« June 2011 | Main | August 2011 »

July 30, 2011

「二百十日」にはまだ間があるのに:日本の穀倉地帯故に心配・・・新潟豪雨による川の氾濫

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

水島新司の作品には新潟がバックグランドにある。
特に

あぶさん
はそれが著しい。
寡黙だが黙々と仕事をこなす。
景浦安武のキャラクターには我が国の食を支えてくださっている農家の方々の生き方や視線が投影されているようにもおもう。
そんなあぶさんの数多い話の中に
二百十日
という作品がある。
自然に翻弄されながらもコメ作りを生業にすることの大変さがうたわってくる作品であった。
二百十日というのは、

Continue reading "「二百十日」にはまだ間があるのに:日本の穀倉地帯故に心配・・・新潟豪雨による川の氾濫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2011

輪るピングドラム第4話:初の「生存戦略~」なしでファビュラス・マックス&ムシコロリン(汗)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

第4話にして

初めて「生存戦略~っ」のバンクシーンが出てきませんでしたな(笑)。
いやはや、苹果(りんご)ちゃん、表情かわりすぎ(苦笑)。
今回は女の子たちが動き回ってお話が終わった感じですな。
能登麻美子さんが時籠ゆり役で元気出てきて(?)、
「ファビュラス・マックス」って感じ
ですが・・・
このことば、流行らせるつもりなんだろうかねえ・・・(苦笑)
と素朴な疑問。
それにしても
高倉冠葉恋愛被害者の会
で久宝阿佐美さん出てきたのはいいんだけど、

Continue reading "輪るピングドラム第4話:初の「生存戦略~」なしでファビュラス・マックス&ムシコロリン(汗)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2011

為替の行方・・・チェックメイトとスティルメイトのお話と仏壇返し?(苦笑)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

為替の動きが激しいようで。
関係当事者の方々からするとある程度想定しておられたのではありましょうが、実際にこのようになるとどこからが未体験ゾーンになるのかというのも、今までの枠組では判断しづらい部分も

Continue reading "為替の行方・・・チェックメイトとスティルメイトのお話と仏壇返し?(苦笑)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

循環取引やエアDES、エア増資と法的枠組みの役割分担・・・nestage事件のような類型は何法の問題なのか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

某日某研究会で循環取引について現在の目線でいろいろと振り返ってみようということになったようでありまして。
そこでは、

粉飾アレンジャーやらエアDES、エア増資の話
も出てくることになるのかもしれないのではありますが、
そもそも、このような問題の発生を想定して法的枠組みを整序すべき役割を担うべきなのは何法なのであるかなあ・・・
なんてことを最近友人の会計士の先生やら弁護士の先生やらと話すことがありますです。
会社法だろう?ということをおっしゃる先生もおられますし、

Continue reading "循環取引やエアDES、エア増資と法的枠組みの役割分担・・・nestage事件のような類型は何法の問題なのか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

transnational organized crime の定義:Strategy to Combat Transnational Organized Crimeのお話の続き

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

Strategy to Combat Transnational Organized Crime
http://www.whitehouse.gov/administration/eop/nsc/transnational-crime
のお話の続きでありますが、このお話で問題とされている

transnational organized crime
の定義については、Definitionのところで

Continue reading "transnational organized crime の定義:Strategy to Combat Transnational Organized Crimeのお話の続き"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Strategy to Combat Transnational Organized Crime:日本の企業はこれをどう受け止めるのか

このえんとりーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

アメリカの財政赤字の問題の方が注目を集めているのかもしれませんが、こちらのお話というのも、日本の企業でコンプラとか、民事介入暴力関係のお仕事をされておられるご担当関係との関係では、企業ごとにお勉強をしておかないといけないお話になるのではないかと思ったもので。

Strategy to Combat Transnational Organized Crime (アメリカ合衆国WHITE HOUSEのHP)
http://www.whitehouse.gov/administration/eop/nsc/transnational-crime
ろじゃあが、

Continue reading "Strategy to Combat Transnational Organized Crime:日本の企業はこれをどう受け止めるのか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2011

GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏 読了しますた:続編があるということでいいんですかね(汗)・・・クール&ラムを想起してしまった古いミステリファンのろじゃあ(苦笑)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

アニメ版が終了して、エンディングについてはいろいろなお立場があったであろう

GOSICK
でありますが、週末に帰宅しましたらアマゾンさんから
GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏
が到着しておりましたので、じっくりと味わいながら読み始めたのでありました。
まあ、感想というかなんというか書いておこうと思うのですが、いかネタバレあります(といってもぼやかしますが)。
バッドエンドになるかという危惧も友人の弁護士先生とかとの間ではお話ししておったのでありますが、結論から言いますと、アニメ版のエンディングと

Continue reading "GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏 読了しますた:続編があるということでいいんですかね(汗)・・・クール&ラムを想起してしまった古いミステリファンのろじゃあ(苦笑)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チェックメイトのないスティルメイト?(意味。不明;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

チェックメイトは王手が掛けられているという意味では攻めている側が相手を攻撃する姿勢が前提となる。
それに対して、スティルメイトはそうではないという状態にもかかわらず合法手がないという形で手詰まりになっている状態という点で、チェックメイトとは異なるんだよなあ・・・確か。
さて、海外のいろいろな情勢を見ていると、どちらかというと

Continue reading "チェックメイトのないスティルメイト?(意味。不明;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が家の地デジ対応(顛末)(汗)

このえんとりーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

地デジがいよいよ本格移行ということで、アナログの放送が見れなくなるというお話で。
我が家も結局、ぎりぎりまで未対応であったのですが、最小限の対応にとどまりましたな。
結局、食卓のテレビを地デジ対応のある程度の大きさのテレビに換え、相方用に地デジ対応で小型のDVDプレーヤーが付いたものを購入というところであります。
意外だったのが、子供たちが総じてテレビについてあまり興味がないということ。
自分たちが携帯とネットで情報対応をしているせいなのでしょうが、

Continue reading "我が家の地デジ対応(顛末)(汗)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2011

原田芳雄さんの訃報を耳にして・・・思いだしたのは「原子力戦争」と「生きているうちが花なのよ死んだらおしまいよ党宣言」

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。。

19日に原田芳雄さんが亡くなったという訃報を耳にして。
いろいろと思いだすことはあるのではありますが、「竜馬暗殺」とかの作品を思いだされる方も多いのだろうなあと。
ろじゃああたりから見ると、ショーケン(萩原健一)さんとかジュリー(沢田研二)たちの次の世代ぐらいのイメージで、長髪がにあってかっこいい俳優さんというイメージがあったのですね。
そして、ショーケンやジュリーたちと比べて骨太な?というか無頼派でワイルドな?作品に出ていたよなあ・・・というイメージもあるのでありまして。
んで、ろじゃあが思いだしたのが、

Continue reading "原田芳雄さんの訃報を耳にして・・・思いだしたのは「原子力戦争」と「生きているうちが花なのよ死んだらおしまいよ党宣言」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

佐野眞一『東電OL殺人事件』(新潮社)を読み直してみようかと思う・・・再審の可能性というお話があるようなので

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

再審の可能性というお話があるようなので。

東電OL事件、再審の可能性…別人DNA検出(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110721-OYT1T00090.htm?from=y10
朝少し早く起きたら目についたもので。
むかし、むかし、タイトルにある

佐野眞一さんの『東電OL殺人事件』
を読んだ記憶があるもので。
なぜ、当時読んでみようと思ったのかは、

Continue reading "佐野眞一『東電OL殺人事件』(新潮社)を読み直してみようかと思う・・・再審の可能性というお話があるようなので"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

制御できない力は持つべきじゃない:「神様ドォルズ」第1巻より・・・アニメ版第3話までを観て法務的なリスク管理を考える視点との絡みでぐだぐだと(汗)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

夏のアニメについては、友人の某会計士の先生との間では、

「うさぎドロップ」
「神様のメモ帳」
「輪るピングドラム」
が視聴継続という点では一致しておるのですが、タイトルにあります
「神様ドォルズ」
については、ろじゃあ、改めてコミックスの第1巻から読みなおしております。
というのは、アニメ版の第1話だか2話で、コミックスでいうと第1巻に出てきたやり取りが出てたからであります。
それは
制御できない力は持つべきじゃない
という台詞に関係する場面でして。
実際には、

Continue reading "制御できない力は持つべきじゃない:「神様ドォルズ」第1巻より・・・アニメ版第3話までを観て法務的なリスク管理を考える視点との絡みでぐだぐだと(汗)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京電力、500円台回復のようですね・・・仕組みについてはもう少し工夫が必要な気もするんですけど

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

CDSの参考値とかを注視してたんですけど、信用取引残が売り買いともに相当の売り残買い残水準になっていたので、こりゃ、素人さんの世界の話ではないなあと思って。
以後は、株価の推移をモニターだけしてたんですけど、今日の終値で509円で引けたようですね。
いつも参考にしている、

Continue reading "東京電力、500円台回復のようですね・・・仕組みについてはもう少し工夫が必要な気もするんですけど"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2011

最高裁平成23年07月15日第二小法廷判決:更新料と消費者契約法第10条について最高裁が方向感を示す

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

7月に入ってからの最高裁での判決には、ろじゃあが興味を持つ領域の判決が立て続けに出るもんですから、まあ、ブログへの反映にタイムラグが・・・せっかく書いておいたのが公開時刻自動設定機能の日時の誤設定のためいつまでたってもエントリーが公開されないし(苦笑)、まあ、そんなこんなで、香辛料に関する特約の消費者契約法第10条との関係についての第二小法廷判決ですね。
最高裁平成23年07月15日第二小法廷判決
(全文)↓
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110715143324.pdf
大きな争点としては、

Continue reading "最高裁平成23年07月15日第二小法廷判決:更新料と消費者契約法第10条について最高裁が方向感を示す"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武富士、更生計画案提出とのこと・・・第一回弁済3.3%ということのようで

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

連休中は自宅での静養に努めたため、ブログの方はあんまり更新できませんでして。
友人から教えてもらい、武富士の更生計画案が出ているということで、HPまで参照しにいってみました。
更生計画案提出のお知らせ(同社HP2011年7月15日付けリリース・pdfファイル)
http://www.takefuji.co.jp/corp/nwrs/detail/110715.pdf
更生計画案によると、


Continue reading "武富士、更生計画案提出とのこと・・・第一回弁済3.3%ということのようで"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2011

えっ?顧問料・相談料が完全無料の『0円顧問弁護士サービス』?・・・とのことです:神田のカメさん法律事務所のことを友人から聞いたもので(汗)・・・ろじゃあは「地球の重力に魂を囚われた人々」だからなあ(苦笑)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

会計士の友人と夏のアニメの話をしながら法律と会計のお話をしていた時に、
「こういう時代になったんですねえ・・・」
といってi-phoneでリリースを見せてくれたのが、こちら。
弁護士業界初!!顧問料・相談料が完全無料の『0円顧問弁護士サービス』
~これからは、誰でも、無料で、気軽に、顧問弁護士をもつ時代です~

(神田のカメさん法律事務所7月12日付リリース)
http://www.atpress.ne.jp/view/21467
なるほどねえ・・・というのが実感でありました。
HPを拝見してみたのですが、

Continue reading "えっ?顧問料・相談料が完全無料の『0円顧問弁護士サービス』?・・・とのことです:神田のカメさん法律事務所のことを友人から聞いたもので(汗)・・・ろじゃあは「地球の重力に魂を囚われた人々」だからなあ(苦笑)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NESTAGE事件の続報:「春日電機元社長が仲介か」とかのお話があるようなのですが・・・春日電機平成20年12月3日の二つの適時開示を改めて読み直してみようと

このエントリーは、公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

NESTAGEの元社長の逮捕の件を先日エントリーしたのですが、こんな記事が出てましたので。

春日電機元社長が仲介か 旧かんぽの宿評価水増し事件(朝日7月15日)
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201107150130.html
春日電機元社長「ネステージを助けて」 水増し増資事件(MSN・産経ニュース2011年7月16日)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110716/crm11071602010000-n1.htm

あらまそういうお話を耳にしますと、ろじゃあからするとブロガーさんたちの

春日電機事件関連のいろいろなエントリー
が想起される訳です。
んでまあ、

Continue reading "NESTAGE事件の続報:「春日電機元社長が仲介か」とかのお話があるようなのですが・・・春日電機平成20年12月3日の二つの適時開示を改めて読み直してみようと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2011

生存戦略しましょうか:『輪るピングドラム』が凄い・・・幾原邦彦監督と星野リリィさんとのコラボというのがまずすごいなあ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

今回の夏のアニメは相当かくし球というか、興味深い作品が多いのであるが、この

『輪(まわ)るピングドラム』
もその一つ、というか異色作のひとつであることはまちがいあるまいと。
輪るピングドラムHP
http://penguindrum.jp/
第1話からいきなりシリアスな展開になるのだがそこに降臨するヒロイン?が
「生存戦略」
と叫び
「生存戦略しましょうか」
と決めポーズをとるまでの一見無駄な(苦笑)変身シーンと宣告プロセスが
まるで「セーラームーン」の変身プロセスを彷彿とさせるものがある・・・
と思い、

Continue reading "生存戦略しましょうか:『輪るピングドラム』が凄い・・・幾原邦彦監督と星野リリィさんとのコラボというのがまずすごいなあ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

速報・最高裁平成23年7月14日判決:取引の中断期間がある基本契約についての過払い金充当合意が認められていた案件について名古屋高裁に破棄差戻し

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

貸金業関係の過払い金の問題については、いろいろな最高裁判決があるのであるが、複数の契約、あるいはひとつの契約が終わった後の別の契約との間の過払いの問題というのがひとつの領域として、実務でも注目され続けていた領域であったわけです。
そこに、今回の平成23年7月14日判決が。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110714115151.pdf
改めて別途その内容については言及しますが、
特に補足意見は非常に分かりやすいです。必読。ということで

Continue reading "速報・最高裁平成23年7月14日判決:取引の中断期間がある基本契約についての過払い金充当合意が認められていた案件について名古屋高裁に破棄差戻し"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月13日付の大京さんの適時開示「処分自己株式の募集のお知らせ」:これもDESってことなんだろうかねえ・・・もちろん「エアDES」ではなくて「真正DES」という意味ね(汗)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

夜中に東証の適時開示チェックしてたら次のような適時開示に目が行って。
大京さんの77月13日付東証適時開示「処分自己株式の募集のお知らせ」
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120110713080935.pdf
最初何のお話だろうなあ・・・と思ってタイトルから本文読んでいったら、

当該自己株式は、2011 年 6 月 23 日をもって退任した取締役(以下、「退任役員」という。)1 名に対し、当該退任役員が当社に対して有する退職慰労金請求権の一部を現物出資することにより処分されるものであり、当該自己株式処分による取得財産相当額は、全額運転資金に充当いたします。
ああ、そうか、

Continue reading "7月13日付の大京さんの適時開示「処分自己株式の募集のお知らせ」:これもDESってことなんだろうかねえ・・・もちろん「エアDES」ではなくて「真正DES」という意味ね(汗)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「うさぎドロップ」第2話:子供たちのこと幼稚園と保育園に送り迎えしたなあ・・・とそっと手をみる(涙)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

前回「やられたなあ・・・」と書いた「うさぎドロップ」の第2話。
う~ん、りんちゃんと暮らし始めた30歳のおじさんの心情とりんちゃんの心情を、保育園と職場という点とその距離をお互いに感じる二人の線を非常にうまく二次元的に表現しているように思いました。
保育園にしろ幼稚園にしろ、預かってもらってるときのこどもたちというのはホントにいろいろな表情と気持を自分の気持ちの中に貯め込んでいるのでありまして、お迎えに行くときにそれがうまく出せること出せない子がおるのですな。
ろじゃあも、数人の子供について実際に幼稚園と保育園の送り迎えを経験してきたのでありますが、

Continue reading "「うさぎドロップ」第2話:子供たちのこと幼稚園と保育園に送り迎えしたなあ・・・とそっと手をみる(涙)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

音声入力機能でエントリーを書いてみようと思った・・・ろじゃあ(^^;)

このエントリーは公開時刻を自動設定機能によりエントリーしております。

イヤー世の中便利になったもんですなあ。
Microsoftさんのwindowsに付属の音声入力機能を使ってブログを書いてみようと思って実際に実行しているところです。
ろうじゃあがかつて某音声入力ソフトを自分で購入しメモリーとハードディスクの容量が少ない時代に四苦八苦しながら音声入力ソフトを活用することで少しでも入力の手間を省こうと工夫していたことを思うと、時代は変わったものだと思った次第でして。
たった数分の文章の読み上げて

ろじゃあが使ってもろじゃあの娘が使っても
すぐに文章の入力が

Continue reading "音声入力機能でエントリーを書いてみようと思った・・・ろじゃあ(^^;)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2011

NESTAGEの件で逮捕者とのこと:不動産の現物出資と第三者割当の問題・・・いわゆる「エア増資」のお話でしょうか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

水増し増資容疑:前会長らを逮捕…大阪府警(毎日2011年7月14日0時43分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110714k0000m040147000c.html
そろそろ寝るかと思って朝方(というかまだ明るくなってないころ)にこの記事を確認。
現物出資の件が問題になってたのが以下のニュースが出てた頃でしょうか。
かんぽの宿を高額評価 証取委、監視を強化(47News・2011/01/09 16:22)
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011010901000189.html
実務家の方とのお勉強会でも

不動産の現物出資や、金銭消費貸借債権の現物出資
とかと第三者割当のお話というのは、

Continue reading "NESTAGEの件で逮捕者とのこと:不動産の現物出資と第三者割当の問題・・・いわゆる「エア増資」のお話でしょうか"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 13, 2011

最高裁平成23年7月7日判決と7月8日判決:貸金債権の譲渡と地位の移転・・・これで最高裁すべての小法廷で破棄差し戻し判決が出そろったということでしょうか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

貸金債権の譲渡と地位の移転の関係について、これで類似の案件について最高裁全ての小法廷で判決が出そろったということになるんですかね。
最高裁平成23年7月7日第一小法廷判決(破棄差し戻し判決)

貸金業者が貸金債権を一括して他の貸金業者に譲渡する旨の合意をした場合における,借主と上記債権を譲渡した業者との間の金銭消費貸借取引に係る契約上の地位の移転及び上記取引に係る過払金返還債務の承継の有無
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81486&hanreiKbn=02
全文(pdfファイル)はこちらをクリック
最高裁平成23年7月8日第二小法廷判決(破棄差し戻し判決)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81490&hanreiKbn=02
全文(pdfファイル)はこちらをクリック
ところで、貸金業がらみでの過払い金関係の最高裁判決では第一小法廷、第二小法廷、第三小法廷で類似の事案について短期間にまとめて同趣旨の判決が出る傾向があったことには実務の方々は気がついておられるかもしれません。
今回も下記の第三小法廷判決と併せてそのながれと言えるのかもしれません。
一時期、ろじゃあはこれらの流れを
最高裁のジェットストリームアタック
と表現することは可能かなあ・・・とか考えてみたのですが、

Continue reading "最高裁平成23年7月7日判決と7月8日判決:貸金債権の譲渡と地位の移転・・・これで最高裁すべての小法廷で破棄差し戻し判決が出そろったということでしょうか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2011

最高裁平成23年7月12日判決:敷引契約について消費者契約法第10条により無効とはいえないとされた事例・・・消費者契約法第10条は伝家の宝刀的なアイテムであるが故に・・・

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

最高裁のサイトで別の判決見てたら、いわゆる敷引特約について以下のような判決が出てますね。
最高裁平成23年7月12日判決
消費者契約である居住用建物の賃貸借契約に付されたいわゆる敷引特約が消費者契約法10条により無効ということはできないとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81499&hanreiKbn=02
全文(pdfふぁいるっす)はこちら→ここをクリック
いろいろな意味で現在は、第三小法廷の判決は特に御勉強になるのではないかと。
今回も、

Continue reading "最高裁平成23年7月12日判決:敷引契約について消費者契約法第10条により無効とはいえないとされた事例・・・消費者契約法第10条は伝家の宝刀的なアイテムであるが故に・・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「うさぎドロップ」第一話にやられてしまった(T T;)・・・2011夏のアニメの第一話に一通り目を通して

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

今回のクールの新作アニメについては、一回目をぽつぽつと目を通しながら、「神様のメモ帳」ほか、ろじゃあの好きな作品が結構あったんだけれども、最後の最後?で

友人の会計士のセンセの熱烈推奨(笑い)
「うさぎドロップ」にやられてしまった(T T;)
という結果に(苦笑)。
「うさぎドロップ」公式HP
http://www.usagi-drop.tv/
いや~前クールの「あの花」http://www.anohana.jp/にも結局やられ通しだったのだけれども(特に最終話はタオルで涙を拭き通しでありました)、今回は初回から、
それは反則だろうよ(涙)
という、

Continue reading "「うさぎドロップ」第一話にやられてしまった(T T;)・・・2011夏のアニメの第一話に一通り目を通して"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

GOSICK第24話(最終話):バッドエンドでなくてよかった・・・それにしてもモンペ姿のヴィクトリカとは(汗)→GOSICKⅧ「神々の黄昏」下巻が待てませぬ(苦笑)

このエントリーは公開時刻自動設定機能とは無関係にエントリーしております。

いま観終わりました。
下半身のない久城というのもおいおい・・・って感じでしたが、アニメの最終話はグレヴィールがかっこよい役割で、久城が瑠璃さんと知恵の泉により日本にたどりついたヴィクトリカに引き上げ船から降りてきて再開するという・・・。
史実を少し曲げて対応したということなんでしょうがアブリルもロンドン空襲から逃れているという設定のようですし、やれやれという感じであります。
本の方のファンからすると「GOSICKⅧ 神々の黄昏上巻」の内容をもう少し駆け足でなく大切にしてほしかったということもあると思いますが、

Continue reading "GOSICK第24話(最終話):バッドエンドでなくてよかった・・・それにしてもモンペ姿のヴィクトリカとは(汗)→GOSICKⅧ「神々の黄昏」下巻が待てませぬ(苦笑)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »