« 原子力損害賠償紛争審査会(第18回)配付資料:文部科学省(平成23年12月6日)・・・避難区域以外の方々の自主避難への賠償基準をテレビで取り上げてたので | Main | あるお友達とお話した時の小ネタ・・・それが営業トークになってるのか? »

December 07, 2011

ノルウェー輸出金融公社(Eksportfinans)の既発債のお話・・・リンクボンドで発行体自体の信用リスクが問題となるとは思わなかったでござるというおはなしだということなのですかね

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

お友達と電話で話していたとき

ノルウェー輸出金融公社(Eksportfinans)の話知ってる?
といわれて、なんか日経で読んだかなあとか思ってたんですがしばらく放っておきまして。
ただ気になったもんですから、ちょこっと久々にろじゃあの巡回先の一つであります厭債害債さんのところに見に行ってみました。
やはり厭債害債さん、きちっとフォローなさってます。
ノルウェー輸出金融公社(Eksportfinans)(厭債害債さんのブログ11月24日)
http://ensaigaisai.at.webry.info/201111/article_8.html
なるほどねえ、と思いながら読ませていただいたのですが

(そういえば最近お会いしてませんで不義理をして申し訳ございません)、日本の投資家との関係でいいますと、サムライ債出しておられるんですね。
読んでいて注目したのが以下の部分。

さて、どちらにしても新規業務(貸し出し)は行えないのでそれに見合ったファンディングもありえないでしょうから、Eksportfinansの新発債というのは、格付上問題となることはないでしょう。問題は既存の債務です。この企業の名前にきっと日本人でも見覚えがある方が多いはずで、いろいろなリンク債や仕組み債などでは常連ともいえる発行体として売り出し債をしばしば出しています。購入された方もいらっしゃるかもしれません。これらの債務はどうなるのかがポイントです。
なるほどなるほど。
リンクボンドとかで日経連動の形で出してたりしてたんでしょうか。
まあだとすると
リンクボンドで発行体自体の信用リスクが問題となるとは思わなかったでござる
という話にはなってしまうかもしれないと思いつつ、後追いもいいところですがちょっとお勉強しておこうかと。ちなみに次のような↓動向もあるようですからこちらも踏まえたうえでということで。

〔SB流通動向〕ノルウェー輸出金融公社サムライ債に高めの気配、悲観的な見方に修正
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK067723020111205

|

« 原子力損害賠償紛争審査会(第18回)配付資料:文部科学省(平成23年12月6日)・・・避難区域以外の方々の自主避難への賠償基準をテレビで取り上げてたので | Main | あるお友達とお話した時の小ネタ・・・それが営業トークになってるのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ノルウェー輸出金融公社(Eksportfinans)の既発債のお話・・・リンクボンドで発行体自体の信用リスクが問題となるとは思わなかったでござるというおはなしだということなのですかね:

« 原子力損害賠償紛争審査会(第18回)配付資料:文部科学省(平成23年12月6日)・・・避難区域以外の方々の自主避難への賠償基準をテレビで取り上げてたので | Main | あるお友達とお話した時の小ネタ・・・それが営業トークになってるのか? »