« はぬまあんさんとは?自働浮沈装置とフネカン2008とは?:「ペットボトル潜水艦を作ろう」、再び(予告編) | Main | 事故米・汚染米の「食用偽装」問題(1)・・・循環取引よりタチが悪い »

September 10, 2008

「最後の授業」・・・最後まで見てしまいます(TT)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

一昨日午後から熱を出してしまい仕事にならず、その間どうしても今朝までにあげなければならなかった仕事もあり・・・不思議なもんでそういうときのほうが夜中には頭が回るのでありまして。
そして今これを書いているところですが・・・。
そういうわけで、しばらくぶりにエントリーがあがらない日を作ってしまったのですが、引き続きご愛顧願います。
さて、このエントリーは三時のおやつごろにアップされるはずですが、1つ感銘を受けたお話をアップしておこうかと思います。
ろじゃあ、いろいろと考えさせられました。
配られたトランプで手を考えなければいけない・・・そういう状況におかれたらろじゃあもどうしたらいいだろうと真剣に悩むと思います。
ということで、まずこちらを見てみてください。


正直な話、今のろじゃあでは彼のマネは当然できそうにありません。
多分、心の準備だけで時間がどんどん過ぎてしまうだろうと。
その点、肝臓がんで余命が限られてしまっていてもなおこの授業の模様をネットにアップした真意は何か。
人を育てることに何らかの形で携わっている方々はこの映像を見て何を考えるんだろうかなあ・・・と考えてしまいました。
取り急ぎ1をご紹介しましたが続きはYOUTUBEで探してみてください。
つづきをまた書こうと思います。

|

« はぬまあんさんとは?自働浮沈装置とフネカン2008とは?:「ペットボトル潜水艦を作ろう」、再び(予告編) | Main | 事故米・汚染米の「食用偽装」問題(1)・・・循環取引よりタチが悪い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「最後の授業」・・・最後まで見てしまいます(TT):

« はぬまあんさんとは?自働浮沈装置とフネカン2008とは?:「ペットボトル潜水艦を作ろう」、再び(予告編) | Main | 事故米・汚染米の「食用偽装」問題(1)・・・循環取引よりタチが悪い »