« 中山龍太郎先生と久々にお話を&別件で先生の「“新大陸”アフリカ進出に向けて~主要国の現状と現地法務」というセミナー(・。・) | Main | 法務セクションの中間管理職の方のための電子書籍のススメ »

March 08, 2015

週末のろじゃあ・・・春が近づいている最中の息子と徳岡さんのこと

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

まあ、週末のろじゃあということでよしなしごとを。
息子に次のソフトを頼まれまして。左側のほうですな。
 
シリーズの新作が出るたびに購入を依頼されておるのですが、まあ、値段がよく上下するなあと。
実際に息子に頼まれたときはもう少し安かったと思うのですけど、この辺の価格の水準がどのように決まるのかというのはこまめに見てみないと分からないというところなんでしょうか。
もうひとつのほうはどうやら予算の関係からか、いまはいいのだそうです。
この辺の話になると今度、お友達の徳岡さんあたりに最近の状況をうかがってみないといけないなと思っております。ああ、徳岡さんというのはこの一番右の本を編集して御自分も書いておられる徳岡さんのことであります。
ちなみにすでにご紹介済みのこちらの本は息子にも紹介済みであります。
息子に、

徳岡さんのゲーム評論を拝読して、自分でゲームやったときにどう感じたかとか友達にそのゲームのよさを伝えるにはどうしたらいいかとかをまねして書いてごらんとアドバイスしております。
やはり好きでゲームをしているからこそ、活字で書けるものがあるのだというのが、おそらくお前もゲーマーの端くれにいるのであれば、ゲーマー同士で伝わってくるものがあると思うぞ、と伝えた週末なのですね。実は。
父親が尊敬していると言っている人に接するのは実は珍しいものですから、息子のほうも自分が徳岡さんに一度お会いしたことがあるにしても、そんなにすごい人なのかあと感じたらしく、ろじゃあに進められた記事を読んでみようということになったようです。それが4Gamers.netのこちらの記事。
徳岡正肇の これをやるしかない!:「SHIELD Tablet」を使った“ごろ寝ストラテジーゲーム環境”の構築を本気で考える
http://www.4gamer.net/games/198/G019883/20150205099/
まあ、ゲームの華使徒言うよりはゲームパッド一体型タブレットの利用方法についての考察についての記事だ問いうことでちょっと驚いていたのではあるが。しかし、以下の部分についてはその意味をよく理解してくれたようであり、気に入ってもくれたようだ。すなわち、

個人的に申し上げれば,自分がスマートフォンやタブレットでゲームをプレイする最大の理由は,「ごろ寝でゲームを遊べるから」だ。それ以上でも以下でもない。ニンテンドー3DSやPlayStation Vitaなどといったゲーム機も,筆者にとってみれば,同じ目的のために提供されているデバイスである。
 なので,“SHIELD初号機”――SHIELD Tabletの発売後,「SHIELD Portable」と改名された,ゲームパッド一体型タブレット――は,かなり理想的なマシンだった。「これがあれば,ごろ寝でPCゲームを楽しめるじゃないか!」というわけだ。
この「ごろ寝でゲームを遊べるからだ」というところがいたく共感できたようなのだが、なるほどと思わざるを得なかったろじゃあなのでありました。
それにしても、息子君、
この同じサイトに山本一郎氏も時々記事を書いている
と知ったら驚くだろうなあ・・・ということについてはまあ、そのうちということですかね。

|

« 中山龍太郎先生と久々にお話を&別件で先生の「“新大陸”アフリカ進出に向けて~主要国の現状と現地法務」というセミナー(・。・) | Main | 法務セクションの中間管理職の方のための電子書籍のススメ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 週末のろじゃあ・・・春が近づいている最中の息子と徳岡さんのこと:

« 中山龍太郎先生と久々にお話を&別件で先生の「“新大陸”アフリカ進出に向けて~主要国の現状と現地法務」というセミナー(・。・) | Main | 法務セクションの中間管理職の方のための電子書籍のススメ »