« 自分の体をモニタリングして守るのも重要なリスクマネジメントだよねえ(汗。汗) | Main | すべての道は法務に通ずるコーナー(1):気にしないでください、ろじゃあの趣味の関係ですので(^^;) »

March 19, 2015

ドラえもん関係での生き方・管理職関連ハウツー本は結構あるんだねェ(@@;)

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

某会社の友人がこの「「ドラえもん」に学ぶ ダメな人の伸ばし方」という本を買ったてみたとい話を聞いたので、さて、おいらも買って読んでみようかと思ってamazonで探してみようと思って検索してみたら、ある意味でおいら驚いたのですわ。

スネ夫に注目した処世術の本はあるは、のび太に着目した生き方の本はあるは、

思った以上に「ドラえもん関係者」のハウツー本が結構出ているもんだなあ
と。
この傾向はどの辺からでてくるんだろうかねえとも思うんだけれども、登場人物のキャラクター造形や性格については国民の多くの人に共有されているし、たとえ話を挙げる場合についてもその


具体的な例の内容の

前提となっているエピソードやギミックについてあらかじめ受け手のほうが理解されている場合が多い
ことから、何かを伝えるときの補助的な役割をあてにしやすというところがあるのかもしれないなあと思ったりするんですけどね。
この分野でのドラえもん学の本はろじゃあも知ってたわけですけど、このような話の内容を伝える場合の共通項、共有事項の多さというのは、当然、
生き方であるとか問題解決のための補助線として使いやすいので研修とか管理職の社員管理学の分野とかでも活用の余地
が出てくるんだろうなあという風に感じたんですけどね。
まあ、組織とかでいろいろな人間がいるのを類型化した上でそれぞれのキャラに引き寄せて解説するというのはやりやすい場合もあるだろうなあとは思うんですけどね。
まあ、これほど本が出てるとは思いませんでした。
ちなみに、冒頭の「ドラえもんに学ぶ」だけがkindle版ではなくリアルの紙の本で、それ以外はkindle版があるわけですよ。
これも驚いた次第で。世代的にもkindle使いこなしてる人向けに需要があるだろうと考えてる結果なんでしょうかね。「ドラえもんに学ぶ」の本も早くkindle版でないかなあ。おいらが読む場合もどちらかというとタブレットに入れてごろごろして読むか、職場の往復の場合に読んだほうがいんだけどなあ(・。・)
それにしても
なぜジャイアンを題材にした本はないのだ?
あってもいいような気もするんだけどなあ(汗。汗)

|

« 自分の体をモニタリングして守るのも重要なリスクマネジメントだよねえ(汗。汗) | Main | すべての道は法務に通ずるコーナー(1):気にしないでください、ろじゃあの趣味の関係ですので(^^;) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96849/61305779

Listed below are links to weblogs that reference ドラえもん関係での生き方・管理職関連ハウツー本は結構あるんだねェ(@@;):

« 自分の体をモニタリングして守るのも重要なリスクマネジメントだよねえ(汗。汗) | Main | すべての道は法務に通ずるコーナー(1):気にしないでください、ろじゃあの趣味の関係ですので(^^;) »