« 再戦闘モード宣言?:『法務部いろいろ』アクセスありがとうございます。 | Main | 鶏が先か卵が先か、商品が先か投資先が先か(^^;):サブプライムが頭から離れない最近のろじゃあ »

August 08, 2007

ブルドックソースの件:最高裁の全文出てますね。でも最高裁よりもこちらの方が気にならないのかなあ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

最高裁でもハレルヤハレルヤだったようですね。
YahooNews最高裁、ブルドック防衛策容認=スティールの抗告棄却-敵対的買収で初判断
いや、ホントに関係者の皆様方はいろいろな思いがおありだろうと。
ってことで最高裁の全文はこちらですね。→ここをクリック
YahooNews<ブルドックソース>9億8000万円の最終赤字へ
ブルドックソース8月7日付リリース特別損失の計上および業績予想の修正に関するお知らせ
当初予測5億円の黒字から一転最終損益9億8千万の赤字という予想に。
う~ん、あと、この内訳については次のような表記が

すなわち、

その結果生じる新株予約権の消却損21億1千4百万円及び財務アドバイザー報酬・弁護士費用等の係争費用等の公開買付け関連費用を当社平成20年3月期中間期において連結損益計算書並びに損益計算書に特別損失として計上することといたしました。なお、当社は、上記新株予約権消却損及び上記公開買付け関連費用の合計額として約28億円を見込んでおり、第1四半期において生じた公開買付け関連費用は、2億6百万円です。
これをどう考えるかですねえ。
殊に
財務アドバイザー報酬・弁護士費用等の係争費用等の公開買付け関連費用
これは
上場のコスト
ということになるんでしょうかねえ。
上記記述から
単純に引き算すると何がいくらかの想像はつくわけですが(苦笑)
安いのか高いのか。
そんでもって、今回のブルドックソース型(といっていいのかどうかもちょっと留保したいところがありますが)の買収防止策、磯崎さんが昔っから言及されてます
ジェットストリームアタック
のうちのいわゆる
ひとりジェットストリームアタック
に対する
耐ジェットストリームアタック防御度
(含む耐「ひとりジェットストリームアタックでキャッシュ型」防御度)
がもしかしたら低いわけでして・・・あれ、会社法では二段階買収に対する規定とか今回の権とかっていろいろと整備されてたんだっけか?(と一応すっ呆けてみる(苦笑))。
司法の場では連戦できる枠組みができたかもしれないわけですが、買収防衛策による「特定の」新株予約権の買取費用がだ~だ漏れになる可能性だってあったわけです。
株主の方々からすると今後の株主の総意の決定に際してはこの部分、どういう風に考えるのか・・・・結構、会社さんによっていろいろなんだろうなあという気がしてくるのですが。
買収防衛策自体も基本形は想定し得るんでしょうけど、レディメイドは困難でイージーオーダーも本来的には辛いかもしれない枠組みが前提になるんだとすると、
そのカスタマイズのための専門家に対する対価もこれぐらいはしょうがない・・・・と考えてくれる株主
がたくさんいる会社ならハレルヤハレルヤなんだと思うんですけど。
今回の案件、いろんな意味で興味深いわけですが、この後、日本でM&A関係の今回のような需要、どんな感じになるんですかね。
サブプライム関係の余波で、「まったく無関係な」LBOファイナンスとかM&A関係の案件についても
おなか一杯
ってお話が出てくると、何らかの影響が出てくるのかどうか・・・・。
ははは・・・これは考えすぎか。

|

« 再戦闘モード宣言?:『法務部いろいろ』アクセスありがとうございます。 | Main | 鶏が先か卵が先か、商品が先か投資先が先か(^^;):サブプライムが頭から離れない最近のろじゃあ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブルドックソースの件:最高裁の全文出てますね。でも最高裁よりもこちらの方が気にならないのかなあ:

« 再戦闘モード宣言?:『法務部いろいろ』アクセスありがとうございます。 | Main | 鶏が先か卵が先か、商品が先か投資先が先か(^^;):サブプライムが頭から離れない最近のろじゃあ »