« 敷引特約と消費者契約法第10条について最高裁が判断:最高裁平成23年03月24日第一小法廷 判決 | Main | 『架空循環取引 法務・会計・税務の実務対応』:復興期の商取引者間の信用仲介システムの見直しにもこのテーマの理解は大切 »

March 29, 2011

再録してみた(2):首都圏地震心得のススメ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。
古いエントリーで恐縮ですが、ろじゃあのこのエントリーを読み直してくださってるかたが多いようです。

首都圏地震心得のススメ
http://rogerlegaldepartment.cocolog-nifty.com/rogerlegal1/2005/07/post_c1ce.html

先日の地震の際には実際に都内から自宅に歩いて帰られた方もたくさんおられたようです。
ろじゃあの

マイミクさんにもたくさんおられましたし、東京某所での研究会でも、多くの方々が経験された方がおられました。
ろじゃあも読みなおしてみたのですが、基本的には平時ならこれぐらいは必要ですねというないようですね。あくまでも。とはいえ、経験済の項目も多いのではないかと。
コンタクトレンズの件はいまでも妥当するかもしれません。
みなさんに伺いますと職場にスニーカーなり運動靴なりの歩きやすい靴を一足常備しておいてよかったという話を多数伺っております。
これはその時の移動の話ですが、今後はそれ以外のこともいろいろ注意して仕事をしなければいけないわけで。

東京でもいろいろな立場で色々なことに配慮・注意しながらも国民のためになる仕事をしてくださってる方が民間でもたくさんおられます。
上記エントリーを読んで下さったのはそのような方がtなのかもしれません。
三月決算の話や、総会の話が迫っている企業の御担当も多いと思います。
先日アップした金融庁の特例の枠組みでそれ以前の決算会社で有価証券報告書の対応を四半期決算分も含めて頭を悩ませておられる都内の方々もおられると思います。
大変でしょうが引き続き頑張って下さい。

|

« 敷引特約と消費者契約法第10条について最高裁が判断:最高裁平成23年03月24日第一小法廷 判決 | Main | 『架空循環取引 法務・会計・税務の実務対応』:復興期の商取引者間の信用仲介システムの見直しにもこのテーマの理解は大切 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 敷引特約と消費者契約法第10条について最高裁が判断:最高裁平成23年03月24日第一小法廷 判決 | Main | 『架空循環取引 法務・会計・税務の実務対応』:復興期の商取引者間の信用仲介システムの見直しにもこのテーマの理解は大切 »