« 半鐘まで盗むのか?・・・くず鉄や青銅の相場はどうなっているのか? | Main | 特報!来週の月曜日のテレホンショッキングに奥田民生先生が! »

February 23, 2007

循環取引と他のファイナンス当事者・・・アイエックスアイ(IXI)社の件を契機に

ここのところアイエックスアイ社の民事再生の申立てを契機にろじゃあは継続的に、関係する取引関係のエントリーを何本か書いてきたわけですけど、この取引、今のところ売買の当事者のお話だけがクローズアップされており、どちらかというと売買が存在したのか、架空の取引だったのか・・・というところが問題となっているようなのですが、ろじゃあは、他の点でも興味があります。
それは、あくまでも一般論のはなしですから、現実がどうだというはなしではなく、このような一連の取引と類似の取引が存在したとして、その関係当事者が自らが保有する売買代金債権をどのように扱い得るかということです。
この売買代金債権を活用するというと言葉は悪いのですが、具体的には、

債権譲渡担保に供していたとか、信託やらSPCを活用していることはないのか
というところに興味があります。
売掛債権を資産として計上し保有している一方でそれをファイナンスに用い得るかということになれば、たとえば、

取引先や取引先銀行やリース会社や貸金業者に対して債権譲渡担保に供していたということがあるのかどうかですね。
色々なやり方があるでしょうけど、集合債権譲渡担保やら、将来債権譲渡担保やらに供していたかどうかというところでしょうか。
今は、昔と違って債権譲渡特例法(動産債権譲渡特例法か)の債権譲渡登記を「活用」すれば、第三者対抗要件自体は具備することは可能ですのでその気になればこの売掛債権を利用したファイナンスも不可能ではないわけです。
たとえは悪いのですが、バブルの時にはやった(?)預金証書を使った預金担保ローンといわれる取引なんぞは、預金証書自体が真正で異議なき承諾だって金融機関がやってるんだから・・・・って所を逆手に取ったパターンだったわけで、あれと原理は一緒な訳です(←ちょっと乱暴かな?)。
まあ、いま争いになってる案件とかは、そこまでひどいこと?をしている当事者は介在しないようですけどね。
現実問題としてはここまで考える必要はないのかもしれません。
それにさすがに取引銀行も、この手の取引との関係で、ソフトウェア取引についての売掛債権を活用して簡単には債権譲渡担保でお金を流してくれることはないのではないかと思いますが、その他の当事者はリスクをとる気ならとるかもしれません。
そうなると、証券化といえるかどうかは別にして売掛債権を使ったCPプログラムとかに当該債権をぶっこんでいたというようなことはないかとか信託に供していたことはないかとかも気になるところです。
これは、信託に入れてもらって信託受益権を担保に貸すなんてことも無理にそれをする必要がある取引先かどうかというリスク管理の視点からすれば、今の時代ですからそれほど容易ではないでしょう(そうでもない場合があるのかどうか)。
例によってろじゃあの杞憂であるほうがいいわけでして、この辺は(^^;)。
まあ、アイエックスアイさんの民事再生の手続きについては

債権の届出期間内にどのような方々が債権届出をするかでその辺がわかる可能性もある
わけですけどね。
でも、この取引類型、ベテランの法務マンとか商社で法務をやってた人たちだったら、たぶん
手を出させなかったんじゃないかなあ
と思います。
だいたい、一括決済システム自体の有効性についても裁判所でああいう判断が出るような時代ですから、循環取引といわれるこの取引の一部の当事者の「真意」はわからずとも、仕組みとしての法的リスクは審査担当者ならまずリスク管理の問題としてわかることが、あるいはアラームがなることは多かったんじゃないかなあ・・・と予想するのはちょっとばっかし酷なことなんでしょうかねえ・・・どうなんでしょう?
ともあれ、今回の一連の問題、債務不存在とか言われると、債権者の「債権者」からするともしそれを担保にとってたりするような場合には別の担保をなんてことも必要になるはずなわけで・・・まあ、企業間取引と債権管理を考える問題としては企業法務の担当者はまじめに考えるべき問題なんだろうあとつくづく思うろじゃあなのでございます。

|

« 半鐘まで盗むのか?・・・くず鉄や青銅の相場はどうなっているのか? | Main | 特報!来週の月曜日のテレホンショッキングに奥田民生先生が! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 循環取引と他のファイナンス当事者・・・アイエックスアイ(IXI)社の件を契機に:

« 半鐘まで盗むのか?・・・くず鉄や青銅の相場はどうなっているのか? | Main | 特報!来週の月曜日のテレホンショッキングに奥田民生先生が! »