« 副都心線「西早稲田」駅から都の西北大学へ(笑)(2) | Main | 脚本家の方も大変だわな、今の時代(苦笑):NHK土曜ドラマ「監査法人」・・・磯崎さんもきっちりコメントされております(笑) »

June 16, 2008

久々のヴェリタス(笑):覆面調査ですと・・・銀行と証券の窓口説明(苦笑)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

え~と、ここんところあまりとり上げたいなあというネタもなかったものですから、日経ヴェリタスさんはちょっとこちらのブログからはご無沙汰にせざるを得なかったのですが(苦笑)、今週号の

特集 個人詞さん1500兆円の現場
の記事の中で
覆面調査 国債と外債ファンド買おうとすると・・・
窓口説明 最短35分、最長1時間半
とうのが出ておりまして、やっぱり読んじゃいましたねぇ(爆)。
ある意味ではGJ!(笑)な企画といえるかもしれないなあと。
ただね、これぐらいの積極的な企画自体はやってもいいとは思うんですけど、ちょっと仁義の問題があるかもしれないなあ・・・とも

思ってしまうところもありまして。
やり方次第では、

これやられる銀行や証券会社の窓口説明の担当者からするとたぶんものを投げつけたい気分になりかねないんじゃないか(苦笑)
と余計な心配をしてしまいました。
ホント、ろじゃあも経験ありますけど、投信買ったことありますとか、外国株持ってますとかいうと担当者の方思わずホッとした感じをみてとってしまった経験があるもので。
それぐらい窓口の担当者の方々って大変なお仕事してるんじゃないかと。
いや、もちろん、エリアがよくてお店の競争力も高くてほうっておいてもそれなりのお客さんたち(投資経験と資産規模からみて水準以上)が一定数来てくださるお店は別なんでしょうけど(それはそれなりにご苦労があるでしょうけどね)。
銀行で横並びで窓販っていってもねえ・・・首都圏でこれでしょ?
それ以外はねえ・・・もっとまじめにご対応されておられるところは大変だとおもうんですけどねえ。
いや、もちろん、
最低でも35分かかるという点を捉えて金融商品取引法が窓口販売実務にどのような影響を与えており、さらには金融商品販売法の枠組みと合わせるとこの後どのような状況が起こり得るか
というところまで婉曲的に読み手に伝える・・・というところまで考えた企画意図だったりしたらそれはそれでジャーナリズムとしてすごいなぁと思う方々はおられるのかもしれませんが、どうも読んだ限りでは表面上はそういう企画でもないのかなあ・・・と思わせるところがそれなりの書き方についての深謀遠慮というものなのかもしれないなあとか・・・いろいろと考えてしまいました(爆)。
これ、せっかくの取材内容ですから別のサイドから分析して、勧誘に該当する言動がどの程度あって
その中で消費者契約法の規定との関係で問題になりそうな言動があったかないかとかまで
分析してみると
今後の消費者庁構想とのからみでのコンプライアンスの問題と制度枠組みの問題点
についてのツッコミとかができるような気がするんですけど、どうでしょうかねえ。
でも、今回のヴェリタスさんのこういう企画は、従来の公社債情報とかの大口の法人定期購読者からすると程ほどにしといてもらったほうがいいよなあ・・・って感じの企画かもしれないけれども、個人の定期購読者の方々からするともっと具体的な内容でとり上げてもらうと喜ばれる企画かもしれませんよね。
後者に読者層を想定しているということであればやはり推進すべきなんでしょうね・・・ということで久々にヴェリタスさんについてでございました。
定期購読してますので頑張ってください。

|

« 副都心線「西早稲田」駅から都の西北大学へ(笑)(2) | Main | 脚本家の方も大変だわな、今の時代(苦笑):NHK土曜ドラマ「監査法人」・・・磯崎さんもきっちりコメントされております(笑) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久々のヴェリタス(笑):覆面調査ですと・・・銀行と証券の窓口説明(苦笑):

« 副都心線「西早稲田」駅から都の西北大学へ(笑)(2) | Main | 脚本家の方も大変だわな、今の時代(苦笑):NHK土曜ドラマ「監査法人」・・・磯崎さんもきっちりコメントされております(笑) »