« June 2007 | Main | August 2007 »

July 31, 2007

二つの死・・・ジャーマンスープレックスホールドと代ゼミ(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

参議院選挙の結果が出た日の夜。
深夜色々とニュースをチェックしてたら二つの訃報が。
YahooNews「プロレスの神様」カール・ゴッチさん死去…82歳死因は不明

ジャーマンスープレックスホールド
といえばこの方。
日本のプロレス界にスターの側面よりは育成者・理解者という意味でこの方の残した足跡というのはかなり大きなものがあるのではなかろうかと。
指導者としては藤原喜明、佐山聡、前田日明、船木誠勝、鈴木みのるらを育てた。
それに、82歳になっても日本のプロレス団体の名誉顧問してたわけでしょ。
最近では藤波辰爾率いる無我ワールドの名誉顧問を務めていた。
こういう、後進を育てることってホントに難しいと思う。ろじゃあは何気に

Continue reading "二つの死・・・ジャーマンスープレックスホールドと代ゼミ(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2007

銀座みつばちプロジェクト続報(1):循環型継続的地域形成と社会的責任投資の視点

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

satokunnさんがコメントしてくださったのにお返事もできませんで申し訳ありませんでしたという数日前の銀座みつばちプロジェクトについてのエントリーでございますが、その後、関係者の方から複数のルートでお話があった旨を先日のエントリーで引き合いに出させていただきましたお兄さんからお知らせいただきました。
ブログってのはいいもんだなあと改めて思った次第でございます。
ろじゃあ自体は、法務系ブロガーとして認識されている場合もあるようなのですが(先般のぽいんと尺さんや...みたいなさんみたいなファンキーな読者の方々もおられるんですけどね(苦笑))、根がいろいろな方面に知の欲求が拡散しがちな性格でございまして、何でも知りたい系の部分もありまして・・・・まあ、それをうまく制御していかなきゃいけないという悲しい性を内在させたモビルアーマーだったりするのですが(←これこれ)、

Continue reading "銀座みつばちプロジェクト続報(1):循環型継続的地域形成と社会的責任投資の視点"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

...みたいなさんによる法務の国のろじゃあへの献歌(TOT):大感謝&大感激

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

先週の騒動後、いつも懇意にしていただいております

歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな」さん
が、ご自分のブログで、ろじゃあのブログに替え歌の献歌をしてくださいまして・・・・しかも、もと歌が
奥田民生大先生の「愛のために」(TOT)
でございまして。
私が奥田民生さんのファンだということと(うちの相方(←ろじゃあはかみさんのことを相方と呼んでおります)も民生さんの大ファンなんです)、法務系のブログとしては

Continue reading "...みたいなさんによる法務の国のろじゃあへの献歌(TOT):大感謝&大感激"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

法務部関係のエントリーをご希望の方へ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

日経の記事で取り上げられて以降お越しの方々で、法務部関係のエントリーをご希望の方は、恐縮ですが、法務の国のろじゃあと法務あるいは法務部で掛け合わせ検索をしていただければと。
法務部関係のシリーズが出てきますし、最近のものもひっかかるはずでございます。
索引を何とかしようとしてるのですがなかなか(苦笑)。
ご不便をおかけしてすいません。
ではでは

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何元の連立方程式になるのかなぁ:今日の東京マーケット

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

NYはあんな感じになってるわけで、国内はこんな感じになっていて、今後あんなことやこんなこと、あんなことかろこんなことまで、いろいろ考えたほうがいいのか悪いのか。
市場関係者は、夏休みを前にしていろいろ苦悩しているのだろうなあと考えると……ってレベルの話で収斂することを祈りたいとこですが。
個人的には特別法等の政省令等の枠組みも相当影響が出てくるところもあるんだろうとは思うのですがね。
もそっと別のことも考えないといけないかなあとも思ったり。
夜中はよく考えがまとまらないこともあるろじゃなのでございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そろそろシステムが変わったことに気づけよなぁ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

『天元突破グレンラガン』なぞを日曜日に徹夜仕事の後の頭でみてしまったりすると、いつもよりいろいろと深読みしてしまったりしてしまうわけです。
冒頭の台詞を聞いたりしますと、このようなアニメの中にもこうゆう発想を書き込む脚本家と構成の方がいるんだなあと思ったりするのですね。
その後の台詞が

変わりたくないんじゃないの?
ですからねぇ(苦笑)。
中島みゆきさんの『世情』かよ
と思ってしまうのは、ろじゃあみたいなオジサンが悪いのですが(苦笑)、

Continue reading "そろそろシステムが変わったことに気づけよなぁ"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 27, 2007

サブプライムは世界のどの辺まで影響を及ぼすのか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

マーケットはサブプライムによる余波ということで下げているのですかねえ。
NYが下げたというお話は入っていたものですから、まあ、影響がないわけがないだろうと。
ろじゃあがここのところとりあげてきてました

循環取引問題
ですが、それに何らかの形で巻き込まれたあるいは関係した銘柄というのはどんな感じになってるんでしょうかねえ。
はは、直接の関連はないか・・・。
昨日書いたようにアメリカのサブプライムの余波が欧州系の投資家やら金融機関に及ぶのか、香港あたりの

Continue reading "サブプライムは世界のどの辺まで影響を及ぼすのか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「法務の国のろじゃあ」の法的性格(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

昨日の日経の記事に関連して、ある熱心な読者でもアリ友人でもある人物から以下のようなご指摘を賜りました。

今日の夕刊には笑ってしまいましたですよ。
「あー、企業法務のブログだったんだあ」って(笑)。
これをきっかけにしてマジメ路線に転換しちゃったりしないで下さいねw
はい、法務ネタも、サブカルネタもマジメに考え、
法務ネタも、サブカルネタも楽しく扱う
法務ネタも、サブカルネタも時には涙を流しながら
法務ネタも、サブカルネタも総合的に勘案すると100%マジメ路線とは客観的には評価しづらい
そうです、それが「法務の国のろじゃあ」ですもの。
今までどおりマジメに楽しく仁義を弁え精進していきますのでご心配なく(^^)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 26, 2007

今日の日経の夕刊に法務系ブロガーの記事が

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

本日の日本経済新聞の夕刊に

ブログで学ぶ企業法務
という法務系ブロガーの記事が出ておりまして、その中にろじゃあのブログも名称と特徴と共に載せていただいております。
磯崎さんところとか、toshiさんのところ、葉玉センセのところに、大杉センセ、信託大好きおばちゃまのところとか(←すっかりご無沙汰しちゃってすいませんねえ)あと、Attoney@PennLawさんところと来た後に、ろじゃあのブログが末席を汚させていただいておるのですが、ありがたいこってございます。
おかげさまでアクセスもちょいと前で60万件を超えさせていただきましたし、ちょうどよい節目でございますな。
上記記事を見て初めておこしくださってる方に、
今日のTOPのエントリーがブライアン・メイの博士号取得へというエントリーなのでまたどこが法務系ブログやねん?って思われてしまうかもしれないなあ
と思ったので、

Continue reading "今日の日経の夕刊に法務系ブロガーの記事が"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

ガリレオ、ガリレオ・・・ブライアン・メイ、すごいねぇ(@@;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

この

「中断していた」
ってのがすごいよなあ・・・・。
YahooNewsクイーンのギタリストB・メイ、宇宙物理学博士に
メイは1970年のクイーン結成当時、ロンドンのインペリアルカレッジで宇宙物理学を学んでいた。しかし、バンド活動が忙しくなったことから博士課程での宇宙塵(じん)の研究を中断。その後も宇宙物理学への興味を持ち続けていたという。
恐れ入りました(ぱちぱち)。
しっかし、いま60歳ですか。
・・・・ミュージックライフとかでクイーンのグラビア見てた頃から数えると・・・ひぇー・・・そうだよなあ30年ぐらい経ってるんだよなあ・・・・(←それでもさば読んでないか?おい)
でも、かっちょええとろじゃあは思うぞ、この御兄さん。
ついつい、驚いてしまったもので・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2007

野村HDがサブプライムがらみで726億の損失とのこと:サブプライム続報

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

え~と、野村さんが最初に発表したということになるんですかね。
YahooNews野村HDが損失726億円、米住宅ローン絡みで
う~ん、ぐっちーさんのブログでもこのサブプライムがらみのお話に必要な基礎知識のわかりやすい説明が出ておりましたけれども、まだ、ほかの当事者の方々が動きあぐねてる部分があるんだとすると今後さらに影響が出てくる可能性もあるということなのかどうか。
まあ、こんな記事もようやく出るようになってきたようでございまして。
YahooNews変動金利型サブプライム証券、事実上の発行停止状態に
この記事の中で

Continue reading "野村HDがサブプライムがらみで726億の損失とのこと:サブプライム続報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココログのメンテナンス・・・大阪弁変換機による

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしておるんや。

ホントに、ココログのメンテナンスは、困ったもんだなあ。
なんで平日の昼の3時ぐらいまでにかけて長時間のメンテナンスやるんやろうなあ。
どなたはんの都合を考えとるのか知りまへんけれど、ホント不便ちうか、ええ加減にして欲しいよなあ。
こうええ続けてもうそろそろ3年目に入ってちーとの間経過したちうトコなんやけどアンタ・・・・。
・・・ちうわけで、たぶん、約束どおり3時過ぎにはメンテナンスは終わっとるであろうと言うことでこの文章をエントリーしてるんやけど、予定通りエントリーできてるかいな・・・。

以上は、大阪弁変換機によって変換した上で貼り付けさせていただいております。
ちなみに元の文書は以下の通りです・・・・

Continue reading "ココログのメンテナンス・・・大阪弁変換機による"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2007

デジタルデザイン社のHPにスカイピー・コム社との訴訟の件が

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

しばらくデジタルデザイン社のリリースで新しいものがなかったのですが、株価をちょっと見直してたら、もしやと思い、HPを夜中に改めてみてみましたら、18日付で訴訟提起のお話がでておったのですね。
デジタルデザイン社HP7月18日付けリリース訴訟の提起に関するお知らせ
既に検収した上で代金の支払いが済んでいる分についての契約解除とのことですが。

4. 訴訟が提起されるに至った経緯
当該訴訟におけるスカイピー・コム社の主張は、同社と当社との間で平成18 年10 月に売買契約が締結され、同月において既に同社から検収をいただき入金まで完了している取引について、同社が一方的に当該売買契約を解除するとして、当社に原状回復請求をしているものであります。
スカイピー・コム社の方から訴訟提起されていたのはちょっと前みたいですねえ。
まあ、こちらの関係も含めて訴訟提起分についてはどのような感じになっているんでしょうか。
取り急ぎ備忘録ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銀座みつばちプロジェクト:東京に生きるひとつの形だよなぁ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

休日にテレビをつけていたら、宮沢りちゃんがナレーションをやってる番組が始まった。
テーマは、銀座のとあるビルの上で養蜂をやっているNPOの方々のお話。
へ~って観てたら、なんだよ、

ろじゃあがよく知ってるお兄さんが出ているではないか(@@;)。

おそらくは彼がテレビに出たのを観たのは初めてだなあ。
いつもの仕事をしている時の顔よりも幾分リラックスしており精悍な顔つきに柔らかな笑みが溢れている。
そうかあ、彼はこんなところでも銀座に根をはって日々をすごしているのかぁ・・・と感心した次第。
早速携帯から彼に電話を入れる。
「もしもし、テレビ見てたら○○さん(←彼のこと)が出てたんでびっくりしたんですけど」
「そうですねえ、確か今日が放映日でしたよねえ・・・お恥ずかしい限りで」
などと

Continue reading "銀座みつばちプロジェクト:東京に生きるひとつの形だよなぁ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

プロミスが三洋信販にTOBを?・・・J-SOXとの関係も注目

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

最近、早朝ネタが多いのですが、まあ、歳とともに目が覚めるのが早くなってて、まわりがまだ薄暗くても自然と目が覚めてしまうという・・・ああ、歳はとりたくねえだ(涙)。
んで、プロミスと三洋信販の件が日経に出ておりました。
「プロミス・三洋信販 統合交渉 26日にも基本合意」という記事ですが。
ふ~ん、統合交渉が26日にも基本合意の見通しとのこと。
う~ん、そうなんだ。
プロミス側から三洋信販株のTOBを8月上旬にも実施して完全子会社化を目指す・・・・などという結構具体的なお話が出ているわけですけど、ここ何回かとりあげてるように、いろいろな面で興味があるところでございます。
今の段階で経営統合するという体力というか、手間というのはどの程度が想定されているんでしょうかねえ。
ほかに法的な枠組みがない場合でも

Continue reading "プロミスが三洋信販にTOBを?・・・J-SOXとの関係も注目"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メタル侍・・・どんな話じゃ?(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

京都太秦撮影所・・・ろじゃあも昔行った覚えはあるんだけどなあ・・・・。
んで、今日の日経を朝早くごそごそ起き出して読んでたら訃報欄の横の「窓」のコーナーに、東映京都撮影所が

ヘビーメタルのミュージシャン風の浪人が活躍するインターネット配信用の短編映画「メタル侍」を製作した
との記事が。
出ている写真は一見、松平健風(^^)。
こういう営みはいいことだと思うし、これを窓欄でとりあげる日経もナイス。
んで、公式サイトがないかと調べてみましたら・・・・ありましたねえ。
メタル侍公式サイト
そんで、どんなキャストになってるのかと思って調べてみましたら

Continue reading "メタル侍・・・どんな話じゃ?(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2007

三洋信販、800億円最終赤字となる見通しとのこと・・・プロミスとの経営統合報道つづきのつづき

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

本日21日土曜日の日経に三洋信販の2008年3月期の連結最終損益が800億円程度の赤字になる見通しであることがわかったとの記事が出ておりますね。
昨日のエントリーで次のようなことに言及したのですね。

過払金返還実務と引当金の問題、経営統合による昨日言及した債権債務両面における顧客の名寄せの問題とかを考えると、・・・
まあ、経営統合の当事者はともにこの点は留意せざるを得ないだろうというつもりで書いていたのですが、今日の記事によると、
プロミスの要請を受け、利息制限法上の上限金利を超える「過払い金」返還の見込みなどを査定しなおした結果、引当金の積み増しが必要と判断したためだ・・・
という記述があります。
まあ、仮にプロミスの視点から相手方に対してチェックするとすれば現状ではこの視点は当然ということになりますわな。
この積み増しの額の前提というのが、どのようなものかについてはこの報道からはわかりませんが、実際に過払金返還請求実務で返還を要する額がどの程度になるかにより異なってくるわけで、この点については、

Continue reading "三洋信販、800億円最終赤字となる見通しとのこと・・・プロミスとの経営統合報道つづきのつづき"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ようやくかあ・・・ブルドック高裁決定

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ちょっと遅れましたが、おおすぎセンセがブログで教えてくださったので
ろじゃあも早速見に行ってみました。
東京高裁平成19年07月09日決定(棄却)
全文っす(^^;)。
まだ週末にかけてのお仕事が終わってないのでじっくり読めるのは日曜日だなあ・・・。
ま、取り敢えず遅ればせながらの「速報」(苦笑)ということで。
備忘録、備忘録、びぼう、びんびんびびんびん♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2007

プロミスと三洋信販の経営統合報道(つづき)・・・銀行グループの中での三井住友の戦略が注目されるところ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

眠い目をこすりながら新聞読んでるんですけど、今日の日経朝刊にも「プロミスと三洋信販 統合交渉」という記事が出ておりましたね。
記事についてる表によると、統合がもし実現すれば融資残高約2兆円でシェアが18.5%でともに専業者の中ではトップになるんですねえ。
それと、両者に共通する銀行という意味では三井住友さんということになるんですな。
う~ん、銀行グループ経営における消費者金融専業者の位置づけという意味からしても三井住友さんからすると、今回の件が

今後のリーテールの方向感についての踏み絵的な意味合いも出てきてしまう(?)
かもしれないんですかねえ・・・。
消費者金融専業者大手については、いろいろな見方があり得るわけですが、いわゆるノンバンクまで視野を広げると、現在の改正貸金行法の今後の段階的施行との関係では、最終的に個人の総与信管理体制が枠組みとして動き出すと、
一定層・一定量の資金受領者については、「貸手市場」的な環境が出てくること
が予想され得る部分もあるわけで、それを見越した生き残り戦略というものを想定した場合には、昨日もちょっと触れたように、いろいろなパラメーターがあるんですよね。
やはり、三井住友さんが自行グループの中で

Continue reading "プロミスと三洋信販の経営統合報道(つづき)・・・銀行グループの中での三井住友の戦略が注目されるところ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

僕は彼女を背おって月まで自転車で行けるだろうか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

心がかわいている時はいろんなものの吸収が良すぎて困ることがある。
「かわいている」と言ってもいろいろ。
ココロに足りないものがあり渇望感に溢れてしまっている時は、それがなにかは別にして、それを何とか手当てするか代わりの何かで飛躍のため貪欲に前向きに吸収するのがろじゃあ流ってもんでい。
もう涙もでないほど「乾いて」しまっている時は、こちらが望んでいないのに、ココロの隙間に無限に涙が浸み込んじまう。
今朝

Continue reading "僕は彼女を背おって月まで自転車で行けるだろうか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2007

これは当事者先行か?銀行はどう思ってるんだろうか?・・・プロミスと三洋信販の合併報道

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

YahooNewsプロミスと三洋信販、合併を検討=関係筋(ロイター)
う~ん、この報道なんですけど・・・・実際に可能性はどの程度あるんですかねえ。
両者のリリース見た限りでは積極的な表明はない訳ですよねえ。
ろじゃあが興味があるのは、銀行がこの件についてどう考えているのかということ。
いま、改正貸金業法の段階的施行の大きな施行をまさに控えている段階。
この段階で、合併というのは色々な意味で、検討を要する要因を必要以上に発生させる可能性があるのも事実なんですけねえ。
経営者層からすると相当経営判断しないといけない部分があると思うんですけどねぇ。完全施行に向けて色々な業務対応も必要になってくるわけですからねぇ。
合併をどういう形で行うのかは別にして、両者とも現状の枠組みでの過払金返還実務の枠組みと関係しているのも事実で、合併により両者の債務者がひとつの主体に合わさるということになった場合に当該債務者との債権債務関係が

いわば名寄せされた状態
になったりするわけですけど、
過払金返還債務の方も名寄せされるんだろうか
というような問題もある訳ですね。
これ、実はここのところろじゃあがエントリーしてきた過払金返還実務に関する最高裁判決とかとの関係を考えるともっと複雑な問題が出てくる可能性があったりするんですけど、

Continue reading "これは当事者先行か?銀行はどう思ってるんだろうか?・・・プロミスと三洋信販の合併報道"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村上ファンドの件で今日判決だよね?

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

夜中に書いててなんなんだけれど、確か明日19日って村上ファンド関係で村上氏について判決がある日だよね。
実際、あの事件をどう受け止めるべきかというのは千差万別というところがあると同時に、マーケットについて関係や興味が深い方々ほどそれなりの持論があるところなんだろうなあ・・・・まあ、執行猶予がつくかどうかというところが注目されるところなんだろうけど。
磯崎さんとかまたなんかエントリーしてくれるんだろうかなあ・・・・いまからちょっとそれだけは楽しみ。
ということでおやすみなさい。
明日も早いし。
(午後1時過ぎにこれをご覧になってる皆さんはもう結論はご存知なんですよね)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

筋肉がついてきた?・・・自分の体のALM

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

最近、マシンジムに行くようになって少し体に変化の兆候が出てきた。
汗をかきやすくなったのは、以前体重を減らそうとしていたときと一緒なのだが、今回は、どうやら肩と腕等の上半身についての変化の兆候である。
自分でも肩が少し張っているのが分るが、気持ち悪い張り具合ではない。
むしろ、最近肩と上腕筋を鍛えるのに慣れてきて少々腕の筋肉が張ってるぐらいがちょうどいい感じになってきた。
一日に短時間でTシャツを絞ると汗が下に落ちるぐらい汗をかくまで継続的に運動できるようになってるなんて、中学までやってた剣道の毎日の稽古以来ではなかろうか。何十年前の話じゃろ?
関係あるのか分らないが、

Continue reading "筋肉がついてきた?・・・自分の体のALM"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

苦悩

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

苦悩している時は気分転換が必要だとばかりにTori Boxさんが紹介されてた脳内メーカーをやってみる。
気分転換にはなったが、こんな頭の中だとは思わなかった。
だってこんな感じなんだから↓(続きをみてください)

Continue reading "苦悩"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 18, 2007

円安ポンド高だそうで・・・こりゃ、ロンドンは早めに行った方がいいのかなあ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

う~ん、なんとなく予想はしていたんだけど6月25日にこんなエントリー書いてたんだよね。
外貨でお給料もらうお仕事と円安円高
こちらのニュースは、海外での円建てで御給金をいただいている方々と日本人観光客の方々のお話のようでね。
YahooNews地下鉄初乗り1000円!=英ポンド、対円で高騰
そんで、まああの時点では現在以下のようになっているんじゃないかなと思ってたんですが。

円との関係でドル安。
ポンドとの関係でドル安。
ユーロとの関係でドル安。
ポンドとの関係で円安。
ユーロとの関係で円安。
NYとロンドン行くなら

Continue reading "円安ポンド高だそうで・・・こりゃ、ロンドンは早めに行った方がいいのかなあ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銀英伝解析機によるろじゃあの解析結果

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

世の中色々なもん作るひとがおるもんだなあ・・・と思ったのが、この

銀英伝解析機
銀河英雄伝説を知らない人には何のことかちっともわからないという例によって例のごとくのねたなのですが。
ちなみに、これにろじゃあをぶっこンでみますと、
ろじゃあの50%はマリネスクで出来ています
ろじゃあの27%はウォルフガング・ミッターマイヤーで出来ています
ろじゃあの9%はエルンスト・フォン・アイゼナッハで出来ています
ろじゃあの8%はカール・グスタフ・ケンプで出来ています
ろじゃあの6%はカール・ロベルト・シュタインメッツで出来ています
まあ、ミッターマイヤーさんが27%入ってればいいかぁとか

Continue reading "銀英伝解析機によるろじゃあの解析結果"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サブプライムとスコアリング

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ここしばらくサブプライムの話をエントリーして、プレデタリー・レンディングの話についても言及したのですが、今回のアメリカでのサブプライム市場での融資実務との関係で興味があるのが、

スコアリングシステムとの関係
です。
サブプライムの話は、どうもRMBSとの関係やらさらにはそれらのデリバティブとの関係が心配されるようですが、それはもちろんとしてRMBSによる証券化対象債権である個人に対する融資におけるスコアリングシステムと
日本における審査審査システムとの差異と実務上の多様性(大手貸金専業者とクレジットカード会社等の貸金機能との差異、審査基準の差異等)
を認識した上での合理的な議論というものが、昨年の貸金業法の改正の際に十分行われたのかという点はともかくとしても、

Continue reading "サブプライムとスコアリング"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(過払金返還実務と悪意の受益者)×不当利得返還請求権の消滅時効=?・・・最高裁平成19年7月17日第三小法廷判決

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ここのところ、また最高裁が貸金業規制法第43条のみなし弁済関係で立て続けに判決を出している。
今回は、不当利得返還請求に基づく過払金返還実務における貸金業者について、不当利得関係での

悪意の受益者に該当するかどうか
についてのお話ということになるのであるが、まずは平成19年7月13日判決が二つ。
最高裁平成19年7月13日第二小法廷判決
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20070713144518.pdf
利息制限法の制限超過利息を受領した貸金業者が判例の正しい理解に反して貸金業法18条1項に規定する書面の交付がなくても同法43条1項の適用があるとの認識を有していたとしても,民法704条の「悪意の受益者」の推定を覆す特段の事情があるとはいえないとされた事例
これが東京高裁へ破棄差戻し。
んで、同じく最高裁平成19年7月13日第二小法廷判決

Continue reading "(過払金返還実務と悪意の受益者)×不当利得返還請求権の消滅時効=?・・・最高裁平成19年7月17日第三小法廷判決"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2007

溶ける・・・原理原則と裁量

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

急遽、体調が思わしくなくなったので古いストックからで恐縮ですが(夜はこういうとき困る)・・・ご覧いただいているときには体調が回復しているといいのですが・・・

最近、色々な枠組みにおける原理原則やら二項対立の二者についての垣根と言うか周辺部分が溶ける状態が多くなっているのではないかと気になっている。
うまく表現できなくて隔靴掻痒なんだが、あまり直接に表現しすぎても問題があるので(^^;)。
例えば、ある原則があるとする。
かつてはこの原理原則をばんと正面に出してあまりあとは詳細については触れない・・・肉付けは他の当事者が忖度して枠組みを作るという世界があったとする。
とは言ってもこの原理原則を提起する主体は、色々なことを配慮してその上でテーゼとしてそれを前面に押し出し、あとから当事者が肉付けをしたとしても、その肉付け自体は想定された範囲内あるいはある意味では理に適っているという場合が多かったりする訳である。
これは、おそらくは

Continue reading "溶ける・・・原理原則と裁量"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2007

俺が信じるお前を信じろ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

たまたまテレビ視てたらアニメの総集編ぽいのやってて。
いきなり

俺が信じるお前を信じろ
ときたもんだ。
この理屈っぽい台詞って好きなんだよねぇ(苦笑)。
そしたら最後の方に更にクドイけどろじゃあ好みの台詞が。
俺が信じるお前でもなく
お前が信じる俺でもない
お前が信じるお前を信じろ
この台詞、スマートなお兄ちゃんじゃないとまず舌噛みそうだよね。
なんて

Continue reading "俺が信じるお前を信じろ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく60万アクセス

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

気がつきましたらカウンターが60万アクセスを超えておりました。
途中二度の大きな中断もございましたが、何とかかんとかやってこられましたのも、読んでいただいている方々のおかげであると考えております。
夜中から早朝にかけての更新となりますので、

Continue reading "ようやく60万アクセス"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2007

会計士を増やす方法

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

今日の日経にの「金融取材メモ」の欄に

会計士、苦肉の増加策
という記事が出ております。
そりゃまあ、
会社法の枠組みをこういう形にして、金融商品取引法もああいう形にして、そんでもって会計士の先生方の数がそもそも足りるわけがない
のでございまして(^^;)。
偶発事象としての大手会計事務所についての不祥事の問題というのに起因する会計士の先生方の大忙しの状況と監査を断られるという状況が出てきたというのは依然として改善されそうもないという環境の問題はあるとしてもです。
んで、新規の受験生のための環境整備とかを検討されているらしいとのことなんですけど、まあ、それはそれで必要なことだと思います。それに
会計士の仕事に若い人たちが熱意を傾けられるような環境というか、イメージというものも今まで以上に整備していかないといけないんだろうなあ
とも思います。
でも、そういうどちらかというと

Continue reading "会計士を増やす方法"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「サブプライム」焦げ付き多発・・・Predatory Lendingとかの問題はあるのかなあ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

サブプライムの件について今日の日経に「「サブプライム」焦げ付き多発」との記事が出てましたね。
RMBSの話は出ているんですけど、実際にそれのキャッシュフローの源泉としてのサブプライム層への貸付慣行やら、現実の債務者レベルでの問題の進行とか、その辺についてももそっとツッコミがあってもよさそうだよなあという感じを持ちました。
でも、この状態、考えようによってはあまりいいスパイラルにはなっていないんですねえ。
担保にしている住居等の不動産の価格は下落傾向にあり、担保価値が下がり、借り増しで対応できないということになれば、ローンを組んだ債務者の方でも手を上げざるを得ない状況も出てきているのでしょうから、問題はこれがどの程度の状態なのかというところなんだと思います。
これが、相当程度景気の足を引っ張ることになることが懸念されるということで

Continue reading "「サブプライム」焦げ付き多発・・・Predatory Lendingとかの問題はあるのかなあ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ネットマークスさんのHPでのリリース:過年度決算の訂正の件ほか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ネットマークスさんのHPに過年度決算の訂正の件と東証一部から二部への指定替えの見込み、さらに監理ポスト割り当て理由の追加についてのリリースが12日付けで出てますね。
過年度決算及び平成19年3月期決算の訂正に関するお知らせ
当社株式の東京証券取引所における市場第一部銘柄から市場第二部銘柄への指定替えの見込みに関するお知らせ
当社株式の監理ポストへの割当理由の追加について
う~ん、このリリースの並び方(実際のHPではこの逆の順番に並んでますけど、時系列は一緒ですよね)、上記過年度決算の訂正を公表したところ、東証の基準に照らした場合の二部への指定替え見込みの話が出てきて、東証から今後の推移等如何では上場廃止基準に該当する可能性があるので監理ポストへの割当て理由が追加されたということなんですかねえ。上記リリースの

Continue reading "ネットマークスさんのHPでのリリース:過年度決算の訂正の件ほか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

携帯を見つめる時

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

携帯電話を利用し始めてどのくらいになるのかなあ。
最初はTU-KAだったんだな。
ずっしり重くて重量感のあるソニーのジョグダイヤルの携帯。
その後軽いのになって、職場が変わった後は、ずっとドコモさんだなあ。
ついつい、携帯の開いてしまうのもいまや、あまり気にもならない。
もちろんTPOは気をつけてはいるけども、ろじゃあの場合家族からの緊急のお電話がある可能性があるから、いずれにしろ携帯は、常に肌身離さず、充電は欠かさずにというのがものすごく重要である。
携帯を2・3日とりあげられたら?ダメダメお仕事もできなくなっちゃうし、なんだかんだと電話入れる先にかからなくなっちゃうのはちょっとつらいどころか、社会生活を営むことがつらくなっちゃうかもしれないなあ。
かといって、持ってたら持ってたで困ることもあるわけで。
何の気なしに家ではどうしてるかなと様子見の電話を入れて、

Continue reading "携帯を見つめる時"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2007

加ト吉さんの東証・大証への「改善報告書」を読む(2)不適切取引の概要編

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

さて、では報告書の内容をもう少ししっかり読んだ上で、具体的に何が問題だと彼らが把握したのかを読んで行きたいと思います。
調査の経緯の説明のあと〔3〕として

不適切取引の概要
という項目が設けられておりまして、内部調査委員会と外部調査委員会の調査の結果、次の5つの態様が不適切取引として明らかになったようです(報告書3頁)。
①岡三通商との帳合取引を利用した金融支援取引
②元光との帳合取引を利用した金融支援取引
③小野食品との帳合取引を利用した金融支援取引
④岡谷鋼機とアーバンフーズとの間の取引に介入した帳合取引を利用した金融支援取引
⑤加ト吉水産の偽造印鑑を使用した取引
ここで言っている「帳合取引」とは、

Continue reading "加ト吉さんの東証・大証への「改善報告書」を読む(2)不適切取引の概要編"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

加ト吉さんの東証・大証への「改善報告書」を読む(1)組織編:審査部がない?(@@;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

1.はじめに
加ト吉さんのHPに東京証券取引所と大阪証券取引所に提出された「改善報告書」の件についてのリリースが出ております。
加ト吉HP7月11日付け東京証券取引所への「改善報告書」の提出について
加ト吉HP7月11日付け大阪証券取引所への「改善報告書」の提出について
内容的には同じものだとは思いますがね(^^;)、一応二つリンクをば。
んで、ある意味では、一連の循環取引関係のお話の中では大きな一塊についてのお話でありますので、これは少しじっくり読んでみようと思ったのですね。

2.まずざっとながめていたのだが・・・・うん?(@@;)
んで、本来なら事実関係のところからそうかあ、ああかあと読んでいくべきなんでしょうし、実際図入りと実名入りで分りやすい記述になっているようなんですが、それよりも先に組織のお話に引張られちゃいましたろじゃあなんですな、これが。
ぱらぱらとまず全体を読んでるというかながめているときに

Continue reading "加ト吉さんの東証・大証への「改善報告書」を読む(1)組織編:審査部がない?(@@;)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あの日にかえりたい

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

子供達には好きにさせている。
好きにさせるといっても当然ろじゃあは富裕層ではないので(^^;)自ずから限界があるのであるが、やりたいことをやらせるようにしている。
ただし、結構、誓約させてある程度の制約を設定する。
もちろん申告制。
できそうもないことはあまり求めない。
明らかにできそうもないこと(ろじゃあへの義理だか建前できれいごとを書いてくることがあるのね)を申告してきたら、それは修正させている。もっと楽にやらないとできることもできないぜ、と。
思わず苦笑いしてしまったのは、この役割って、ろじゃあが前の前の職場にいたときに法務部でやってた仕事の基本ポリシーのひとつだったよなあと。
ろじゃあのエントリー読むと、

Continue reading "あの日にかえりたい"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2007

「法務の国のろじゃあ」で初めて検索したあなた。これ観たでしょ?(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ここ数日、「法務の国のろじゃあ」による検索数が通常よりもひとケタ多くなっておりまして、検索数のダントツトップになっておりました。
なんでかなあ、とおもって自分でも検索してみたりしたり、思い当たるお友達ブログや、あんなブログやこんなブログまでいろいろと巡回してみたんですけど、どうも思い当たる節がありませんんでした。
んで、ブルドッグソースの件で磯崎さんやおおすぎセンセのブログ、toshiさんのブログとかみながらゆっくり自分の頭整理しようかなと、巡回してみてなんとなく合点がいきました。
昨日今日と、検索してくださった方々、これ見たでしょ?(^^;)
おおすぎblog7月10日ブルドック事件・地裁・高裁決定を振り返って
しかも、本文の法的議論じゃなくて、「まくら」のところのこの記述。

その嫁ですが、昨晩は夫婦で、「金麦と待ってる~」と唱和しながら、コンビニで金麦(**)を買って、家で飲みました。ええ、こういうお馬鹿な夫婦です。
** 注:「きんむぎ」。発泡酒の銘柄の1つ。「法務の国のろじゃあ」6月27日のエントリーで取り上げられたことで有名。
おおすぎセンセ、

Continue reading "「法務の国のろじゃあ」で初めて検索したあなた。これ観たでしょ?(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さてどこに結局リスクは滞留してるんだろか?・・・サブプライムのお話

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ぐっちーさんのエントリーを見るたびに、言葉これでも控えてるんだろうなあと思いつつ、やっぱりそうなんだあとここ数ヶ月拝見し続けてきたところがあるのですが、やはりサブプライムの問題はそれなりの問題としてくすぶっていたというか・・・・さて、どうなるんだろうなあ、ホント。
ろじゃあはおばかですから見守ることしかできません。
ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 動き始めたぞ・・・・
でも、CDOとかさらにややこしいのって日本の投資家の方々ってどの程度お持ち、というか当事者になっておられるんでしょうかねぇ。
取り敢えず備忘録ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

調理されし経路の明確さと愛妻弁当と循環取引(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしてます。

取引先から、

すいません色々事情があって、今回の取引、Yさんのところに入ってもらうことにしてその関係であと数社経由して納品させてもらいます
って言われたら普通の取引先はどうするもんなんだろう?
相手の取引先がよく分っていて取引も長いから、間の話はともかくとして、最後の部分で相手先に連絡可能だし、場合によっては返品も可能だから、ホイホイと承諾するのか・・・。
取引の領域により違うんだろうなあ。
その商品が自社製品の重要な原料だったり、部品だったりしたら、そんなに簡単には承諾しないだろうと思うのだ。
最終的には自分のところの信用問題になるし、相手先は以後納品を断ってくるだろうし。
そう考えると、循環取引なんてものは、どちらかというと最終的に自分の信用について、とやかく言わない相手がメインの取引先だったりする場合とか、

Continue reading "調理されし経路の明確さと愛妻弁当と循環取引(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私は夢を食べてきた。それで腹いっぱいにした。

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしてます。

すぐには読めそうにないのは明らかなのだが(時間的制約でね)、いまどうしても読んでしまいたい本がある。

田中森一『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』幻冬舎
である。
いわゆる闇社会というか・・・最近のよくわからないお話も含めて、そんな部分についての興味で読んでみようかとアマゾンで頼んでおいたのだが・・・・。
何気なくぱらぱらとめくっていたろじゃあの目にある一文が入ってきてしまった。
「お前が出世してくれることが、私たちきょうだい全員の夢です。だから、なんとしても大学に合格してください。頑張って」
昭和三十八年の春、定時制高校を卒業した後に最初の受験に失敗した森一青年が和歌山での浪人生活を始める頃の話の部分(同書49頁)。
中卒で奉公に出ていた姉が一枚の千円札を同封して書き送った一文である。
彼が現在関係している

Continue reading "私は夢を食べてきた。それで腹いっぱいにした。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2007

遅ればせながらブルドックの件:スティールが最高裁に抗告とのこと&この枠組み定着後のお話

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

スティールパートナーズが、東京高裁の判断を不服として、最高裁に抗告したとのことでございます。
YahooNewsスティール、ブルドック新株予約権で最高裁に申し立てへ
磯崎さん大杉センセとかがいろいろ書いてくださってるわけですけど、ろじゃあ、今回の一連の枠組みが、(仮に)最高裁でもスティールの方に不利な形で枠組み形成された(としたらその)後、どうなるのかなあというのに興味があります。
今回のようないわば「ゆるい」(?)買収防衛策が問題なく発動され、「乱用的買収者」に容易に相当の金銭が支払われるという枠組み・・・・これ、射程の問題もあるとは思うんですけど、仕組み方次第では、合法的に「乱用的買収者」として登場した主体に対して金銭を支払うことができる枠組みとして活用されてしまう可能性はないのだろうかと思ったりしていたのですが。
この点は、

Continue reading "遅ればせながらブルドックの件:スティールが最高裁に抗告とのこと&この枠組み定着後のお話"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

遅ればせながらブルドックの件:東京高裁抗告棄却

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

YahooNews東京高裁、ブルドック防衛策差止め求めたスティールの抗告を棄却
携帯でNHKの速報版を見たのですが、

ひたすらみずからの利益のみを追求する乱用的買収者
という言葉が書いてあってそういう言葉づかいしているのかぁと思った次第でございました。
スティールパートナーズからすると一言言いたいこともあるんだろうなあとは思ったのですが、はてさてこのあとどうなるのか。
取り急ぎ備忘録ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

若紫かフレデリカかミサトさんかセーラさんか(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ろじゃあの理想の女性像というのは実に多様である。
何を今更といわれてしまうかもしれないが、多様なものは多様なもの、それを自分のブログでいつ取り上げようがろじゃあの勝手じゃねえか(←おいおい、誰にけんか売ってんだよ?)。
ま、それはさておき、紫の上(若紫)が世の男性の理想のひとつではないかということについてはろじゃあも認める。
ただ、あんまり小さい時に見初めちゃうと後々

いつもクラリスを抱きしめられないルパン三世
みたいになっちゃうのでたぶん男にとっては相当な賭け(ちゅうか運命、宿命の類か)になっちまうんじゃないかと思ったりするのである。
その点、セーラさんとかミサトさんに向かう男のベクトルというのも理解できる。
第一、楽だもの(苦笑)。
お姉さまに指し示していただく方向に参ろうではないかという

Continue reading "若紫かフレデリカかミサトさんかセーラさんか(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2007

法務部は誰の顔を見るべきなのか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしてます。

昔、ある部長から

お前はヒラメだからな
といわれたことがあります。
シチュエーションはこんな感じ。
ある案件について、法務部に某セクションから検討依頼が入り、ろじゃあが問題点を精査、課長経由で部長にお話が回りました。
翌日、某セクションの担当者の上司(課長)から、ろじゃあ宛てに電話が来ました。
「おまえさ、わざわざ、お前から上に上がるように依頼かけてるのにどういうことなんだよ」
いつもクレームの電話はこんなもんです。
ただ、この課長さん、某セクションでは珍しく法務的センスがあり、且つ企画・経営面での経験と判断にも問題がない方で、ある意味では同部署のキーマンの課長さんでして。
「例の件ですよね。私からあがるようにって言ったって、担当者に私のところに持ってきていただいただけじゃないですか。うちの課長に持ってきても結局私のところに降りるんですから同じですよ。でも、案件の書き具合から○○(←上記課長)さんの関係だろうと思って、いつもながら要所要所押さえた企画書と稟議書だなあと思ってたんですよ。だから、問題点の部分も指摘はしましたが、趣旨がずれない方向での対応になるようにチェック入れて上に上げたんですけど、何か?」
「あれがか?とにかくちょっと来てくれや」
結構激しております。
仕方がないので、

Continue reading "法務部は誰の顔を見るべきなのか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2007

ろじゃあ市(シティ)とろじゃあ高校(1)

このエントリーはあ~疲れたなあ、週末が終わるとまた月曜日じゃねえかばかやろうと思いながらも、気分を変えてなんとか新しい週を生き抜いていこうじゃないかという思いを以って、日曜日の午後にエントリー設定をして実際に日曜日中にエントリーしております。

先日ふとしたきっかけで...みたいな。さんたちとのオフ会にご参加いただくことになった穂高さん。
銀英伝のオフ会にお出になるなど実にうらやますい。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
ところで、その穂高さんのブログに遊びに行きましたら、こんなのでてまして。

都市メーカー
穂高さんのエントリーどんな市だよ(笑)+「風林火山」#26、「グレンラガン」#13-14
ついついやってしまいました(笑)。
ろじゃあ市のほうはこんな感じになりました。
ろじゃあ市
この「ろじゃあ音頭」ってなんともいえない味わいがありまして・・・このメーカーさんの作成元、いいセンスされてるわ(笑)。
んでもって

Continue reading "ろじゃあ市(シティ)とろじゃあ高校(1)"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

July 06, 2007

日曜日に見た夢・・・そ~のうちなんとか、な~るも~のさ、ときたもんだ、こりゃ(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしてます。

日曜日の朝、目覚めがものすごく悪かった。
思い出せるくらい嫌な夢をみたのだった。
どう考えてもろじゃあの記憶にはないシチュエーションも一部含まれているのだが、まあ夢にはそういう夢もあらあな。
・・・とある職場でろじゃあはあてにされている。
仕事は充実している。
だが、ある日気がつくと、自分の抱えている仕事が滅法多いことに気がつく。
今月、確かに残業多いなあ、早出も含めて。
なんで、早出残業してるんだ?そうか、きのう3階の営業本部の某次長から明日の朝までって11時の帰り際に言われたんだった。
重要書類と稟議書の控えも入ってるから持ち帰り仕事にする訳にもいかず・・・・それで早出でやってるんだな。
何できのうは11時までかかったんだっけか・・・・そうか、上司から今日の朝のミーティングの資料まとめとくように言われてたんだ・・・・でも、なんでこれ俺の仕事なんだ?彼はなぜ定時に帰ったんだ?
そういえば、

Continue reading "日曜日に見た夢・・・そ~のうちなんとか、な~るも~のさ、ときたもんだ、こりゃ(^^;)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

早朝の東京駅の”For LAN Shopping”(^^;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしてます。

ある日の早朝の東京駅。
少し早くつきすぎたので八重洲地下街をうろついてみる。
早くから開いてるお店があるのに気がついて驚いてしまった。
そういう店は大体7時からなのだが、モーニングセットを競っている。
朝ごはん確かに食べたいよなあ・・・。
除いてみるとPRONTOが380円のモーニングを二種類。
うん、こりゃお値打ちかも・・・・と思うと、隣のイタリアントマトが280円のモーニング?
これも安い・・・・と目移りしていて他はどうじゃ?とさらにぶらつくとアポロが500円のモーニング。
うん、値段的にはとも思ったのだがよく見るとホットドッグのモーニングが選べるではないか・・・・道理で早くからお客さんがいるわけだわいといたく納得した次第。
といいつつもマックで100円マックでお茶を濁すか・・・無線LAN使えればいいしなあ・・・とさらにマックへと歩みを進めるろじゃあであるがそこにはある障壁が・・・・

Continue reading "早朝の東京駅の”For LAN Shopping”(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2007

名宛人限定!笠置シヅ子さんはこれで聴ける!

このエントリーはごく一部のろじゃあの読者の方を対象としておりますが、まあ、この際ですから皆さんも興味を持っていただくのがよろしいのではということで公開時刻自動設定機能も何も関係なく夜中にエントリーしております(笑)

41xwyf568tl
いい世の中ですねえ。
アマゾンで検索するだけで、笠置シヅ子さんの全曲集のCDがすぐに出てくるんですからねえ(^^)。
笠置シヅ子さんを聴くなら、取り敢えずこの辺でどうでしょうか?
ブギの女王 全曲集

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 04, 2007

遅ればせながらブルドックの件

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

最近、最高裁も含めて最新判決のシステムが一時期と変わってしまったので、あまりブログとの関係では言及しないようにしていたのですが、ブルドックソースさん関係の株主総会決議禁止等仮処分命令申立事件については速報が出てましたね。
東京地裁平成19年06月28日決定
なんか、方向感はこの方向で定着するということなんでしょうか?
ご参考までに備忘録っと。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

OHT関係で弁護士関係のお話が

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

OHT株の信用取引の関係で次のようなお話があるようです。
YahooNewsOHT株20億損失、弁護士が名義借り取引…暴落後姿消す
この件、よく分らないところもありますねえ。
借名口座の可能性もある・・・とのことですけど、まあ、そうなると本人確認の関係とか、証券会社のほうでもコンプライアンスの問題が出てくる可能性もあるということでしょうか。
しかし、なんというか・・・・まあ、いまのところこのぐらいにしておきます。
取り急ぎ備忘録ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2007

雨降りだからたまにはミステリをまとめ買いしてみよう

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ちょっと前のお話。
いつもあまり行かないほうの古本屋さんに久々に顔を出す。
たまたままとめて早川のポケミスがまとめてヤマ積みになってたのでいくらかなあと思うと100円均一。
これは通り過ぎるわけには行かないと、図書館で借りて読んだ奴とか、買いそびれていたのを中心に、1500番台以降のものを漁ることになってしまった。
これだから古本屋さんは突然飛び込んではいけないのだが、入ってしまったものはしょうがない。
入っちゃったんだからしょうがない(^^;)。
という訳で、完全な戦闘モードで背表紙やら奥付やらに目をやりながら、結局なんだかんだと40冊ぐらい抱え込む羽目に。
いや、しかしまあ、偶然とはいえ、私立探偵モノが多いなあ・・・・と思いつつ、雨降りの中、濡れないように二重に入れてもらったビニールかかった紙袋を提げておうちに帰って早速書斎に。
う~ん、至極の時だなあ・・・・と思いながら、

Continue reading "雨降りだからたまにはミステリをまとめ買いしてみよう"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

従来よりも利用されるかノーアクションレター制度:ノーアクションレター制度の整備と潜在的照会主体の注意義務

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

これを読んでおられるのはもうすぐおやつの時間ではないかと思います(笑)。
漢字で書くと、

法令適用事前確認手続
となりなんか重苦しい印象もあるのですが、いわゆるノーアクションレター制度の文字を、金融庁のHP覘いてましたら見つけました。
遅寝も三文の得だなあ(苦笑)と変な感心をしていたのですが、これ、金融庁の関連セクションの担当者からすると労働強化になる可能性もあるのかもしれないなあと、余計な心配もしてしまうところもあるのではありますが(苦笑)、ノーアクションレター制度改正についてのお知らせが出ております。
金融庁HP6月29日付「金融庁における法令適用事前確認手続に関する細則」の改正について
金融庁HP6月29日付金融庁におけるノーアクションレター制度の改正について(概要)
ポイントは次の4点のようです。
1.照会対象の拡張
2.照会者の公表の同意を照会の要件としないこと
3.受付窓口の一元化と受理手続きの円滑化
4.回答期間の短縮化
具体的には、

Continue reading "従来よりも利用されるかノーアクションレター制度:ノーアクションレター制度の整備と潜在的照会主体の注意義務"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野球やりてぇなぁ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

息子が中学で野球をやっている訳であるが、ホントにやりたかったらしく、毎日早起きして練習に通っている。
親に似て恥ずかしがり屋なところがあるのだが、練習中も声だしもこなし、なんとかやっているようだ。
そのせいか、最近

腹筋が縦割れ横割れ
してきており、父親の腹となんでこんなに違う形になれるのだ?と仰天しているところだったりするのだが・・・腕の筋肉も太くはないのだが、まあ、しっかりとした感じになってきており1年前とは同一人物の体型とはとてもじゃないが思えない代物に。
やりすぎを少し懸念し始めているところだったりもする一方、まあ、小学生時代、無駄に体使ってない分、もう少しは大丈夫かなあ・・・とも。
そんな奴が、珍しくおねだり(^^)。
自宅で

Continue reading "野球やりてぇなぁ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NAJ株式譲渡人等に対する訴訟提起とのこと:オープンループさんのHPより

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

先週の分の落穂ひろいなんですけど、別のエントリーでちょっと触れてましたNAJ株譲渡に伴うオープンループさん所の問題ですけど、NAJの株式譲渡人等に対してオープンループさんの方から損害賠償請求等訴訟を提起したとのリリースが出ておりましたね。
オープンルーフ社HP6月27日付けリリース:訴訟の提起に関するお知らせ
株式譲渡人ってのは同社のHPで以前のリリースを辿っていくとわかるんですけど、この今回の文中にある「関係者」ってどんな文脈なんでしょうかねぇ・・・・。
取り急ぎ備忘録というところでございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ネットマークス社、監理ポストの見込みですかぁ:「不適切な取引」は?

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

何度か循環取引関係でも言及した話の中で出てきたネットマークスさんですが、今日HP見ましたら有価証券報告書が期限内に提出できないということと監理ポストの見込みということについてのお知らせが出ておりましたね。
ネットマークス社HP7月2日付けリリース:
平成19 年3 月期有価証券報告書提出遅延及び当社株式の監理ポスト割当てに関するお知らせ

平成19 年6 月4 日付で公表しておりますとおり、現在、当社の過年度(平成15 年3 月期、平成16 年3 月期、平成17 年3 月期、平成18 年3 月期)及び平成19 年3 月期決算において不適切な会計処理があることが判明しました。現在、過年度及び平成19 年3 月期決算について監査法人による影響額の確定作業が進められております。
とした上で

Continue reading "ネットマークス社、監理ポストの見込みですかぁ:「不適切な取引」は?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2007

『コピー用紙のウラを使うな!』

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしてます。

この本のタイトル、あるとこで見かけたら躊躇せずにアマゾンで注文いたしまいした。

村井哲之『コピー用紙の裏は使うな! コスト削減の真実』
(朝日新書:720円+税)
たとえ、いそがしくてすぐには読まなくてもこのタイトルになってる台詞だけでもまあ、買う価値はあるかなあと(苦笑)。
いいタイトルだと思います。
ホント、この
コピー用紙のウラを使う
というのは、アイデアとして皆さん、持ち出すんですねぇ、経費節約とかいうお話を社内でするようなときに。
ろじゃあがかつて草鞋を脱いでいたところでも、本部ごとに経費節約のお話が一時期出てきたときに、
コピー用紙のウラを使いましょう
という項目を得意げに出してきた方がおられたのですな。
そんで、当時はあんまり、

Continue reading "『コピー用紙のウラを使うな!』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

法務部スタッフを骨抜きにする4つの殺し文句(3)法務セクションの生成過程とひな型の功罪

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

前回のエントリーにはひな型について多くのコメントをいただきましてありがとうございます。
皆さん、やはり悩んでるんだなあと思った次第です。
せっかくコメントいただきましたので、今回は、この点について前回の続きということで触れさせていただければと存じます。
ところでこの問題。これ、法律問題から離れた要因というのも大きいと思うんですよね。
一番大きいのは法務部の要員の規模の問題ではないかという気もするのです。
これに担当部長等の管理職以上の問題意識が重ね合わさって

法的リスク管理のための手段としての契約書の実効性の問題以外のところで
ひな型の問題が取り扱われる可能性があるのですね。
それは、
法務セクションの対応可能な仕事の量の問題(キャパの問題)
どれだけの部隊で一日に、一月にどれだけ対応できるかという問題であります。
これは、ある意味では、かつての枠組みでは、法務セクションがある企業において生成していく過程での乗り越えなければならない通過儀礼でもあります。
ある案件について、

Continue reading "法務部スタッフを骨抜きにする4つの殺し文句(3)法務セクションの生成過程とひな型の功罪"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2007

水木しげる先生の戦記モノを読む(1)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

水木しげる先生というと「ゲゲゲの鬼太郎」と、まあ、こうなる方が多いのではないかと思われるが、先般、時間をかけて集めていた戦記モノが未読だったことを思い出して、手元にある三冊を書庫から引っ張り出して読んでみた。
まあ、

例によって発作
である。
大体こういうときは、きっかけになる出来事があるものであるのだが、今回の場合もまあ、そうでしたな(苦笑)。
この三冊、出版元では絶版なのかどうかは確認していないのではあるが、本屋で見かけたことはなく、すべて古本屋で入手したものである。
実は4冊すべてが揃ってから

Continue reading "水木しげる先生の戦記モノを読む(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

およしなさいな。まあ、買うのは自由だけど・・・ある参与の思い出

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

もう20年も前の話になる。
法務部の近くに審査部があった。
その審査部には、大手証券会社を退職されたあとに来られたある一人の参与がおられた。
彼は、その日の相場で材料等をチェックし、担保としての株式等の値洗いなど関係のお仕事をしておられるようだったのだが、ものすごく温厚な方で、開襟シャツの似合う紳士であった。
若手の部下からの質問にも気さくに答えられ、しゃべり方もですます調で彼が部下を職場で叱り飛ばしたりしたところを見たことは一度もなかった。
そんな彼と酒を飲むという機会はほとんどなかった。
参与は、三代続いた江戸っ子とのことで、なお且つ愛妻家らしく、定時に退社されることが多かったからだが、職場の飲み会等にはきちんと参加されておられた。
その時の彼は、いつもと違うのだ・・・・若手社員のろじゃあはそう感じていたのだった。
ある職場の懇親会でのことである・・・

Continue reading "およしなさいな。まあ、買うのは自由だけど・・・ある参与の思い出"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »