« この頃の状況から皆さん方、法務セクションの方々の環境はどの程度変わっておりますかねえ(・。・):実務法律雑誌は10年前とどこが変わった? | Main | 更新が滞りましてすいません:体調不良もあり・・・それでも法務は気になる日々 »

March 17, 2015

免震装置のお話・・・債権法改正の議論であった請負の瑕疵のお話との関連が想起されるところ

このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。

免震装置問題 各地で影響や懸念広がる(NHK)
3月16日 19時23分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150316/k10010017311000.html
どちらかというとコンプらの話や内部統制の話との関係で議論されているお話のようですね。
ろじゃあはむしろこのあとの修補が可能なのかどうかが気になってたのですが、どうやら免震装置自体は装置を交換すれば対応可能ということですので、建物との関係では何とかしようと思えばなんとかなる範囲の問題と考えてよさそうですね。

複数の建築の専門家は、免震の建物は耐震性に余裕を持って作られていることが多く、免震装置に問題があっても、直ちに建物の安全性が損なわれることは考えにくいと指摘しています。
免震装置は建物の基礎部分などに設置され、地震で装置が損傷するなど、問題が生じた場合でも装置を交換すれば、建物を建て替えるような大がかりな工事は必要ないということです。
問題は、どの程度の確認と費用がかかるかでしょうか。
まあ取替え可能というのが、どの程度の手間なのかという考え方次第のところがあるという、


ことなのでしょうが、ろじゃあが最初にこの話を聞いたときに頭に想起したのは請負契約における瑕疵の考え方の問題でした。
債権法改正問題でお勉強しておられたかたがたは、この点についてはよくお勉強されているところかと思います。
この辺については民法(債権関係)の改正に関する要綱案の60ページあたりを御参照いただければと。
http://www.moj.go.jp/content/001136445.pdf

2 仕事の目的物が契約の内容に適合しない場合の請負人の責任
(1) 仕事の目的物が契約の内容に適合しない場合の修補請求権等及び契約の解除(民法第634条・第635条関係)
民法第634条及び第635条を削除するものとする。
(注)この改正に伴い、民法第639条及び第640条も削除するものとする。
(2) 仕事の目的物が契約の内容に適合しない場合の請負人の責任の制限(民法第636条関係)
民法第636条の規律を次のように改めるものとする。
請負人が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない仕事の目的物を注文者に引き渡したとき(その引渡しを要しない場合にあっては、仕事が終了した時に仕事の目的物が種類又は品質に関して契約の内容に適合しないとき)は、注文者は、注文者の供した材料の性質又は注文者の与えた指図によって生じた不適合を理由とする履行の追完の請求、報酬の減額の請求、損害賠償の請求及び契約の解除をすることができない。ただし、請負人がその材料又は指図が不適当であることを知りながら告げなかったときは、この限りでない。
(3 )仕事の目的物が契約の内容に適合しない場合の注文者の権利の期間制限(民法第637条関係)
民法第637条の規律を次のように改めるものとする。
ア (2)本文に規定する場合において、注文者がその不適合を知った時から1年以内にその旨を請負人に通知しないときは、注文者は、その不適合を理由とする履行の追完の請求、報酬の減額の請求、損害賠償の請求及び契約の解除をすることができない。
イ アの規定は、仕事の目的物を注文者に引き渡した時(その引渡しを要しない場合にあっては、仕事が終了した時)において、請負人がアの不適合を知り、又は重大な過失によって知らなかったときは、適用しない
(4)仕事の目的物である土地工作物が契約の内容に適合しない場合の請負人の責任の存続期間(民法第638条関係)
民法第638条を削除するものとする。

基本的にはビルとか建物の建築請負契約で請負契約の請負人との関係でどうかという問題が、今回の免震装置の問題の交換のところにもかかわってくるものと思われますので、将来的には、改正民法の施行規定による施行時期とその内容次第のところもあるでしょうが、関係業者さんにとっては債権法改正の問題も踏まえた状況認識が必要になる分野だろうなと考えた次第です。
なお、住宅関連の改正点については以下の記事などが取り急ぎ参考になるのではないかと。
売買・請負契約書見直しに準備を 120年ぶりに民法改正 住宅業界に大きな影響(北海道住宅通信 2015年3月10日号)
http://www.juu-tsuu.jp/topics/T0135.htm

|

« この頃の状況から皆さん方、法務セクションの方々の環境はどの程度変わっておりますかねえ(・。・):実務法律雑誌は10年前とどこが変わった? | Main | 更新が滞りましてすいません:体調不良もあり・・・それでも法務は気になる日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 免震装置のお話・・・債権法改正の議論であった請負の瑕疵のお話との関連が想起されるところ:

« この頃の状況から皆さん方、法務セクションの方々の環境はどの程度変わっておりますかねえ(・。・):実務法律雑誌は10年前とどこが変わった? | Main | 更新が滞りましてすいません:体調不良もあり・・・それでも法務は気になる日々 »