« 稟議書の「弁護士確認済」とだまされる弁護士 | Main | 阪神への提案書には何て書いてあるのか(^^;) »

May 01, 2006

テレビの巨人&ネットテレビのロッテ

YahooNews巨人戦の視聴率が過去最低 4月の月間で12・6%

ビデオリサーチは1日、各テレビ局が4月に中継したプロ野球巨人戦ナイターの月間平均視聴率が、関東地区で12・6%だったと発表した。月別の集計がある1989年以降で、4月の月間平均視聴率としては過去最低となった。
 ビデオリサーチによると、これまで4月の巨人戦ナイターの月間視聴率は、昨年の12・9%が最低。ことし4月で最も低かったのは、26日の対広島戦(TBS)で8・8%。最も高かったのは、21日の対阪神戦(日本テレビ)で16・3%だった。
 巨人は原辰徳新監督の下、4月末で2位中日に4ゲーム差をつけて首位に立っており、好成績が視聴率に結び付かない結果となっている。
これだけテコ入れして何故視聴率が上がらないのか・・・今頃日テレでは担当プロデューサーとディレクター、営業担当上席者が対応を協議していることだろう。
視聴率というものさしに無理が生じているのか、はたまた原さんじゃ面白くないとファン達が思っているのか・・・。
その一方でロッテが独自にインターネットテレビのチャンネル(しかも6つのチャンネル)を開始したらしい。
ここをクリック
この状況をどう考えるべきなのだろうか?

ロッテのチャンネルの1チャンネルは無料のゲーム中継である。
もちろんリアルタイム中継。
これはUSENのGYAOと共同でやってるんかなあ。
これCMとかどうするんだろうか。
ページのところの広告料とかで十分という形で考えるなら、こちらを見る人間はあんまりCMに煩わせられずに視聴することが可能だろう。
日本テレビもテレビの視聴率にこだわらずにワンセグ対応での視聴率に該当する指標に重点を置くことで広告主を説得する方途も検討しておく必要があるのではなかろうかねえ。
形をとるか実を取るかだとは思わないのだろうか・・・。
仮にロッテの方の中継(の実験?)で、試合毎時間毎のアクセス件数とかが統計的に相当説得力ある形で示されたりしたら広告主に対してどう説明する気なんだろうかなあ。

ジャイアンツの試合じゃないけどこれだけの方が実際にアクセスしてますよ
というデータを広告主がどう評価するか。
調査対象の母集団がそもそもそんなに多くない視聴率の数字の信頼度と比較してなお且つ視聴率の方を重視し続けるか。
フィクションはなんなのか・・・結構ロッテの今回の企画は相当リアルワールドの放送の方々にいろいろなものを突きつけているのではなかろうか。東京のすぐ横の千葉県のチームの話しだしねえ。
今後がろじゃあとしても楽しみでござりますだ。

|

« 稟議書の「弁護士確認済」とだまされる弁護士 | Main | 阪神への提案書には何て書いてあるのか(^^;) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テレビの巨人&ネットテレビのロッテ:

» ワンセグ実感その(8) ワンセグ究極のキーワードは、「ヒ・マ・つ・ぶ・し」 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ワンセグ究極のキーワードとは何か...ワンセグ実感その(8)です。 これまで、ワンセグと最もいい影響が出そうなキーワードとして、「スポーツコンテンツ」「サッカー日本代表」「非常時放送」 「テレビ教育講座番組」etc..を上げてきました。 最近実感するのは「スポーツコンテンツ」との相性の良さです。 ここんとこ、まっ昼間でもWBC、センバツ、スケート、相撲etc..と、こんなにたくさんスポーツが編成さ... [Read More]

Tracked on May 02, 2006 01:40 AM

« 稟議書の「弁護士確認済」とだまされる弁護士 | Main | 阪神への提案書には何て書いてあるのか(^^;) »