« 「当面の文化芸術活動について」(4月12日付):文化庁さん、いい文章っすよこれ | Main | 旅猿に奥田民生先生が映像で御出演:「タビザル★ライダー」配信・・・おじさん・おばさん対応も考えてくれよぉ(涙) »

April 13, 2011

森田章先生の論文「電力会社のコーポレート・ガバナンス」:読んでみた、お勉強になった

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

同志社大学の森田章先生の御論文です。

森田章「電力会社のコーポレート・ガバナンス」同志社法学第285号(53巻9号)32頁以下(畑肇名誉教授古稀記念論集)
2002年の段階での御論文です。
今回の原発の事故の問題は、
特別法の領域という視点
民法の領域からの視点と
会社法の領域からの視点と
金融商品取引法の領域からの視点
という少なくとも

4つの視点から考えることになるのだろうなと思っておったのですが、

会社法のコーポ―レートガバナンスの視点から
電力会社のコーポレートガバナンスの問題について真正面から取り上げておられる御論文です。
初めて読ませていただいたものですが、いろいろと示唆的な内容が多いというのが率直な感想であります。
まあ、rent-seeking behaviorについての記述については、現在では「rent」という概念は「レント」という形で普通に使うようになってますのでまあそれは「(上乗せされた)利益」という形で読まれる方が変換すればいいだけのお話でして。
むしろ、2002年の段階でこのような内容についてコーポレートガバナンスの観点から御論稿を発表されていたという研究者としての姿勢に対して、ろじゃあは率直に敬意を表したいと個人的には思った次第であります。

|

« 「当面の文化芸術活動について」(4月12日付):文化庁さん、いい文章っすよこれ | Main | 旅猿に奥田民生先生が映像で御出演:「タビザル★ライダー」配信・・・おじさん・おばさん対応も考えてくれよぉ(涙) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 森田章先生の論文「電力会社のコーポレート・ガバナンス」:読んでみた、お勉強になった:

« 「当面の文化芸術活動について」(4月12日付):文化庁さん、いい文章っすよこれ | Main | 旅猿に奥田民生先生が映像で御出演:「タビザル★ライダー」配信・・・おじさん・おばさん対応も考えてくれよぉ(涙) »