« 本日のアニメ系小ネタ・・・ 家政婦のミタ? | Main |  最高裁平成23年12月01日第一小法廷判決:当該貸金業者につき民法704条の「悪意の受益者」との推定を覆す特段の事情があるとはいえないとされた事案・・・第三小法廷だったらどんな内容になったんだろうかなぁ »

December 01, 2011

ある弁護士センセとお話したときの小ネタ・・・「事実」と「本来ならその前に解決されてしかるべき事案」

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。
(その1)
民事の訴訟の90パーセントは「事実」で決まる。
(ろじゃあのコメント)
実に深い示唆を感じました。名宛人は代理人弁護士かはたまた裁判官か。みなさん噛み締めてみましょう。

(その2)

判例集に載る(最高裁)判決の事案は、本来ならその前に解決されて然るべき事案が実は多い。
(ろじゃあのコメント)
少し微調整いれてます。これも趣深いのではないかと。以下同文( ̄▽ ̄;)。

|

« 本日のアニメ系小ネタ・・・ 家政婦のミタ? | Main |  最高裁平成23年12月01日第一小法廷判決:当該貸金業者につき民法704条の「悪意の受益者」との推定を覆す特段の事情があるとはいえないとされた事案・・・第三小法廷だったらどんな内容になったんだろうかなぁ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ある弁護士センセとお話したときの小ネタ・・・「事実」と「本来ならその前に解決されてしかるべき事案」:

« 本日のアニメ系小ネタ・・・ 家政婦のミタ? | Main |  最高裁平成23年12月01日第一小法廷判決:当該貸金業者につき民法704条の「悪意の受益者」との推定を覆す特段の事情があるとはいえないとされた事案・・・第三小法廷だったらどんな内容になったんだろうかなぁ »