« AURAK~魔竜院光牙最後の闘い~ :娘が何か長編アニメの映画が見たいというのでこんなのを取り出してみた | Main | 最近は便利になったね:音声入力で原稿を入れてみる・・・そしてオフ会などについても »

March 02, 2015

ブログを再開してみて思ったこと:若手と管理職世代の間の情報の非対称性を少しでも解消したいなあとか

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしておりま す

私は久々に自分のブログの再開をしてみたんですけれども 色々なことに気がつきました。
いまはよくできているんですね、ブログを各環境においても。
実際に皆さん方が ブログを閲覧してくださるに際しての傾向をある程度確認することができるわけで。
いくつか 新たな発見がありましたので ここに行きたいなあと思うしたいです。
まずは、私のブログを読んでくださっている方々の年齢についてのお話です。

皆さん方は 私のブログのメインの読者層は何歳代ぐらいになってると思いますか?
私はおそらく40代から50代くらいの方々だとおもってました。
ですから、40代から50代くらいの方々の読者層というものを想定していけばいいんだろなあと再開においては考えていたんですね。
そして、それはある意味ではそれはデータにも反映されているようですね。
示されたデータを見ますと、メインの層というのはどうやら40代の方のようでして、そして
意外だったのが次がほとんど同じくらいの割合で 30代の方々
ということに。
私は
てっきり 50代以降の方のほうが割合としては上になっているかなー
と予想していたんですが どうやら それは私の思い違いだったようです。
さらに驚いたのは、
私が想像している以上に、20代の方が どうやらこのブログを読んでくださっているらしい
のですね。
これはうれしいことです。
今回のblogの再開において、20代から30代の方々に対するメッセージの部分が大きな柱のひとつになってそれを見つめる40代以降の恐らくは中間管理職以上の方々に対するお話というのがもう一つの柱になって行くのかなというのが 今回の私がブログを再開した際に考えていたところでもあります。
と申ししますのは、 30代の前半ぐらいまでの方々はまだ課長以上の役職についていることがないように思うのです。 役職にはついてないのだけれども法務関係のセクションの人間として仕事をするときにどういう事になるのだろうかというお話を書いていこうかなとろじゃあは思ってきたのですね、当初は。以前と同じ視点で。
今まで私がこのブログに書いていたお話は私が役職者になる前の悩みというものを入れて色々なテーマを選択してきたことについては昔からの読者の方々はよくご存じではないかと思います。
私がこのシリーズを書いていた頃にオフ会でお会いした方ことがある方々は、まさにこの世代の方々だったと思うのですね。それに対してそのように今まで


読んでくださったそのような方々も歳をとられてる訳ですね。そうなると彼らは、今は中間管理職以上の世代として、中間管理職としても あるいは管理職としての悩みというものについてどのような現実に翻弄されているのか、苦労されているのかなと。そういう話というものを今回以降の話では平行して取り上げていく必要があるんじゃないかなって思っているのです。
私自身が 法務部で仕事をしていた後に管理職になった際に、

法務セクションの管理職が本当に困っていることは何なんだろうか
という話も考えてはいたのです。管理職になるということは、管理職として問題をかかえるとはどういうことなんだろう、あの頃の彼らは今管理職として困ってることは何なのだろうかという視点も入れ込んでいかないと足りないのではないかと思っていたところもあるわけで。
実はこの点は、このシリーズ以外の個別のネタとしては随分書いてはいるのですけどね。
少なくとも、
かつての若手の方々の今の管理職世代になった際の問題と、今の若手の悩みのかつての読者である若手層との違いというものまで理解しないと、それぞれの世代が不幸になってしまうことがあるのではないか
と考えているところがあるのですね。
法務部いろいろの連載の時期から10年経ちました。
その間 いろいろな法務系の領域の方々との付き合いは続いておりますし、管理職として抱える 悩みというものいろいろとお話しを伺う機会もありましたし、いまもいろいろと話をしております。
ですから、昨今の法務部やら コンプライアンスセクションがおかれている問題の状況というものが色々な角度から わかってくるところもあるわけです。
管理職のサイドから見た若年層の法務スタッフを育てていく、もしくは管理していていく際の悩みというものを解消していく方向で問題を共有していく必要があるのではないかなと思ったところがございます。
この点も実は、ブログの中でもいろいろと書いていたのですが、どちらかというと今後は管理職サイドから見た視点の割合を少し割り増ししながら書いていこうかなと思っているところであります。
そしてそれが
若手と管理職以上の世代との間の情報の非対称性を少しでも緩和することに資すればなあ
とも思うのであります。
ホントは
若手と中間管理職世代と部長クラス以上世代の認識の差の問題性
を解明していく必要があるだろうなあと思ってるんですけどね。
これは実は弁護士事務所においても同じ問題があるように思うのですけれども、これは
弁護士事務所の経営に関する問題
として別途書いていこうと思っております。
ということでとりあえずここまでですね。


|

« AURAK~魔竜院光牙最後の闘い~ :娘が何か長編アニメの映画が見たいというのでこんなのを取り出してみた | Main | 最近は便利になったね:音声入力で原稿を入れてみる・・・そしてオフ会などについても »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブログを再開してみて思ったこと:若手と管理職世代の間の情報の非対称性を少しでも解消したいなあとか:

« AURAK~魔竜院光牙最後の闘い~ :娘が何か長編アニメの映画が見たいというのでこんなのを取り出してみた | Main | 最近は便利になったね:音声入力で原稿を入れてみる・・・そしてオフ会などについても »