解読したと発表した。
 イエス・キリストの弟子ユダがローマの官憲に師を引き渡したのは、イエスの言いつけに従ったからとの内容が記されていたという。
 解読したロドルフ・カッセル元ジュネーブ大学教授(文献学)は「真実ならば、ユダの行為は裏切りでないことになる」としており、内容や解釈について世界的に大きな論争を巻き起こしそうだ。・・・
これはちょっとびっくりでございます。
聖書の中にはマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの福音書は出てくるのですが、ユダの福音書があるとは。
しかも一般に知られている「裏切り」の象徴的な部分が否定される可能性があるわけで。
唐突な報道の感もあったのですが、実際には相当いろいろな動きを伴ったものなのかどうか・・・。
ろじゃあ的には興味が尽きないところでございます。備忘録として。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

眠り姫と大きな木

眠り姫が以前住んでいた宮殿の裏山にはそれはそれは立派な木がありました。
眠り姫は子供たちがその裏山で小猿のように遊ぶのを見るのが好きでした。
眠り姫は立派な木がたくさん集まっているその裏山が大好きでした。
眠り姫がその宮殿に住んでいたのはいろいろなお友達が近くにたくさんいたこともありますが、その裏山が大好きだったこともあったのです。
ところがある日、どこからともなくやってきた山賊たちがその裏山の木をのこぎりで切り始めました。
眠り姫には何が起こったのかわかりませんでした。
でも心優しい眠り姫は裏山の木をそれ以上切らないでほしいと思いました。
だから心優しい眠り姫はいろいろな人に掛け合ってそれ以上、木が切られないようにとがんばりました。
でも、忙しいすっとこどっこいの王子様は眠り姫の話を聞くことはできてもそれ以上眠り姫のために何かやってあげることをしませんでした。
そしてとうとう眠り姫の宮殿の裏山にあるそれはそれは立派な木々はたくさん切り倒されてしまったのです。
心優しい眠り姫は

Continue reading "眠り姫と大きな木"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平成電電検索多し(追記あり)

・・・と思っていろいろみてたら6日付けでHPが更新されてて・・・(以下引用部分が追記)。
民事再生手続きの途中経過について

・・・現在、スポンサーであるドリームテクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区広尾1-1-39、代表取締役社長:池田均)の支援のもと、再生計画案を策定中であり、提出期限の4月10日までに東京地方裁判所に再生計画案を提出する予定となっています。 ・・・
10日の日がひとつの区切りになるわけね。
関係する株価どんな値動きなんだろかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2006

麦(ばく)ちゃんが好きだった

当然だが同性として恋愛感情を伴うということではない(^^;)。
小説ジュニアっていまどうなってるか知らないし実際に小説ジュニアを買って読んだこともないのだが、

立原あゆみ氏の「麦ちゃんのヰタセクスアリス」
は高校時代に読んでましたなあ。
なんか恋愛物に餓えていたということではなくて、獣医になるため北大に行くという方向感が出てきてなんかこういう動機もありだよなあってところになんかすごく共感していたところがあったのですな。
だから

Continue reading "麦(ばく)ちゃんが好きだった"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

なんか具合悪い・・・咳で血の味はまずいよなあ

昨日から胸の奥からの咳が増えて咳をするのがすごくつらい。
おまけに

気管から血の味がして
咳をするたびにやな感じ。
こんなのはじめてだなあ・・・。
かといって今日ははずせない仕事があるし・・・。
しばし考えるが、考えてても前には進めないので少なくとも医者にかかることができる時間と状態になるまで考えないでおくことにする。
こういう時に限って

Continue reading "なんか具合悪い・・・咳で血の味はまずいよなあ"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 05, 2006

「真面目な」眠り姫になる前の眠り姫

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

眠り姫はすごく真面目だそうです。
眠り姫は小さいときから真面目に育てられたそうです。
眠り姫の王様はあまり宮殿にいませんでしたが女王様は厳しく躾けたらしいです。
眠り姫は手のかからないお姫様だったようです。
眠り姫は女王様の言うことをきちんと聞いて一人でおとなしく遊ぶこともできました。
眠り姫は学校の成績も大変よくちょっと苦労したのは最高学府へ入るときぐらいだったそうです。
眠り姫は人を信じやすい優しい人だそうです。
眠り姫は人の言動で傷つき易い繊細な人だそうです。
眠り姫は眠り姫は・・・ホントに困るまで

Continue reading "「真面目な」眠り姫になる前の眠り姫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

証券化取引と信託銀行のコンプライアンス

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

YahooNews<JPモルガン信託銀行>金融庁が一部業務停止命令へ

金融庁は5日、米金融大手、JPモルガングループ系列のJPモルガン信託銀行に対し、法令順守や内部管理体制に不備があったとして、一部業務の停止命令と業務改善命令を出す方針を固めた。業務停止処分の対象は不動産の証券化に絡む新規業務で、停止期間は1カ月前後となる見通し。同日午後にも処分を発動する。
 金融庁によると、同信託銀は証券化するために引き受けた不動産の中に建築基準法違反の物件が含まれていたにもかかわらず、不十分な資産査定で証券化商品を作り、本来の不動産評価額よりも高い評価額を提示していた。
 この証券化商品をめぐっては、先月9日に同じJPモルガングループのJPモルガン証券が不当に高い評価額のまま機関投資家に販売していたとして、5営業日の一部業務停止命令を受けている。金融庁は、信託銀と証券が組織ぐるみで商品の組成から販売まで法令違反にかかわっていたと判断した。
う~ん、証券化取引における信託銀行への関与の仕方について、従来も受託者としてコンプライアンスの点ではきちんとした法的枠組みで対応されていた信託銀行さんが多かったのではないかと思いますが、

Continue reading "証券化取引と信託銀行のコンプライアンス"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

通信の巨人が動いた・・・ドコモがついに自社カード発行

YahooNewsドコモ、自社のカード発行 携帯クレジット拡大へ

NTTドコモは4日、自社ブランドのクレジットカード「DCMX」を発行すると発表した。クレジットカード機能のある同社の携帯電話を活用したサービスも展開する。
 ドコモは昨年12月から三井住友カードと連携して、クレジットカード機能を搭載した「おサイフケータイ」を読み取り機にかざすとクレジット決済ができるサービス「iD」を開始。さらに、他のカード会社との連携も進めている。
 今回、自らクレジットカードビジネスに参入したのは、約1200万人に上るおサイフケータイの利用者にクレジット決済も利用してもらい、手数料収入の拡大につなげる狙いがある。
ついに巨人が動いた・・・って感じですねえ。
いろんな分野の産業の大手企業さんが顧客との決済の関係でクレジットカードシステムを導入して加盟店契約をカード会社と結ぶとですねえ・・・そのうちその大手企業さんの経理あるいは財務セクションの方あたりから、
なんで自分のところでカードを発行できないんだろう?
という素朴な疑問を

Continue reading "通信の巨人が動いた・・・ドコモがついに自社カード発行"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NHKが変わった?・・・夜のニュースを見て

4月の番組改編で民放各社はいろんな面で改編を行っているようです。
テレビ好きの人間にとってはうれしくも楽しくもある一方で番組宣伝のスペシャルを何で見せられなきゃあかんねんというちょっと不機嫌になる時期でもござります(^^;)。
そんなこんなで、漫然とチャンネル回していたりする今日この頃なのでございます。
そんな中、NHKもご他聞にもれずどんな感じで新味を出そうとしているのかと注視していたのですが昨日の夜のニュースを見てびっくり。
環境省の随意契約の問題についてとり上げていたのですが、なんか社会部の記者の物言いとか題材の取り上げ方が、少し鋭いというか厳しい姿勢に変わっているのではないかという感じがいたしましたねえ。まるでNHK特集の姿勢だものねえ。
報道のNHKとしては民放のニュースショー的な

Continue reading "NHKが変わった?・・・夜のニュースを見て"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

蓄熱財?仕組みが知りたいなあ

朝のNHKニュースで東京都の取り組みとして都の施設で出る廃熱を蓄熱財のかたまりとしてのトレーラーのようなもので宅配するプランが検討されていることが報じられていますた。
実際に体育館での暖房にこれが用いられているようで、体育館なら2日分、一般家庭なら1か月分の利用がこのトレーラーに乗っかってるタンク一個でまかなえるとのこと。
地球に優しいエネルギーという意味で二酸化炭素の削減には寄与するだろうということなのだが、東京都でもこういうことちゃんとやってるのね(^^;)。
ちなみにこのタンクの中に入っているらしい蓄熱剤

Continue reading "蓄熱財?仕組みが知りたいなあ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わ、わからない、味付ゆで卵

新幹線に乗るときは、

(1)烏龍茶
(2)おにぎり
(3)週刊誌
(4)携帯用携帯電池(←ややこしいなぁ)
が必携のろじゃあですがキオスクで一度は買って食べてみたいと請い願っていたものが二つ。
一つは冷凍みかん。
そしてもうひとつが味付ゆで卵なのでございます。
とくにこの後者。 不思議ですなぁ。 どうやって塩味をつけてるのか。
最近やみつきになってたりしております。
特許の対象になってる技術とかは・・・あるんだろうかないんだろうか(;^_^A。
それにしてもうまいっす(^-^)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 04, 2006

すっとこどっこいな王子様のとほほな言い分

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

「そんなばかな」と王子様は思ってました。
話しかけることがないなんて・・・ちょっと話すのがかったるい時はあったけど。
ごはんの時間に帰らないなんて・・・上司の誘いを断らなかったけど。
子育てを手伝わないなんて・・・日曜は家で寝てることが多かったけど。
でもね、でもね・・・と王子様は思います。
仕事で疲れてて聞く余裕がない時だってあったよ。
タクシーでは必ず帰ってきてたよ。
寝る前には必ず子供たちの寝顔を見てから休んだよ。
・・・といいつつも、
やりたい仕事がやりたい放題できて
でも気に入らない上司のおかげで不満たらたらだった時期も多くて
宮殿で何が起きているかわからない状態が続いたのは事実で
その頃・・・眠り姫は宮殿を守るのに必死になってたんだそうです。
すっとこどっこいの王子様はそのことに気づくのに何年もかかってしまったのだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書いてみるもんだね・・・牛乳もったいない問題続報

YahooNews余剰牛乳、途上国へ輸出検討=「もったいない」と中川農水相

中川昭一農水相は4日の閣議後記者会見で、牛乳の原料である生乳の供給過剰状態を解消するため、開発途上国や被災国向けの緊急援助として輸出できないか検討する方針を明らかにした。牛乳の消費は年々減少。3月には北海道のホクレン農業協同組合連合会が生乳1000トンの廃棄処分に踏み切る事態に発展している。
 中川農水相は「もったいない。世界中の飢餓で困っている人へ援助できないか財務、外務省と調整したい」と述べた。相手国や輸出量などをこれから検討する。生乳や牛乳の状態では輸送が困難な上、日持ちがしないため、脱脂粉乳にして輸出する可能性が大きい。
ロングライフ牛乳の形にして輸出できないのかなんて素人なろじゃあは考えちまうけど、閣僚からこういう意見が出てくるのはいいことっしょ。
んで省庁を超えて検討するというのもいいこといいこと。
問題は検討のための時間がかかりすぎて実際の対応が相当遅くなったりするとねえ・・・。
ろじゃあも書いたわけだけど(「もったいねえ・・・電話くんろ!なんか手はあるで」)、ブログではこの件のもったいない発言はずいぶん発せられてたみたいっすが、言ってみるもんですねえ・・・どれだけ影響があったかはわかんねっけどね(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国内ローファームの覇権・・・西村ときわ更なる合併とのこと

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。
日経に「法律事務所「西村ときわ」と「あさひ・狛」が合併・国内最大に」という記事が。
うむ~っ、こりゃ西村ときわの拡張政策というか、やはり経営上の方向性が非常にしっかりしていることの表れなのか。
ろじゃあは仕事柄、大手の法律事務所のセンセ方とも面識はあるのですが、現役の頃でも西村総合(当時)の先生方の顔は全部は当然ながら名前と結びつきませんでしたねえ。
しかし、ここ7・8年ぐらいは若干の出入はありますが、色々なところを吸収あるいは色々なところと合併して、いまや日本最大のローファームとしての地位を磐石なものにしつつあるということなんでしょうか。
コンフリクトの話にしても、松嶋英機先生のところのときわと合併したときは双方に大きなメリットのある異種合併だったわけで(これは相対的に既存の顧客層が重なる可能性が少ない)あの頃から従来あった西村総合の「総合力」が事業再生も視野に入れた「西村ときわ」という強大な総合力になったわけで。
今回の

Continue reading "国内ローファームの覇権・・・西村ときわ更なる合併とのこと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眠り姫になる前の眠り姫

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

眠り姫は昔は今ほど眠り姫ではありませんでした。
眠り姫は昔はもっと王子様に話しかけていたのでした。
眠り姫は昔はもっと料理を一生懸命作っていたのでした。
眠り姫は昔はもっと子育てに勤しんでいたのでした。
でもいくらがんばっても誰も頑張ったねと褒めてくれません。
それでも眠り姫は頑張りました。
でも王子様はまじめに話し相手になってくれません。
でも王子様は眠り姫の料理を食べられる時間に帰ってきません。
でも王子様はちっとも子育てを手伝ってくれません。
それどころか子供をかわいいといってくれません。
眠り姫は話しかけなくなりました。
眠り姫は料理を作らなくなりました。
眠り姫は子育てが頑張れなくなりました。
眠り姫が今の眠り姫になる前の王子様・・・この頃から眠り姫の頭の中では彼は実にすっとこどっこいだったのです。
そして・・・眠り姫は今の眠り姫になりました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

合掌・アイ高野氏

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。 カーナビーツのアイ高野さんといってピンと来る方は間違いなく40半ば以上のはずナンですが。 お亡くなりになったそうです。合掌。 しかし55歳というのはいかにも早いというか。 グループサウンズというのが昔ありまして・・・と話しはじめるとまたながくなるくらいろじゃあは好きな分野ですが、NHKもテレビのニュースの読み上げ版でとりあげるとはオツなことをしてくださる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眠り姫とすっとこどっこいな王子様

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

あるところにしばしば眠くなるお姫様がおりました。
でも実はそのお姫様はいろいろなつらいことがあるとお布団に入って泣いているのでした。
王子様はお姫様のことを心配だといってはいろいろとうるさいことを言うそうです。
王子様はお姫様のことをなんだかんだと怒るそうです。
王子様はお姫様が泣いているところを見ているのが嫌いらしいです。
だからお姫間はつらいときはお布団に入って泣いているのです。
王子様はうるさいことを言っているつもりはありません。
王子様はお姫様を怒るつもりなぞありません、判って欲しいと思ってます。
王子様はお姫様が泣いていることをとがめるつもりはありません。
だから王子様はこれらのことをお姫様にわかるように話そうとします。
だからお姫様は・・・またお布団に入って泣いてしまうのでした。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 03, 2006

昨夜の怪しいアクセス数(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。

何かようしらんが、昨夜の11時から12時にかけての一時間のアクセス数が300を超えるというろじゃあのブログの常識からするとよくわからないアクセス分散をしておりまして・・・誰か集中的に読んでくださったというだけなのかなあ・・・。
ココログが3月の末からココログの有料サービスの方でも無料サービス並みの(^^;)サービス提供してくれるって楽しみにしてたんだけど、そのひとつのアクセス解析機能の充実がいつになるやらの先送りになったからこんなときになんの「解析」もできやしないじゃないか・・・と愚痴ってみたりする。
←ココログさん、ホント頼むからしっかりしてね、お願い。
ナルニア国物語を家族で見てきた方が夕食終わって寝る仕度してさてネットでブログでも見るか・・・って何人も行動したなら確かに説明はできそうなんだけどねえ。ろじゃあの読者にそんなに同じような行動する方々おられるかなあ(^^;)。
まっ、いっか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「いい気なもんだなあ~」という一言の「暴力」あるいは「しょんべんパンチ」性(1)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によってエントリーしています。

先日の「最前線の人と飯を食う・・・今度はマスターキートンを肴に話をしよう」にお久しぶりににょぶろさんからコメントをいただきますた。

日本の男性からは「いい気なもんだなぁ~勝手な事ばかりして・・・俺もやれるもんならやってみたいよ、でも家族っていう責任があるからそうおまえみたいに勝手はできないもんだよ」とかなりキツい調子でいわれることがあるんですね。そのときいつも思うのはこれを家族の人が聞いたらどう思うんだろうかなぁ~???
これに加えて悪童さんからも
「いい気なもんだなぁ~・・・」というセリフは私もよく言われたフレーズでございまして、「じゃあ、あんたは家庭を持たないリスクを負う覚悟があるの?」と何度言い返したかったことか・・・。
というコメントをいただきまして。
お二人とも自らの選択でアクティブにお仕事や勉学を

Continue reading "「いい気なもんだなあ~」という一言の「暴力」あるいは「しょんべんパンチ」性(1)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やっぱりやっつけ仕事?・・・PSE法迷走?(2)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしています。
 
ITmediaNewsについに特集コーナーができてますねえ。
特集「混乱広がるPSE法施行」
この中の「ここが変だよ、“国家認定ビンテージ”」というエントリーによると経済産業省の示したリストの中には相当数の「誤り」や「誤解」のある製品があるようで。
さらには、そもそも適用外の電源を内蔵していない製品についてもリストアップしている場合があるようで。
その内容の精査なんて、よく考えるとできるわけもないほどの領域の問題であり(電子楽器のエキスパートがどの程度霞ヶ関にいるのかろじゃあはまったく情報がないのは事実なのですが、いるという方にはあんまり賭けられないと思いますけどねえ)、そもそも量的にもリスト化はしんどい話だとちょっと考えればわかりそうなものですが、やっつけ仕事といわれようと誠心誠意対応するためにいろいろな業者さんからヒアリングをした結果なのでしょう。
とは言え、一応、法の委任の範囲で電気用品を指定して

Continue reading "やっぱりやっつけ仕事?・・・PSE法迷走?(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2006

「ナルニア国物語」を観てきた・・・宗教と契約と児童文学と教育と

公開から時間がたっちまったんで終わらないうちに早めに見ないとということで、近くのシネコンのレイトショーで「ナルニア国物語」を観てまいりました。
うん、映像的には前評判に違わぬ出来ですなあ。
チケットは相方が教会のルートで事前に入手してたんですが、なんでこの映画のチケットの購入について教会が協力するんだろうかなあ・・・とか思ってたわけです。
ところが、内容をじっくり見てみれば・・・確かにこれは教会が協力してるのがわかってきてしまったのであります。聖書をよく読んでおられる方はご存知のように「裏切り」のお話とか、「復活」のお話とかが物語の中にうまく織り込まれていまして。
ライオンの作りこみはよく出来てたなあ・・・。
しかし、日本の子供たちはこの話をどう理解するんだろうなあ。
ディズニーがどういう意図でナルニアを映画化作品として採り上げたのかはよく知らないのですが、宗教的な訓練が出来ていない、というかある意味「契約」の意味を解する環境が必ずしも十分とは言えない子供は、

Continue reading "「ナルニア国物語」を観てきた・・・宗教と契約と児童文学と教育と"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 01, 2006

正やん(しょーやん)の詞を考えたい・・・伊勢正三という才人のこと

前々回のライブで風の「あの唄はもう唄わないのですか」という曲を採り上げたのですが、久々に歌って改めて正やんの歌はいいなあということを実に20年ぶりぐらいに再認識したものでございます・・・っていきなり書かれてもその道に詳しい方でないとわからないでしょうが。
風というグループはかぐや姫というフォークグループが解散した後に、メンバーだった伊勢正三さんと「猫」というグループにいた大久保さんが作ったフォークデュオなのでございました。
かぐや姫の時は南こうせつさんと山田パンダさんの三人で色々な名曲を世に送り出していた正やんですが、ソロになってからもすばらしい曲を世に次々と送り続けておったのでございますが、最近も活動を続けておられるようです。
eプラスでセンチメンタルシティロマンスとのライブのお知らせが出てたときははっきりいってなんじゃって?(@@;)という感じで、センチメンタルシティロマンスの方にも何年ぶりにこの名前見たんだろうという驚きと組み合わせの驚きがありまして・・・・。
最近、そんな正やんの曲を少しまじめに今の歳のろじゃあとして味わいなおしてみたいなあと感じるようになっておるのでございます。今度のライブでは

Continue reading "正やん(しょーやん)の詞を考えたい・・・伊勢正三という才人のこと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青島広志さんのこと・・・一度「人への伝え方」をテーマに対談したい方の最右翼(^^;)

最近、たけしさんの「誰でもピカソ」や「題名のない音楽会」にも出たりしてメジャーでも有名になってきてる青島広志さんですが、皆さんご存知?
モト冬樹さんのような人のよさもたたえたそのお顔からして相当優しい方であるのではなかろうかという印象があるのですが、ろじゃあはこの方をテレビではじめてみてから相当になりますねえ。
この方NHK教育テレビの子供向け音楽番組で相当精力的に番組に出ておられた方で、しかもまじめに話すのがすごくコミカルな感じを自然に醸し出していて、なお且つクラッシック音楽がすごく楽しくなるような伝え方と話し方をされておられた方で。「ゆかいなコンサート」って番組覚えてません?彼が監修してたんじゃないのかなあ。
あとから知ったのですが、作曲家・演奏家の顔のほか芸大の先生もしてたりしてるんですよねえ。
こちらが青島先生のオフィシャルサイトです→こちらをクリック作品リストを見てくださるとわかると思いますけど年齢と活動開始時期とその作品の多様さ・・・びっくりというか、時間を有効に使うと人間というのはこうも「作品」を世に送り出すのができるのかという点でも世の「プロ」の方々の現実を垣間見ることが可能なのではなかろうかと。
法務セクションの方々にとっても、彼のような在り様というのは自己のキャリア形成や人生設計に大いなる示唆を与えてくれる人だとろじゃあは思ってるんですけどねえ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »