« 「東北地方太平洋沖地震を踏まえた決算発表等に関する取扱いについて」(東証HPより)と若干の感想 | Main | 神社の氏子青年会もキリスト教会の方々も:災害初動期における行政以外のルートによる支援 »

March 29, 2011

弁護士と実務法務系出版社の矜持と心意気がが示された(感動):弁護士たちによる災害時のQ&A本が無料公開・・・緊急時の社会復興のための出版社と著者による前向きな社会貢献の実践

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

「ビジネス法務の部屋」のtoshiさんのブログで教えてもらいました。
「Q&A災害時の法律実務ハンドブック」初版公開と出版社のCSR
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/03/post-e1d7.html
新日本法規さんと商事法務さんの方々、そしてなによりも著者である関東弁護士会連合会の弁護士の先生方、近畿弁護士会連合会の先生方の社会貢献の姿勢、心意気そして専門分野のプロとしての矜持が示されたものであるとろじゃあは率直にものすごく感動しております。そして大いなる敬意を表したいと思います。
公開されているのは

以下の2冊です。
新日本法規さんの方が関東弁護士会連合会編集の「Q&A災害時の法律実務ハンドブック」
http://www.sn-hoki.co.jp/shop/zmsrc/qa50593/mokuji.htm
商事法務さんの方が近畿弁護士会連合会編集の『地震に伴う法律問題Q&A』
http://www.shojihomu.co.jp/0708qa/0708qa.html
です。
toshiさんも言及しておられますが、

これは平成18年度発行のものであり、最新版は現在関東弁護士連合会において、急ピッチで編集が進められているようですので、あくまでも平成18年度版としてご参照ください。被災者の方々にも、避難所におられる方から、自宅で不便を強いられておられる方など、さまざまかと思います。それぞれのお立場で活用できるのではないでしょうか。
とのこと。
法務系ブロガーの方々でもいろいろな立場で今回のいろいろな問題に関与され解決に尽力されておられる方々が全国におられると思いますし、ブログ等ではなくツイッターやミクシイ等で意思疎通が可能な法務実務家の方がたくさんおられると思います。この二冊についての善意と心意気を活用させていただき、気がつかれた事、その後の法改正やら行政の枠組み等の変化等について気がつかれたことをアップ、書き込みする等で社会貢献も可能ではないかと思います。
実務法務の方々、一緒に頑張りましょう。ろじゃあもすこしづつ御協力したいと思います。
それにしても弁護士の先生方はこういう時にこういう形で社会的責任を果たして下さる先生方がいるのだなあと改めて激しく感動しているろじゃあなのであります。
それにこれでこそ、実務法務の出版社だなあとこちらについても改めて敬意を表したいと思います。
引き続き頑張って下さい。

|

« 「東北地方太平洋沖地震を踏まえた決算発表等に関する取扱いについて」(東証HPより)と若干の感想 | Main | 神社の氏子青年会もキリスト教会の方々も:災害初動期における行政以外のルートによる支援 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 弁護士と実務法務系出版社の矜持と心意気がが示された(感動):弁護士たちによる災害時のQ&A本が無料公開・・・緊急時の社会復興のための出版社と著者による前向きな社会貢献の実践:

« 「東北地方太平洋沖地震を踏まえた決算発表等に関する取扱いについて」(東証HPより)と若干の感想 | Main | 神社の氏子青年会もキリスト教会の方々も:災害初動期における行政以外のルートによる支援 »