« オリンパスの適時開示を読む(1):東証の適時開示で読めるものをリストアップしてみる | Main | 沈め屋(シンカー)と引き揚げ屋(サルベージ):粉飾アレンジャーはどちらに近い?と考えても仕方ないんだろうなあ・・・金商法の「偽計」の考え方 »

November 28, 2011

会計士のセンセと弁護士のセンセと話したときの小ネタ・・・「あずにゃん」と「ひらがな三文字」

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

某会計士のセンセと某弁護士のセンセたちとお話した際に耳にした小ネタです。
(その1)
酒を飲んでいるときとかのお話のようですが

ある法人のことが「あずにゃん」と呼ばれる
ことがある。
ちなみに
「あずにゃん」って何のことですか?
と質問するのは
二重の意味で野暮
って

もんなんでご留意いただくのがよろしいかと存じます。
ご不明の方は「けいおん」と「あずにゃん」でググッてみてください(←いつもより親切な書きぶりになってるなあ)。

(その2)
別の会合で企業法務の方と弁護士のセンセとお食事をしてたときに入ってきた謎の言葉。
それはひらがな三文字というフレーズ。
隣のテーブルから聞こえてきた言葉ですので、何についての話題かは不明。
ただ、その後某弁護士のセンセに教えてくださいとお話したところ

自分でネットでググッてみなさい
とアドバイスされました。

世代が変わったしょうか、ろじゃあがリテラシーの面で勉強が必ずしも十分ではない部分というのが増えているなあと思った次第であります。まあ、「粉飾アレンジャー」やら「エアDES」あたりは十分理解できる水準にあるとは思われているらしいのですが。日々これ御勉強ですね。

|

« オリンパスの適時開示を読む(1):東証の適時開示で読めるものをリストアップしてみる | Main | 沈め屋(シンカー)と引き揚げ屋(サルベージ):粉飾アレンジャーはどちらに近い?と考えても仕方ないんだろうなあ・・・金商法の「偽計」の考え方 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 会計士のセンセと弁護士のセンセと話したときの小ネタ・・・「あずにゃん」と「ひらがな三文字」:

« オリンパスの適時開示を読む(1):東証の適時開示で読めるものをリストアップしてみる | Main | 沈め屋(シンカー)と引き揚げ屋(サルベージ):粉飾アレンジャーはどちらに近い?と考えても仕方ないんだろうなあ・・・金商法の「偽計」の考え方 »