« 雨降りだからラノベでも勉強しよう 2 川上稔「境界線上のホライゾン」シリーズ・・・法務部での法務部長とスタッフの会話を作品世界の用語法で再現することは可能か?以上(苦笑)。 | Main | 「十人十色、法務部いろいろ From now on」3:専門書や雑誌はどうしてますか(3)・・・雑誌やデータの法務部や社内での利用目的と汎用性の有無 »

December 05, 2011

「十人十色、法務部いろいろ」って何よ?という方のための(^^;)第一シリーズの総集編(2)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

ということで、なんか、アクセスが一気にアップしてしまってびっくりしたのですが(汗)、12月2日は、おかげさまでブログのアクセス順位も500番台以内に戻ったということでして・・・第一シリーズの総集編(2)でございます。

十人十色、法務部いろいろ(第四回)・・・「法務」というお仕事(2):運命の電話
十人十色、法務部いろいろ(第五回)・・・「法務」というお仕事(3):師の教え
十人十色、法務部いろいろ(第六回)・・・法務というお仕事(4)自問と「2時間契約」事件

いずれもその後のろじゃあの法務部スタッフ、そして法務部の中間管理職時代へと連なる基本的視座をある程度決定付けてしまった出来事たちだったと今でも思ってます。
総集編(1)でも書かせていただきましたが、

会社法と金融商品取引法の内部統制の時代にそのまま通用する世界かどうかはこの際措いておいてくださいませ(苦笑)。
とはいいつつ、法務部の仕事に限ったことではないのですが、ホント、

OJTの段階での上司の存在ってものすごく重要だろうな
と思ってます。
ろじゃあの場合、ホントまっすぐと変化球が使え分けられる方で、なお且つ、ろじゃあが若い頃苦労したことを踏まえて妻帯者で(中途ではない)新入社員として配属されてきた(←給料安くて生活大変という「推定」がはたらき、事実そうでしたし(^^;))ことを気にしてくれただけでなく、年齢の「ハンデ」も気にして下さって。
とにかく一人前の法務スタッフになりたくて毎日必死だった記憶がございます。
・・・いかん、遠い眼になってきた(苦笑)。

ということを思い出しながら、ご参考までということで。

|

« 雨降りだからラノベでも勉強しよう 2 川上稔「境界線上のホライゾン」シリーズ・・・法務部での法務部長とスタッフの会話を作品世界の用語法で再現することは可能か?以上(苦笑)。 | Main | 「十人十色、法務部いろいろ From now on」3:専門書や雑誌はどうしてますか(3)・・・雑誌やデータの法務部や社内での利用目的と汎用性の有無 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「十人十色、法務部いろいろ」って何よ?という方のための(^^;)第一シリーズの総集編(2):

« 雨降りだからラノベでも勉強しよう 2 川上稔「境界線上のホライゾン」シリーズ・・・法務部での法務部長とスタッフの会話を作品世界の用語法で再現することは可能か?以上(苦笑)。 | Main | 「十人十色、法務部いろいろ From now on」3:専門書や雑誌はどうしてますか(3)・・・雑誌やデータの法務部や社内での利用目的と汎用性の有無 »