« ゼンテックさんの件・・・興味深いのであとでお勉強(笑):営業権等による売掛金の回収? | Main | NHK土曜ドラマ『監査法人』第二回(苦笑):遅ればせながらようやくみました(苦笑)・・・まさかダースベーダーとルークってオチじゃないよね(爆) »

July 01, 2008

不動産の停止条件付信託受益権譲渡契約・・・開発型の不動産物件の売買?:ジョイントリートさんのリリースの件

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

以前とり上げました、JO建設さん、日本エスコンさん関係での法的紛議のお話に出てきたのは

信託受益権売買予約契約
のお話だったのですが、こちらは
停止条件付信託受益権譲渡契約
のお話についてです。
ちぎっては投げさんのブログで教えていただいたのですが、ジョイントリートさんのところが、ある物件の取得を中止したことについてのエントリーで以下のようなリリースを紹介してくれております。
ジョイントリートさんHP6月30日付けリリース取得予定資産の取得中止に関するお知らせ((仮称)プレジオ天神橋)
ちぎっては投げさんが指摘されておられるように確かに昨今の環境では取得中止というのはある意味で英断なのかもしれませんね。
実は、ろじゃあ、この信託受益権の売買型の取引について

どのような法的問題があるかということについて少し興味がありまして、いろいろと最近勉強しているところがございまして。
日本エスコンさんの案件は上述したように信託受益権売買予約構成だったわけですけど、この案件のように停止条件付信託受益権譲渡契約構成もあるというのはある意味で「発見」でございまして非常に興味深いところがございます。
この停止条件付信託受益権売買契約の契約書の作成手続きとの関係で

信託銀行の方々あるいは信託会社の方々はどのような立ち位置におられるのか
という点がやはり気になるところでございまして。
ちなみに、この信託受益権売買予約契約にしろ、停止条件付信託受益権譲渡契約にしろ、そのような方式が洗濯される背景はやはりリスクヘッジということなのかなあと思っておったのですが、やはりそうなんですねえ。
上記取得中止とした案件についての一年前のリリースがやはりちぎっては投げさんのところで紹介されているのですが、そこにこのように記載されております。
(ⅱ)開発案件であることについて
本物件は、開発中の不動産であるため、建物竣工までに、工事完工・工事遅延・建物引渡リスク等の開発リスクや、賃貸マーケット変動リスク等をはじめとした、将来の不確実性に起因するリスクが内在しますが、売主が引渡予定日までに建築確認取得済図面の通り建物が建築され監督官庁による竣工検査を経たうえ検査済証の交付を受けること、引渡予定日において売主及び本物件に関する遵法性が維持され、かつ、本物件について瑕疵性が認められないこと等を売買代金支払の条件とすることにより、工事完了・建物引渡しリスクの回避を図っております。
また、定例会議を開催し、建築工事の進捗状況等の報告を受けること等も併せて予定しております。
これ、読ませていただきまして・・・昨今の建築基準法の枠組の厳格化等との関係で言いますと、
取引関係業者に対して非常にきつい状況が出ているのではないかなあ
ともついつい感じてしまったりするのですが、どうなんでしょうかねえ。
ですから、この点が、
例えば下請法とかとの関係をどのような形で配慮しつつ対応されているのかなあ・・・
とかも気になってしまいまして、ある意味興味深い部分もございます。
ということで、引き続き、類例があるのかどうかという部分も含めてお勉強を続けたいと思っております。

|

« ゼンテックさんの件・・・興味深いのであとでお勉強(笑):営業権等による売掛金の回収? | Main | NHK土曜ドラマ『監査法人』第二回(苦笑):遅ればせながらようやくみました(苦笑)・・・まさかダースベーダーとルークってオチじゃないよね(爆) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不動産の停止条件付信託受益権譲渡契約・・・開発型の不動産物件の売買?:ジョイントリートさんのリリースの件:

« ゼンテックさんの件・・・興味深いのであとでお勉強(笑):営業権等による売掛金の回収? | Main | NHK土曜ドラマ『監査法人』第二回(苦笑):遅ればせながらようやくみました(苦笑)・・・まさかダースベーダーとルークってオチじゃないよね(爆) »