« 弁護士と実務法務系出版社の矜持と心意気がが示された(感動):弁護士たちによる災害時のQ&A本が無料公開・・・緊急時の社会復興のための出版社と著者による前向きな社会貢献の実践 | Main | 震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(2):他の証券会社のリリースから »

March 30, 2011

神社の氏子青年会もキリスト教会の方々も:災害初動期における行政以外のルートによる支援

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

被災地の支援体制の話はテレビ等でも報道されておりますが、近県の自治体の方々から伺わないと分からない話というのも当然あるわけで。
固有名詞の表記は避けますが、ろじゃあの知り合いの方から伺った話では、神社同士の交流の関係もあり、自分たちの神社の氏子青年会が交流のある被災地の神社周辺に、商工会や地元某業界団体組合の方々と一緒に直接有志で(若者も含まれてました)15日早々に出発し、あたたかい食べ物を食べてもらおうとうどんの炊き出し用の材料や、

水が足りなくなるだろうからと、ペットボトルではない水1000リットルの水を車両で運んで16日に現地入りして現地で協力を申し出たとのこと。
300食ほどのうどんを持っていったのもすごいと思いますが、現地で近所の非難所で炊き出しを行い食べていただいたとのこと。あたたかい食べ物は被災後初めてと現地では喜んでいただけたのだそうです。
ペットボトル以外の水を持っていったのでどうするかという話もあったようですが、翌日派遣されることになってた自衛隊による給水予定の前の段階で飲料水が底をついている切実な状態だった為市役所前で給水させていただいたことが大変喜ばれたとのことでありました。
このような神社の氏子同士の交流をベースとした支援に赴くという思いを持っておられる方々がおられるというのは日頃生活をしている人間からすると思いもつかないことでした。
ろじゃあの他の友人たちはキリスト教会のネットワークで物資の集積と運送の拠点に周辺県の教会が寄与しており、その意向を忖度して一部の全国区の大手運送会社さんはそれ専用の新たな支店(というか拠点)を創設してまでなんとか支援物資を被災地に運ぶべく民間ベースで早い段階から支援体制の構築と実施・管理に関与しておりました。このような善意が、初動段階で色々な形で動いていたということを聞くにつけ、地域のいろいろな立場の民間ベースのネットワークと協力関係というものが非常時にはこれほど力強く被災地を支えることができるのだなという思いを強くいたしました。
それにしてえも初動段階から運送経路の確保の困難さを予想しつつも民間の支援物資の集積所の拠点設置に尽力された運送会社の方々、そして実際にハンドルを握って現地に配送された方々は素晴らしい社会貢献をされているのだなと感銘を受けた次第です。民間の方々からすると従業員の方々の安全についてのリスク管理の観点から出来ることと出来ないことがあるでしょうが、初動で動いておられた企業と従業員の方々はもちろん引き続きマスコミに報じられなくとも地道に寄与されておられる企業と従業員の方々がおられることをもっと我々は知り誇りに思い敬意を表すべきなのだろうと思います。

|

« 弁護士と実務法務系出版社の矜持と心意気がが示された(感動):弁護士たちによる災害時のQ&A本が無料公開・・・緊急時の社会復興のための出版社と著者による前向きな社会貢献の実践 | Main | 震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(2):他の証券会社のリリースから »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神社の氏子青年会もキリスト教会の方々も:災害初動期における行政以外のルートによる支援:

« 弁護士と実務法務系出版社の矜持と心意気がが示された(感動):弁護士たちによる災害時のQ&A本が無料公開・・・緊急時の社会復興のための出版社と著者による前向きな社会貢献の実践 | Main | 震災・原発事故と為替・証券関連取引枠組みへの影響(2):他の証券会社のリリースから »