« みずほさん引き続きがんばってください:システムトラブルの件→給料の振込がなされなければ、他への振り込みも口座振り替えも出来ないですから | Main | 最高裁平成23年03月22日第三小法廷判決:貸金債権の譲渡に伴う契約上の地位の移転について最高裁が当然に地位が移転するとは解せないと初判断(破棄差し戻し) »

March 23, 2011

「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、 正当にこわがることはなかなかむつかしい。」:正当に怖がることができるのが真の大人なのではないか&小田原評定がなるべく少なくなるように

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

かつてインフルエンザ騒動の時にろじゃあは次のようなエントリーを書いております。
ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、 正当にこわがることはなかなかむつかしい。 ・・・寺田寅彦氏のことばですか:豚インフルエンザの関係で引き合いに出されているようですが、こりゃ、法律の世界でも言えること
今回の震災と津波に端を発した一連の大災害については、考えなければいけない問題が多い分、専門家の方々も自分の専門外の領域での考慮要因を勘案して妥当な解決策を検討しなければならない部分がある分だけ、大変な所があると思うのです。
しかし、専門家の方が専門家としてその能力を発揮していろいろな分野の解決すべき問題それぞれのデータとそのサポートをしてくださって初めて複数の問題や政策を統合して判断するサイドも能力の発揮のしようがあるのだと思います。
この時、専門家の方々もそうだと思うのですが、一般の国民はなかなか複雑な心境にいることを忘れてはならないと思うのであります。
それが、上記の言葉に表されているように思うのですが・・・。
実際に、

福島の原発事故に関連して今後国民のひとりひとりが復興期において日々考えなければならない問題として放射能の話があると思うのですが、この問題については、そもそもみんなが共通の理解があるとは限らない訳であります。
その時に、「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりする」という対応が出てくるのはある程度致し方ないことなんだろうと思うのです。
寺田寅彦氏も上記のリンク先のろじゃあのエントリーで引用させてもらった通り、火山の「爆発」の件で、示唆的な話をしてくださっております。
ろじゃあはリスク管理の当事者がそこから学ぶべきことについて若干言及したわけですけど、ホントに今回の件についても、大人のサイドで「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりする」という姿勢をなるべくとらないで済むような共通理解と言うものを広げていかなければならないのではないかと思うのです。
そのためには、「大丈夫」という言葉を伝えて下さる場合でも、どのようにしていれば、あるいは具体的に個人のベースでもできることで留意しておくべきことを早い段階からなるべく多くの方々に知っていただく施策というものをそれぞれの専門家(原子力関係、リスク管理関係、分かりやすく話を伝える技術に長けた専門家の方々等々)の知恵を現場レベル個人レベルで有効な形になるようにタスクフォースを作って機動的に体制運営をしなければならないのではないかと思うのです。
そこでは、現場の現実を理解してる方が入り、なお且つ問題解決の優先順位が妥当な形でつけられる技能をお持ちのゼネラリストも必要だと思います。
検討するための「箱もの」を作るだけでは意思伝達系統・意思決定系統が複雑になるばかりで、「「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりする」リスクによる弊害が、結局現場ベースに至る途中でボトルネックを作ってしまうことになるのではないかと。
現場感覚と現場経験が相対的に少ない「先生」「だけ」の委員会等をむやみに増設するだけでは、小田原評定の場が量産されることになりかねないのではないかと。
「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、 正当にこわがることはなかなかむつかしい。」ということが理解できる専門家や現場の方々の英知を信じて頑張って検討いただきそれを最終的な意思決定を行う体制がバックアップする・・・緊急時にはこの現場からの視点が意思決定者に近く正確に伝わる体制をともかく少しでもいいですから作っていただく必要があるのではないかと考えるのですが。
そのうえで、我々国民も、正当に怖がるべきものは何かを区別するための勉強を泥縄でもいいですから出来る限り頑張って行うべきだと思います。そのためにも、すくなくとも放射能の基礎知識と生活を行うについての実践的な考え方、たとえば、被ばく量の単位の意味や被ばく量の計算方法(概算方法でもいいではないですか)、食物にどのような放射性ぶしつがどの程度の放射能を含んでいるかというデータに触れた時の合理的な計算方法などなど、愛するものを守らなければならない立場の人間にはどうしても必要なデータを理解する努力をすることとが必要だと思うのです。これは家庭を守るものの覚悟と心構えとしては当然なのではないでしょうか。
とはいえ、これはやたらと恐がるという意味ではなく、ものをこわがらな過ぎたりもせず、冷静に、正当に怖がるべきことは怖がり問題解決のために自分でも勉強し賢くなる、その結果正当に怖がるべきではないこととの区別がつくようにする・・・そのような姿勢が必要なのだと思います。
このような姿勢は、企業で仕事をしている人間や法務担当者はいままで日常的に行ってきたことの延長上のお話だと思うのですね。こんな非常時ですから、実際には簡単ではないことは分かった上でのお話ですが。
正当に怖がるべき事実については勇気を持って怖がり自分でそれを認識し、注意すべきことを理解して短期、中期、長期ごとにやるべきことを粛々と行う勇気を少しでももちたいなあと自分でも考えているところでございます。
・・・という意味で、古いエントリーを自ら掘り起こさせていただいた次第でございました。

|

« みずほさん引き続きがんばってください:システムトラブルの件→給料の振込がなされなければ、他への振り込みも口座振り替えも出来ないですから | Main | 最高裁平成23年03月22日第三小法廷判決:貸金債権の譲渡に伴う契約上の地位の移転について最高裁が当然に地位が移転するとは解せないと初判断(破棄差し戻し) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、 正当にこわがることはなかなかむつかしい。」:正当に怖がることができるのが真の大人なのではないか&小田原評定がなるべく少なくなるように:

« みずほさん引き続きがんばってください:システムトラブルの件→給料の振込がなされなければ、他への振り込みも口座振り替えも出来ないですから | Main | 最高裁平成23年03月22日第三小法廷判決:貸金債権の譲渡に伴う契約上の地位の移転について最高裁が当然に地位が移転するとは解せないと初判断(破棄差し戻し) »