« ジャッジ第三話を観て:それぞれの親子と仮想の力(1) | Main | すいません、不調っす »

October 27, 2007

ジャッジ第三話のキャストについて・・・利重剛氏の存在感と中原ひとみさんの熱演

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

このドラマは、毎回のキャスティングの豪華さというのも非常に特徴になっていると思うんですけど、どこぞの野球チームの一時の方針のように四番打者だけ集めるような愚は冒していないというか、四番打者と同じぐらいの芸達者な人たちを意外な形で適材適所にキャスティングしているという点でもろじゃあは注目しているところがあります。
今回のキャスティングの中でやはり物語りに厚みを加えてたと思うのは裁判官役で出ていた利重剛氏の存在感だと思います。
最初は誰だか分からなかったんですけど、よく見ると彼だわ・・と気づいた次第で。
裁判官として、

オレがオレが的なキャラとは正反対のキャラ
を見事に演じていたと思います。
彼は、

いわずと知れた脚本家小山内江美子さんの息子さんで、俳優と監督の二足のわらじを履いているろじゃあの好きなお兄さんなんですが、昔「父母の誤算」というドラマがありましてそのときのキャラがろじゃあには非常に印象的だったのですが、今回の裁判官のキャラを見事に演じているのにはホントにびっくりいたしました。
こういう役、今後結構オファーがくるんじゃないかなあ(笑)。
今回の話の中で左陪席の裁判官を諌める訳ではないんだけどその落ち着いた存在感で恭介のひらめきとのバランスを取るという結構難しい役回りを少ない台詞の中でうまく説得力をもって役作りしてたと思います。
今回のお話で地味だけどキャラがちゃんと立ってたと思いますよ。
あとは、なんと言っても夫をてにかけることになってしまった妻を熱演していた中原ひとみさん。
う~ん、ろじゃあの世代からすると♪白い歯っていいな、○ワイト、アンド○ワイトとか某家庭用製品の会社のCMの印象があるので(ホント、歳がわかっちゃうねえ)、今回の役の姿を拝見してこちらも最初は分からなかったというのが実際でございました。
でも、道を誤ってしまった息子の尻拭いをすることを決意した親として少ない年金から被害者への弁済のお金を負担しながら夫を長期間介護して自らも病気になってしまい、八方塞で夫の言葉に従ってしまった妻のやるせなさとその裏にある何者かへの怒りをも感じさせるような素晴らしい演技をされていたと思います。
はっきりいいまして、夫のノートを読み上げるくだり、ネタとしては想像がついたのですが、それでも泣けてしまいました(苦笑)。
今回は、このお二人の演技が物語を支えていたところがあると思います。
次回もきっとこういうキャスティングの妙が楽しめるんだろうなあ・・・・

|

« ジャッジ第三話を観て:それぞれの親子と仮想の力(1) | Main | すいません、不調っす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96849/16892663

Listed below are links to weblogs that reference ジャッジ第三話のキャストについて・・・利重剛氏の存在感と中原ひとみさんの熱演:

« ジャッジ第三話を観て:それぞれの親子と仮想の力(1) | Main | すいません、不調っす »