« 遅ればせながらブルドックの件:東京高裁抗告棄却 | Main | 私は夢を食べてきた。それで腹いっぱいにした。 »

July 10, 2007

遅ればせながらブルドックの件:スティールが最高裁に抗告とのこと&この枠組み定着後のお話

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

スティールパートナーズが、東京高裁の判断を不服として、最高裁に抗告したとのことでございます。
YahooNewsスティール、ブルドック新株予約権で最高裁に申し立てへ
磯崎さん大杉センセとかがいろいろ書いてくださってるわけですけど、ろじゃあ、今回の一連の枠組みが、(仮に)最高裁でもスティールの方に不利な形で枠組み形成された(としたらその)後、どうなるのかなあというのに興味があります。
今回のようないわば「ゆるい」(?)買収防衛策が問題なく発動され、「乱用的買収者」に容易に相当の金銭が支払われるという枠組み・・・・これ、射程の問題もあるとは思うんですけど、仕組み方次第では、合法的に「乱用的買収者」として登場した主体に対して金銭を支払うことができる枠組みとして活用されてしまう可能性はないのだろうかと思ったりしていたのですが。
この点は、

東京高裁の決定をもう少しちゃんと読まないといけないなあと思ってるんですけどね。
いま、あんまり時間なくて・・・・(いいわけ)。
皆さん、

乱用的買収者を誰がどの段階でどうやって区別するのか
ということについて疑問を持っておられるようですけど(この辺はtoshiさんのエントリーとそこへのコメントされてる方々のご意見が参考になるのではないかと)、乱用的買収者として会社の方で手続きを経て「認定」すれば(もちろん機関決定を伴ってですけど)、仮にその「乱用的買収者」が裁判所にも何も言わないでそうですか、私は乱用的買収者ですかと納得して買収防止策が発動されるのを眺めて、自分のところにお金が振ってくるのを待つ・・・という枠組みが一般化するということなんでしょうか。
これ、頭のいいお兄さんたちなら、
利益供与のための枠組みに活用できないか
とか、考えちゃったりするんじゃないかなあとかとも考えちゃったりしたんですけど、考えすぎですかねえ。
まあ、利益供与の仕掛けとしては相当規模が大きい場合が原則なのかもよくわかんないですけど、それこそ、
「乱用的買収者の枠組み」の乱用的利用
という問題になってくるんだと思うんですけど・・・・。
とはいえ、当然、大杉センセもおっしゃってるように、高裁の立場によれば防衛策の発動全般に関わるルールとして、必要性・相当性基準に拠って判断されることになるでしょけどね。
よく考えたらうまくできる会社の規模って相当限定されるでしょうし。まあ杞憂というところですかね。
しかしまあ、磯崎さんは、相変わらず言葉がおもろいですねえ・・・・
ジェットストリームアタックはもう相当定着してしまっている
観もありますし(笑)、
時限爆弾のカウンターは解除できない
・・・そうだよなあ(苦笑)。
今回の一連の株主さんたちの判断だからという一つの立場というのは、その他の枠組みによってどういう影響を受けるのかという磯崎さんの視点というのを考えて、本来的には経営サイドが判断の根拠を示してあげる必要性というのも検討されるべきじゃないかという点で、相当共感できる指摘だと思うのですがいかがなんでしょうかねえ。

|

« 遅ればせながらブルドックの件:東京高裁抗告棄却 | Main | 私は夢を食べてきた。それで腹いっぱいにした。 »

Comments

(前略)と、磯崎さんのところでお書きになっていたろじゃあさんのブログが、ある意味一番鋭いような気がしました。

Posted by: けんけん | July 11, 2007 07:17 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遅ればせながらブルドックの件:スティールが最高裁に抗告とのこと&この枠組み定着後のお話:

« 遅ればせながらブルドックの件:東京高裁抗告棄却 | Main | 私は夢を食べてきた。それで腹いっぱいにした。 »