« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

日弁連で「それでもボクはやってない」の特別試写会

そろそろ周防監督の「それでもボクはやってない」が観れるはずだよなあ・・・・
公開はいつごろだっけか?と思いながらHPにいってみたんですけど、予告編には2007年一月とある。
さてどうすっかなあ・・・・東宝のHPに行ってみたらこんなレポートが。
弁護士の皆さまも絶賛!!「それでもボクはやってない」日弁連特別試写会
よかった。
日本の弁護士の先生方もこの映画を観てくださっていたのね。
それにしてもみたことのある顔も結構写ってるなあ・・・この集合写真(^^;)。
以前のエントリーでも書いたけど、

Continue reading "日弁連で「それでもボクはやってない」の特別試写会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いかりや長介さんを見てしまった・・・「Good Luck!!」

我慢してたんだけど、ちょっと頭が煮詰まってきてしまったので「Good Luck!!」を観てしまった。
第8話から最終話にかけてまとめてみてしまったのだけれども、本放送の時に最終話以外まともに観れなかったんだよね。
いや~、木村拓哉、第9話のお芝居、こんな良かったんだ(ネタばれになると悪いからこの程度)。
でも、なんといってもこれをチョイスしてみてしまったのは・・・いかりや長介さんが見たかったから。
いいなあ、・・・ちゅうか、木村拓哉が悩んでるときのやり取りと「うるせえ」って言われた後の演技。
涙モノでございました。
もっと早く借りてくるんだったなあ・・・。
6月か7月ぐらいに借りて観るべきだった(TT)。
この作品、演出してる方もものすごくセンスがいいよなあと感じておったせいでついつい手が伸びてしまったのですが・・・
さて原隊復帰、書斎に戻るぞ・・・(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「食事を作らなければ」という衝動の欠如・・・年末年始ひとりぼっちの哲学①

既に書いたようにこの年末年始は自宅で一人で過ごすことになっているのでいろんな意味でいつもの生活と異なることになり、少々当惑している。
その分、意外な発見もあり、それをちょっと楽しんでいるところもある。

一番驚いたのは、メシは二食続けて食べなくてもなんとかなるということ。
これには正直驚いた。
これにはふたつの驚きが含まれている。
一つ目は、なぜそんなことになるかという意味での

「食事を作らなければ」という衝動の欠如
の発見である。
メシを作るのが面倒くさかったということもあるのだが(^^;)、他の家族がいないと自分から積極的に食事を作らなければいけないという指令がなかなか脳内伝達物質でろじゃあに伝わってこないのだ。
このままメシを食わないで何食もつだろうか・・・ふとこのような無謀なことも考えてしまったのだが、これはひょっとして「やばい」のではないか?
それとも

Continue reading "「食事を作らなければ」という衝動の欠如・・・年末年始ひとりぼっちの哲学①"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年末のご挨拶・・・今年を漢字一字で表すと「勢迷忙虚轍光」

もうすでに自宅で年末年始モードに入りつつ、自分のお仕事をしているろじゃあでございます。
元来テレビ好きのろじゃあ、

一度テレビをつけてしまうとこの時期は地獄
でございます。
チャングムはYahoo動画で一度観ましたので我慢しました(今日の夜は我慢できないかも)、ドラマの一挙全話放送もタイトルを追わないようにして、ついつい拳を握り締めて時には拳を振り上げてさらには拳を振り回してみてしまう格闘技系の放送も今年の年末は見ないようにしないと・・・(どうでもいいですが、清原と下柳が格闘技番組のセコンド対決ということで「vs.」でつながれるというのはなんともなあ・・・ちゅう脱力感も出てまいります・・・でもこれが実は見たかったりして)。
本年は11月後半から12月後半にかけての「大中断」があり、読者の方々にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。
と同時にいろいろご心配いただきありがとうございました。
そんな一年をちょっと漢字で表現してみようかと・・・(月並みだなあ・・・)

Continue reading "年末のご挨拶・・・今年を漢字一字で表すと「勢迷忙虚轍光」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2006

年末年始のろじゃあ・・・ストック解除契機招来?(^^;)

このタイトル、このままじゃbunさんにしか通じないかもしれないなあ(^^;)。

パチンコ・パチスロに詳しい友人によりますと、今、パチスロを巡る環境というのは曲がり角に来てるのだそうですな。4号機というのが撤収されて5号機中心の時代になって(ろじゃあはこれがどういう意味かもよくわからないのですが)、投機性の高い機械が放逐されつつあるとのことで。
どうもこのパチスロの機種の一分野に「ストック機」というのがあるらしいことをコーヒー飲んで談笑してるときに教えてもらいまして・・・・ボーナス(大当たり)がストックされて(蓄積され)一定のストックが開放される契機が発生するとそのストックが放出されるのでいわゆる連チャンが生じるという機種があるのだそうで。

どうやら現在のろじゃあはこの段階にあるようであります。
ストックが吐き出したくてしょうがない状態がようやく来てくれたのかもしれないなあと。
ろじゃあの場合、

Continue reading "年末年始のろじゃあ・・・ストック解除契機招来?(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オールは誰に任せるのか・・・中島みゆき「宙船(そらふね)」

TOKIOの城島君と山口君がなんとも憎めずいいキャラだよなあと常日頃思っているろじゃあは、最初「宙船(そらふね)」を聴いたとき、なんとも骨太でメッセージ性も高い歌を歌うもんだなあ・・・年齢的に成熟するとアイドルという範疇だけで考えられるべきではないな、もはやこのグループは・・・って思ったもんなんですが、みゆきさんの歌だったんですな。
そんで、みゆきさんバージョンはないもんかと探してたところ、あらま・・・って感じで目に入ってきたのが、中島みゆき「ララバイSINGER」というアルバムでございまして。
いやあ、相変わらず「みめ麗しい」みゆき様でございますな、このジャケ写。
実年齢からするとどうしても信じられないんですけど(^^;)、ホントにますますお美しい。
そんでこのアルバム、みゆきさんが他のアーティストに提供した楽曲を自ら歌っておられるものを集めたもののようなのでございますが、三曲目に「宙船(そらふね)」が入っております。
ホント、不思議ですよねえ・・・TOKIOの「宙船(そらふね)」とは別物です(^^;)。
ろじゃあは世代的にはみゆきさんの「世情」にいたく感銘を受けた「遅れてきた青年」世代でもあるのですが、このみゆき版「宙船(そらふね)」はそれと同等の衝撃モンでございます。
実は、ろじゃあは、今年に入って何回か夕張市に行っているのですが、

Continue reading "オールは誰に任せるのか・・・中島みゆき「宙船(そらふね)」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 26, 2006

大願成就 景虎が阪神タイガースへ

ビッグコミックオリジナル連載の『あぶさん』の物語に久々の超ど級の大きな展開か?
景浦安武の息子の景浦景虎がようやく阪神タイガースに移籍。
これで大虎のおやじさんの大願がついに成就。
『男どアホウ甲子園』の藤村甲子園以来の阪神タイガース関係の熱い熱い話が展開されることになるのか・・・・って、これ約三週間前のろじゃあの大興奮の再現でございました(^^;)。
さて、あぶさんのほうの今後はどうなるんですかねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2006

遅ればせながら銚子電鉄を考える

今年の正月はろじゃあはもろもろの事情でいろいろなものを書かないといけないので、ほぼ自宅で缶詰状態になってしまうことが確定しつつあるのであるが、子供たちと相方には、年末でも年始でもいいから、一緒に銚子電鉄に乗りに行ってきなさいという話をしている。
銚子電鉄の日記帳
銚子電気鉄道HP
ろじゃあ自体は学生時代、銚子電鉄の外川(とがわ)駅を何度も訪れた経験があったりするんだけど、ホントに千葉県の銚子から外川にかけてっていい感じなんですわ。
どうやら年末年始の終日運転もしているようなので(時刻表)ろじゃあもできればいきたいんだけどなあ。
この銚子電鉄の話は、夕張とは違った意味で社会的責任投資の問題としてまじめに考えないといけない問題を持ってると思うんで来年も引き続きフォローしていこうと思っているところでございます。
濡れ煎の話だけでなく、枕木の証券化とか、鉄道債自体の法的枠組みとかをもう少しよく精査すると打開策はあると思ってるんですけどねえ。
いずれにしろ銚子電鉄の従業員の皆さん、がんばっていただきたいっす。
ということでつづく・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 24, 2006

47thさんと待望の再会

先日、47thさんと待望の再会。
お元気そうで何より。
いや~一回りも二回りも逞しくなった感じで精悍でアクティブ。
う~ん、日本でもまた今まで以上に活躍されるんだろうなあ・・・。
間をとりもってくださった悪童さん同様、ろじゃあがどうしていたのかという点(いや、ホントにこれといった事情があったわけではないのですが)についてもそれなりにご心配いただいていたようで事情を説明させていただいた次第でございました。
食事をしながらたわいのない話もしたのですが、世の中のお話いついてはついついまじめな話をしてしまいました。
年明けからぼちぼちお仕事のほうを再開するとのことですのでお互いに体を壊さないようにと話した上で年明けの再会をまた約束。
世の中は動いているんだなあということを久々に再確認。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

夕張と地方の今後を考える方は是非・・・「北の零年」

少し間が開きすぎましたが、そろそろ復帰したいと思います。
いろいろな方々からお問い合わせや、心配、励ましをいただきました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
ただ、年末年始、1月と、相当スケジュールが混乱?しておりまして、今までと同じペースはちょいと無理そうでございやす。
絶食後の宿便が出た後の食事のとり方同様、だんだんとおかゆから対応していきたいと思います。
ということで復帰第一回目のエントリーは復帰のご挨拶と、 

「北の零年」
日曜洋画劇場でやってますね。
日本の将来と夕張の今後と地方の今後に何らかの興味のある方は是非ごらんになっていただけるとよろしいのではなかろうかと。
吉永小百合さんが美しい・・・というかすばらしいし、力強いのはいまさら言うまでもないこと
なのでしょうが、
ロケに夕張の方々がいろいろな形で協力
しておられる 

Continue reading "夕張と地方の今後を考える方は是非・・・「北の零年」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »