« 法務セクションはどういう立ち位置に置かれていたのか  三菱重工の特損計上を耳にして | Main | 宮島敏夫先生のこと:資材取引法務について思うこと »

February 17, 2015

タイトル長いけど必読だよなあ:鈴木正朝=高木浩光=山本一郎「ニッポンの個人情報 「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ 」

やっぱりあんまりブログの更新ができないなあと思いつつ、年末年始の忙しさにかまけて時間を過ごしてしまいました。
とはいえ、あんまり無理せずに時々はいろいろと書いていこうかとは思っております。
個人情報保護法関係の話は、私自身もいわゆる「パーソナルデータ」の取り扱いとかの関係もあるのでいろいろと首突っ込んでいるところもあるのですが、いま買って読まないといけないと分かってるのに買って読んでないこちらの本を何とかしなきゃいけないと悩んでいるところです。
参考になるのは分かりきってるのですが、kindle版にするか

書籍のほうにするか真剣に悩んでおります。
普通そこじゃないですわな、悩むのは(苦笑)
ただ、まあ、タブレットに入れて読むのも実際には楽なもんですからねえ。
さてどうしたものかなあ・・・という形でちょっと現実逃避しているところであります。

|

« 法務セクションはどういう立ち位置に置かれていたのか  三菱重工の特損計上を耳にして | Main | 宮島敏夫先生のこと:資材取引法務について思うこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイトル長いけど必読だよなあ:鈴木正朝=高木浩光=山本一郎「ニッポンの個人情報 「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ 」:

« 法務セクションはどういう立ち位置に置かれていたのか  三菱重工の特損計上を耳にして | Main | 宮島敏夫先生のこと:資材取引法務について思うこと »