« 考えるアニメ、知とマンガ 4 :『輪るピングドラム』と宮沢賢治・・・『銀河鉄道の夜』×『グスコーブドリの伝記』 | Main | 少し暖かくなってきたので・・・弁護士の中堅層の変化について(1) »

December 31, 2011

考えるアニメ、知とマンガ 5:『Beautiful World』高河ゆん・なるしまゆり合同誌「魔法少女まどか★マギカ」FAN BOOK(九重&COMODO)調達ミッション始末記(汗)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

「考えるアニメ 知のマンガ」シリーズの年末特別編って感じですが・・・(笑)。

特別装丁版については以下を参照。
魔法少女まどか☆マギカ『beautiful world』
・高河ゆん、なるしまゆり合同誌
・豪華ゲスト変形B4版ピンナップ集
http://beautifulworld015.blog.fc2.com/
大変大切なお友達である某弁護士のセンセからも調達のご依頼がありましたので、ろじゃあも購入を検討いたしまして、まあ、調達任務遂行のためにオペレーションに関与したのでありますが・・・直前に通常版の会場での取扱中止というお話がろじゃあのMI6のような存在の方(苦笑)から耳に入り、特装版と限定版のみの会場での取り扱いということになりまして、いやはやなんとも頭をなやましていたのですが、まあ、

ぼやいても仕方ありませんので、潔く早起きして並ぶことに・・・壁なんですよね、九重さんは。
初日のCOMODOさんの所では当然というか予想通り完売。
見本?でおいてあった限定版のきれいな箱を拝見できただけでもまあよかったかもしれません(涙)。
んで二日目ですが、少し早起きして東日本に入場後、シャッターの外に最後尾を発見し列に。
上記センセから「限定版完売、特装版はひとり二部制限」というデータが入り、少し気落ちしつつも、「最後尾ではありません札」の部分までなんとかたどり着くことに。
東2のシャッター内に入り左に折れれば・・・
すでにピンクの外装の山が目に入ってきて・・・「何とかなりそうだ」とつい呟いてしまったろじゃあなのでありました。
実際に手にして、「中に入ってますけど・・・」という言葉にもかかわらず、絵葉書サイズのイラスト集のパックも二つ合わせて購入し、おつりの2千円を手に特装版2冊を小脇に抱え、壁を後にしたのでありました。

そして・・・
合同誌本編のほうですが・・・ホテルに戻って読んだのですが・・・

正直、泣きました。
まじめに描いておられる・・・お二方とも。
定義はさておき、オマージュ?というのはこういうものでなければ・・・と感じないわけにはいきませんでした。
ちなみに合同誌本編のほうは取扱の際には注意が必要です。冊子の表紙に細かい切り絵が被せてあり透明セルの表紙を上下すると切り絵が引っかかりきれる可能性が。超美麗。しかし・・・ホンキ過ぎっす、ゆんさんたち。
有名どころの皆さん競作のB4のピンナップ冊子についても取扱注意です。ピンナップ自体がすばらしいのは言うまでもないのですが、その素晴らしいB4版ピンナップのB5版への二つ折りの形式になっておりますので、開き方注意しないと。
二冊とも製本の際にどれだけの手間と注意が必要か・・・これに絵葉書サイズがすべてついて・・・コストと手間考えたらこれ作れないのではないかと。
それぐらい作品への思いと愛情が感じられた特装版でございました。
あ~あ、限定版はどんな内容だったんだろうかなあ・・・(あとから上記リンク先で確認しました)・・・外装の外箱素晴らしかったからなあ・・・なんとか入手できないかなあ・・・(苦笑)。
ということでろじゃあの備忘録でございました。

|

« 考えるアニメ、知とマンガ 4 :『輪るピングドラム』と宮沢賢治・・・『銀河鉄道の夜』×『グスコーブドリの伝記』 | Main | 少し暖かくなってきたので・・・弁護士の中堅層の変化について(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 考えるアニメ、知とマンガ 5:『Beautiful World』高河ゆん・なるしまゆり合同誌「魔法少女まどか★マギカ」FAN BOOK(九重&COMODO)調達ミッション始末記(汗):

« 考えるアニメ、知とマンガ 4 :『輪るピングドラム』と宮沢賢治・・・『銀河鉄道の夜』×『グスコーブドリの伝記』 | Main | 少し暖かくなってきたので・・・弁護士の中堅層の変化について(1) »