« September 2009 | Main | April 2011 »

March 31, 2011

冷静に親として判断する為に(4):計画停電に備えてのストーブのお話②煮炊きと炊飯をどうするのか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

冷静に親として判断する為に(1):親として子供のために勉強する原発と放射能の話と家庭でのリスクマネジメント
冷静に親として判断する為に(2):計画停電対応の工夫も家庭でのリスクマネジメントです
冷静に親として判断する為に(3):計画停電に備えてのストーブのお話①電池で着火のストーブがあまり売れてなかった不思議

・・・というわけで、(3)でお話をした続きです。
実はろじゃあの家は、旧式のガスストーブも一台ある旧式の(電池式でない)灯油ストーブも暖房に使えるだけでなく、調理に使おうと思えば使えるタイプです。
実際にガスストーブの上で煮炊きもしてますし(お味噌汁とか娘が作ってくれます)、今は使っていない

Continue reading "冷静に親として判断する為に(4):計画停電に備えてのストーブのお話②煮炊きと炊飯をどうするのか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冷静に親として判断する為に(3):計画停電に備えてのストーブのお話①電池で着火のストーブがあまり売れてなかった不思議

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

この「冷静に親として判断する為に」のエントリーは単発で書きつづろうと思ってたんですが、よく考えるといろいろと考えたことを備忘録として記しておいた方がいいのではないかと思ってシリーズにしてます。例によっていきなり打ち切りかもしれませんけど(苦笑)。
んで、今回は前回ストーブの件で子どもと話して色々気がついた点について記しておきます。
計画停電になると電気が消えてしまいますから、暖房は大丈夫かなということになったのですが、もう春も近いから気にせんでええだろう・・・というわけにはいかなかったのですね、今回は。
とにかく寒い日が続くもんですから。
んで、ガスストーブと灯油ストーブなら大丈夫だろうということになり対応は大丈夫かなと思ったのですが(ろじゃあの家には実はエアコンがありませんので(苦笑)最初から問題になりませんでした)、よく考えるとまずいのですよね。
皆さん方の家庭にあるストーブに拠るんでしょうけど、

少なくともファンヒータータイプのものは役に立たない
可能性が高いわけです。
御承知のとおり、石油ファンヒーターは灯油があっても電源がないとファンであたたかい空気が送られてきませんからね。ガスファンヒーターはどうなんでしょうか?というはなしもあるのですが、

Continue reading "冷静に親として判断する為に(3):計画停電に備えてのストーブのお話①電池で着火のストーブがあまり売れてなかった不思議"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(3):プロ以外の当事者と為替デリバティブ等

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

今回の震災による影響が明らかになるにつれ経済分野でもいろいろな動きが出てきたわけですが、こと為替の関係では、ろじゃあは次のお話が最初に頭に浮かんだのであります。
このエントリーのシリーズを書き記しているのも、このお話が重要なきっかけになっているかもしれません。
それは以下の記事であります。
中小企業2万社4万件が購入した「日本経済の地雷原」為替デリバティブ倒産が続出
急がれる政府と銀行の救済措置
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2179
この記事が同サイトでは3月3日です。
当然、

Continue reading "震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(3):プロ以外の当事者と為替デリバティブ等"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

非常時こそお年寄りの声には真摯に耳を傾けよう、日常でも政策でも法務でも

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

「徹夜がつらい&朝が弱くなった・・・歳だねえ(苦笑):せめて若者の将来の邪魔はしないよう心がけたい」
http://rogerlegaldepartment.cocolog-nifty.com/rogerlegal1/2011/03/post-0c07.html
というエントリーが前にアップされてるはずですが、これと絡んで印象的なお話を伺いましたので紹介しておきます。
福島原発の周辺の出来ごとは命を張ってたくさんの方々が国民のために頑張ってくださっていることはみなさんも御承知の通りです。
でも住民の方々も大変な思いで過ごしておられます。
その中で、避難区域外に住んでおられる方々の中に親戚がおられる方が、その親戚を心配して念のため避難の形で少し離れたところに住むことを進言したとのこと。
その際に周辺の方々の中には、どうしてもその地を離れたくないという方々もおられるという話を伺いました。
あくまでもその方からのお話で、

Continue reading "非常時こそお年寄りの声には真摯に耳を傾けよう、日常でも政策でも法務でも"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

徹夜がつらい&朝が弱くなった・・・歳だねえ(苦笑):せめて若者の将来の邪魔はしないよう心がけたい

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

少し真面目な本来のろじゃあらしいネタが続いたもんだから(笑)、少しゆるいお話を。
ゆっくりとゆっくりと・・・と思ってたんですが、世の中の法律関係のことが気になって仕方がなくて再開したということもあり、なんかちょっと集中的に書いちゃうモードになってるかもと友人から心配されました。
そうなんですよねえ・・・その辺のバランスのとり方、昔より下手というかつらく?なってるかもしれませんね。
まあでも、

Continue reading "徹夜がつらい&朝が弱くなった・・・歳だねえ(苦笑):せめて若者の将来の邪魔はしないよう心がけたい"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2011

「平成23年東北地方太平洋沖地震に伴う労働基準法等に関するQ&A(第1版)」:厚生労働省ももちろん日本の為に頑張ってがんばっていますよね・・・震災後の計画停電と労働時間・休日等の運用に関する法務の考え方

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

お友達のdtkさんのブログのエントリーを巡回させていただいておりましたら、コメントを寄せておられた労務屋さんという方のコメントに以下のものが紹介されておりました。
厚生労働省HP
「平成23年東北地方太平洋沖地震に伴う労働基準法等に関するQ&A(第1版)」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015xei.html
パフォーマンス重視ではなく、日本国民のために職務を粛々と適宜タイムリーに情報提供して下さる中央官庁の有能な役人の方々が支えている部分は実に大きいのだなあと思う情報のリリースが多いですが、これもその一つでしょうね。
再開したろじゃあのブログではこの手の勉強になるなあ・・・というテーマについてのエントリーが増えてますよね、考えてみると。
会社でお仕事をしておられる人事部の方々や法務やコンプラの方々からすると、

Continue reading "「平成23年東北地方太平洋沖地震に伴う労働基準法等に関するQ&A(第1版)」:厚生労働省ももちろん日本の為に頑張ってがんばっていますよね・・・震災後の計画停電と労働時間・休日等の運用に関する法務の考え方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冷静に親として判断する為に(2):計画停電対応の工夫も家庭でのリスクマネジメントです

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ろじゃあの生活しているところでも計画停電があるんだけれども、今の情勢で行くと、短期的だけでなく、中長期的にこの計画停電に家族と一緒に対応していかないといけないことを親として認識しないわけにはいきません。
適宜予定が注視されたりするので、計画はあってもいつ行われるかわからないというところは非常時だから仕方ないと思うようにしてるんですけど、それに節電に協力しなければ、何のために計画停電せざるを得ないのかが分からなくなってしまうでしょうし、実際に

Continue reading "冷静に親として判断する為に(2):計画停電対応の工夫も家庭でのリスクマネジメントです"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冷静に親として判断する為に(1):親として子供のために勉強する原発と放射能の話と家庭でのリスクマネジメント

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

平時から親として子供のことを考えているのは親としての義務だと思うんですが、家の中でのいろいろなリスク管理を行うのも親でございます。
今回のような非常時に、ただ慌てるだけでなく、短期的に、中期的に、長期的にいろいろな情報を得ながら子どもたちのためにいろいろなリスク管理をするよう、親としては今まで以上に頑張らないといけないところがあると思います。
もちろん日常生活を運営しながら仕事をしながら、そして何よりも今の自分たちの家族がどのような環境・立ち位置にいるのかを冷静に認識した上でがんばらないといけないので、大変です。
とはいえ、皆さんホントにいろいろな立場でそれぞれ頑張っておられますよね。
ろじゃあも

Continue reading "冷静に親として判断する為に(1):親として子供のために勉強する原発と放射能の話と家庭でのリスクマネジメント"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(2):他の証券会社のリリースから

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ひまわり証券さん関係のリリースを(1)では取り上げたわけですが、それ以外の証券会社においても震災後のマーケットにおけるお客様との関係での損失の発生のおそれ・見込みについてのリリースが出ていることを友人に教えてもらいました。
いちおう、具体的な検討の前に、いくつか掲げておきたいと思います。
ろじゃあが現時点で確認しておりますのが、

Continue reading "震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(2):他の証券会社のリリースから"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

神社の氏子青年会もキリスト教会の方々も:災害初動期における行政以外のルートによる支援

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

被災地の支援体制の話はテレビ等でも報道されておりますが、近県の自治体の方々から伺わないと分からない話というのも当然あるわけで。
固有名詞の表記は避けますが、ろじゃあの知り合いの方から伺った話では、神社同士の交流の関係もあり、自分たちの神社の氏子青年会が交流のある被災地の神社周辺に、商工会や地元某業界団体組合の方々と一緒に直接有志で(若者も含まれてました)15日早々に出発し、あたたかい食べ物を食べてもらおうとうどんの炊き出し用の材料や、

Continue reading "神社の氏子青年会もキリスト教会の方々も:災害初動期における行政以外のルートによる支援"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2011

弁護士と実務法務系出版社の矜持と心意気がが示された(感動):弁護士たちによる災害時のQ&A本が無料公開・・・緊急時の社会復興のための出版社と著者による前向きな社会貢献の実践

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

「ビジネス法務の部屋」のtoshiさんのブログで教えてもらいました。
「Q&A災害時の法律実務ハンドブック」初版公開と出版社のCSR
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/03/post-e1d7.html
新日本法規さんと商事法務さんの方々、そしてなによりも著者である関東弁護士会連合会の弁護士の先生方、近畿弁護士会連合会の先生方の社会貢献の姿勢、心意気そして専門分野のプロとしての矜持が示されたものであるとろじゃあは率直にものすごく感動しております。そして大いなる敬意を表したいと思います。
公開されているのは

Continue reading "弁護士と実務法務系出版社の矜持と心意気がが示された(感動):弁護士たちによる災害時のQ&A本が無料公開・・・緊急時の社会復興のための出版社と著者による前向きな社会貢献の実践"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「東北地方太平洋沖地震を踏まえた決算発表等に関する取扱いについて」(東証HPより)と若干の感想

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

「有価証券報告書等の提出期限に係る特例措置について(金融庁:3月16日付):有価証券報告書の枠組みに関与される実務家、関連省庁のご担当の皆さま、御自愛しつつ頑張って下さい」というエントリーを書いたのですが、東京証券取引所さんも日本の方々と投資家の方々のために頑張っておられるようです。某氏さんがんばってください。ろじゃあはかげながら応援しております。
ということで、投資家や上場企業法務の方々であれば、

Continue reading "「東北地方太平洋沖地震を踏まえた決算発表等に関する取扱いについて」(東証HPより)と若干の感想"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『架空循環取引 法務・会計・税務の実務対応』:復興期の商取引者間の信用仲介システムの見直しにもこのテーマの理解は大切

このエントリーは公開時刻自動設定気のによりエントリーしております。

某研究会で筆者の方から献本いただきましたのが、この

『架空循環取引 法務・会計・税務の実務対応』(清文社)
であります。
清文社の編集部の方、久しぶりにご連絡してみなければ。
このようなテーマの本をきっちり作っておられたのですね。
「ビジネス法務の部屋」のtoshiさんの推薦文が帯についてます。
架空循環取引については、実は震災後のろじゃあのブログにかつて集中的・継続的に書いていた循環取引関係のエントリーへのアクセスが結構増えていたので、どうしてなんだろうかと思っていたのですが、

Continue reading "『架空循環取引 法務・会計・税務の実務対応』:復興期の商取引者間の信用仲介システムの見直しにもこのテーマの理解は大切"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再録してみた(2):首都圏地震心得のススメ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。
古いエントリーで恐縮ですが、ろじゃあのこのエントリーを読み直してくださってるかたが多いようです。

首都圏地震心得のススメ
http://rogerlegaldepartment.cocolog-nifty.com/rogerlegal1/2005/07/post_c1ce.html

先日の地震の際には実際に都内から自宅に歩いて帰られた方もたくさんおられたようです。
ろじゃあの

Continue reading "再録してみた(2):首都圏地震心得のススメ"

| | Comments (0)

March 28, 2011

敷引特約と消費者契約法第10条について最高裁が判断:最高裁平成23年03月24日第一小法廷 判決

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ブログを再開してどうもここんところ国土交通省のガイドラインの関係でかつてろじゃあがアップしたエントリー
「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(改訂版)」を読む?(^^;)
http://rogerlegaldepartment.cocolog-nifty.com/rogerlegal1/2005/07/post_433b.html
へのアクセスが多いなあと思ってたんですけど、最高裁が判決出したんですね。
最高裁平成23年03月24日第一小法廷 判決
なお、判決文全文については

Continue reading "敷引特約と消費者契約法第10条について最高裁が判断:最高裁平成23年03月24日第一小法廷 判決"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

有価証券報告書等の提出期限に係る特例措置について(金融庁:3月16日付):有価証券報告書の枠組みに関与される実務家、関連省庁のご担当の皆さま、御自愛しつつ頑張って下さい

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

震災後の週明けの東京市場の価格下落の話は、いろいろな立場の方々が注視せざるを得なかったところであったと思われるのですが、株式会社の特に、上場会社の経理財務の御担当からすると、有価証券報告書の関連での対応がどのような形になるかについては、やはり心配な部分があったのではないかと思います。
その点、さすが所轄省庁ということでしょうが、金融庁さんのほうではかかる非常時においても(というかむしろ非常時だからこそですね)有価証券報告書等の取り扱いに関する特例について文書を発出されていたことはみなさんも御承知の通りかと思います。
ろじゃあは、HPでアップされた現物まで精査するいとまがありませんでしたので、備忘録として取り上げておきたいと思います。
以下のように、

Continue reading "有価証券報告書等の提出期限に係る特例措置について(金融庁:3月16日付):有価証券報告書の枠組みに関与される実務家、関連省庁のご担当の皆さま、御自愛しつつ頑張って下さい"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(1):証券会社等の開示情報から

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

震災と原発事故関連の問題が、国内の証券会社にも損失という形で問題を惹起した部分があるだろう・・・とは思っていたのですが、実際には次のような例が証券会社さん等のリリースから見てとれます。
証券会社さんやそのお客様も大変だったのではないかと思うのですが、大阪での研究会でも言及があったことから備忘録として少しまとめておきたいと思います。

まずはひまわり証券さんのHPにおける以下のリリースを見てみてください。
当社連結子会社の一部事業(証券事業)の廃止に関するお知らせ(平成23年3月17日ひまわりホールディングス株式会社名のリリース)
http://www.himawari-group.co.jp/news/2011/20110317_OSE.pdf
この中では、証券事業の廃止の理由として以下のような説明がなされています。
すなわち、

Continue reading "震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(1):証券会社等の開示情報から"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2011

山下達郎「希望という名の光」:「JACCS CARDサンデーソングブック

山下達郎のFMの番組(「ジャックスカードサンデーソングブック」)にて。
今週もかけてくれたなぁ。しかも冒頭。
山下達郎『希望という名の光』
リクエストが多かったんですと。
わかる気がする。
ろじゃあの相方も

Continue reading "山下達郎「希望という名の光」:「JACCS CARDサンデーソングブック"

| | Comments (0)

やはりろじゃあは少しリハビリが必要(苦笑):「東証Project」さんをお気に入りに追加

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

やはり日々精進して、いろいろな方々のお話は聞き続ける必要がありますね。
ブログを2年も休んでる間に、こんな為になるであろうブログを知らないでいたという愚かさ・・・というお話。
まだまだリハビリが必要ですね(苦笑)。

昨日のエントリーで「東方粉飾劇」という同人誌についてアップさせてもらいました。
ろじゃあの親友の方が大阪の研究会で初めて見せてくれたわけですが、昨年末の冬コミ(C79)で販売しておったんですね。しかもこの表紙・装丁、なによりもこの内容(会計・経済・法律の観点から見てホンマに(@@;))で会場では600円だったとのこと。

娘に何としても買ってきてもらわなきゃいけなかった一冊でありました(涙)。
そして、その関係者の方のブログがこちらなんですね。
それが、

Continue reading "やはりろじゃあは少しリハビリが必要(苦笑):「東証Project」さんをお気に入りに追加"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再録してみた(1):リスクを管理・構築する者の視点と少し関係するかも

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

未曾有の災害に今後我々はどう対応していかないといけないのか。
いろいろなところで色々な方々がそれぞれの立場でみな頑張って考えていると思います。
そのせいか、皆さんいろいろと検索されておられるようで。
その関係でろじゃあの昔のエントリーを「教えてもらう」ことが増えてます。
そのひとつめは、寺田寅彦氏関係のエントリーだったのですが、
ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、 正当にこわがることはなかなかむつかしい。 ・・・寺田寅彦氏のことばですか:豚インフルエンザの関係で引き合いに出されているようですが、こりゃ、法律の世界でも言えること
リスク管理と対応のテーマから直接関係しないものも含めて、週末は特に再録ものに僅かばかりのコメントを付けてエントリーしてみることにしました。くれぐれも少し前に書いたエントリーであることに御留意下さい(苦笑)。
まずは、次の

Continue reading "再録してみた(1):リスクを管理・構築する者の視点と少し関係するかも"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2011

大阪で記念撮影・『東方粉飾劇』

(訂正)「東方粉飾」と表記してましたが「録」ではなく「」なんですね。
どうもごめんなさいです。お詫び申し上げます。
大阪で記念撮影・『東方粉飾録』
なんとか購入しないといけませんな(笑)。
大阪での研究会で某会計士の先生からはじめて現物をみせてもらいまして。
こういう本がしかもこういう立派な内容で出ている社会というのは、会計の世界、金融の世界、法務の世界の奥が深く、広がりが広くなっていることの証なのかもしれません。
ちなみに

Continue reading "大阪で記念撮影・『東方粉飾劇』"

| | Comments (0)

March 25, 2011

工夫をする心

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

こどもたちに助けられています、心情的に。
相方にも助けられてます、心情的に。
そして、なんとかしなければいけないことについては力を合わせるという
当たり前のことを如何にいままで家の中でないがしろにしてきたのか
そのことに気がつかされることが多いです。
今回の災害の関係で、

Continue reading "工夫をする心"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「バカ足すバカはやっぱりバカ」(苦笑)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしえおります。

こういう状況ですとどうしても気分が落ち込みがちになる方々が多いと思いますが、頑張り過ぎずにでもやることはやるという姿勢で、なお且つなるべく前向きに考えるというのがやはり自分や家族のためになりそうです(ろじゃあの経験則ですからあてにならんかもしれませんが)。
本日(23日)のニュースの中では、このタイトルに掲げた発言が目を惹きました。
亀井氏「バカ足すバカはやっぱりバカ」 民主の閣僚3増案に苦言(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110323/stt11032316330001-n1.htm
少しだけ引用させていただきますと、

Continue reading "「バカ足すバカはやっぱりバカ」(苦笑)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

震災によるバランスシートの考え方の問題:金証法・会社法・取引所ルールとの関係

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

みずほさんの振り込み・口座トラブルのエントリーで書いた通り(→ここをクリック)、少し気になってる問題としては、
決済問題と期末の上場会社のバランスシートの問題
があると書きました。
この後者の問題について少しだけ記しておきます。
おそらくは銀行の業界団体さんや監督省庁さん、あるいは公認会計士の団体さんとかでも検討されている話なのではないかと思いますが、上場企業さんの決算についてのお話です。
バランスシートとの関係でいいますと未曾有の今回の災害により甚大な被害が生じている事態ですので、そちらの方が政策的には急を要する優先順位の高い政策分野であるのは異論のないところです。
しかし、他方で、それぞれの分野の緊急時のリスク管理というものも並行して行われなければならないわけで、特に、上場会社と銀行法の適用のある金融機関については、今回の事態による保有有価証券や債権等の資産の評価の問題やら

Continue reading "震災によるバランスシートの考え方の問題:金証法・会社法・取引所ルールとの関係"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2011

海水が冷却妨げる?(汗)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

福島原発の行方については、東日本の方々は太平洋岸に限らず非常に気にされて日々を過ごしておられることと思います。
そんな中で日夜冷却させるために海水の放水や電源の確保・敷設・接続に命をかけて対応してくださっておられる方々にはホントに感謝しつくせない思いをろじゃあは抱いております。
そんななか、次のような報道に接しました。
すなわち

Continue reading "海水が冷却妨げる?(汗)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あるマイミクさんからの拡散希望の件

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ろじゃあのマイミクさんから拡散希望ということで、以下の現状を紹介してほしいということです。
新聞でも取り上げていただいたそうなのですが、次のサイトをご参照いただければとのことです。
そのマイミクさんのお友達で、


Continue reading "あるマイミクさんからの拡散希望の件"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みずほさん引き続きさらにがんばってください:後から見つかった未処理分はどんな感じなのか&25日の集中日に向けて

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

みずほさんのシステム障害の件はすでに書いた通りなんですが、うまく処理が完了・・・と思ってたら少し実は振込されてないという案件があったようで、心配しておりました。どんな状況なんでしょうかね。
それと、25日の振り込みの集中日とされている時点で今回の影響がでなければいいなあと思っています。
こういう状況で他行さんの協力も仰ぎながら休みなくお客様のために頑張っておられるとおもうので、ひきつづきどうかお客様のために頑張っていただきたいと思います。
利用者の方では週末25日の段階で振り込み処理したものが、きちんと

Continue reading "みずほさん引き続きさらにがんばってください:後から見つかった未処理分はどんな感じなのか&25日の集中日に向けて"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京都がんばってます:東京都 乳児の家庭に水配布へ&どんな「ミネラルウォーター」?

水で不安な乳児のお母さんたちのために緊急重点対応を:ヨウ素の浄水器の技術の有無と輸入障壁の有無の確認&コナミルクを溶いても安心な水の緊急配給の検討を」というエントリーを書いたのですが、東京都さんはがんばってくださってます。
東京都 乳児の家庭に水配布へ(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110323/t10014863861000.html
対応が早いですねえ。上記エントリーで気になった二つの点のひとつである、ミルクをミネラルウォーターで溶いていいのか?という問題が頭にはいってたものですからよく読んでみましたです。
え~と、

Continue reading "東京都がんばってます:東京都 乳児の家庭に水配布へ&どんな「ミネラルウォーター」?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水で不安な乳児のお母さんたちのために緊急重点対応を:ヨウ素の浄水器の技術の有無と輸入障壁の有無の確認&コナミルクを溶いても安心な水の緊急配給の検討を

今回の東京での放射能とヨウ素の問題は、乳児向けのきれいな水をどのように確保するかという点でミネラルウォーターを買い求めるべく国民が行動することで売り切れが生じているという現象を起こしているようです。
ところで、この放射能を帯びたヨウ素ですが、浄水器でどうにかならないのかということは思いつく方が多いのではないでしょうか。
そのせいで、浄水器メーカーに問い合わせが殺到しているという報道もあるようです。
ただ、ここで、冷静に次の二点について確認しておく必要があるように思います。

1.今回のようなヨウ素を浄化することが可能な浄水器は現像存在するのか
これはどこを調べればいいのかと思い検索をかけてみたのですがそこで以下のような事実があることを発見しました。正直知らなかったですね。
それは、駐日米国大使館から、市場開放問題苦情処理推進会議に対して平成6年の段階で、 「ヨウ素化合物を一時的に使用する浄水器の輸入承認」という規制緩和項目として提案がなされていたということです。
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/oto/otodb/japanese/mondai/subject/199410106.html
そこには以下のように記されています。
すなわち

Continue reading "水で不安な乳児のお母さんたちのために緊急重点対応を:ヨウ素の浄水器の技術の有無と輸入障壁の有無の確認&コナミルクを溶いても安心な水の緊急配給の検討を"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2011

最高裁平成23年03月22日第三小法廷判決:貸金債権の譲渡に伴う契約上の地位の移転について最高裁が当然に地位が移転するとは解せないと初判断(破棄差し戻し)

最高裁平成23年03月22日第三小法廷判決
判例要旨:「貸金業者が貸金債権を一括して他の貸金業者に譲渡する旨の合意をした場合における,借主と上記債権を譲渡した業者との間の金銭消費貸借取引に係る契約上の地位の移転の有無」http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81177&hanreiKbn=01
判決文全文→ここをクリック
原審:名古屋高裁平成22年03月25日判決
あらためて、少し詳しく書いてみたいと思いますが、一応速報?版でございます。
ちなみに、

Continue reading "最高裁平成23年03月22日第三小法廷判決:貸金債権の譲渡に伴う契約上の地位の移転について最高裁が当然に地位が移転するとは解せないと初判断(破棄差し戻し)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、 正当にこわがることはなかなかむつかしい。」:正当に怖がることができるのが真の大人なのではないか&小田原評定がなるべく少なくなるように

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

かつてインフルエンザ騒動の時にろじゃあは次のようなエントリーを書いております。
ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、 正当にこわがることはなかなかむつかしい。 ・・・寺田寅彦氏のことばですか:豚インフルエンザの関係で引き合いに出されているようですが、こりゃ、法律の世界でも言えること
今回の震災と津波に端を発した一連の大災害については、考えなければいけない問題が多い分、専門家の方々も自分の専門外の領域での考慮要因を勘案して妥当な解決策を検討しなければならない部分がある分だけ、大変な所があると思うのです。
しかし、専門家の方が専門家としてその能力を発揮していろいろな分野の解決すべき問題それぞれのデータとそのサポートをしてくださって初めて複数の問題や政策を統合して判断するサイドも能力の発揮のしようがあるのだと思います。
この時、専門家の方々もそうだと思うのですが、一般の国民はなかなか複雑な心境にいることを忘れてはならないと思うのであります。
それが、上記の言葉に表されているように思うのですが・・・。
実際に、

Continue reading "「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、 正当にこわがることはなかなかむつかしい。」:正当に怖がることができるのが真の大人なのではないか&小田原評定がなるべく少なくなるように"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2011

みずほさん引き続きがんばってください:システムトラブルの件→給料の振込がなされなければ、他への振り込みも口座振り替えも出来ないですから

地震と津波と原発事故で複数の大きな災害と問題の複雑系的なリスク対応問題を、現場で命をはって対応してくださっている方々のおかげで今の日本はもっているところがあるように思うのですが、他にも国民生活に大きな影響を与える可能性がある問題が並行して生じつつあることを忘れてはいけないように思うのです。
ところで、ろじゃあのお友達といろいろ相談していて気になっている問題がありました。
それは、
決済問題と期末の上場会社のバランスシートの問題
ですね。
決済については、給料が無事振り込まれるのだろうか・・・という切実な問題ですね。
この給料が所定の口座に入ってくれないことには、住宅ローンの返済にも振り分けられませんし、クレジットカードの月々の返済にも回せません。本家本元の貴重な資金であるのですよね、給与生活者にとっては。
その意味では他行に協力してもらって振り込み対応を頑張っているみずほさんというのはある意味では非常に大変な決心をして、頑張っておられるのではないかと思います。
本当に現場の方やシステム対応で頑張っておられる方々には頭が下がる思いです。
福島の原発で命をかけて国民のためにお仕事をしてくださっている現場の東電の方や、実際に現場で頑張ってくださってる自衛隊員や消防関係の隊員の方、警察関係の方々等々の皆さん方と同じように、国民の血液たる決済資金を正常化するために頑張ってくださってるということを忘れてはいけないように思います。
こんな時期だからこそなおさらです。
ところで、当面の利用者が気にすることと言えば、

Continue reading "みずほさん引き続きがんばってください:システムトラブルの件→給料の振込がなされなければ、他への振り込みも口座振り替えも出来ないですから"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おひさしぶりです(その2)

今回のお久しぶりですが、なんか自然に指が動きました。
久々にブログにエントリーしたかったのだろうと思います。
それぐらい感銘を受けたのです。
環境はますます大人がいろいろなことをもっとしっかり考えて迅速に行動してあげないといけなくなってます。
その中でも若者たちは将来を前提に成長していかなければいけない。
いや、成長するための将来が出来る限り確保されるべきです。
そんななかで・・・この話に接したわけです。
高校の校長先生としてこんなにもしっかりした言葉をこれから巣立っていく子供たちに投げかけることが出来るというのは教育に携わる人間として非常にうらやましいと思います。
優しくもあり、厳しくもあり。
おもねるわけでもなく、しかりつけるでもなく。
感情を強い言葉でしかぶつけることが出来ない指導者は最低であると思うのであるが、このように言葉からいろいろなものがにじみ出てくる文章を活字に出来る人というのは実はそうそう多くはないのですよね。
文章を公の場でも活字にする立場になれば分かります。
この方の文章には教育者としての矜持と責任となによりも教え子たちに対する愛があるように感じました。
ブログであろうと活字であろうと実は

Continue reading "おひさしぶりです(その2)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 21, 2011

企業の心意気が示されるとき  たとえば吉野家の3台のキッチンカー「オレンジドリーム号」による炊き出し

平時と非常時ということばを使って説明することをろじゃあは昔から結構やってきたと思うんだけど、いまは非常時なんだろうと認識しつつ、それもかなりの困難な問題が発生している時期なんだと思ってる。
いまさらろじゃあが言わなくてもそのように思ってる方々の方が多いと思うんだけど、その中でも個人も企業もリスクをいろいろ考えて自分たちと愛する者たちを守るためにがんばらなきゃいけないし、自分たちの国やコミュニティのことをも考えてがんばらなきゃいけない。
企業はいろいろな人たちで構成されてるからいろいろな問題を短時間で考えつつある程度の時間的な見通しも考えながらがんばらなきゃいけない。
そんな中で企業の底力とか心意気とか社会的な使命に対する姿勢というものが自ずとあらわれてくるんだろうと思う。
牛丼騒動の時には、ろじゃあは吉野家は大好きだけど敢えて豚丼関係の騒動の話もあり、きついいい方をした場合もあったんだけど、今回のこの報道には、正直この非常時に敢えて頑張ってくれてるなあと感じ入った次第。
「オレンジドリーム号」ですと。
実際には、

Continue reading "企業の心意気が示されるとき  たとえば吉野家の3台のキッチンカー「オレンジドリーム号」による炊き出し"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2011

ある校長先生のメッセージ(こういうときだからこそ)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ある友人から教えてもらったある高校の校長先生の卒業宛のメッセージだそうです。
こういうときだからこそ、非常に感銘を受けました。

卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ
http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/

| | Comments (2)

おひさしぶりです、2年ぶりです。

すいません、久しぶりにブログ更新です。
なんと2年ぶりですね。
立教の校長先生の話に触れたもので。
またぼちぼち書けるかもしれません。
ひっそりと焦らずに書いていきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | April 2011 »